2006年11月19日 (日)

ちょこッとSister 第19話感想

ちょこッとSister#19「アイドルの憂鬱」

ねこにゃんアイドルのオダエリちゃんが悩み、いつもはぐうたらな真琴さん(正体はスーパーモデルの音神亜里沙)が諭すというイイお話でした。
変装して寝古田の町に逃げてきたオダエリは、ちょこに『殺人を目撃して追われているの』と、ベタな言い訳。
「そうなんだ!」と即信じるちょこを、ゆりぴょんが猛烈に突き飛ばす。
「やめなさいよ!この子、すぐ信じちゃうんだから!」
公園の車止めにだらりと引っかかっていたちょこ、振り向いて「えへへ」
ほめてるんじゃなーい!!(#゜Д゜)=○)`Д)、;'.・!!

真琴さんは、いい役でしたね。大酒飲んで管理人さんを盗撮しまくるだけが能じゃなかったんだ。
幼少時代の彼女が住んでいた長屋?って、なんかレトロで懐かしい。貧乏姉妹物語って感じがします。
自分みたいな寂しい子供をなくそうと、アイドルを志した。
それでグラビアモデルですか…。
寂しい大きなお友だちは慰められるかもしれないけどねえ。(´∀`*)
オダエリちゃんは、憧れていた亜里沙が眼の前の真琴であることに気づいた模様。
『私の進む道』を知った彼女は、ようやく気持ちを吹っ切れました。
元気に、ねこにゃんダンスに復帰したオダエリです。園児たちと楽しそうに踊っています。
そう、達観すれば怖いものなど何もないのですよ。
次はネコミミメイドコスプレに進化してほしいですね。そして裸エプロン。さらに…。
おー!いーじゃんいーじゃん♪次はぜんぶ脱いでみよっか♪(真琴さん口調で)

| | コメント (4) | トラックバック (3)

ちょこッとSister 第18話感想

ちょこッとSister#18「Let's にゃんシング!」

『日陰者』なんて書いたせいか、管理人さんの入浴シーンがさっそく来ました!
ちょこに相談された管理人さん、入浴中に、ビデオカメラからある人を連想します。
『ある人』とは真琴さん。思い出した途端、当のご本人が管理人さんのヌードを激写中…。
この人、スーパーモデルのくせに何やってんでしょうね。(´∀`*)
ローアングルからあおったときの管理人さんの表情がリアルでした。ちょこシスの作画って、ときどき妙なところで力が入ってる感じ。
公園で、ちょこがビデオ出演を頼み込んでいるときの、腕組みして眼が据わってて仁王立ちのゆりぴょんとかも、ヘンな気合が入りまくりです。
何かのパロディなんでしょうか。腕組みガンバスターとか?それとも、あのダメ出しポーズからして、むかし見たバラエティ番組のアレかな。

駆くんが撮ったビデオには、明らかにちょこメインのひいき画像が。ガクゼンとするゆりぴょん。
「なんで、あたしが端っこなのよ。それで、なんで、この子が…」
せっぱつまった表情に泣けました。・゚・(つД`)・゚・
その後の、ちょこと駆の影だけが映っているカットとか、実に芸が細かい。緻密な演出です。
ムダに緻密という噂も…。(笑)
真実を悟ったゆりぴょん、ちょこに宣戦布告です。
「あんたなんかに、絶対負けないんだからね!」
「うん!ねこにゃんダンス、がんばろうね!」
肩透かしにあったゆりぴょん、完全脱力モード。でも、みんなでビデオを見ながらワイワイやっているうちに、ご機嫌が直ります。
「こういうのって、ちょっといいかも…」
元気に手を振るゆりぴょんを、お嬢さま恐怖症?の駆くんもちょっぴり見直した模様。
明日は、きっといい事があるかもです。

次回「アイドルの憂鬱」。
オダエリさんもいろいろ大変なんですね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 4日 (土)

