2017年6月27日 (火)

【特別企画】ムラマサ先生と世界の中心でアイを叫んだ大団円

Muramasaeroi

紗霧の部屋。
ムラマサはひとりシーツを引っかぶり、顔を真赤にしてもじもじしています。
「やはりおちつかないものだな、全裸待機というのは…。ちくびがシーツにこすれてとってもヘンな気分になってくるし。早く来てくれないだろうかマサムネ君」

ドアが開いて、マサムネが部屋に入ってきました。

「ムラマサ先輩!?どうしてここに?」
「ま、マサムネ君!思ったより早い帰宅だったな」
「…驚いたなあ。おしとやかな先輩が、まさか夜這いに及ぶとは思いませんでしたよ。もちろん先輩のことは好きだし、そこまでされたら男として悪い気はしませんけど…」
「で、でも、これが夫となるべき殿方を迎えるための正式の作法だって聞いたぞ」
「誰に」
エルフに」
あいつか」
Eruhu


苦笑いしていたマサムネですが、不意にハッとした表情をします。

「紗霧は?紗霧はどうしたんですか」
「し、知らない。私が来たときには、もういなかった」
「そういえば、家の中にもいなかったけど…。まさか先輩、邪魔者の紗霧を抹殺したんですか!?めぐみんのときみたいに!!」
「ば、ばか、あれはSIGERUとかいう不逞の輩の妄想SSだろう!現実と混同するな!」
「そ、そうでしたね。でも、だったら、紗霧はどこに」
「にいさん…」
「紗霧!どこへ行ってたんだ!」
「コンビニに行ってたのよ。飲み物とスナック菓子とエロマンガを買いに」
「お、おまえ、外に出られたのか!一人で出られたのか!」

マサムネ、感極まって、紗霧をぎゅっと抱きしめます。

「でも紗霧、よく決心したなあ」
「ムラマサちゃんが家の周りを毎日うろうろしていたの。ああ、そんなにしてまでにいさんに逢いたいんだな。そう気づいたら、自然に体が動いて、外にも出られちゃった。きっと、あたしももう独り立ちしなくちゃって思ったからなのね。だって、にいさんったら、このままだと一生あたしに手を出してくれそうもないし、かといって男色に走られるのも困るし。獅童さんとか」
「おまえ…俺のこと一体どんなふうに…」
「わがままなエルフちゃんや猥褻リア充のめぐみんじゃ困るし、だったら、優しくて可愛いムラマサちゃんがお姉さんだったらいいかな、って。ねえ、にいさん。紗霧はもうだいじょうぶ。だから、にいさんもすなおになって。心の中に住んでいるその人を大切にしてあげて

顔をあかくしながらみつめあうムラマサとマサムネ。じれたエロマンガ先生こと紗霧が、鉛筆とスケブ片手にハッパをかけます。

「さあ、歴史的ベッドインよ!二人とも、思いっきりハッスルして!絵になるような最高の濡れ場をつくってね!」
「…ヨダレたれてるぞ紗霧。まさかおまえ、これが目的で」
「ち、ちがうわよ!にいさんの幸せを最優先にしたわけで、これはあくまでも副産物というか」
「態度が超あやしい!」
「まあいいじゃないか、マサムネ君」
「いいんですか先輩!こんなえろい奴が妹で!」
「本当に不思議な気分だ。私はいま、心から充たされている。ずっと自分の居場所を探してきた。ラノベが自分の世界のすべてだと思ったときもあった。でも違った。人は愛する家族がいるから生きていけるんだ。ここは、私の家なんだな。私はここにいていいんだな…」

場面が変り、あたたかい祝福を受けるムラマサちゃんです。

「おめでとう、今日からのおねえさん」
「おめでとうだわね、ムラマサ。でも、ホントはあたしがそこにいたかったなあ」
「おめでとーございますパイセン♪おにいさんのおちんちんのこと、後でくわしく教えてくださいね~♪」
「おめでとう、ムラマサ先生。やっぱりボクみたいなトシマじゃ、豊乳中学生には勝てなかったね。でもラノベ作家はやめないでね。タカサゴ書店のためにも」

ぱちぱちぱち。拍手が起こります。

「ありがとう、みんな」
ムラマサちゃんは、幸せいっぱいの眩しい笑顔をみんなに向けました。

Muramasaegao


エロマンガ先生に、さようなら。
制作スタッフに、ありがとう。
そして、すべてのムラマサちゃんファンに、ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月25日 (日)

