2011年8月31日 (水)

キャサリン・パターソン「テラビシアにかける橋」

誰しも、偏愛するジャンルがあると思います。
私にとって、それは、少年少女の物語。

このトシでアニメが大好きという嗜好と、無縁でない気がします。
ただ、いわゆる児童文学がお好きな人とも、ちょっと違うかもしれません。
私が少年少女文学の最高峰と目しているのは。
海外では、コクトー「恐るべき子供たち」。
国内では、樋口一葉「たけくらべ」。
そういう傾向的な好みがあるので。

単純な成長物語が好きなわけではない。
単純なイノセントが好きなわけでもない。
そこに、何かもう一つがほしい。
たとえば、ちょっとした「危うさ」のようなもの。
子どもから大人へ成長することへの危うさ。
子どもであり続けようとすることの危うさ。

映画だと、大好きな作品が多すぎて、もうキリがありません。
ロベール・ブレッソン監督「少女ムシェット」。
ヴィクトル・エリセ監督「ミツバチのささやき」。
ジャン・ヴィゴ監督「新学期・操行ゼロ」。
スタンリー・クレイマー監督「動物と子供たちの詩」。
ロイ・ヒル監督「マリアンの友達」。
イヴ・ロベール監督「わんぱく戦争」。
でもやはり、トリュフォー監督「大人は判ってくれない」が白眉かな。初見のあの印象は強烈でした。
いずれも、揺るぎない名作です。しかも、危うさを内包しつつ美事に作品として成立している。そこが好き。

テラビシアにかける橋」(1977)も、そうした危うさの均衡のうえに立つ傑作でした。
ネタバレですのでご注意を。それはいつもかww

田舎の少年ジェシーの新しいお隣さんになった、都会から来た自由な少女レスリー。
短髪にジーンズ、男の子みたいで、駆けっこがとっても速い。そして、自分だけの世界をしっかりと持っている。
初めは違和感を抱いたジェシーですが、やがて、彼女の闊達さにどんどん魅かれていきます。

レスリーの両親は、二人とも作家。インテリです。物理的な栄達を追い求めるばかりの都会生活に疑問を抱き、「娘のために」田舎で農場を経営しようと、引っ越してきた。
村上春樹が、こういう「下放」志向の知的人間について、かなり皮肉っぽいエッセイを書いていました。まったく同意です。
私も、子どもの頃は原っぱで駆け回っていたクチですので、「自然とのふれあいの大事さ」なんかに驚きゃしません。
だから、感動したのは、そこではありません。

ボーイミーツガールの物語。
森の中のツリーハウス。二人だけの王国、テラビシア。そこでは、二人は王様と女王様。
いかにも、子どもらしい夢にあふれた物語です。このまま終わっていれば、万人受けするハートウォームな児童文学に仕上がっていたことでしょう。
しかし、この「児童文学」には、厳しい結末が用意されていました。
大雨で川が増水。テラビシアに渡るための橋から、レスリーが落下して死んだ。

発表当時、読者の子どもたちから、抗議の手紙が殺到したそうです。
「どうしてレスリーを殺してしまったの?」
作者は、こう答えるしかありませんでした。
「これは、私の息子自身が経験した実話に基づいています。私が、この物語を書こうとした動機でもあります。だから、結末は変えられません
息子とは、次男デビッド。
彼のガールフレンドは、雷に打たれて死んだのです。

レスリーの死を、心が受け入れられないジェシー。
混乱のさなかで、彼の思考は奇妙に捻じれ、空転します。
「これで、駆けっこは、僕がまたいちばん早い」
「レスリーなんて嫌いだ。出会わなければよかった」
しかし、それまでは分からず屋だと思っていた担任の先生とも、レスリーの死をとおして理解し合うことができた。
少女の死をきっかけに、徐々に世界と和解し、世界を受け入れていく姿が、結末の数十ページで、実に感動的に描かれていました。
児童文学で死を扱うのは難しいのですが、子ども心への深い洞察とシンパシーに支えられた、これは真正の傑作だと思います。