ちょこッとSister 第17話感想

ちょこッとSister#17「ドタバタ☆ティーパーティー」

ゆりぴょん釘宮さまのツンデレ大爆発!
犬から(偶然に)助けてもらって以来、駆くんに一目惚れしたらしい。学園でも彼のことが頭を離れない模様。
駆くんっていいやつだけど、そこまで惚れられるような相手なのか?
深窓の令嬢である彼女は、男性を見る目とか免疫とか皆無なのかもしれません。
何とかお近づきになりたくて、かわいいおつむで一所懸命考え、ティーパーティーを開いて駆くんを招待することに。
メイドの秀子さん、下命を受けて「かしこまりました」と言いつつ。
ふ。と嘲りの笑い。
目ざとく見つけたゆりぴょん、真っ赤になって「あー!いま笑ったでしょ!!」
可愛い!萌え死にそうです。(笑)

今週のおまけは、ゆりぴょんのRPG妄想です。
ゆりぴょんのお姫さまと役に立たない魔法使いのちょこ、従者の騎士は例の運転手さんという使えないパーティ編成。
さっそく、真琴さん扮する盗賊一味に襲われ、ちちバンド(笑)を狙われます。
「えーと、でかちち女に襲われたとき――」慌ててあんちょこを探すちょこワロス。
颯爽と駆くんの勇者さま登場、危機を救ってくれました。いよいよ好感度アップのゆりぴょんです。

肝心のティーパーティーは、『お友だち』の園児たちを連れてきてしまったちょこの大ボケのために、目論見が大外れ。お嬢さまの欲求不満は募るばかりです。
ついに、ちょことのディープキス妄想炸裂!
『ゆりぴょん、大好き…』
ああ、ちょこったら舌入れてるし(´Д⊂)
ゆりぴょんも、とうとう管理人さん並みの妄想力の持ち主になりました。合掌。
そういえば、管理人さんの出番はちょい役のみ。おはぎでお茶していただけでしたよ。
日陰人生まっしぐら…。

次回「Let's にゃんシング!」。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

ちょこッとSister 第16話感想

ちょこッとSister#16「ドキワク夏祭り」

ちょこのチョコバナナぺろぺろキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!
あの舌使いが(・∀・)イイ!
えろい、えろ過ぎる。夏祭り編最大の見せ場でした。ってか、縁日の様子なんてどこへやら、フトンが吹っ飛んだ!(笑)
もちろん、珠美先輩の水着焼きそばなんて眼中になし。ちょこのちゅぱちゅぱインパクトの前には、管理人さんの浴衣からちちぽろりの体当たりパフォーマンスさえ霞んでしまいました。
駆くんも、ちょこの色っぽさに気づきましたよ。どんな鬼畜妄想が彼の脳裡を駆けめぐっているのでしょう。
侮れない早熟者です。ダテに番台少年やってませんな。

ゆりぴょんは、ちょこの誘いを無下に断ってしまったことを後悔しています。夏祭りが気になるご様子です。
眼はコワイけど出来るメイドの秀子さん、「行きますよ」と浴衣までご用意して、強制お着替え。ゆりぴょんの可愛いブラが…。ぱんつは…さすがにそこまでは脱がさないか。残念。(´∀`*)
縁日の賑わいに昂奮し、はしゃぐゆりぴょん。優しい眼を向ける秀子さん。
ご主人萌えの百合ちゃんなんて、邪推だったかなあ。
いやいやいや、まだ分りませんぞ。あの無表情なほほえみの奥に隠されているものは…。( ´▽`)σ)´Д`)
愛しの駆くんが、ちょこと仲がよさげなので驚き騒ぐ本妻?ゆりぴょん。
いよいよ修羅場か。

次回「ドタバタ☆ティーパーティー」。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年10月21日 (土)

