2017年5月28日 (日)

エロマンガ先生第8話

Erodatou_2

打倒電撃文庫
w

山田先生の夢が壮大過ぎて吹いたw
おにいさまとかわっちとかに本気で勝てるつもりでいるのでしょうか。覇道への道は険しいと思いますよ?

ラノベ天下一武闘会の打ち上げを和泉先生宅で。
打ち上げ回が大好物な私にはご褒美です。
マサムネの手づくり料理、すっごくレベル高いし。

Eroryouri
この料理に合わせるなら住吉の大吟醸しかないよなあって全員未成年かw

Erosidou

スイーツ大好きな獅童先生颯爽登場。
何かBLっぽい雰囲気っすね。
マサムネに思し召しがあるのでは?って思ってしまった私は腐男子かもしれませんw

Eromuramasa

振られたはずのムラマサ先生も相変わらずポジティブだし、山田エルフ先生の嬌態は健在だし、もしかして獅童先生も乱入してくるかもだし(笑)紗霧ちゃんの苦労は絶えないようです。
妹はつらいよw

そろそろ、めぐみんが見たいかもー。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2017年5月21日 (日)

エロマンガ先生第7話

にいさんは一生女の子とデートしちゃダメ!」

妹からの生涯童貞宣言w
「どうして一生なんだよ」
「だって…」(もじもじ)
生涯同棲宣言だったかw

一千万部ラノベ作家のムラマサ先生が、女子の制服姿でマサムネの気を引きに来ました。
「降伏勧告に来た。キミ、私のモノになりなさい」
後であれこれ弁解してたけど、やっぱりマサムネのことが好きだったのですね。

「私はキミのバトル小説が大好きなんだ!私のために小説を書きなさい!印税をすべてあげよう!キミが私のモノになってくれるなら、キミたち兄妹は私が一生守ってやる!」
ムラマサ先生マジミザリーwほとんどヤバい領域に踏み込んでいますね。
「ミザリー」は本来、スティーヴン・キングの小説中の架空主人公なのですが、ミザリーという作品を愛するあまり作家の脚をぶった切って幽閉し、自分の好みの結末に書き直させようとする歪み切ったサイコ愛読者の代名詞になっています。

「あげない!絶対あげない!最初からあたしのだもん!」
紗霧ちゃんの捨て身の反撃
いやもう修羅場以外の何物でもありませんな。さすがのムラマサ先生も退却です。
「つまらなかったら殺す」
捨て台詞怖すぎ。ますますミザリーだ。

「キミの作品も、キミ自身も、愛している!返事をきかせてくれないか」
「オレ…好きなひとがいるんだ」
ムラマサ先生、まさかの撃沈です。幻想的なシークエンスだったけど、妄想場面なのかな。
先生の作品が本になっていたから、後日談なのかもしれません。

そしていよいよ、ラノベ天下一武闘会の結果発表が。
「私の可愛くない後輩」は規定枚数超過により失格。「世界で一番可愛い妹」が優勝です。
マサムネは気づいていないようですが、ムラマサ先生の粋なはからいで、和泉兄妹が勝利しました!

Muramasa

エロ可愛いとはこのことだ!ムラマサ先生の女子力最強です。
この媚態で迫れば、マサムネも悩殺されたかもしれませんね。
「こ、このヒロイン何か私に似てるんですけど!」
諦めない山田エルフ先生も健在だし、超モテ期のマサムネの未来が心配です。つか口惜しいw

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2017年5月14日 (日)

エロマンガ先生第6話

呼び捨てはよくないな後輩。私のことはムラマサ先輩とお呼びなさい!

しっとり和装の似合う暴帝女王キター!!
断髪にキモノかあ。この造形、何だか懐かしい…。
「異国迷路のクロワーゼ」の湯音ちゃんを想い出して涙ぐんだのはナイショです。

エロマンガ先生マジエロマンガwそれも凌辱調教系ということでw
やってることがヤバすぎますって。
眼隠しと両手ボンデージという絶対拘束めぐみんが、紗霧ちゃんにあーゆーことやこーゆーことをされて、あげくぱんつを奪われるという殆ど犯罪的な状況から始まり、マサムネが自らの夢を賭けてラノベ天下一武闘会(笑)でムラマサ先生と雌雄を決することになり、次回へ続く。
めっちゃカオスな流れですな。なぜにムラマサ先生がかくもマサムネに敵愾心をもやすのか、事情がよく分りません。
でもムラマサ先生可愛いし、これはこれでもらっておこうw
今回、マサムネとの初デートでデレる山田エルフ先生と、「私がえっちなイラストを描いてにいさんを養ってあげる」って健気すぎる紗霧ちゃんに惚れ直しました!
紗霧ちゃんの「それって上位互換?」はキツーイ一発だったけどねw