エロマンガ先生第12話(最終話)

「ムラマサちゃんのえっち!おませさん!アダルトラノベ作家!」

Eroterumae01
Eroterumae

ムラマサちゃんのデッサン力SUGEEEEE
パイセンまじテルマエロマエっすwさすがのエロマンガ先生も顔色なしの作画力っすw
いやあ、いいスピンオフでしたって最終話だったか(笑)

Eromuramasaeruhu01
Eromuramasaeruhu
Eromuramasa
Eromuramasa02

何この羞恥プレイw

最終話にふさわしいオールスターキャストでした。
エルフちゃんとムラマサちゃんの濃厚な絡みも見られたし。



Erotie

ボクがムネくんのお嫁さんになってあげてもいいよー♪」って、まさかの智恵ちゃんの嫁宣言もあったし。
波乱含みで続くって感じでしょうか。

えろい同人誌に対抗して、紗霧ちゃんがえっちい兄妹背徳マンガを描いた!
しかし、このエロマンガには重大な欠陥がありました。ちんちんの位置が違ったのです。
それを指摘しようとして言葉につまったマサムネは、経験ありそなエルフちゃんに説明責任を押しつけようとするのですが。
「おまえもちんちんの位置知らねえのかよ!」
あげくに資料提供を要求され、紗霧とエルフに強制脱衣されそうになり、窮地に立たされたマサムネがすがろうとしたのは。

Eromegumin

ちんちんといえばこの人とばかりに、めぐみん強引登場です。
しかし、送られてきたのは幼稚園児な弟さんの画像w
見兼ねたムラマサちゃんが「これが正しいカタチだ!」って速攻描きあげたのが、冒頭のテルマエだったとさw

エロマンガ先生全篇のしめくくりは爽やかに。
「またねー」
何が股ねだバカヤロー!って江口寿史先生のギャグを思い出した人はけっこう昔の人かもしれないw

いやー愉しかったっすねエロマンガ先生。久しぶりに二次SS(おもにムラマサちゃん)も書かせていただきました。
スタッフお疲れさま!二期にも期待しております。

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2017年6月18日 (日)

【特別企画】ムラマサ先生と世界一可愛くない後輩

Megumin_2

「ムラマサパイセン~♪」
「なんだ、爆裂魔法使えない方のめぐみん
「やだあ、ムラマサパイセンったら~ご機嫌ナナメなんですね、更年期ですかあ~♪♪」
「いっぺん死んでみるか?このおちんちん好き猥褻JC」
「あたしって誤解されやすいタイプなんですよね~。あのお、ちょっと参考にお聞きしたいんですけどお、どうすればそんなでかちちになれるんですか?パイセンのおっぱいって、ほとんど動物なみですよね~?」
「人をホルスタインみたいに…」
「でもお、おっぱいの大きさと知能指数って反比例するっていいますよねえ。でもパイセンってラノベ1千万部作家さんですよねえ。脳力すくなめでも、小説って書けるものなんですね~♪」
おまえは私を本気で怒らせた
ムラマサ、怒りの形相も物凄く、右手のバンデージをほどき始めます。
「パイセン、その指って…何だか血を吸ったみたいに赤く染まってますけど…まさかオートカウンターとか物騒なしろものじゃないですよね…い、いやあ、近寄らないでください!きゃあああああ!!!」
(あまりに凄惨な光景のため倫理コードにより描写不可)

「…どうしたんですか。これって何かの殺人現場ですか。猟奇ホラー路線に転向したんですかムラマサ先輩」
「ま、マサムネ君!待ってくれ!これはちがう、ちがうんだ!」
「ちがうって云われても。ここに転がってる真っ赤なトマトみたいな物体って、もしかして、もと人間ですか。警察に通報しなきゃ」
「後生だマサムネ君!何でもする!何でもするから見逃してくれ!君が望むなら、女の子のいちばん大切なモノだって…」

こののち、調子に乗り過ぎたマサムネがどれほど無法無体な要求をムラマサちゃんにしたのかは知るよしもない。

読者「同工異曲のオチですか。ムラマサちゃんが全然幸せになってませんよ。つかド不幸になってますよ。詐称詐欺ですよ。どうしてくれるんですか無能な二次SSの人
作者「問題ない。特別企画はまだまだ続くよどこまでも!」w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エロマンガ先生第11話