ちょこッとSister 第15話感想

ちょこッとSister#15「プールDEじゃぷん」

Aパートは、管理人さんの水着選びと、プールサイドの情景。
水着選びは、管理人さんの豊満なカラダを堪能できたからいいとして、プールの方は思ったよりおとなしかったです。
ウォータースライダーから滑り降りた管理人さんの巨乳がぽろり。
クソガキにからまれたちょこが、スク水を引っ張られて微乳がぽろり。
当然のように、どっちもkeep outです。無理無理で見せた感がありますな。
クソガキのとうちゃんは人外だし…。でもケジメを知っているイイ人でした。

Bパートは、ねこにゃんダンスの番宣とゆりぴょん受難。
鈴木茜って、中の人も鈴木茜でグラドル。聞くところによると、生れてからずっと水着のCMの人とのこと。
特別出演って奴でしょうか。
そうか、このための2クールだったのか…。('A`|||)
そしてOPとED担当のハレンチ☆パンチって、語感が何だかオレンジレンkeep out
おっとっと、今これは禁句らしいです。(笑)
ゆりぴょんは、またもに追いかけられます。平賀才人の呪いかもしれません。
駆に偶然助けてもらい、心から感謝しております。どうやら、豪邸にお招きしたい模様。
このシチュエーションって、管理人さんがはるまに惚れたきっかけとそっくりです。演出手抜きかもです。
ちょこを挟んで、いよいよ修羅場か?
それにしても、メイドの蓮木秀子さんって、ゆりぴょんの下着姿をあの怖い眼で凝視していましたが、どういう人なんでしょう。
まさかして、ご主人さま萌えの百合ちゃんだとか??Σ('∀`;)

次回「ドキワク夏祭り」。
王道というか定番というか。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2006年10月17日 (火)

ちょこッとSister 第14話感想

ちょこッとSister#14「ねこにゃんとブラジャー」

Aパートは、ひたすらねこにゃんダンス。
テレビでダンス。それを見ながらちょこがダンス。幼稚園でもダンス。
アイドルのオダエリ(小田原絵里子)まで引っ張り出しての、凄い番宣です。ってかオダエリ実在してないし。
ちょこの、微妙にネコミミとメイドさん入ってるコスプレが嬉しいですな。
ホントに楽しそうで、何だかこっちまで歌いたくなってしまいます。
♪この頃はやりの女の子 ねこにゃんダンスの女の子
こっちを向いてよちょこ~
だってなんだか だってだってなんだもん♪

(管理人の脳が煮えた模様)

Bパートは、ゆりぴょん再登場。
なんと、ちょこにブラジャーを見せに来るというのです。ヒヒーン。(笑)
つばき荘の前で、仕事帰りの真琴さんとバッタリ。
ブラジャーと聞いて、真琴さん大乗り気です。
「あたしもご相伴させてよ~」
真琴さんは人の下着が大好物らしい。本職はモデルという噂もあるのですが、どういう趣味してるんでしょう…。
「い~じゃんい~じゃん、あたしに見せたって減るもんじゃなし」
どこの変態オヤジですか。
どうあっても見せないのなら、とキレた真琴に襲われ、××されそうになるゆりぴょん。貞操の危機です。
「ちょこちゃん、脚押さえて!」
「ばかあ、助けなさいよ~!」
でっかい修羅場です。(´∀`*)
下着姿でやっと逃げ出したゆりぴょんですが、またもはるまに遭遇し、可愛いぶらじゃーとぱんつをきっちり目撃されてしまいました。つくづく不幸な少女です。

次回「プールDEじゃぷん」。
やた!レッツ水着回!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

ちょこッとSister 第13話感想

ちょこッとSister#13「はじめてのゆりぴょん」

実は、頼りになる友人のおかげで、1話から連続視聴できました。あのちょこシスを、一気に12話分も見倒したわけです。
何と言うか…。
脳がとろけましたね。(笑)
いま、頭の中を「いっつまい・れ・ぼ・りゅーしょん♪」のメロディと、ちょこの勝負下着がぐるぐる駆けめぐっております。変になりそうです。ってか既に変です。(´Д⊂)
ちょこシスがまだ続くというのに、なんて暴言を吐いた記憶も微かにあるのですが、今の私は脳が溶けているので全然平気です。ちょこ万歳です。