PCへの録画が何故か不調に終わり、今回画像キャプはナシです。
めぐみんの凌辱画像がアップできないなんて!
残念なり、無念なりw

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2017年5月 7日 (日)

エロマンガ先生第5話

「キモヲタ小説を読もうと思うんです!」

ラノベ作家と友だちになりたい人が、ラノベをキモヲタ小説よばわりですか…。
めぐみんだしね、仕方ないねw

いよいよ佳境に入ってきたエロマンガ先生。すべての小ネタがえろすぎて、ほとんどカオスです。お話の流れが掴みづらくなってきました。でもいいや、ストーリーなんて何でもないや、忘却とは忘れ去ることなり、ってかw

パソコンモニターの前でスカートめくりあげて、ぱんつ見せてる山田エルフ先生えろすぎ君!
モニターの向こうのエロマンガ先生のために、ナマぱんつ見せているのです。全ては、えっちなにいさんの要求ゆえに。
「カワイイ女の子をみたら、その子のぱんつを見たくなるのはイラストレーターとしてあたりまえ」
「これで山田先生のハダカを描くときは、もっと上手く描けるはず!」

…いや、どう考えても違います。人として間違ってます。紗霧ちゃん、にいさんloveがこじれすぎて、ほとんど発狂状態か?

みんな大好きめぐみんですYO!」
振り返ればヤバイ奴がいる!この人の存在を忘れていました!でも思い出しました!発狂つながりで!
何しろ、お風呂で全裸で、
「あたしが友だち一号になりたかったのにーーー!」
って絶叫する全裸天使さんです。こんなクラス委員長ありえませんw
そして、冒頭のキモヲタ小説云々に至っては、もうね…。

いずれにしても、マサムネと紗霧ちゃんの夢の行方を注視したいと思います。
ムリムリなオチっすねw

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2017年4月30日 (日)

【特別企画】エロマンガ先生VSエルフ先生

部屋の中では、エロマンガ先生こと紗霧と、意気揚々と乗り込んできた山田エルフ先生の息づまるような会話が続いています。ドア越しに聞き耳を立てているマサムネは、もうドキドキです。

「…窓から侵入するなんて、反則だと思います…」
「はあ?だってあなた、ドアから入ろうったって絶対開けないでしょ?メールの返信すらよこさないんだから」
「そうです。絶対あけません
「くっ…。まあいいわ。今日はだいじな話があって来たの」
「絵のお仕事なら、受けませんよ」
「それはもういいわよ。単刀直入に訊くけど、あんたあの売れないラノベ作家のこと、本当はどう思ってるわけ?」
「にいさんは立派な作家さんです!それに、あたしたちは二人で夢をかなえるんです!あなたがどう画策しようと、和泉先生は絶対に渡しません!」
「ふふーん。アイツなら、とっくにあたしの虜よ。春の妖精の全裸スープを、おいしいおいしいってガツガツ食べてたわ。オトコは料理で落とす。これ恋愛の鉄則ね」
「何だかおばあちゃんみたいですね。おばあちゃんの知恵袋とかに載ってそう」
(こ、このコ、おとなしそうなフリして毒舌キャラだったのね。さすがのあたしも負けそうだわ)
「へえ、アイツの夢って作品のアニメ化だったんだ。そんな夢なら、あたしが即座にかなえてあげるわよ。テレビ局にも制作会社にも、いくらでも顔が利くんだから。何しろ、あたしがライトノベルなんだから。超絶美少女ラノベ作家のあたしが頼めば、大人なんてイチコロよ♪」
「そんなオトナなんて修正してやります!あなたの穢さで、あたしたちの夢を汚さないでください!あなたみたいな淫乱女に、にいさんは絶対渡さない!」
「い、淫乱ですってえ?云うに事欠いて何てことを!あたしは身も心もキレイなんだから!だったら勝負よ!血の祭典がいま始まるわ!覚悟なさいエロマンガ先生!」
「死んでも敗けない!」
「ふ、二人とも早まるな!」
もう一刻の猶予もなりません。意を決したマサムネは、ドアを蹴破って部屋に飛び込みました。
ところが、彼の眼に映ったのは、全裸紗霧全裸エルフ先生だったのです!
「な…」
茫然と立ちすくむマサムネ。二人の全裸美少女の、絹を裂くような悲鳴が響き亙ります。