Erosagiri

紗霧ちゃんの水着姿可愛いちっぱい最高

如何にして和泉マサムネはプロの小説家になったか。
幼紗霧と幼マサムネのLINEを通じた交情がしっとりと描かれた佳篇でした。

Eromama
Eromama01

紗霧ママまじ紗霧w似すぎていて怖いっすw
ママもイラストレーター。このママにしてこの娘ありだったんですね。
「そんな絵じゃ、おぱんつ舐めたくならない
鋭すぎる批評!
青は藍より出でて藍より青し、栴檀は双葉より芳しとは、まさにこのこと。

マサムネ的には黒歴史らしい処女作「勇者マサムネの冒険」も気になります。
原作者の伏見つかささんも「勇者ツカサの冒険」とかで出発したのかなw

夢をかなえた二人、「世界で一番可愛い妹」の販促フェアを聖地アキバで開いてもらうことになり、勇躍現地に向かいます。
紗霧はスカイプで(笑)。

Erooreimo
この人たちわ…w

Eroend
エロマンガ先生はまだまだ続く。
原作の売り上げ増や28日発売の円盤売上見込みからして、二期も充分期待できそうです。

Erowaki

わ、わたしは腋フェチなんかじゃ(以下略

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2017年6月11日 (日)

エロマンガ先生第10話

Eropantu01
Eronopan

Erokimonodakara
Erosyouten

「ムラマサちゃん、もしかしてノーパンなの…?」
「キモノだから!キモノだからなのー!!!」

ムラマサ先輩が昇天しました。本当にありがとうございましたw

鬼というか兄エルフのいない間の命の洗濯とばかり、サボリ魔のエルフ先生が愉しい遊びを提案。それが王様ゲームでした。
スカイプでエロマンガ大王降臨。あずまんが大王とどっちが偉いのでしょうか?私気になります。
「ムラマサちゃん、どんなぱんつをはいているのか教えて!」
そして、冒頭に引用した悲劇が。
ノーパンツノーライフってかw
まさかこのネタが来るとはw

Eromuramizugi

Eromuramizugi02

Eromuramizugi03

すいませんお腹いっぱいです。この画像だけで白飯5杯はいけます。感想とかもうどうでもいいっすw
次回からタイトルは「エロマンガ先生」あらため「千寿ムラマサ先生」に変更されましたってかw
エルフ回に続いて、今回は待望のムラマサ回でしたね。

ムラマサ先輩は云いました。
「我が生涯に一片の悔いなし!」
それはラオウかw
「我が恋愛に一片の悔いなし」って感じでしょうか。
ファンレター便箋50枚とかいきなりの断筆宣言とか、天才はやっぱり何処か違うっす。
「息してるだけで指先から小説が湧いてくる能力者」ってすごい…。
宮澤賢治じゃないけれど。
サウイフモノニ ワタシハナリタカッターーー
(凡人の叫びですw

ムラマサ先輩が幸せになれる二次SSを、いつか書いてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2017年6月 4日 (日)

エロマンガ先生第9話

エルフの島へ

山田エルフ先生の別荘にご招待です。
エルフとムラマサのいやらしい水着姿。
つか、ほぼほぼ全裸じゃないですかw
山田先生の手ブラ(手ブラジャー)キター!

Eroyamada


Eromuramasa

エルフちゃんの微乳か、ムラマサ先輩の豊乳か、視聴者は究極の選択を迫られます。
ツウな方はエルフ微乳を択ぶかな。
ボクは凡人なので両方いただきますがw

Eroelf_2

本物のエルフ登場。
「ロードオブザリング」にこういうイケメンエルフがいましたよね。

Erosidou


Erokekkon

「和泉マサムネ君、結婚してくれ!」
露天風呂で衝撃の告白!
獅童先生は倉皇と逃げ出してしまいました。
彼はノンケだったらしい。ちぇっ
(ちぇって何だよw)

Eromori

幻想的な蛍の郷が、たとえようもなく美しい。殆どジブリです。作画の腕の見せ所ですね。
いいなあ。ボクも聖地巡礼したいなあ。

「い、一度しか云わないからよく聴いてね。わ、わたしのお婿さん候補だから!あんたと結婚したら、毎日たのしいかな、って。幸せになれるかな、って…」
捨て身の告白!
エルフちゃんの考え方は正しいです。
偉い人も云っていました。「結婚とは日々の会話である」。
そう、切った張ったの激しい恋ばかりが恋じゃない。
毎日の会話が成り立つかどうか。それが結婚生活を続ける要諦なのです。