さて、「はじめてのゆりぴょん」。
ゆりぴょんの本名は、華山田ゆりか。中の人は…。

こ、これはっっ???Σ(゚Д゚;

あのルイズ様がさらにちっこくなって、金髪ツインテールお嬢さまに!
おお、何というお姿になられたのでしょうか…。
だが、これはこれでもらっておこう。ってどこの海原雄山ですか。( ´▽`)σ)´Д`)
ゆりぴょんは、公衆トイレを抜け出そうとしてぱんつ晒したり犬に追いかけられたりジュースかけられたり、もう大変なことになっています。しかもツンデレです。
お風呂で洗いっこのおまけまで。炉利なお乳が眼に心地よいです。
今日のちょこ日記。
「ブラジャーを貸してあげたら喜んでいました。今度はぱんつも貸してあげようと思います」
(´∀`*)
ちょこはいい子…。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年9月23日 (土)

ちょこッとSister 第11話感想

ちょこッとSister#11「恋、去りぬ」

爽やかな温泉宿の朝。ちょこは、露天風呂でご機嫌です。
「ほこほこだな」
ほっこり美味しそうに温まったちょこ。後は美味しくいただくだけですな。
( ´▽`)σ)´Д`)
管理人さんはといえば、爽やかに夢で妄想中。
「ちょこちゃん、未成年なのにだめよビールなんか飲んじゃ、それもビンから直接」
黒光りする超あやしいビールびんに、眼をつむってそっと口をよせるちょこ。
どういう妄想なんでしょうね…。
美味しそうな和朝食と、浴衣の合わせからこぼれる、さらに美味しそうな管理人さんのおっぱい、ごちそうさまでした。

滝見物に来た3人。茶店で一人留守番をしていたはるまは、滝壺の方に歩いていく綾乃さんの姿を見かけます。
慌てて後を追い、抱きとめるも、自殺は誤解でした。
綾乃さんは、恋人との思い出のアクセサリーを捨てようとしていたのです。
「捨てちゃだめですよ、好きな気持ちが残っているのに諦めるのは辛いですよ」
諫めるはるま。綾乃も、彼とやり直す決心をします。
自分からチャンスを捨ててしまい、落ち込むはるま。駆け寄ってくるちょこを、強く抱きしめます。
「ごめん。しばらく、このままで」
「いいよ、ぎゅっとされるの好きだから」
ぎゅっとされながら恍惚としているちょこの表情がえろいです。ローアングルからちょこのスカートの中身が公開されるのはご愛嬌か。
はるまとちょこの禁断愛に涙する管理人さんが、管理人さんが……。
・゚・(つД`)・゚・
これも、ヘンな妄想夢なんか見た報いでしょうか。

土産物屋ではしゃぐちょこ、大人のオモチャハケーン。さっそく、管理人さんにご注進です。
「管理人さんの好きなものだよ!」
ちょこのセクハラ確変キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!
「え、ええ?」
当然うろたえる管理人さん。身に覚えがあるのか、否定も微妙です。
「マツタケ!」
(´∀`*)

温泉編も終了し、恒例のちょこ日記で〆です。
『あんなに重そうなのに、管理人さんのおっぱいはお湯に浮いていました』
おいおいおい。何てこと書くんでしょうねこの子は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

ちょこッとSister 第10話感想

ちょこッとSister#10「Let's 温泉!」

温泉回だというウワサをどこからともなく聞きつけ、颯爽と登場したSIGERUです。
(´∀`*)

「管理人さんのおっぱいってお湯に浮くんだあ~」
「うわ~柔らか~い」
「管理人さんどうやったらこんなにおっぱい大きくなるの?」
ちょこのセクハラ三段攻撃がすばらしい。