二人にボコられて虫の息のマサムネ。やっとの思いで、二人に訊きます。
「いったい、何をしてたんだよ」
「比べてたのよ。どっちのカラダが綺麗かってね。もちろんあたしの圧勝だって、アンタも思うでしょ?」
「敗けたくなかったの。だって、紗霧はもう大人なんだから。ちゃんと恋だってできるんだから。それを証明したかったの」
「キレイなカラダったって…(思わず苦笑)。そんなの比べてもムダだよ。まだまだ成長途上のおまえたちじゃ、どんぐりの背比べ五十歩百歩に決まってるじゃないか」

「なんですってえ!」

「にいさん!ひどい!」

 

その後のマサムネの行方は誰も知らないw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エロマンガ先生第4話

名づけて春の妖精全裸スープw

山田エルフ先生のお料理は究極にして至高。
彼女は神の舌をもつ「おあがりよ!」の人だったのです。完璧超人とはこのことだ。

エロマンガ先生を賭けた新作勝負は、エルフ先生の敗北宣言により自己決着しました。
魔界から召喚したという新作ラノベ「猫娘漫遊記」こそはエロマンガ先生のためのライトノベルだったのですが。
300ページもある超超超ラブレター!」
彼女のゴッドアイは、原稿を一読しただけで、マサムネの本気と本心とを即座に見抜いたのです。
すごいぞ山田先生、眼光紙背に徹するとはこのことだ。

兄妹の誤解も無事に解けました。
紗霧ちゃんは隣の山田さんに嫉妬していたのです。新しく組むイラストレーターだとカン違いしていたんですね。
「和泉先生をあんなヤツに渡さない!」
「にいさんってほんとバカ!」
どこのまどマギなのかw

「おまえって、何で貧乳のコしか描かないの?」
「見たことのないものを描きたくないの!」
自分のお胸しか描けないというエロマンガ先生だったのに。
「おまえ、巨乳キャラ描けるようになったのか!」
ということは、巨乳化したのか!ライザップでもやったのかな。紗霧ちゃんも成長してるんですね。しみじみ。
じゃなくて。
努力はすべて兄のため。巨乳好きの和泉先生と仕事を続けるために、想像力で巨乳を描けるようになったのです。

妹に捧げた新作原稿の、アニメ化の夢を熱く語るマサムネ。
「俺は妹をヒロインにした小説を書く。この原稿を本にする。それでもってアニメ化だ!」
なるほど!かくして名作「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」が誕生したのか。って違うかw
「そっか、今回も、なんだ…」
ぽつりと呟く紗霧ちゃん。とっても意味深です。
そして、気を取り直すかのように漢(おとこ)らしく宣言。
「あなたは昔からそうだね、和泉先生。いつもオレに夢をくれる…。そんなおもしろそうなこと、独りでやらせてたまるかよ。オレたち二人の夢にしよう!」
はじめの一歩
和泉マサムネ先生とエロマンガ先生。ラノベ界を席巻する未来の巨匠たちの偉大なるロードマップがいま始まった!なんてねw

にいさん、あたし、好きな人がいるの
なかなかに衝撃的な紗霧ちゃんの告白なのですが、その本意は那辺にあるのかな。気になるところです。
「云っとくけど、あたしが負けただけであんたが勝ったわけじゃないからね」
負け惜しみMAXのエルフ先生は、マサムネの事後報告をきいて。
「そう、あんたフラレたの♪」
なぜかNIYANIYAが止まらない山田エルフ先生。こっちルートも充分ありますな。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2017年4月23日 (日)

エロマンガ先生第3話

「変態…」
ああ、妹の侮蔑に充ちた視線が痛い!痛嬉しい!!(大変な変態w

ちょっと余裕があるので、現下お気に入りのエロマンガ先生の記事なぞ上げてみますね。

お隣の廃屋に越してきたのは、何と「私がラノベ」のあの人でした。
山田エルフ先生は、お風呂上がりの全裸ピアノがお好き。
何でも全裸神を崇めているそうです。確かに全裸って全能ですもんね。

全篇この調子で押し通すのかと思いきや。
山田エルフのファンになったきっかけを語るマサムネの述懐が、しみじみとさせてくれました。
「小説って人を救えるんだな、って思ったよ。ありがとう」
とつぜんイイ話をぶっこんでくるのも「エロマンガ先生」の佳いところです。

かと思ったら。
「やる気マックスファイアのとき以外死んでも原稿なんか書くなよ!」
「私、仕事なんかしたことないけど?私は趣味でプロの作家をやっているの。もっといえば遊びね。人生でいちばんハマったゲーム!」
どうやら富樫先生が憑依したぞ山田先生w
休載王に私はなる!パターンまっしぐらですよそれじゃw
そのうちきっと「原稿描いたら負けと思ってる!」とか云い出しますな間違いなくw

