2017年6月26日 (月)

アリスと蔵六第12話(最終話)

人外」ではなく「人間以上」へ。

アニメでは語られなかったその後の紗名は、蔵六たち大人に見守られて、まっすぐに、すなおに生きたのでしょうね。
ラストシーンに、それが窺えます。

さて最終話。

Awoder
Aiikagennni
Ahontoni

蔵六の一喝で、ワンダーランドの暴走が止まりました。やっぱりアンタは頼りになるじじいだ!(褒めてますw
ワンダーランドから現実へのドアが、ようやく開いた!
はしゃぎ廻る紗名。でも、畳の上で靴はいけません。
あんのじょう、蔵六の鋭い一喝が。
「紗名、とりあえず靴を脱げ」


Atoriaezu_2

紗名の不審な動きがおもしろすぎて笑えたwおびえきっちゃっててカワイイです。
私だったら「紗名、とりあえずを脱げ」って云っちゃうかもねw

政府がアリスの夢を公式に認めました。それは、特別な子供ではない、誰にでも起こり得ることなのだ、と。
世界は、これから変革の時代を迎えるのでしょう。
「子供が元気だったら、それはいい世界だよ」
いいこと云うなあ刑事のおっさん。

異能の力ゆえに主人公が苦悩する設定は、SFの古典的テーマ。
「スーパーマン」の原型であるワイリー「闘士」(1930年)しかり。
生まれつき超能力をもつ少年と少女が苛烈なイニシエーションにさらされる、ヴォクト「スラン」(1940年)しかり。
この系統の作品には、アメリカンコミックの「スパイダーマン」や「X-メン」などがあり、日本でも「エルフェンリート」などが記憶に新しいところですが、「アリスと蔵六」もこの系譜に連なる作品といえるでしょう。

Aomaenookage

ラストシーン。
しっとりした情感を漂わせる佇まいの少女。それは。
「いまはもうだいじょうぶだ。おまえのおかげだな。蔵六」
それは、成長した紗名ちゃんでした。あのお転婆ぶりは、すっかり影をひそめています。
ステキなんだけど、何だか惜しいなあ、と思ってしまうのは、私だけでしょうか。
あの、びっくり箱をひっくり返す体の天衣無縫な無邪気さが懐かしい…。

Asannin

ともあれ、アリスと蔵六の大団円です。
スタッフ、お疲れさまでした!

完全な余談
アリスと蔵六記事内で番宣恐縮なのですが。
いま、エロマンガ先生特別企画最終の「ムラマサちゃんが幸せになれるSS」を鋭意準備中です。
明日の夜にはアップできるかな。
不肖SIGERUは約束を守れる男ですぞw

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2017年6月19日 (月)

アリスと蔵六第11話

Asanasyoutai

「わたしはみんなと同じ人間なんかじゃなくて、たぶんワンダーランドそのものなんだ」





Ahatorinamida

超規格外な能力ゆえに、自分は人外、赦されざる存在だと、心を閉ざしていた羽鳥ちゃん。
でも、人間ですらない、まだ人間になれていない紗名ちゃんの真率な告白を聴いて、すなおに涙を流すことができました。

「人は、自分のために泣けるときは死んだりしないものです」
これはアンデルセンの名作「絵のない絵本」の有名な一節。
私はここに「人は、他人のために泣けるときは死んだりしないものです」を付け加えたいと思います。
ここ何話かの詰屈が、一気に解放されたステキな話数でした。

Adakiau

大好きな両親の元へ帰りたいという希望を、意思を取り戻した羽鳥ちゃんを援けて、紗名ちゃんにできることは?
そしてやはり、こんな時にこそ頼りになる蔵六カモーン
ここ暫く出番に恵まれなかったけれど、あんたがいないと何にも始まらない!
ぶれない頑固さで、二人を救ってあげて!

