2010年6月19日 (土)

B型H系第12話(最終話)感想

#12「僕らのために世界は回る/天使になった山田!」

金曜の夜、気のおけない友人と、地元のカレー居酒屋で生ビールをお代わりしながら、アニメ談義に談論風発していたら。
(カレーやタンドーリなど本格インド料理メインだが、なぜか枝豆やたこぶつやさんま塩焼きなど、おつまみも豊富という不思議なお店です)
「そういや、先週のB型H系、記事なかったね」と指摘が。

Σ(゚Д゚;
忘れてました~。しかも、もう最終回!

美人のくせに何故か初Hしか眼中にない山田の暴走っぷりと、チェリーな小須田が右往左往するさまを愉しむこの作品。
ちょっとレトロ?とか言われつつも、最後まで安定感はバツグンでした。

二人の歴史的ベッドインは、見ているこちらも恥しかった。
ホテルに入るのって、酔ってでもいないと結構照れくさいんですよね~ww
受付を済ませて、ルームキーを差し出してくるしわくちゃな手が、ヘンにリアルでした。
(しかし、ホテルからほかほかで出てきた、藤子不二雄もどきのおじさんキャラって、何だったんだろう?)
草食系の小須田が男の本能を全開にして、山田のハダカをみつめる場面とか、ついに!って感じだったんですが。
イイところまでイッたのに、回転ベッドの暴走で、未遂に終わりましたとさ。

入院した小須田を、ナースプレイで襲う山田。もう何でもアリですね。
本物ナースさんが小須田に興味を示したので、お?と修羅場を期待したんですが、軽く流されてしまいました。
宮野まゆちゃんとか、もっと積極的に動いてくれたら、お話ももっと過熱したかもしれませんが、ソレはないものねだりということで…。

初詣。イケメン金城兄は、まだ山田にプロポーズする気満々です。
妹の禁断愛を受け入れたわけじゃなかったんですね、なあんだ。(笑)
山田と小須田は、近所の、ご利益があるんだかないんだか分らない、寂れた神社でお参りを。
(たぶん)「今年こそは!」って、互いに願かけしたんでしょうね。
『うる星やつら』最終回を思い出しました。
「絶対、好きだって言わせてみせるっちゃ!」
「いまわのきわに、言ってやるわい!」
ラムとあたるのややこしい関係が、ほぼエンドレスに続くことを暗示して、終わります。
山田と小須田の二人も、本当に愛の条件が整うまでは、このままややこしく続くんでしょうね。

B型H系よ、永遠に!
スタッフの皆さん、お疲れさまでした。

| | コメント (2) | トラックバック (11)

2010年6月 5日 (土)

B型H系第10話感想

#10「金城家の一族/恋する途中?」

あの宮野さんにも、エロ神いたんだ!
しっかし、とことん報われないコですよね、まゆちゃんって。
好きな小須田に恋愛相談までされちゃって。
エロ神も、ちゃんとアドバイスしてあげればいいのに。
「大事なことだから、二人っきりの所で相談に乗るわ」
とか何とか言って、密室に連れ込んじゃうとか。
後は、まゆちゃんのおっぱいが全てを解決してくれると思うよww

そして、イケメン金城って、チェリーだったんだ!
同じチェリーでも、小須田とは輝きが違う気もしますがww
童貞でイケメンなら、山田にとっては理想形のはず。
しかし、いろんな意味で往生際の悪い彼女は、自分に言い訳をします。
最初にイケメンを経験したら、満足しちゃって、H友100人が達成できない!
ヘンな理屈~♪
竹下じゃないけど、指摘したいですね。
「小須田だから好きになったんだ」って事実を、もう真正面からみつめた方がいいと思います。
「うる星」のラムちゃんも「めぞん」の響子さんもそうでしたが、何故かイケメンを忌避して、ダメ男に執着するヒロインの系譜ってあるんですよね。

膠着していた山田⇔小須田ラインに揺さぶりかけるために、金城兄妹を登場させたのは正解。
兄は、既に山田アタックを開始しました。
これで、京香お嬢さまが小須田にのめり込めば、泥沼確定ですね。わくわく♪
「家政婦は見ていた」ということで、市原さんの暗躍も楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (14)