そして噂どおり、管理人さんの妄想っぷりがキテましたね。はるまが、もうすっかりヘンなキャラに脳内変換されております。
「NHKにようこそ!」で、佐藤くんが迸らせる岬ちゃん妄想に匹敵するエロ妄想お見事。
温泉での椿事をあれこれ妄想しつつ、一人おふとんの中で悶々とする姿もそそります。
( ´▽`)σ)´Д`)
しかし男性経験のない悲しさ、はるまのリアルぱおーんを至近距離で見てしまい、あえなく撃沈する管理人さん。
せっかく勧められたビールも喉を通りません。
ここは、さしつさされつひたすら飲む→色っぽく酔っ払う→勢いではるまのおふとんに乱入、というジェットストリームアタックを浴びせるところなのですが。
ちょこがお邪魔だけど、まあ無邪気な彼女をごまかす方法はいくらでもあります。
「うわ~管理人さんプロレス強いんだ~お兄ちゃんが苦しそう。それ何て固め技?」
「これ?これはね、四十八手のうち松葉くず(以下略)」

一方、旅先でも綾乃さんの姿を目撃するはるまです。相変わらず諦めきれない模様。
どうまとめるんでしょうね…。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年8月 6日 (日)

ちょこッとSister 第4話感想

ちょこッとSister #4「ブラック・バレンタインデー」

ちょこ@斉藤桃子ちゃんは元気かなあと、久しぶりに視聴してみました。
バレンタインには、自分で自分にリボンを巻いて、はるまにプレゼントっすか!
相変わらず飛ばしてますな、真琴さんの入れ知恵とはいえ。以前には、裸エプロンもあったとかいうし。
天然ソルティちょこの暴走が、この作品のキモですね。

しかし、千歳管理人さんってひたすら旧式。このアパートも古くて凄いけど、千歳さんの願望(いつか王子さまが)も凄い。
乳がでかい設定らしいのですが、それほど目立ちませんね。がんばれ管理人さん。
ってか、毎朝ホウキで玄関を掃いている場面といい、つばき荘下の坂のたたずまいといい、住人の真琴さんは朱美さんクリソツなことといい、まるっきり『めぞん一刻』ですな。
あれに似てる、これのパクリだと騒ぐのは昔のファンの悪い癖なのですが、ちょこッとに関しては、わざと狙ってるとしか思えません。恐らくそういう狙いなのでしょう。
であれば、ぜひ『めぞん』の面白さも真似してほしいと思います。
個人的には、フラワーショップの綾乃さん@大原さやかさんの活躍が楽しみ。何しろ園崎だしって番組が違うか。(笑)
今後のちょこッとにいろいろ期待です。

次回「ブラジャーを買いに」Σ('∀`;)