次回はいよいよ最終話。
ヒューマンなあたたかさに充ちた大団円を期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2017年6月12日 (月)

アリスと蔵六第10話

Amosya

うーん、もしゃもしゃする…」(視聴者w)

フィクションの世界では、どんな登場人物を出そうが自由です。
サイコな極悪人だろうが天使のような善人だろうが、老獪きわまる策士だろうがイノセントな少女だろうが。
そう、ここ暫くの紗名ちゃんみたいに、
「おまえ、悪いやつだ!」
「もしゃもしゃするーーー!」
しか云わない、幼稚きわまる分からず屋さんでも。

ただし。
作者自身が紗名ちゃんと同じ目線になってはいけない。
低回する目線でお話を進めてしまい、視聴者をイライラさせてはいけない。
作者は、あくまでも作品の「神」。すべてを客観的に俯瞰できる視点を見失わないこと。
それは、人物への感情移入とは別次元の話です。
ここ何話かの「アリスと蔵六」にはその弊害が垣間見えて、視聴者を(私もですが)もしゃもしゃさせていたのは想像に難くありません。
これが小説なら、読者のペースで読めるので、弊害は緩和されるのかもしれない。
でも、週放送のテレビアニメでは、視聴者はただ待たされるだけなので、焦燥が募ります。

作者(演出)が陥りやすい、誤解されやすいポイントなので、あえて贅言してみました。
これからはお話がまた活き活きと動き出しそうなので、期待します。

ワンダーランド崩壊

Akaerenai

「あのな、たぶんだけど、あたしたち、帰れないかもしれない…」
やばいっすね紗名ちゃん。
オトナたちが慌てまくっていました。この世界は、彼女が独力で造った世界ではないのかな?
だとすれば、復旧のきっかけがあるはずですね。
はーちゃん共々、彼女たちが本当の意味で「救われる」方途はあるのでしょうか。
鶴首して待ちたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017年6月 5日 (月)

アリスと蔵六第9話

Asanaalice

「このもしゃもしゃの悪い奴め!こらしめてやる!」

紗名が不思議の国のアリスそのものに!
真のアリスの夢の能力が顕現したのか!
てゆーか、何も悪くない一般人の歩ちゃんがこらしめられちゃうのか
誤爆もいいとこだぞ紗名ちゃんw

羽鳥ちゃんは家に戻りました。
でも、幸せになるためではない。
もう人前には出ない。一生この家にいる。
自分が操作してしまった、おとうさんとおかあさんと一緒に。

「警察の人が何回か来たけど追い返しちゃった。私は魔女、悪い魔女だから、誰も手出しできないの」
「ごめんね。もう来ないで。あーちゃんを傷つけちゃうから」

納得できない歩ちゃんは、魔法の秘密を解く鍵かもしれない紗名を探して、原宿の街をさまよいます。
このアニメって、第1話の歌舞伎町もそうでしたが、かなり精密に街の風景を描き込んでいるのですよね。
作画の真摯な姿勢に好感です。

Asanawarui

そのころ、リベンジに燃える紗名ちゃんは、クレヨンで猫の絵を。
「見てろよ、あいつらめ♪」

Acat

まさにシュルレアリズム!
不思議の国のアリスに登場するチェシャ猫そのものですな。ジブリの猫バスじゃなくてw
この出逢いをきっかけに、再び紗名と羽鳥に新たな邂逅が生まれるのでしょうか?

Asanahuro


Asimaihuro

さあ戦闘銭湯開始だ!

って昭和ギャグも、銭湯が絶滅危惧種になった今、分ってもらえにくいですw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月29日 (月)

アリスと蔵六第8話

Alihatudou

AlihakaiAlihakai02


相互破壊

アリスの夢は、能力を相殺し合う特質のあることが判明しました。
埒があかないのに逆上し、ぽかぽか殴りつける紗名ちゃんがカワイイw

「悪い魔女」羽鳥ちゃんが登場です。
彼女の魔法(アリスの夢)は、操作系の超強力なヤツ
両親に仲良くしてほしい願望が間違った方向に働いて、両親は意思のない操り人形に。
学校どころか、ついには街全体を操作してしまうことも可能なチート魔法少女に育ってしまいました。
魔法を解く方法が分らず、家にも帰れなくなった羽鳥ちゃんと親友の歩ちゃんは「さまよえるオランダ人」のように、永遠に世界を彷徨う呪われた運命。
そこへ現れたのが、魔法に支配されない女の子、紗名ちゃんです。とまどう羽鳥ちゃん。

Alihatori

羽鳥ちゃんを登場させたからには、今後の流れに向けて、何か脚本の企みがあるはずですよね。
そこに期待します。物語をもっともっとふくらませてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017年5月15日 (月)