2010年5月30日 (日)

B型H系第9話感想

#9「そんな!/体育祭にかけろ!」

金城兄が、みんなの熱い視線を浴びつつ、帰国しました!
ハーバード大の秀才で、自他共に認める完璧イケメンという、かなりバカバカしい設定なんですけどねww

成田空港で、金髪のお忍び王女さまに一目惚れされたイケメン圭一くん。
「成田が最高だと言いますわ!」という台詞、これは名作映画「ローマの休日」からの引用ですね。
オードリー・ヘップバーン演じるアン王女が、グレゴリー・ペックの新聞記者と、ローマでひととき過ごした愛の生活。そして別離。
帰国時の記者会見で、各国の印象についての質問が。
「今回の歴訪で、心に残った場所はありましたか?」
やんごとなき王女らしく、当たり障りのない返事をしようとします。
「いずこも忘れ難く、善し悪しを決めるのは困難ですが…」
ここで、感極まったアン王女は、心の底から叫びました。
「ローマです!もちろんローマです!今回の訪問は、永遠に忘れ得ぬ想い出となるでしょう!」
身分や立場を超えた、真実の愛の言葉。映画史上、屈指の名場面でした。

体育祭で、まみちゃんが選んだ借り物は、イケメン。
迷わず選んだのが、超高級カメラでシャッターを切っていたイケメン金城。
ここで、イケメンが実はロリで、まみちゃんLOVEになったらお笑いだったのですが。
金城兄は、自分になびかない山田を気に入ったようです。
兄コンの京香さんのゴゴゴゴが発動!まさにお約束ですね♪

かくして、山田⇔京香ラインを軸に、ややこしい相関関係が形成されました。
意趣返しに、京香は小須田を強奪しようとするのでしょうね。小須田役得ww
修羅場確定です、これからが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2010年5月22日 (土)

B型H系第8話感想

#8「わーーい、修学旅行だ!/俺、山田の事がす…」

こちらも、修学旅行は京都。
けいおんさまと張り合うとは、神をも恐れぬ所業ですなww
京アニ作画と比較するのは酷なんですが、それでも、けっこう頑張っていたと思います。

「おねえさん、ビール!」とか、思いっきり飛ばす三郷まみちゃんがカワイイ。
車内で昼間っから飲むビールって、最高なんですよね。
弁当をつまみにしてもいいし、サキイカとか乾き物でもいけます。
居酒屋や家飲みとも違う、ちょっとした非日常感が嬉しいのですよ。
カナデちゃんじゃないけど「うまいわ」って伝法に言ってみたくなります。
「ぷはー!この一杯のために生きてるのよね!」
酔った勢いで、リアルにミサトさんごっこをぶちかまして恥をかいたのも、懐かしい旅の思い出です。

山田も金城さんも相変わらずなので、おっぱいメガネの宮野さん中心に見ていたのですが。
押しが弱いので、キャラ立ちはもう一つかな。
まゆちゃんの実力なら京都料理にも負けないと思うのですが、彼女って、心が先に折れちゃうんですよね。
ムネは充分なのに、勿体ない…。

Bパートは、例によって、山田と小須田のもどかしい関係が続きます。
決死の告白をした小須田が、ドアに首を挟まれたまま逝ってしまいました。
ちゃんと閉まってないのに発車するのって、運行上いけないと思うんだww

何か忘れてると思ったら、B型H系第7話の感想をすっ飛ばしていました。
水着回は、あまり書くこともないし、まあいっかww

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2010年5月 9日 (日)

B型H系第6話感想

#6「金城さんが来る!/バラ色の笑顔の裏に…」

新学期。同じクラスに、F型メガネ系の宮野さんが入ってきました。
山田妹の千夏ちゃんが、新入生として参戦。ロリ男子どもの熱いまなざしを一身に受けています。
さらに!黒お嬢さまの金城京香が、ミスコンでの敗北を根に持ってリターンズ!
まさに群雄割拠。三国志演義みたいなノリになってきました。