委員長は相変わらずヤバげだし、「エロマンガ先生」は、いま最高にノリノリのアニメです。

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2017年4月16日 (日)

2017春期アニメ随感

ブログ本格再開、という程ではないのですが、7月放送予定の「地獄少女4期 宵伽」の毎回記事は書いてみたいので、肩慣らしのつもりで、今期アニメ作品について思いつくままを記します。
ベルセルク」や「進撃の巨人」や「有頂天家族」や「夏目友人帳」は鉄板シリーズなので感想略(ひどいw)。

アリスと蔵六
不思議な感覚のアニメだ。不幸臭がうすいエルフェンリートって感じ。
蔵六なんて名前、どっから持ってきたのだろう。私世代だと、日野日出志の美しきホラー漫画「蔵六の奇病」を思い出す。っても日野日出志を知ってる人がそもそもいないよね。あの恐るべき「ギニーピッグ2」の監督といえば分る人も界隈にはいるのだろうか。いやなんでもありませんw

サクラクエスト
P.A.WORKSが間野山市と提携して送るお仕事アニメ第3弾。間野山市は非実在だけど(笑)。どうやら、本社スタジオ移転先の富山県南砺市が聖地らしい。
ヒロインのお仕事が、チュパカブラ王国の二代目国王って設定がまず愉快。国王つっても、町起しのために饅頭売ったりとかなかなか大変なのはご愛嬌。「花咲くいろは」の夢再び?

武装少女マキャヴェリズム
第1回の放送前に「イロモノ枠で期待」ってツイッターに書いたのだが、確かに学園の特殊設定とか武技言語的バトルとか眼をひく美点もあるのだが、2話目にして作画が失速気味。バトル物なのに動きイマイチなのも気になる。頑張ってほしい。

レクリエイター
広江礼威さん原作・キャラ原案なので観てみたが、おもしろい!アスカもどきやホシノ・ルリもどきが出ているのが気になるっちゃ気になるけど、たのしく観られそう。

エロマンガ先生
この懐かしさは、もちろん俺妹を髣髴させるからだろう。あの兄妹が、ラノベ作家とイラストレーターという職業人に置換されたって感じで、作画含めて安定感は抜群。
ところで、エロマンガ先生ってやっぱり南太平洋エロマンガ島の出身なのだろうかw

冴えない彼女の育てかた♭
実は1期を未視聴なのだが、ノイタミナ枠ということで観てみたら、けっこういける。構えずに見守っていきたい。

sin七つの大罪
今期のおっぱい枠№1確定!作画からえろさが匂い立ってくるのは、さすが「一騎当千」を手がけたこともあるティー・エヌ・ケーと、「クイーンズブレイド」制作協力のアートランドだけのことはある。
堕天使と悪魔、という設定がまず好み。ケモノ趣味はないので悪魔のツノはヴィジュアル的に気になるが、そこはスルーして愉しむことにしたい。
ルシファー役のキタエリ懐かしい。ベリアル役の伊藤静とよく絡んでいる。

銀のガーディアン
登場人物が中国名…。って中国資本のアニメなのか。ハオライナーズ、なるほどね。
総作監が津幡佳明さん、懐かしい。「NOIR」つながりで、この方のブログによく出入りさせてもらっていた。

記事を上げるにあたって、他ブログさんをひとわたり廻ってみました。
アニメ毎回記事ブログもひところに比べて減ってしまった感があるけれど、まだまだ皆さんご健在なので嬉しく頼もしく思いました。
ちょっと不思議に感じたのは、キャリアや更新頻度から云って、いわゆるタワーブログとなるべき「空と夏の間…」さんのTBが少なめだったこと。何か理由はあるのでしょうけれど…。私の見る限り、「ゴマーズGOMARZ」さんや「MAGI☆の日記」さんのところがTB多めだったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (11)