テラビシアは、はるかのちの2008年に映画化され、公開されました。
脚本を書いたのは、成長したデビッド自身でした。

時の流れを、しみじみと感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

ドージンワーク

この作品のことはひろしさんの記事で知ったのですが、ちょうどマンガに餓えていたこともあり、3冊大人買いして一気読みしました。
おもしろい!惚れた!
同人誌やってた人なら、いややってなくても、膝を打ちたくなるギャグが満載です。キャラの女の子たちを眺めてるだけでも、思わず顔が緩んでくる感じです。

長菜なじみ(おさななじみ)と露理(つゆり)はクラスメート。
露理は、自分が同人女であること、えっちい本を創っていることを告白。そして言い放ちます。
「私は主に陵辱系
いきなりの露理のぶちかましに、私の××はわしづかみにされました!
なじみも、えっちいことでは負けていません。友人に勧められたエロゲーやりながらうっとり涎を流す姿が何とも…。
見た目はかっこいいジャスティス(日本人です)は、なじみの幼なじみ。即売会で3万部を売り上げる超大手の同人野郎です。
しかし何といっても、小学生同人少女のソーラちゃんが一番人気でしょうね。可愛いです、とにかく。ブルマとか似合ってるし。
ジャスティスに寄せる純愛は、涙なくしては見られません。当のジャスティスがド変態なだけに。(´Д⊂)
ソーラちゃんは、変態キャラたちの中にあって、唯一ノーマルな存在。変人どもに振り回される役回りは、あずまんがのちよちゃんを思わせます。
個人的には、二巻目から参戦する、二道かねる(にどうかねる)さんもお気に入り。
OLやりながらBL同人誌に情熱を燃やすれっきとした腐女子です。でも売れません。(笑)
自分は社会人で大人だと公言するわりに生活力がほとんどなく、見かけは大人、頭脳は子供の典型です。
ジャスティスをめぐってソーラちゃんと戦わす、ゼータガンダムばりのやり取りが圧巻でした。
「だってソーラちゃん子供だもん!」
「かねるちゃんのほうが子供だもん!」
「なんで!私の方が年上よ!」
「年なんて関係ないもん!」
「大人のお色気もムンムンよ!」
「そんなの子供におっぱいつけたのと同じ!」

(´∀`*)

かねるちゃん精神崩壊。ははは。

7月に四巻目が発売とのことで、楽しみです。
ソーラちゃんとジャスティスに押され気味の主人公?なじみも頑張ってほしいですね。

Dojin3

| | コメント (17) | トラックバック (3)