ずっと山田の暴走というか一人芝居が続いていたので、視聴者の食傷が気になっていたのですが。
やはり、京香のような腹黒セレブが登場すると、お話がしまりますね。
薔薇やら何やら、お花背負いまくりというのがテンプレで、もう嬉しすぎます。ゴゴゴゴゴ成分も豊富。
文句のつけようがない敵役キャラです。
しかも、重度の兄コン設定。私の初めてはお兄さまに!って叫んで憚らない、危ないお嬢さまなのです。
そんな京香ですが、山田へのリベンジのためだけに、彼氏を寝取る宣言を発動。
小須田の方こそ、いいハーレム迷惑ですな。
ただ、「おーほほほほ!」の高笑いだけは、もっと改良した方がいいかも画伯ww

私世代的にツボだったのは、山田が、京香と雌雄を決する場面です。
勝った方が男役?B型百合系?ということで落としてましたが、懐かしい「うる星やつら」を思い出しました。
面堂終太郎のライバル、水乃小路飛麿、愛称トンちゃんの、雌雄を決しよう台詞です。(ややうろ覚え)
「ここで雌雄を決するのだ。つまり、負けた方がお嫁さんになるのだ。えい、ややこしい!」
「ややこしくすなっ!」
(ノ∀`)
原作者さんかスタッフの、うる星へのリスペクトを感じました。
そんなところも、B型H系ならではですね。

| | コメント (2) | トラックバック (15)

2010年5月 1日 (土)

B型H系第5話感想

#5「汗と涙のバレンタイン/磨けエロパワー!」

バレンタインパート

Fカップメガネちゃんこと宮野さんは、家事上手。
竹下に新鮮なサンマの見分け方を伝授し、自分は日高昆布をしっかりゲットしています。
違いの分る、美味しんぼな女子高生なんですね。
「昆布はさっとくぐらせるだけ。これで、最高にいいダシが出るんだ」
海原雄山もビックリな、一番ダシの取り方も、きっと知ってるのでしょう。
ホント、小須田は宮野さんと結婚した方が幸せになれると思うよ。
エロい美人の山田さんは、愛人キープでどうでしょう?
控えめな宮野さんは、黙って許してくれそうな気がします。
それとも、ヤンデレ化するかな?
崇は、あたし以外、見ちゃダメ」とか言って、目潰しくらわせたりしてねww

山田の匿名手づくりチョコ。
香月ねえさんは熱帯魚で実験していましたけど、そして予想どおりの結果になってましたけど、小須田が残りをちゃんと食べたようですね。
よく体壊さなかったな…。
青春系とか自虐してたけど、たまには、こういうフツウなお話もいいかも。

エロパワーパート

と思ったら。Bパートはむちゃくちゃでした。
ノーパンプレイで魅力とエロぢからをアップ?どこの女性誌に、そんな特集載ってるんですかww
本気で実践する山田も山田だ。ヒドイですね。女子高生ガールズハイよりひどい。
全裸美容法を試す三郷まみもアホです。ロリな体型だけに、よけいに痛々しい。
(ノ∀`)
まあ、美人のアソコを開陳してもらった小須田は、ジョギングで煩悩を発散させながらも嬉しそうでした。

| | コメント (0) | トラックバック (13)

2010年4月24日 (土)

B型H系第4話感想

#4「ときめく聖夜/このままじゃ帰れない!」

性なる夜ww
ベタですが、そのとおりのお話でした。山田の妄想が、もうスゴイ事になっております。
まあ、キス(舌を入れた!)とペッティングまで進んだのだから、大性交ですよww
とはいえ、H友100人への道程はまだ遠い。
てゆーか、山田の行動規範って、未だに恋愛セレブ願望なのかな?
もう単に、小須田デレとしか見えないんですが。

小須田姉のデートプラン、プロレス観戦→焼肉→××は即座に却下。
香月ねえさんは、このプランならデートに応じてくれるのかな?とっても私向きなんですがwww
お酒も気軽に付き合ってくれそうだし、ねえさんLOVEです。

さて、ときめきの聖夜。
豪華ディナーとまでは行きませんが、レストランでお食事。
早くヤリたくてしょうがない山田は、煮え切らない小須田に、不機嫌そうです。
誤解した小須田が、決死の思いで差し出したプレゼントは、ピアス。
ピアス=穴を通す=アレにアレを入れる
何というエロ解釈wwフロイト博士もビックリですな。

