2009年12月23日 (水)

聖剣の刀鍛冶第12話(最終話)感想

#12「刀鍛冶 -Blacksmith-」

聖剣のブラックスミス、1期終了!
ってな感じの最終話でしたww

終ってみれば、なまくらな自衛騎士殿セシリー・キャンベルがやはりヒロインだったというのが分ります。
結構、楽しく感想記事書かせてもらいました。WAとコレは、ツッコミ所満載でしたしね。
期待にたがわず、いろいろツッコミたくなる大団円。特に台詞が。

まずは、愉快なシーグフリード語録
「ゴミはゴミらしく、すべて灰になってしまえ!」
「死ね、死ね、死ね死ね死ね!」
「どいつもこいつもダメダメだ。生まれる前からやり直してこい!」
「美しい。まさに、腐った世界を浄化する炎だ」
ゴミ(ムスカ)死ね死ね(死ね死ね団?)ダメダメ(ジョジョのディオ?)この世界は腐ってる(舞-HiME)
悪役の名言辞典からお気に入りを引用してるようなシーグフリードでした。
読むものを選ばないと、こういう人格障害者になってしまうんですね。気をつけよう、明日はわが身ww
止めの捨て台詞が、またイイんですよ。
おのれ、その顔、決して忘れぬぞ!」
(ノ∀`)
どこの小悪党なんですか貴方はww
ルークとリサが祈祷鍛冶を開始したとき、無意味な余裕を見せて待ち受けるシーグフリード。
何でそこで襲わないの?
お約束のツッコミも馬鹿馬鹿しいほど、ヘタこいた敗北フラグでしたね。

リサ
「もう私たちは一蓮托生ですよ。共に失って行きましょう!」
共に失うって…。
縁起でもありませんが、聞き違いではなさそうなので、ブラックスミス世界独特の言い回しなんでしょうね。

真打ちは、われらがセシリー・キャンベル。ステキ台詞を一挙にご紹介です。
「リーザ・オークレットの死を汚すな!彼女の愛を、リサの想いを、あなたの意思を、鞘におさめたままにするな!」
「抜け!構えろ!それらを汚そうとする輩と戦い続けるんだ!すべてを認めて戦え!それがリーザへの手向けとなる!」
こんなに口が回るキャラでしたっけ?家で予習してきたのか?
「大切なのは、決して折れない心だ!!」
どこの上条さんですかww
お説教の数々、笑い死にしそうになりましたよ。

最終回記念ということで。
小ネタSSを、大好きなセシリーに捧げます。

1789年、バスティーユ襲撃。有名な、フランス革命が始まりました。
側近のリアンクール公に「暴動ではありません、革命です!」と告げられ、慌てふためいたルイ16世が、
「余はどうすればよいのだ?」
リアンクール公は、すかさず返答したとか。
「陛下、王さまのふりをしてください!」

シーグフリードが都市を襲撃。慌てふためく自衛騎士、セシリー・キャンベル。
「私はどうすればよいのだ?」
リサが、すかさず返答しました。
「セシリー、主人公のふりをしてください!」

(ノ∀`)

スタッフの皆さん、お疲れさま!
ひそかに2期も期待してます。

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2009年12月15日 (火)

聖剣の刀鍛冶第11話感想

#11「真実 -Truth-」

予想どおり、リーザが自己犠牲でルークを逃がし、悪魔契約によってリサになったんですね。
リサがルークの世話を焼くのは、リーザがそれを望んだから。いつまでも、ルークと一緒にいたいと願ったから。
これには泣けました。
(/_<。)

ルークの聖剣とは、悪魔を封印するためのものではない。
悪魔から愛する人を護り抜くための、絶対的な力を持った剣。それがルークの聖剣。
真実を知ったルークは、いよいよ聖剣を打てるのでしょうか。

全ての真実を、あのセシリーさんだけが見破れた、というのが何とも言えないんですが。
それも、リサがリーザの面影を残していることから、全てを推理したというんですよ?
たったそれだけの手がかりで、真実はいつも一つ!に辿り着くなんて、どういうコナンくんなんでしょう。
ミステリの最後の数ページで、一気に種明かしをされたポカーン(゚Д゚≡゚Д゚)?な気分。
自衛騎士の自分だから、街を護りたかったリーザの気持ちが分るのだ、と。
そうかもですが、これまでずっと無能の人、ほぼ脳死状態だったセシリーに言われてもなあ…。
あと、すっかり会議を仕切ってましたね、メンバーでもない彼女が。
各国を代表する重要会議なのに、運営どうなってるのか。
帝国の騎士、シーグフリードに斬りかかってもお咎めなし。主人公補正すごすぎです。
何だかツッコミ入れたくなってきましたよ。

「よかったな、リサ。君は何も遠慮しないでいいんだ。君が家事をするのは、リーザの意志だったのだから」
「はい♪」
「私が正しかったことも証明された。これからは、大手を振って昼飯に呼ばれるぞ」
「はい」
「ルークは、この連中が昼飯に来るのがおかしいんだって言ってたけど、それは間違いだったということさ」
「…はい?」
「自衛騎士になれた私は、いわばリーザを継ぐものなんだ。つまり、リーザが残したものは、すべて私が受け継ぐべきなんだ。だって、リーザのものは私のものなんだから」
「あの…」
「だから、私はリサのメシを食う権利があるんだ!