Wroyamadabinyu

ふー。
エルフちゃんの微乳を堪能したZE!
(「こらSIGERU!微乳っていうな!」w)

Erowaki

本日のベストショット。
何故にベストなのかはヒミツです。
わ、私は腋フェチなんかじゃないんだからね!w

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2017年5月30日 (火)

【特別企画】ムラマサ先生と色欲の夜(笑)

Eromuramasa


「マサムネくん、そもそも君はずるい!」
「な、何がですかムラマサ先輩」
「確かに私は、あの有名な妖刀村正からペンネームを取っている。君は、あの名刀正宗からペンネームを取っているのだろう。だが実は、正宗は鎌倉時代、村正は室町時代。正宗の方が日本刀として由緒があるんだ。ずるいじゃないか、後輩のくせに!」
「さすがのウンチクですね。でも先輩は押しも押されもしない1千万部作家。僕はといえば、ようやくラノベ天下一武闘会で勝てたばかりの新進作家。格の差は歴然ですよ」
「それはそうだが…そうかな…えっへん、私のことはゆめゆめ尊敬を怠らないようにするのだぞ後輩君♪」

「して大先輩、今日はどうしたんですか」
「今日は、君にどうしても訊きたいことがあってやってきた」
「何でしょうか」
「どうして私が好んで和装しているのか分るか」
「それは、着物姿は綺麗でおしとやかな先輩に似合うからじゃないですか」
「それもある。しかし、もっと重要な、もっと根源的な理由があるんだ」
「?」
「君も知っているはずだ。伝統的に、着物の場合、ブラやパンティをつけないことを」
「…あ」
「もう分っただろう!このキモノの下に私は何もつけていないんだ!乙女の熱き柔肌そのままなんだ!なのに、どうして君はおさわりをしないんだ!私に女としての魅力が欠けているからか、そうなのか!?」
「い、いや、でも肌襦袢と腰巻くらいは」
「そんなもどかしいモノはつけない!何だったらキモノも脱ぐか?脱いだらすごいぞ私は!」
「む、ムチャクチャですよ!何とかしてよドラえもん、じゃなくて紗霧!」

いつもなら、ここでエロマンガ先生の乱入があるはずなのですが、用意周到なムラマサは、紗霧を既に無力化していたのです。実は病んでるムラマサでした。
「邪魔者はいない。君のことは、この1千万部作家のムラマサが責任を取って一生養ってやる。だから君も、責任を取って私を奪ってくれ。私を君のモノにしてくれ♪」

二人の、色欲に溺れる夜々がどれほど永く続いたかは知るよしもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月28日 (日)

エロマンガ先生第8話

Erodatou_2

打倒電撃文庫
w

山田先生の夢が壮大過ぎて吹いたw
おにいさまとかわっちとかに本気で勝てるつもりでいるのでしょうか。覇道への道は険しいと思いますよ?

ラノベ天下一武闘会の打ち上げを和泉先生宅で。
打ち上げ回が大好物な私にはご褒美です。
マサムネの手づくり料理、すっごくレベル高いし。

Eroryouri
この料理に合わせるなら住吉の大吟醸しかないよなあって全員未成年かw

Erosidou

スイーツ大好きな獅童先生颯爽登場。
何かBLっぽい雰囲気っすね。
マサムネに思し召しがあるのでは?って思ってしまった私は腐男子かもしれませんw

Eromuramasa

振られたはずのムラマサ先生も相変わらずポジティブだし、山田エルフ先生の嬌態は健在だし、もしかして獅童先生も乱入してくるかもだし(笑)紗霧ちゃんの苦労は絶えないようです。
妹はつらいよw

そろそろ、めぐみんが見たいかもー。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2017年5月21日 (日)

エロマンガ先生第7話

にいさんは一生女の子とデートしちゃダメ!」

妹からの生涯童貞宣言w
「どうして一生なんだよ」
「だって…」(もじもじ)
生涯同棲宣言だったかw

一千万部ラノベ作家のムラマサ先生が、女子の制服姿でマサムネの気を引きに来ました。
「降伏勧告に来た。キミ、私のモノになりなさい」
後であれこれ弁解してたけど、やっぱりマサムネのことが好きだったのですね。

