2012年12月 3日 (月)

イクシオンサーガDT第9話感想

#9「-IT-(Incognito Trial)」

エレクが、謎の女アルマフローラから賜りしは、聖剣カリボール
仮ボール?w
両玉を失いしエレクを補完するもの?
全摘は、このための伏線だったのか?

豈はからんや、カリボールは、エクスカリバーの異称でした。
アーサー王伝説のフランス版「アルテュール王伝説」においては、エクスカリバーは、フランス語読みで「カリボール(Calibore)」になるらしい。
スタッフも、よくこんなの見つけてくるなw
タマツクレ温泉は苦笑ものでしたが、カリボールも非道いw

カリボールに対抗するに、紺のハンマーは、キンタマーニ
受け狙いと侮るなかれ、バリ島には、キンタマーニ郡キンタマーニ村があり、キンタマーニ湖やキンタマーニ高原があるそうです。
さらに、南太平洋にはエロマンガ島が、オランダにはスケベニンゲンという地名があるというのだから、世界は汎いw

しかし、カリボールという巫山戯た名称にも拘らず、その威力は核爆弾なみ。
FFの魔神龍みたいに巨大なドラゴンを、須臾にして消滅させてしまいました。
頼りになる忠臣インコグニートを率いて、捲土重来をはかるエレク。
紺のキンタマーニは、新生エレクに勝てるのか?
そして、イクシオンの民だというアルマフローラの真の狙いは?

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2012年11月26日 (月)

イクシオンサーガDT第8話感想

#8「-SM-(Shining Master)」

ゲーム狂ならぬゲーム教!w
宇宙のビッグバンも世界の創生も、全てはゲームで語りつくせる!
タマネタはいったん捨て置いて、笑いの本道に立ちかえった感があります。

アルマの光を匿すための透明人間扮装。
その後光のため、神さまと崇められる。
三つのしもべに命令だ!までは、まだ温順だったのですが。
その後どんどんエスカレート。

混沌から創生へ。
元初に、ビッグバン(ファミコン)ありき!
しかし、進化の過程には、数多の生々流転、栄枯盛衰があった!
サタン、ピピン、ドリーム…(以下死屍累々過ぎて略w)。
(/_<。)
だが、すべてはWinが統べるに至った
すれ違いのネットワーク!世界はひとつに!

以下、迫真の神学問答
「コンティニューでコインとは?」
「金で命を買うということだ!不届き者め!」
「異議あり!世界や生命は、何物にもよらずに生まれたものだ!」
「そんなものはクソゲーだ!おまえはムダな時間を使いたいのか!」
「世界の涯の、その外には、何があるのか?」
リア充がいる!オレでさえも、窺い知れぬものだ!人が全てを知れぬものと思い知れ!」
(ノ∀`)

いや完全にこの世の成り立ちの説明になってるしwww

アイデア勝負に出ましたね。ゲームネタ、おもしろかった!
薀蓄ネタで方向転換を図るのは、「こち亀」などの先例もあるし、イイと思います。
2クールは前途遼遠たるものがありますが、ぜひ頑張って!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2012年11月19日 (月)

イクシオンサーガDT第7話感想

#7「-KO-(Keep On)」

待望の温泉回!
だがやはり、一筋縄ではいかなかった!
イクシオン・サーガらしいというか、紺のエレクシオン(笑)に焦点が当てられていました。
エレクシオンとは…。興味のある方は、英和辞書を引いてみてくださいね。

温泉なのに、覗きもないのか!
怒りでアタマが沸騰しかけたけど、よく考えたら、ヒメやマリアンじゃあねえ。覗き甲斐がないというか。
特殊な性的嗜好のある、ごく一部の方は別でしょうけれど。
いや私じゃないですよ?w

中世ヨーロッパの氛気漂うイクサガ世界。でも、タマツクレ温泉は、純和風でした。
つか、そこらへんの温泉街と渝りません。ど派手な外観は、どこぞの秘宝館を思わせます。
オトナの歓楽街っぽくて、紳士の社交場だってあります。
まさか、男同士のハッテン場?「やらないか」の巣窟?
その実態は、可愛い猫を愛でながら酒を飲む、ケモノとの社交場でしたw
すっかり馴染んでいるセングレンがキモカワイイ。