その他のカテゴリー

エロマンガ先生感想 | アリスと蔵六感想 | サクラクエスト感想 | 武装少女マキャヴェリズム感想 | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない感想 | 地獄少女感想 | 深夜アニメ感想 | SS | 009-1感想 | Angel Beats!感想 | ARIA感想 | DARKER THAN BLACK感想 | Dororonえん魔くん感想 | Fate/Zero感想 | HUNTER×HUNTER感想 | IS <インフィニット・ストラトス>感想 | K感想 | LUPIN the Third 峰不二子という女感想 | NHKにようこそ!感想 | NOIR(ノワール) | STEINS;GATE感想 | TARI TARI感想 | UN‐GO感想 | WORKING!!感想 | WORKING'!!感想 | あそびにいくヨ!感想 | あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。感想 | うさぎドロップ感想 | うぽって感想 | うみものがたり感想 | お兄ちゃんのことなんか感想 | かなめも感想 | かんなぎ感想 | けいおん感想 | けいおん!!感想 | この中に1人、妹がいる!感想 | これはゾンビですか?感想 | ささめきこと感想 | さんかれあ感想 | じょしらく感想 | そふてにっ感想 | そらのおとしものフォルテ感想 | そらのおとしもの感想 | それでも町は廻っている感想 | ちはやふる感想 | ちょこッとSister感想 | つり球感想 | でぼちん | とある科学の超電磁砲感想 | とある魔術の禁書目録感想 | となりの怪物くん感想 | となグラ!感想 | とらドラ!感想 | はなまる幼稚園 | ひぐらしのなく頃に感想 | まりあ†ほりっく感想 | みつどもえ増量中!感想 | もやしもんリターンズ感想 | アクエリオンEVOL感想 | アクセル・ワールド感想 | アニメ | アマガミSS感想 | アマガミSS+感想 | イクシオンサーガDT感想 | ウィッチブレイド感想 | エウレカセブンAO感想 | カオスヘッド感想 | カンピオーネ!感想 | キディ・ガーランド感想 | ギルティクラウン感想 | クイーンズブレイド感想 | グルメ・クッキング | ゲーム | ココロコネクト感想 | サイコパス感想 | ジョジョの奇妙な冒険感想 | ストライクウィッチーズ2感想 | セキレイPE感想 | ゼロの使い魔感想 | ソラノヲト感想 | ソルティレイ感想 | ソードアート・オンライン感想 | ダンタリアンの書架感想 | デュラララ感想 | トータル・イクリプス感想 | ドルアーガの塔感想 | バカとテストと召喚獣 | バカとテストと召喚獣にっ感想 | バクマン。感想 | バクマン。2感想 | パソコン・インターネット | パンプキン・シザーズ感想 | ファントム感想 | フラクタル感想 | フリージング感想 | ブラックロックシューター感想 | ブラック・ラグーン感想 | ペルソナ4感想 | マギ感想 | モーレツ宇宙海賊感想 | ヨスガノソラ感想 | ヨルムンガンド感想 | ライドバック感想 | ラストエグザイル―銀翼のファム感想 | ラーメン | リトルバスターズ!感想 | レベルE感想 | ロボティクス・ノーツ感想 | 一騎当千XX感想 | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい!感想 | 伝説の勇者の伝説感想 | 侵略!イカ娘感想 | 侵略!?イカ娘感想 | 偽物語感想 | 僕は友達が少ない感想 | 君に届け2ND感想 | 君に届け感想 | 咲-Saki-感想 | 咲-Saki-阿知賀編感想 | 坂道のアポロン感想 | 境界線上のホライゾンⅡ感想 | 境界線上のホライゾン感想 | 変ゼミ感想 | 夏目友人帳参感想 | 夏目友人帳肆感想 | 夏色キセキ感想 | 夢喰いメリー感想 | 大正野球娘感想 | 宇宙をかける少女感想 | 戦姫絶唱シンフォギア感想 | 探偵オペラミルキィ・ホームズ第二幕感想 | 文化・芸術 | 日常感想 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 未来日記感想 | 機動戦士ガンダムAGE感想 | 氷菓感想 | 海月姫感想 | 涼宮ハルヒ感想 | 灼眼のシャナⅢ(Final)感想 | 狼と香辛料感想 | 生徒会役員共感想 | 異国迷路のクロワーゼ感想 | 祝福のカンパネラ感想 | 神のみぞ知るセカイⅡ感想 | 神のみぞ知るセカイ感想 | 神様のメモ帳感想 | 神様ドォルズ感想 | 絶園のテンペスト感想 | 聖剣の刀鍛冶感想 | 聖痕のクェイサー感想 | 舞-乙HiME感想 | 花咲くいろは感想 | 輝きのタクト感想 | 輪るピングドラム感想 | 這いよれ!ニャル子さん感想 | 鋼の錬金術師感想 | 閃光のナイトレイド感想 | 電波女と青春男感想 | 青の祓魔師感想 | 静留×なつき | 魔法少女まどか★マギカ感想 | 黒神感想 | Aチャンネル感想 | Another感想 | B型H系感想 | CANAAN感想 | GOSICK感想 | NO.6感想 | WHITE ALBUM感想