「私はキミのバトル小説が大好きなんだ!私のために小説を書きなさい!印税をすべてあげよう!キミが私のモノになってくれるなら、キミたち兄妹は私が一生守ってやる!」
ムラマサ先生マジミザリーwほとんどヤバい領域に踏み込んでいますね。
「ミザリー」は本来、スティーヴン・キングの小説中の架空主人公なのですが、ミザリーという作品を愛するあまり作家の脚をぶった切って幽閉し、自分の好みの結末に書き直させようとする歪み切ったサイコ愛読者の代名詞になっています。

「あげない!絶対あげない!最初からあたしのだもん!」
紗霧ちゃんの捨て身の反撃
いやもう修羅場以外の何物でもありませんな。さすがのムラマサ先生も退却です。
「つまらなかったら殺す」
捨て台詞怖すぎ。ますますミザリーだ。

「キミの作品も、キミ自身も、愛している!返事をきかせてくれないか」
「オレ…好きなひとがいるんだ」
ムラマサ先生、まさかの撃沈です。幻想的なシークエンスだったけど、妄想場面なのかな。
先生の作品が本になっていたから、後日談なのかもしれません。

そしていよいよ、ラノベ天下一武闘会の結果発表が。
「私の可愛くない後輩」は規定枚数超過により失格。「世界で一番可愛い妹」が優勝です。
マサムネは気づいていないようですが、ムラマサ先生の粋なはからいで、和泉兄妹が勝利しました!

Muramasa

エロ可愛いとはこのことだ!ムラマサ先生の女子力最強です。
この媚態で迫れば、マサムネも悩殺されたかもしれませんね。
「こ、このヒロイン何か私に似てるんですけど!」
諦めない山田エルフ先生も健在だし、超モテ期のマサムネの未来が心配です。つか口惜しいw

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2017年5月14日 (日)

エロマンガ先生第6話

呼び捨てはよくないな後輩。私のことはムラマサ先輩とお呼びなさい!

しっとり和装の似合う暴帝女王キター!!
断髪にキモノかあ。この造形、何だか懐かしい…。
「異国迷路のクロワーゼ」の湯音ちゃんを想い出して涙ぐんだのはナイショです。

エロマンガ先生マジエロマンガwそれも凌辱調教系ということでw
やってることがヤバすぎますって。
眼隠しと両手ボンデージという絶対拘束めぐみんが、紗霧ちゃんにあーゆーことやこーゆーことをされて、あげくぱんつを奪われるという殆ど犯罪的な状況から始まり、マサムネが自らの夢を賭けてラノベ天下一武闘会(笑)でムラマサ先生と雌雄を決することになり、次回へ続く。
めっちゃカオスな流れですな。なぜにムラマサ先生がかくもマサムネに敵愾心をもやすのか、事情がよく分りません。
でもムラマサ先生可愛いし、これはこれでもらっておこうw
今回、マサムネとの初デートでデレる山田エルフ先生と、「私がえっちなイラストを描いてにいさんを養ってあげる」って健気すぎる紗霧ちゃんに惚れ直しました!
紗霧ちゃんの「それって上位互換?」はキツーイ一発だったけどねw

PCへの録画が何故か不調に終わり、今回画像キャプはナシです。
めぐみんの凌辱画像がアップできないなんて!
残念なり、無念なりw

| | コメント (0) | トラックバック (7)