アリスと蔵六第6話

A01

早苗ちゃんのつつましやかなおっぱいが、巨乳爆乳ぞろいのアニメ界では一輪の清楚な花のよう。
癒されます

「人間になりたい!」。
一大決心をした紗名ちゃんの、樫村家での日常が始まりました。
ところが、云うは易し、行うは難し。

電燈のヒモに手が届かないけど、おふとんから起きたくなーい。
外は寒いから新聞を取りに行きたくなーい。

便利な能力に甘やかされてきた紗名ちゃんは、すぐアリスの夢の力に頼ろうとして、蔵六に叱責されてしまいます。これでは人間になれません(笑)。
彼女の願いがかなうのは、まだまだ道遠し、でしょうかw
そして、蔵六が紗名ちゃんとの養子縁組を提案!紗名ちゃんも早苗ちゃんも大喜びです。

だが、現代のアニメ視聴者は、まどマギを初めとする不幸アニメで鍛えに鍛えられているため、ささやかな幸福にも不幸の影を探してしまうのです。この養子縁組が、実はなかなか難物。
まず紗名ちゃんは未成年なので家裁の許可が必要。いろいろ調査も入るでしょう。
それより何より、手続きには紗名ちゃんの戸籍謄本が必要です。
人にあらざる紗名ちゃんに戸籍ってあるのか
…まあでも、研究所が絶大な権力で戸籍を設定してあるのでしょう。気にしない気にしないw

A02

樫村家の冷蔵庫ですが、この一升瓶って、蔵六の晩酌用なの?お酒好きの私、気になります。
でもよく見たら、みりんとか醤油みたいですね。冷暗所に保存すればいいと思うけど、樫村家では冷蔵庫にしまうのかw

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2017年5月 3日 (水)

アリスと蔵六第5話

「術式3の1」「590番、術式1の8!」
「ちがう種類のトランプ!?」

チート過ぎるじゃんか一条さんw

アリスと蔵六。今期でいちばん「豫感」を感じさせてくれるアニメです。
初手の感想は「何かまどマギみたいだなー」。つまり蒼樹うめさんを髣髴させる画風ということだったのですが。
原作の今井哲也さんは、かつてまどマギのアンソロジー本にも寄稿していたんですね。
星雲賞の候補にもなったとのことで、SFマインド豊かな作家さんのようです。先行作品のエルフェンリートやまどマギとは、ちがう地平を切り拓いてくれそうな豫感。
蔵六=大塚明夫さんの存在感もバツグンです。
「おまえさん、外に何があるか見たくて出てきたんだろう?だったらそうしろ!云ったことは曲げるな!俺はな、曲がったことが大嫌いなんだ」
分厚い年輪を感じさせてくれる台詞回し。声優界の重鎮、大塚さんは健在です。
制作は、待ってましたのJ.C.STAFF。今回もやってくれそうですね。

「わたしは人間になりたい!人間とゆーか、もっとちゃんとしたものになりたい!」
紗名の、ささやかな望みはかなうのでしょうか?
まずは第一部完。次回は第2部放送直前特番。
これからも愉しみに視聴を続けたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