湧き出る温泉は、アルマに充ちていた。
ハイペリオンの紺は、過剰反応して光り出しました。
エレクとの、宿命の邂逅!
隠れても隠れても、出逢ってしまいます。この二人、完全にデキてますね。
最後は、浴場における全裸対決!
エレクの、「紺の股間」への窃視が執拗過ぎて吹いたw
やはり、全摘の身としては、五体と両玉満足な紺が羨ましいのか?
というか、自分を無玉に追い込んだ張本人ですからね。恨み骨髄、もぎ取ってやりたいところでしょう。
でも、良家の生まれで、根が純朴なエレクさんは、またも紺の騙し討ちに遭ってしまいましたとさ。
一行は、意気揚々と温泉を後にしました。光の勇者が先導するので、暗い夜道も安心です。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2012年11月12日 (月)

イクシオンサーガDT第6話感想

#6「-HG-(Highness Guardians)」

あたまのてっぺんに 毛が三本
といえば、「オバケのQ太郎」のOPですが。
エカルラート姫におかれましては、大いなる兆し(アホ毛)が三本は、恐怖の刻印。
悪魔の覚醒にして、世界の滅びへ至るみち。
ヒメのアホ毛が世界の命運を左右する!これはセカイ系の物語!(違

冥府の底から差し向けられた最凶の暗殺者、ゲオルギュー。
見た目、河童です。沙悟浄です。
ヒメの命を狙うよう命じられたのですが、これがとんだ運のツキ。
本命のヒメどころか、紺にはあしらわれ、マリアンにはおたまで撃退、セングレンの威圧にも敗ける。
最凶の暗殺者の筈が、すっかり怯懦の虜にされてしまいます。
そして、極めつきは、闇に光る眼の、三本毛の怪物(ヒメ)!
その後のゲオルギューのゆくえを知る者は、誰もいない。
(ノ∀`)
って、聖剣伝説ふうに、オチをつけておいて。
さらに、謎の老人(ゲオルギューw)の、怪談ふうの語りで〆るという手法が、効いてました。

おもしろかった。でもやっぱり、エレクが欲しい…。
そんな視聴者の要望にお応えして、次回は温泉回
タマツクレ温泉で、紺とエレクの宿命の邂逅です。
イクサガも、ついにご当地アニメに!これで島根県も安泰だ!ww
ポロリもあるよ!って誰得なのかよくわからんw

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2012年11月 5日 (月)

イクシオンサーガDT第5話感想

#5「-BL-(Beautiful Life)」

海辺でも、マリアンは人気者。
可愛いし、豊乳だし。人気沸騰中だった頃の、はるな愛みたいですねw
ふたなりタマありでも、可愛ければ全然おっけーな腐男子ども。
勇者の感性は、完全に時代遅れのようです。

エレクのタマネタという強烈なのを最初に持ってきたので、エレク不在だと物足りなさを感じるのは仕方のないところ。
マリアンは、傷心のエレクに金魂を譲ってあげる気はないんでしょうか?豊胸手術までして、身も心も女性になっているわけだし。
等価交換が成立すれば、気分はもう、鋼の錬金玉師だ!
('A`|||)

マリアンがニューハーフになった理由を気にする紺に、セングレンが、聴くも涙の悲恋物語を語ります。
でも、ぜーんぶウソだった!
これだけアツい回想場面を仕込んでおいて、冗談に流す脚本があっぱれだ。

泥酔したマリアンに、ベッドに押し倒された紺。
いろいろな意味でガードを固めます。
DTを奪われまいと、もう必死。
そして、いのちの初夜(笑)が明けて…。

「ホントのことを教えてあげる。初めては痛い、というのは嘘よ♪」
微笑みながら走り去るマリアン。
茫然自失のまま、浜辺に取り残された紺。
前のDTはともかく、バックのDTが無事堅固だったのか?
怖ろしい疑惑が、勇者を襲います。
疼痛がなくても、マリアンにDT奪われちゃったかも

勇者からDT喪われたら、イクシオンサーガ、終わってしまいますがなw

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2012年10月29日 (月)

イクシオンサーガDT第4話感想

#4「-PK-(Pretty kama ) 」

あの小動物に「ペット」って名前をつけたんですね。安直でいいなあw
このギャグに「あずまんが大王」の、大阪と智のやり取りを想い出しました。
「あんたのあだ名大阪!大阪から来たから」
「そんな安直な…。ともちゃん、ペット飼ったことある?」
「あるよ?犬とハムスター」
「名前は?」
「クロ。ハムスターはハムちゃん」
「やっぱし」