その他のカテゴリー

エロマンガ先生感想 | アリスと蔵六感想 | サクラクエスト感想 | 武装少女マキャヴェリズム感想 | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない感想 | 地獄少女感想 | 深夜アニメ感想 | SS | 009-1感想 | Angel Beats!感想 | ARIA感想 | DARKER THAN BLACK感想 | Dororonえん魔くん感想 | Fate/Zero感想 | HUNTER×HUNTER感想 | IS <インフィニット・ストラトス>感想 | K感想 | LUPIN the Third 峰不二子という女感想 | NHKにようこそ!感想 | NOIR(ノワール) | STEINS;GATE感想 | TARI TARI感想 | UN‐GO感想 | WORKING!!感想 | WORKING'!!感想 | あそびにいくヨ!感想 | あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。感想 | うさぎドロップ感想 | うぽって感想 | うみものがたり感想 | お兄ちゃんのことなんか感想 | かなめも感想 | かんなぎ感想 | けいおん感想 | けいおん!!感想 | この中に1人、妹がいる!感想 | これはゾンビですか?感想 | ささめきこと感想 | さんかれあ感想 | じょしらく感想 | そふてにっ感想 | そらのおとしものフォルテ感想 | そらのおとしもの感想 | それでも町は廻っている感想 | ちはやふる感想 | ちょこッとSister感想 | つり球感想 | でぼちん | とある科学の超電磁砲感想 | とある魔術の禁書目録感想 | となりの怪物くん感想 | となグラ!感想 | とらドラ!感想 | はなまる幼稚園 | ひぐらしのなく頃に感想 | まりあ†ほりっく感想 | みつどもえ増量中!感想 | もやしもんリターンズ感想 | アクエリオンEVOL感想 | アクセル・ワールド感想 | アニメ | アマガミSS感想 | アマガミSS+感想 | イクシオンサーガDT感想 | ウィッチブレイド感想 | エウレカセブンAO感想 | カオスヘッド感想 | カンピオーネ!感想 | キディ・ガーランド感想 | ギルティクラウン感想 | クイーンズブレイド感想 | グルメ・クッキング | ゲーム | ココロコネクト感想 | サイコパス感想 | ジョジョの奇妙な冒険感想 | ストライクウィッチーズ2感想 | セキレイPE感想 | ゼロの使い魔感想 | ソラノヲト感想 | ソルティレイ感想 | ソードアート・オンライン感想 | ダンタリアンの書架感想 | デュラララ感想 | トータル・イクリプス感想 | ドルアーガの塔感想 | バカとテストと召喚獣 | バカとテストと召喚獣にっ感想 | バクマン。感想 | バクマン。2感想 | パソコン・インターネット | パンプキン・シザーズ感想 | ファントム感想 | フラクタル感想 | フリージング感想 | ブラックロックシューター感想 | ブラック・ラグーン感想 | ペルソナ4感想 | マギ感想 | モーレツ宇宙海賊感想 | ヨスガノソラ感想 | ヨルムンガンド感想 | ライドバック感想 | ラストエグザイル―銀翼のファム感想 | ラーメン | リトルバスターズ!感想 | レベルE感想 | ロボティクス・ノーツ感想 | 一騎当千XX感想 | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい!感想 | 伝説の勇者の伝説感想 | 侵略!イカ娘感想 | 侵略!?イカ娘感想 | 偽物語感想 | 僕は友達が少ない感想 | 君に届け2ND感想 | 君に届け感想 | 咲-Saki-感想 | 咲-Saki-阿知賀編感想 | 坂道のアポロン感想 | 境界線上のホライゾンⅡ感想 | 境界線上のホライゾン感想 | 変ゼミ感想 | 夏目友人帳参感想 | 夏目友人帳肆感想 | 夏色キセキ感想 | 夢喰いメリー感想 | 大正野球娘感想 | 宇宙をかける少女感想 | 戦姫絶唱シンフォギア感想 | 探偵オペラミルキィ・ホームズ第二幕感想 | 文化・芸術 | 日常感想 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 未来日記感想 | 機動戦士ガンダムAGE感想 | 氷菓感想 | 海月姫感想 | 涼宮ハルヒ感想 | 灼眼のシャナⅢ(Final)感想 | 狼と香辛料感想 | 生徒会役員共感想 | 異国迷路のクロワーゼ感想 | 祝福のカンパネラ感想 | 神のみぞ知るセカイⅡ感想 | 神のみぞ知るセカイ感想 | 神様のメモ帳感想 | 神様ドォルズ感想 | 絶園のテンペスト感想 | 聖剣の刀鍛冶感想 | 聖痕のクェイサー感想 | 舞-乙HiME感想 | 花咲くいろは感想 | 輝きのタクト感想 | 輪るピングドラム感想 | 這いよれ!ニャル子さん感想 | 鋼の錬金術師感想 | 閃光のナイトレイド感想 | 電波女と青春男感想 | 青の祓魔師感想 | 静留×なつき | 魔法少女まどか★マギカ感想 | 黒神感想 | Aチャンネル感想 | Another感想 | B型H系感想 | CANAAN感想 | GOSICK感想 | NO.6感想 | WHITE ALBUM感想