その気になった山田の強引なリードで、ラブホ街に突入。
山田サーチ無双!綺麗っぽいホテルを発見したのですが。
出てきたカップルが、いかにもヤリました的なニオイを漂わせているので、引いてしまいます。
この辺が、経験値0の哀しさなんですね。
気がついたら、ラブホ街を通り抜けてしまいましたとさ。
向こうにちらりと見える、ホッピーの看板。ホッピー、好きです。煮込みや焼鳥とベストマッチです。
私だったら、そのまま飲み屋にしけこんじゃいますね。そして、彼女に嫌われますねwww

リベンジが、いちゃラブ公園って…。
まさにハッテン場スポットです。回りは、盛りのついたオスとメスだらけということで。
お隣さんは、本番の真っ最中。
あまりの生々しさに、またも引いてしまうオトメな山田。
おまけに、盗撮の群に気づいて、何もできなくなってしまいました。
帰りの電車で、無力感に打ちひしがれる二人。

次回はバレンタイン。一進一退って感じでしょうか。
Fカップ眼鏡の宮野さんはどうしたのかな。帰国子女の京香は…。

| | コメント (0) | トラックバック (12)

2010年4月17日 (土)

B型H系第3話感想

#3「暗室で急接近!/燃える文化祭!」

今回は、山田のエロ暴走が少なめだったかな。
代りに、小須田のキャラがじっくり描かれて、二人の仲はちょっぴり進展しました。

Aパート
小須田、写真部だったんだ…。
「暗室!」
小須田のお誘いに激反応する山田。
暗室→暗いへや→初H
この連想が何ともww
山田が狼、小須田が赤ずきんという、すごい設定です。

撮影旅行?に誘われて、ヤル気満々の山田。高原のペンションで初Hか?
と思ったら。近所の自然公園でした。なあんだ(笑)。
「景色も流れているんだ」
小須田の台詞が、妙にかっこいいですね。平凡小須田の意外な芸術家肌に、山田も惚れ直した模様。

とりあえず、暗闇で初Bを達成!
山田は、胸を開発されてレベルが上がりましたとさ。

Bパート
後夜祭のキャンプファイヤー。
言葉さまの場合、後夜祭で犯されてヤンデレ加速したのですが。
山田は、ある意味とっくにヤンデレてますねww

ミスコンで山田とデッドヒートした金城京香さんは、帰国子女の美人さん。
このあと、小須田をめぐって熾烈な戦いになることは、まだ誰も知らないwわけないかww

| | コメント (2) | トラックバック (9)

2010年4月10日 (土)

B型H系第2話感想

#2「そうだ!プールに行こう/ライバル出現!」

Aパートはプールで水着。テコ入れなのかな?
竹下の彼氏で、知的な文学青年、松尾さん登場。
高3!(笑)にして、この落ち着きっぷりは…。けいおんのコたちとは、えらい違いです。
洞察力もありそうだし、小須田が惚れる?のも分りますww
B型H系BL系
吹いたwww
いま、びーえるネタはお約束ですよねww

近藤さん出番ですよ!」
「よし来た土方くん!」
ってことで、薬局を舞台にコンドー祭。こんなに種類があるんだ。
チェリーくんには、役に立つ豆知識ですね。豆っても、アレのことじゃないですよ
(ノ∀`)

Bパートは、ジミなFカップさんこと、宮野まゆちゃん登場。
幼なじみのうえに、ドジっ子メガネ属性も兼ね備えた鉄壁さんです。
しかも、小須田家と宮野家はお向かいさん同士で、一緒にバーベキューパーティも開くほど、懇意にしています。
まゆちゃんは、クッキー焼いたり健気にアプローチしているのですが、全く気づいてもらえない模様。
安パイと思っていた小須田の正体は、実はモテ男?みんなの誠状態?
山田のショックは大きいですなww
しかも、次回には新たな強力ライバル登場みたいだし。
がんばれ山田!