(ノ∀`)

ED(エレク)、故郷に還る。
婚約者のエミリアさんに子を所望され、全玉摘出のEDは狼狽えます。
真実を語るべきか、語らざるべきか。それが問題だ。
EDの苦悩は、かのハムレットのごとく…。

さて、帰郷すると、EDの財産を狙う従兄妹たちが、さっそく接近してきました。
まず、妹のガブリエラが媚薬で誑し込む作戦に出ますが、ノーゴールド・ノーボールのEDに効くはずもなし。
作戦変更。妹を凌辱したとして、兄が決闘を挑んできますが、卑怯者なので、屈強な助っ人を用意。
この助っ人も卑怯者なので、助っ人の助っ人を呼んで、しまいには大変な頭数に。
しかし、アルマパワーが甦ったEDにより全滅。
紺なみに外道な兄が、隙を見て股間を蹴り上げるが、そこに金魂はもう存在しなかった
返しの突き上げアッパーで、あえなく成敗されました。

この辺のギャグのタイミングに、安永航一郎「県立地球防衛軍」を想い出しました。
有名な、しいたけヨーグルト対決の場面です。うろ覚えで引用すると。
「おろか者!しいたけヨーグルトを鼻から食うなんてできっこないのだ!」
「く、くっそー!どうして知っていた?」
「わははは!なぜなら、もう自分で試してみたからなのだ!」

なぜ平気だったのかと問われて、鍛えているから、と答えるED。
「いわば、ハガキン!鋼の錬金玉師」。
('A`|||)
荒川先生ごめんなさいってヤツですねw
金魂復活を願い、秘湯タマツクレ温泉へ湯治に向かいます。テルマエ・ロマエみたいです。
タマに効く温泉。なるほど、そういうのもあるのかw
調べたら、島根県に「玉造温泉」が実在するんですね!
日本最古の温泉で、「神の湯」とも称されているようです。
島根県おそるべしw

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2012年10月22日 (月)

イクシオンサーガDT第3話感想

#3「-NK- Newcomer vs. Kon」

街道で出逢った愛らしい生き物相手に、モンハンを実践
Σ(゚Д゚;
ライヴァル不在だと、紺の外道っぷりは小動物にさえも向かってしまうのですね。
まさに、鬼畜勇者!w

2クールの余裕か、3話めにして、脇道的なサブエピソードが。
予告されていた、紺の少年時代が詳らかになりました。
仔猫を拾って、母を説得してまで飼ったのに、自分だけ懐いてもらえなかったPTSDだったのですね。
その恨(ハン)を未だに引きずっているのが大人げない。どっかの半島の人たちみたいw
紺は猛反対ですが、泣く子とおかまには勝てない、ということで、マリアンデールに押し切られ、宿に連れて帰ることに。
謎の可愛い生物相手に、あれこれセコイ誅滅大作戦を繰り広げますが、ことごとく返り討ちw

「ちゃんと理由を言え!」
紺の醜態に、エカルラート姫の忿りの鉄拳が飛んだ!紺はいいのを一発もらった!
仕方なく、和睦の手を差し延べたら、思いっきり噛みつかれた!紺、激昂!
ここは、キツネリスに噛まれても耐えたナウシカに倣って、主人公としての度量の広さを見せないと…。
大人げない一騎打ちを挑みますが、アルマギアまで行使して、完璧なる敗北。
ここまで実力差が歴然だと、エレクとは何だったのかって話ですよね。
小動物が凄すぎるのか、エレクがダメ過ぎるのかw

両玉全摘を告げられ、傷心のエレクは、故郷へ還ります。
予告を観る限り、カワイイ婚約者エミリアに慰撫してもらえるようです。
でも大切なものを両方失ってるわけだしw
エレクに破談の危機が?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2012年10月15日 (月)

イクシオンサーガDT第2話感想

#2「ED(Erecpyle Dukakis)」

「再び紺との戦いに敗れたエレクは、大切なものの両方を失ってしまった」

金魂(きんたま)摘出!?
巨魁な黄金球が砕け散るイメージが、エレクの絶望を物哀しくも壮大に表現していました。
(ノ∀`)