その他のカテゴリー

このはな綺譚感想 | エロマンガ先生感想 | キノの旅感想 | クジラの子らは砂上に歌う感想 | ブレンド・S感想 | 地獄少女宵伽感想 | 少女終末旅行感想 | 食戟のソーマ餐ノ皿感想 | 魔法使いの嫁感想 | はじめてのギャル感想 | アリスと蔵六感想 | サクラクエスト感想 | ナナマルサンバツ感想 | プリンセス・プリンシパル感想 | 武装少女マキャヴェリズム感想 | 異世界食堂感想 | 賭ケグルイ感想 | 地獄少女感想 | 深夜アニメ感想 | SS | 009-1感想 | Angel Beats!感想 | ARIA感想 | DARKER THAN BLACK感想 | Dororonえん魔くん感想 | Fate/Zero感想 | HUNTER×HUNTER感想 | IS <インフィニット・ストラトス>感想 | K感想 | LUPIN the Third 峰不二子という女感想 | NHKにようこそ!感想 | NOIR(ノワール) | STEINS;GATE感想 | TARI TARI感想 | UN‐GO感想 | WORKING!!感想 | WORKING'!!感想 | あそびにいくヨ!感想 | あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。感想 | うさぎドロップ感想 | うぽって感想 | うみものがたり感想 | お兄ちゃんのことなんか感想 | かなめも感想 | かんなぎ感想 | けいおん感想 | けいおん!!感想 | この中に1人、妹がいる!感想 | これはゾンビですか?感想 | ささめきこと感想 | さんかれあ感想 | じょしらく感想 | そふてにっ感想 | そらのおとしものフォルテ感想 | そらのおとしもの感想 | それでも町は廻っている感想 | ちはやふる感想 | ちょこッとSister感想 | つり球感想 | でぼちん | とある科学の超電磁砲感想 | とある魔術の禁書目録感想 | となりの怪物くん感想 | となグラ!感想 | とらドラ!感想 | はなまる幼稚園 | ひぐらしのなく頃に感想 | まりあ†ほりっく感想 | みつどもえ増量中!感想 | もやしもんリターンズ感想 | アクエリオンEVOL感想 | アクセル・ワールド感想 | アニメ | アマガミSS感想 | アマガミSS+感想 | イクシオンサーガDT感想 | ウィッチブレイド感想 | エウレカセブンAO感想 | カオスヘッド感想 | カンピオーネ!感想 | キディ・ガーランド感想 | ギルティクラウン感想 | クイーンズブレイド感想 | グルメ・クッキング | ゲーム | ココロコネクト感想 | サイコパス感想 | ジョジョの奇妙な冒険感想 | ストライクウィッチーズ2感想 | セキレイPE感想 | ゼロの使い魔感想 | ソラノヲト感想 | ソルティレイ感想 | ソードアート・オンライン感想 | ダンタリアンの書架感想 | デュラララ感想 | トータル・イクリプス感想 | ドルアーガの塔感想 | バカとテストと召喚獣 | バカとテストと召喚獣にっ感想 | バクマン。感想 | バクマン。2感想 | パソコン・インターネット | パンプキン・シザーズ感想 | ファントム感想 | フラクタル感想 | フリージング感想 | ブラックロックシューター感想 | ブラック・ラグーン感想 | ペルソナ4感想 | マギ感想 | モーレツ宇宙海賊感想 | ヨスガノソラ感想 | ヨルムンガンド感想 | ライドバック感想 | ラストエグザイル―銀翼のファム感想 | ラーメン | リトルバスターズ!感想 | レベルE感想 | ロボティクス・ノーツ感想 | 一騎当千XX感想 | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい!感想 | 伝説の勇者の伝説感想 | 侵略!イカ娘感想 | 侵略!?イカ娘感想 | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない感想 | 偽物語感想 | 僕は友達が少ない感想 | 君に届け2ND感想 | 君に届け感想 | 咲-Saki-感想 | 咲-Saki-阿知賀編感想 | 坂道のアポロン感想 | 境界線上のホライゾンⅡ感想 | 境界線上のホライゾン感想 | 変ゼミ感想 | 夏目友人帳参感想 | 夏目友人帳肆感想 | 夏色キセキ感想 | 夢喰いメリー感想 | 大正野球娘感想 | 宇宙をかける少女感想 | 戦姫絶唱シンフォギア感想 | 探偵オペラミルキィ・ホームズ第二幕感想 | 文化・芸術 | 日常感想 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 未来日記感想 | 機動戦士ガンダムAGE感想 | 氷菓感想 | 海月姫感想 | 涼宮ハルヒ感想 | 灼眼のシャナⅢ(Final)感想 | 狼と香辛料感想 | 生徒会役員共感想 | 異国迷路のクロワーゼ感想 | 祝福のカンパネラ感想 | 神のみぞ知るセカイⅡ感想 | 神のみぞ知るセカイ感想 | 神様のメモ帳感想 | 神様ドォルズ感想 | 絶園のテンペスト感想 | 聖剣の刀鍛冶感想 | 聖痕のクェイサー感想 | 舞-乙HiME感想 | 花咲くいろは感想 | 輝きのタクト感想 | 輪るピングドラム感想 | 這いよれ!ニャル子さん感想 | 鋼の錬金術師感想 | 閃光のナイトレイド感想 | 電波女と青春男感想 | 青の祓魔師感想 | 静留×なつき | 魔法少女まどか★マギカ感想 | 黒神感想 | Aチャンネル感想 | Another感想 | B型H系感想 | CANAAN感想 | GOSICK感想 | NO.6感想 | WHITE ALBUM感想