この作品って、作画にせよ演出にせよ、ノスタルジーをそそりますね。
以前の作品でいえば、「となグラ」辺りを連想します。
ワーキングと比較すると分ります。あっちの方が描線が緩やかで、自由度が高い。つまり、新しい感じ。
私世代では、B型H系のかっちりした画とかお約束演出はキライじゃないんですが。
でも、若い人たちは、古いって感じるかな。

最後に、ひとこと言いたい。
愛読書のベタな例として、ドストエフスキーとトルストイを持ってくるのはやめてー。村上春樹で充分じゃないですか。
現実にコレやったら「あなた、本当に文学青年?」って疑われちゃいますよ?何でもビッグネームを持ってくればいいってもんじゃないんです。
確かにロシア文学界の二大巨頭なのですが、実はこの二人、作風が違いすぎて、並べるのは違和感ありまくりなんです。
もちろん教養として読むのはアリですし、私もそうでした。
でも、愛読書としていきなり出したら、見識を疑われること必定。
仮に、ベタに見せてちょっとハイグレードな感じを演出したいというのなら、もうちょっとさりげないのを持ってきてほしい。
ロシア文学にこだわるなら、ツルゲーネフとかチェーホフとかプーシキンとか。
「ささめきこと」の村雨さんの愛読書がいつも「風立ちぬ」だったのも、妙に気になっていました。
内容からいって、村雨さんの好みにも、ささめき世界にも合っていないのです。
ふつうに、百合系のラノベでよかったんじゃないかなあ。
本をアイテムとして使うのなら、ハルヒの長門が見せた、コアな愛読書レベルまで持っていってほしい…。

以上、文学好きのたはごとでしたww

| | コメント (2) | トラックバック (13)

2010年4月 3日 (土)

B型H系第1話感想

#1「ぼーい♂みーつ♀がーる/放課後大作戦!」

100H友ゲットを目指す、妄想系えろい美少女、山田さん。
下の名前は、秘密だそうです。まさか、花子とかじゃないでしょうけどww
「エッチだち百人できるかな?」ってノリですよね。
山田さんの妄想&暴走を、痛カワイイって暖かく見守れる人なら楽しめそうな作品、ということで。
作画は、おとなしいけど綺麗だし、私は楽しめそうです。

「女子高生ガールズハイ」って作品がありましたが、それと似たテイストかな。
原作があって、女性の作家さんというのも共通。
男の夢?である、目指せ百人斬り!の女性バージョンなんでしょうね。

女性がエロを描写すると、過激になるっていうのがお定まり。
女にとっては日常の事なのに、こんなんで男は昂奮するの?って感覚らしいです。
全裸モードの大股開きで、鏡に自分のアレを映してるのが、明らかに男性視聴者を誘ってますねww
山田さんったら、ナニを気にしてるんでしょう。
生えてないとか、カタチがおかしいとか?ww

最初のターゲットに選ばれた、平凡男子の小須田くん。
中の人阿部敦さんということで、このような展開が予想されます。
いいぜ、てめえが100人エッチをできるってなら、まずはそのふざけた幻想をぶち殺す!
そして、山田さんのバージ●も、ついでにぶち壊されてしまうんですね。あーあ。
('A`|||)

| | コメント (0) | トラックバック (12)