「男性、失格。私はこれで、完全に、男性でなくなりました」
太宰治も吃驚の悲運が、エレクを襲ったのです。
紺が特命旅団から奪った剣アルマギアが、ハイペリオンの力で、巨大ハンマーに変形した。尖端に突起がついている、恐怖の玉砕き仕様だ。
それにしても、最低だぞ火風紺(かぷこん)!
「金魂ツブしてバランス崩して悪かったな。今すぐ修正してやっから!」
エレク修正してやるキター!
何という外道ww
紺、キミは漢(おとこ)の苦しみというものが分っていないのか。
ネトゲ廃人のうえに外道とは、恥多き人生だとは思わないのか。
太宰先生に代わって言おう!生まれてすみませんしなさいw

しかし、エレクの部下も大概です。
傷心の隊長を迎えて、「たまたまですよ」と、肺腑というかアソコを抉るような発言を平然とやってのける。そこに痺れない憧れない!
EDの歌詞も、完全に調子に乗っております。
「奴の命(タマ)をもぎ取れ」
エレクの二つ名はED(エレクパイル・デュカキス)ですが、ED(エンディングテーマ)とかぶって、実にややこしい。
もしかして、このEDは「ED(エレク)のテーマ」という嫌味なのかw

幼女姫は、国のために望まぬ婚姻に赴く途中だったとか、特命旅団インコグニートの立ち位置とか、巨大伝書鳩とか、世界観の説明も少しずつ進んではいます。
いますが、ネタが全てを持って行った感がありますね。
大切なものの両方を失ったエレクは、インコグニートを離れ、旅立つようです。
唇に引いた真紅のルージュは決意の証拠なのか…。
('A`|||)
ジト眼の幼女姫、エカルラートちゃんですが、謎の美女アルマフローラの面影が微かに窺えます。
アルマフローラさんは、もしかして、幼女姫の成長体?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2012年10月 8日 (月)

イクシオンサーガDT第1話感想

#1「DT(Dimension Transfer)」

OPの「DT捨テル」ってwww

何この歌詞とルビ。ヒワイな歌詞を隠蔽するにしても、このルビ強引すぎるだろ。
気になって検索したら、高松監督のツイートが紹介されてて、「歌詞が下品すぎるとテレ東さんからダメ出しされたが、ルビをつけたら納得していただけた」
ちょテレ東wそこで納得かYO!
あたまがおかしい(絶賛)
「そらのおとしもの」のビーチク以来のヒットでしょうか。
祝日ということで、ワイン飲みながらリアル視聴していたのですが、赤ワイン吹いてマギのアラジンみたくなったのはナイショです。

主人公の火風紺は、ネトゲ廃人らしい。
謎の超おっぱいさん、アルマフローラさんに導かれ、そのまま、異世界ミラにトバされました。
パーティを組むはめになったのは、ヒメと剣士と侍女。
ガチムチ剣士に可愛い侍女というパーティだったのですが。
豈はからんや、侍女は野太い声のオカマさんだったのです。やはりというか福山潤さんw
ジト眼のヒメは、セントピリア帝国第36皇女。しかも腕力がお勁い。ソロでもやれそうな剛腕幼女です。

行く手に立ち塞がるは、特命旅団インコグニート。
どう見ても綺羅星十字団です。本当にありがとうございましたw
エレクパイル・デュカキス隊長が颯爽と剣を抜き、必殺技を発動寸前に、紺が股間を思いっきり蹴り上げた!
Σ(゚Д゚;
エレクさん悶絶。完全勝利です。
「紺との戦いに敗れたエレクは大切なものの片方を失った
吹いたw

特命旅団に属するレオンとかギュスターヴって、「ロマサガ」へのリスペクトなんでしょうか。
何となく嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