Sis0501 Sis0502 Sis0503 Sis0504 Sis0505 Sis0506

| | コメント (2) | トラックバック (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

009-1感想 | Angel Beats!感想 | ARIA感想 | DARKER THAN BLACK感想 | Dororonえん魔くん感想 | Fate/Zero感想 | HUNTER×HUNTER感想 | IS <インフィニット・ストラトス>感想 | K感想 | LUPIN the Third 峰不二子という女感想 | NHKにようこそ!感想 | NOIR(ノワール) | STEINS;GATE感想 | TARI TARI感想 | UN‐GO感想 | WORKING!!感想 | WORKING'!!感想 | あそびにいくヨ!感想 | あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。感想 | うさぎドロップ感想 | うぽって感想 | うみものがたり感想 | お兄ちゃんのことなんか感想 | かなめも感想 | かんなぎ感想 | けいおん感想 | けいおん!!感想 | この中に1人、妹がいる!感想 | これはゾンビですか?感想 | ささめきこと感想 | さんかれあ感想 | じょしらく感想 | そふてにっ感想 | そらのおとしものフォルテ感想 | そらのおとしもの感想 | それでも町は廻っている感想 | ちはやふる感想 | ちょこッとSister感想 | つり球感想 | でぼちん | とある科学の超電磁砲感想 | とある魔術の禁書目録感想 | となりの怪物くん感想 | となグラ!感想 | とらドラ!感想 | はなまる幼稚園 | ひぐらしのなく頃に感想 | まりあ†ほりっく感想 | みつどもえ増量中!感想 | もやしもんリターンズ感想 | アクエリオンEVOL感想 | アクセル・ワールド感想 | アニメ | アマガミSS感想 | アマガミSS+感想 | イクシオンサーガDT感想 | ウィッチブレイド感想 | エウレカセブンAO感想 | カオスヘッド感想 | カンピオーネ!感想 | キディ・ガーランド感想 | ギルティクラウン感想 | クイーンズブレイド感想 | グルメ・クッキング | ゲーム | ココロコネクト感想 | サイコパス感想 | ジョジョの奇妙な冒険感想 | ストライクウィッチーズ2感想 | セキレイPE感想 | ゼロの使い魔感想 | ソラノヲト感想 | ソルティレイ感想 | ソードアート・オンライン感想 | ダンタリアンの書架感想 | デュラララ感想 | トータル・イクリプス感想 | ドルアーガの塔感想 | バカとテストと召喚獣 | バカとテストと召喚獣にっ感想 | バクマン。感想 | バクマン。2感想 | パソコン・インターネット | パンプキン・シザーズ感想 | ファントム感想 | フラクタル感想 | フリージング感想 | ブラックロックシューター感想 | ブラック・ラグーン感想 | ペルソナ4感想 | マギ感想 | モーレツ宇宙海賊感想 | ヨスガノソラ感想 | ヨルムンガンド感想 | ライドバック感想 | ラストエグザイル―銀翼のファム感想 | ラーメン | リトルバスターズ!感想 | レベルE感想 | ロボティクス・ノーツ感想 | 一騎当千XX感想 | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい!感想 | 伝説の勇者の伝説感想 | 侵略!イカ娘感想 | 侵略!?イカ娘感想 | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない感想 | 偽物語感想 | 僕は友達が少ない感想 | 君に届け2ND感想 | 君に届け感想 | 咲-Saki-感想 | 咲-Saki-阿知賀編感想 | 地獄少女感想 | 坂道のアポロン感想 | 境界線上のホライゾンⅡ感想 | 境界線上のホライゾン感想 | 変ゼミ感想 | 夏目友人帳参感想 | 夏目友人帳肆感想 | 夏色キセキ感想 | 夢喰いメリー感想 | 大正野球娘感想 | 宇宙をかける少女感想 | 戦姫絶唱シンフォギア感想 | 探偵オペラミルキィ・ホームズ第二幕感想 | 文化・芸術 | 日常感想 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 未来日記感想 | 機動戦士ガンダムAGE感想 | 氷菓感想 | 海月姫感想 | 涼宮ハルヒ感想 | 深夜アニメ感想 | 灼眼のシャナⅢ(Final)感想 | 狼と香辛料感想 | 生徒会役員共感想 | 異国迷路のクロワーゼ感想 | 祝福のカンパネラ感想 | 神のみぞ知るセカイⅡ感想 | 神のみぞ知るセカイ感想 | 神様のメモ帳感想 | 神様ドォルズ感想 | 絶園のテンペスト感想 | 聖剣の刀鍛冶感想 | 聖痕のクェイサー感想 | 舞-乙HiME感想 | 花咲くいろは感想 | 輝きのタクト感想 | 輪るピングドラム感想 | 這いよれ!ニャル子さん感想 | 鋼の錬金術師感想 | 閃光のナイトレイド感想 | 電波女と青春男感想 | 青の祓魔師感想 | 静留×なつき | 魔法少女まどか★マギカ感想 | 黒神感想 | Aチャンネル感想 | Another感想 | B型H系感想 | CANAAN感想 | GOSICK感想 | NO.6感想 | SS | WHITE ALBUM感想