その他のカテゴリー

このはな綺譚感想 | エロマンガ先生感想 | キノの旅感想 | クジラの子らは砂上に歌う感想 | ブレンド・S感想 | 地獄少女宵伽感想 | 少女終末旅行感想 | 食戟のソーマ餐ノ皿感想 | 魔法使いの嫁感想 | はじめてのギャル感想 | アリスと蔵六感想 | サクラクエスト感想 | ナナマルサンバツ感想 | プリンセス・プリンシパル感想 | 武装少女マキャヴェリズム感想 | 異世界食堂感想 | 賭ケグルイ感想 | 地獄少女感想 | 深夜アニメ感想 | SS | 009-1感想 | Angel Beats!感想 | ARIA感想 | DARKER THAN BLACK感想 | Dororonえん魔くん感想 | Fate/Zero感想 | HUNTER×HUNTER感想 | IS <インフィニット・ストラトス>感想 | K感想 | LUPIN the Third 峰不二子という女感想 | NHKにようこそ!感想 | NOIR(ノワール) | STEINS;GATE感想 | TARI TARI感想 | UN‐GO感想 | WORKING!!感想 | WORKING'!!感想 | あそびにいくヨ!感想 | あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。感想 | うさぎドロップ感想 | うぽって感想 | うみものがたり感想 | お兄ちゃんのことなんか感想 | かなめも感想 | かんなぎ感想 | けいおん感想 | けいおん!!感想 | この中に1人、妹がいる!感想 | これはゾンビですか?感想 | ささめきこと感想 | さんかれあ感想 | じょしらく感想 | そふてにっ感想 | そらのおとしものフォルテ感想 | そらのおとしもの感想 | それでも町は廻っている感想 | ちはやふる感想 | ちょこッとSister感想 | つり球感想 | でぼちん | とある科学の超電磁砲感想 | とある魔術の禁書目録感想 | となりの怪物くん感想 | となグラ!感想 | とらドラ!感想 | はなまる幼稚園 | ひぐらしのなく頃に感想 | まりあ†ほりっく感想 | みつどもえ増量中!感想 | もやしもんリターンズ感想 | アクエリオンEVOL感想 | アクセル・ワールド感想 | アニメ | アマガミSS感想 | アマガミSS+感想 | イクシオンサーガDT感想 | ウィッチブレイド感想 | エウレカセブンAO感想 | カオスヘッド感想 | カンピオーネ!感想 | キディ・ガーランド感想 | ギルティクラウン感想 | クイーンズブレイド感想 | グルメ・クッキング | ゲーム | ココロコネクト感想 | サイコパス感想 | ジョジョの奇妙な冒険感想 | ストライクウィッチーズ2感想 | セキレイPE感想 | ゼロの使い魔感想 | ソラノヲト感想 | ソルティレイ感想 | ソードアート・オンライン感想 | ダンタリアンの書架感想 | デュラララ感想 | トータル・イクリプス感想 | ドルアーガの塔感想 | バカとテストと召喚獣 | バカとテストと召喚獣にっ感想 | バクマン。感想 | バクマン。2感想 | パソコン・インターネット | パンプキン・シザーズ感想 | ファントム感想 | フラクタル感想 | フリージング感想 | ブラックロックシューター感想 | ブラック・ラグーン感想 | ペルソナ4感想 | マギ感想 | モーレツ宇宙海賊感想 | ヨスガノソラ感想 | ヨルムンガンド感想 | ライドバック感想 | ラストエグザイル―銀翼のファム感想 | ラーメン | リトルバスターズ!感想 | レベルE感想 | ロボティクス・ノーツ感想 | 一騎当千XX感想 | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい!感想 | 伝説の勇者の伝説感想 | 侵略!イカ娘感想 | 侵略!?イカ娘感想 | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない感想 | 偽物語感想 | 僕は友達が少ない感想 | 君に届け2ND感想 | 君に届け感想 | 咲-Saki-感想 | 咲-Saki-阿知賀編感想 | 坂道のアポロン感想 | 境界線上のホライゾンⅡ感想 | 境界線上のホライゾン感想 | 変ゼミ感想 | 夏目友人帳参感想 | 夏目友人帳肆感想 | 夏色キセキ感想 | 夢喰いメリー感想 | 大正野球娘感想 | 宇宙をかける少女感想 | 戦姫絶唱シンフォギア感想 | 探偵オペラミルキィ・ホームズ第二幕感想 | 文化・芸術 | 日常感想 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 未来日記感想 | 機動戦士ガンダムAGE感想 | 氷菓感想 | 海月姫感想 | 涼宮ハルヒ感想 | 灼眼のシャナⅢ(Final)感想 | 狼と香辛料感想 | 生徒会役員共感想 | 異国迷路のクロワーゼ感想 | 祝福のカンパネラ感想 | 神のみぞ知るセカイⅡ感想 | 神のみぞ知るセカイ感想 | 神様のメモ帳感想 | 神様ドォルズ感想 | 絶園のテンペスト感想 | 聖剣の刀鍛冶感想 | 聖痕のクェイサー感想 | 舞-乙HiME感想 | 花咲くいろは感想 | 輝きのタクト感想 | 輪るピングドラム感想 | 這いよれ!ニャル子さん感想 | 鋼の錬金術師感想 | 閃光のナイトレイド感想 | 電波女と青春男感想 | 青の祓魔師感想 | 静留×なつき | 魔法少女まどか★マギカ感想 | 黒神感想 | Aチャンネル感想 | Another感想 | B型H系感想 | CANAAN感想 | GOSICK感想 | NO.6感想 | WHITE ALBUM感想