その他のカテゴリー

009-1感想 | Angel Beats!感想 | ARIA感想 | DARKER THAN BLACK感想 | Dororonえん魔くん感想 | Fate/Zero感想 | HUNTER×HUNTER感想 | IS <インフィニット・ストラトス>感想 | K感想 | LUPIN the Third 峰不二子という女感想 | NHKにようこそ!感想 | NOIR(ノワール) | STEINS;GATE感想 | TARI TARI感想 | UN‐GO感想 | WORKING!!感想 | WORKING'!!感想 | あそびにいくヨ!感想 | あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。感想 | うさぎドロップ感想 | うぽって感想 | うみものがたり感想 | お兄ちゃんのことなんか感想 | かなめも感想 | かんなぎ感想 | けいおん感想 | けいおん!!感想 | この中に1人、妹がいる!感想 | これはゾンビですか?感想 | ささめきこと感想 | さんかれあ感想 | じょしらく感想 | そふてにっ感想 | そらのおとしものフォルテ感想 | そらのおとしもの感想 | それでも町は廻っている感想 | ちはやふる感想 | ちょこッとSister感想 | つり球感想 | でぼちん | とある科学の超電磁砲感想 | とある魔術の禁書目録感想 | となりの怪物くん感想 | となグラ!感想 | とらドラ!感想 | はなまる幼稚園 | ひぐらしのなく頃に感想 | まりあ†ほりっく感想 | みつどもえ増量中!感想 | もやしもんリターンズ感想 | アクエリオンEVOL感想 | アクセル・ワールド感想 | アニメ | アマガミSS感想 | アマガミSS+感想 | イクシオンサーガDT感想 | ウィッチブレイド感想 | エウレカセブンAO感想 | エロマンガ先生感想 | カオスヘッド感想 | カンピオーネ!感想 | キディ・ガーランド感想 | ギルティクラウン感想 | クイーンズブレイド感想 | グルメ・クッキング | ゲーム | ココロコネクト感想 | サイコパス感想 | ジョジョの奇妙な冒険感想 | ストライクウィッチーズ2感想 | セキレイPE感想 | ゼロの使い魔感想 | ソラノヲト感想 | ソルティレイ感想 | ソードアート・オンライン感想 | ダンタリアンの書架感想 | デュラララ感想 | トータル・イクリプス感想 | ドルアーガの塔感想 | バカとテストと召喚獣 | バカとテストと召喚獣にっ感想 | バクマン。感想 | バクマン。2感想 | パソコン・インターネット | パンプキン・シザーズ感想 | ファントム感想 | フラクタル感想 | フリージング感想 | ブラックロックシューター感想 | ブラック・ラグーン感想 | ペルソナ4感想 | マギ感想 | モーレツ宇宙海賊感想 | ヨスガノソラ感想 | ヨルムンガンド感想 | ライドバック感想 | ラストエグザイル―銀翼のファム感想 | ラーメン | リトルバスターズ!感想 | レベルE感想 | ロボティクス・ノーツ感想 | 一騎当千XX感想 | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい!感想 | 伝説の勇者の伝説感想 | 侵略!イカ娘感想 | 侵略!?イカ娘感想 | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない感想 | 偽物語感想 | 僕は友達が少ない感想 | 君に届け2ND感想 | 君に届け感想 | 咲-Saki-感想 | 咲-Saki-阿知賀編感想 | 地獄少女感想 | 坂道のアポロン感想 | 境界線上のホライゾンⅡ感想 | 境界線上のホライゾン感想 | 変ゼミ感想 | 夏目友人帳参感想 | 夏目友人帳肆感想 | 夏色キセキ感想 | 夢喰いメリー感想 | 大正野球娘感想 | 宇宙をかける少女感想 | 戦姫絶唱シンフォギア感想 | 探偵オペラミルキィ・ホームズ第二幕感想 | 文化・芸術 | 日常感想 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 未来日記感想 | 機動戦士ガンダムAGE感想 | 氷菓感想 | 海月姫感想 | 涼宮ハルヒ感想 | 深夜アニメ感想 | 灼眼のシャナⅢ(Final)感想 | 狼と香辛料感想 | 生徒会役員共感想 | 異国迷路のクロワーゼ感想 | 祝福のカンパネラ感想 | 神のみぞ知るセカイⅡ感想 | 神のみぞ知るセカイ感想 | 神様のメモ帳感想 | 神様ドォルズ感想 | 絶園のテンペスト感想 | 聖剣の刀鍛冶感想 | 聖痕のクェイサー感想 | 舞-乙HiME感想 | 花咲くいろは感想 | 輝きのタクト感想 | 輪るピングドラム感想 | 這いよれ!ニャル子さん感想 | 鋼の錬金術師感想 | 閃光のナイトレイド感想 | 電波女と青春男感想 | 青の祓魔師感想 | 静留×なつき | 魔法少女まどか★マギカ感想 | 黒神感想 | Aチャンネル感想 | Another感想 | B型H系感想 | CANAAN感想 | GOSICK感想 | NO.6感想 | SS | WHITE ALBUM感想