その他のカテゴリー

009-1感想 | Angel Beats!感想 | ARIA感想 | DARKER THAN BLACK感想 | Dororonえん魔くん感想 | Fate/Zero感想 | HUNTER×HUNTER感想 | IS <インフィニット・ストラトス>感想 | K感想 | LUPIN the Third 峰不二子という女感想 | NHKにようこそ!感想 | NOIR(ノワール) | STEINS;GATE感想 | TARI TARI感想 | UN‐GO感想 | WORKING!!感想 | WORKING'!!感想 | あそびにいくヨ!感想 | あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。感想 | うさぎドロップ感想 | うぽって感想 | うみものがたり感想 | お兄ちゃんのことなんか感想 | かなめも感想 | かんなぎ感想 | けいおん感想 | けいおん!!感想 | この中に1人、妹がいる!感想 | これはゾンビですか?感想 | ささめきこと感想 | さんかれあ感想 | じょしらく感想 | そふてにっ感想 | そらのおとしものフォルテ感想 | そらのおとしもの感想 | それでも町は廻っている感想 | ちはやふる感想 | ちょこッとSister感想 | つり球感想 | でぼちん | とある科学の超電磁砲感想 | とある魔術の禁書目録感想 | となりの怪物くん感想 | となグラ!感想 | とらドラ!感想 | はなまる幼稚園 | ひぐらしのなく頃に感想 | まりあ†ほりっく感想 | みつどもえ増量中!感想 | もやしもんリターンズ感想 | アクエリオンEVOL感想 | アクセル・ワールド感想 | アニメ | アマガミSS感想 | アマガミSS+感想 | イクシオンサーガDT感想 | ウィッチブレイド感想 | エウレカセブンAO感想 | カオスヘッド感想 | カンピオーネ!感想 | キディ・ガーランド感想 | ギルティクラウン感想 | クイーンズブレイド感想 | グルメ・クッキング | ゲーム | ココロコネクト感想 | サイコパス感想 | ジョジョの奇妙な冒険感想 | ストライクウィッチーズ2感想 | セキレイPE感想 | ゼロの使い魔感想 | ソラノヲト感想 | ソルティレイ感想 | ソードアート・オンライン感想 | ダンタリアンの書架感想 | デュラララ感想 | トータル・イクリプス感想 | ドルアーガの塔感想 | バカとテストと召喚獣 | バカとテストと召喚獣にっ感想 | バクマン。感想 | バクマン。2感想 | パソコン・インターネット | パンプキン・シザーズ感想 | ファントム感想 | フラクタル感想 | フリージング感想 | ブラックロックシューター感想 | ブラック・ラグーン感想 | ペルソナ4感想 | マギ感想 | モーレツ宇宙海賊感想 | ヨスガノソラ感想 | ヨルムンガンド感想 | ライドバック感想 | ラストエグザイル―銀翼のファム感想 | ラーメン | リトルバスターズ!感想 | レベルE感想 | ロボティクス・ノーツ感想 | 一騎当千XX感想 | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい!感想 | 伝説の勇者の伝説感想 | 侵略!イカ娘感想 | 侵略!?イカ娘感想 | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない感想 | 偽物語感想 | 僕は友達が少ない感想 | 君に届け2ND感想 | 君に届け感想 | 咲-Saki-感想 | 咲-Saki-阿知賀編感想 | 地獄少女感想 | 坂道のアポロン感想 | 境界線上のホライゾンⅡ感想 | 境界線上のホライゾン感想 | 変ゼミ感想 | 夏目友人帳参感想 | 夏目友人帳肆感想 | 夏色キセキ感想 | 夢喰いメリー感想 | 大正野球娘感想 | 宇宙をかける少女感想 | 戦姫絶唱シンフォギア感想 | 探偵オペラミルキィ・ホームズ第二幕感想 | 文化・芸術 | 日常感想 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 未来日記感想 | 機動戦士ガンダムAGE感想 | 氷菓感想 | 海月姫感想 | 涼宮ハルヒ感想 | 深夜アニメ感想 | 灼眼のシャナⅢ(Final)感想 | 狼と香辛料感想 | 生徒会役員共感想 | 異国迷路のクロワーゼ感想 | 祝福のカンパネラ感想 | 神のみぞ知るセカイⅡ感想 | 神のみぞ知るセカイ感想 | 神様のメモ帳感想 | 神様ドォルズ感想 | 絶園のテンペスト感想 | 聖剣の刀鍛冶感想 | 聖痕のクェイサー感想 | 舞-乙HiME感想 | 花咲くいろは感想 | 輝きのタクト感想 | 輪るピングドラム感想 | 這いよれ!ニャル子さん感想 | 鋼の錬金術師感想 | 閃光のナイトレイド感想 | 電波女と青春男感想 | 青の祓魔師感想 | 静留×なつき | 魔法少女まどか★マギカ感想 | 黒神感想 | Aチャンネル感想 | Another感想 | B型H系感想 | CANAAN感想 | GOSICK感想 | NO.6感想 | SS | WHITE ALBUM感想