はいいいいいい???」
Σ(゚Д゚;

シーグフリードは、自らネタバレしてしまいました。鬼気が失せて、底が見えてしまった印象です。
ヴァルバニルとの、直接の関係はなさそう。セシリーたちが倒すべき、取りあえずのラスボスって感じですね。

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2009年12月 7日 (月)

聖剣の刀鍛冶第10話感想

#10「殉情 -Tragedy-」

大食いグルメやら肉ガッツリやら、お馴染みの場面の入り込む余地のない、怒濤のシリアス回でした。
老騎士の不気味にデフォルメされた断末魔顔が、これでもかというほどてんこ盛り。
うなされそうですww

残りあと数話ともなると、堰を切ったように設定説明が始まります。ブラックスミスも例外ではありません。
霊体は、ヴァルバニルの吐き出した呪い。
祈祷契約とは、人の血肉を贄にせず、霊体と玉鋼の使用により悪魔契約と同じ効果をもたらす術。
そして、魔剣はヴァルバニルへの憎しみにより生れた。だから、魔剣の彼女たちは唱える。
「神を殺せ」と。
彼女たちにとっての神とは、ヴァルバニルなのか…。
志を遂げられなかった老騎士に、エルザが短剣で介錯をしていました。悪魔契約の対価なんでしょうね。
そして、エルザ自身も折れた剣となり、主人に寄り添うようにして殉死。
(/_<。)

いろいろ謎が解けてきましたが、問題はリサです。
リサはヴァルバニルの血を受け継いだ悪魔?ルークが逃げるときに、リーザから生み出した存在?
だから、いずれ魔剣アリアはリサを殺したくなる、とシーグフリードの不吉な予言が。
「俺がリーザを殺した…」
搾り出すようなルークの言葉の、本当の意味は?
ルークがリーザに抱いている罪悪感。それは、彼女を見捨てて逃げた、ということではなさそうです。
恐らく、リーザが自らを犠牲にして、ルークを逃がしたのでしょう。
それは悪魔契約?リーザが、ヴァルバニルの霊体に体を喰わせたのか?
だから、リサはリーザに似ているのか?

付け加えれば。
ルークが聖剣を打てない理由。
魔剣が憎しみの象徴だとすれば、聖剣は対極の存在のはず。
つまり、ヴァルバニルへの憎しみ、もしくはリーザへの後悔に囚われている限り、ルークには聖剣が打てない。
カギを握るのは、やはりセシリーでしょうね。
最終話は、リーザが現れて、こう告げるのかもしれません。
「ルーク、ありがとう。そして、さようなら。私は幸せでした。だから、もう後悔しないで。あなたの心の中のひとを、愛してあげて…」
まんま、FF6のロックとレイチェル、そしてセリスですがなwww

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2009年12月 1日 (火)

聖剣の刀鍛冶第9話感想

#9「面影 -Lisa-」

キャンベル家の食卓。豪華そうなお食事が美味しそうです。
たまの休みなのに、剣の訓練しか能のない愛娘。お母様は、いたくご不満な様子です。
「一緒に過ごしてくれる殿方の一人もいないのですか?」
メシをたかる相手ならいますけどね(´∀`*)
どうやら男がいるらしいということで、お古を貸してあげるから殿方の心をゲットしなさい!と煽ります。さばけたお母さんですねえ。フィオとアリアに連行されるセシリー。
「心の準備が!らめええ!!!
とうとう、らめえ出た!もう見境ありませんなマングローブ。('A`|||)
恋の武者修行。成就するまでは帰ってきてはなりません、とお母様の厳しいお達しです。
キャンベル家って一体…。

女の子らしいドレスに照れるセシリーに、ルークの一撃が。
「使用人(メイド)の次は女装(フタナリ)か」
(ノ∀`)

ルークの幼なじみリーザは、騎士を夢見る女の子。ルークは、そんな彼女をひそかに愛していた。
毎日練習しているのも、セシリーと似てますね。
でも、セシリーより才能ありそうだから、生きていればきっと立派な自衛騎士になれたのに…。

短剣ミゼリコルドを修理してほしいと、エルザという少女が訪ねてきます。
リーザの墓参りに、セシリーを連れて行くルーク。墓には行かないと呟くリサ。
エルザ挙動不審。短剣を研ぐリサの背後から手を伸ばして…。
結局、未遂に終りました。エルザとすれ違ったアリアは、魔剣のカンで、何かに気づいた模様。
破れ小屋に戻ったエルザ。蹲っていた老騎士に、ご主人さまと語りかけます。エルザは、騎士の娘だったらしい。
すると、彼女は?
老騎士が叫びます。
ヴァルバニルは、どこだ!
「…見つけました

雷の魔剣をあやつる老騎士が、ルークとリサを襲った!
次回、リサの正体が明かされるのでしょうか?

エルザ(新谷良子)
リーザ(佐々木日菜子)
老騎士(麻生智久)

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2009年11月23日 (月)

聖剣の刀鍛冶第8話感想

#8「出立-Resolution-」

「この際だからはっきり言っておく!わたしはアタマが悪い
('A`|||)
いや、この際だからって…。
セシリーってば、そこまで自虐しなくても…。
みんな、見て見ぬふりをしてくれてるんだから…。

今週は、彼女の名台詞が満載でした。
「そのとおりだ。無力さ、相変わらず。だが、それがどうした!」
思いっきり開き直ったΣ('∀`;)
ヘタレを逆手に取って、ここまで自己正当化するとは。
セシリーは、世界中の無能さんに希望の灯を与えました。へらず口さえ巧みなら、人は誇りを持って生きていけるのです。
何と言うか、マジでかっこいいとさえ錯覚してしまいましたよ。
異様にキャラ立ちしたセシリーさんでした。持たざるものは幸いなり。

冗談はともかくとして、久しぶりにセシリーが光ってましたね。まるでヒロインみたいです♪
前回ボコられたドリスたちに挑む前に、魔剣アリアと事前協議し、しっかり戦術を練った模様。
風を槍にするとか自らを矢となして貫くとか、頭脳的に闘っています。
もうルークのカタナに頼らなくても、アリアで充分じゃないでしょうか。
「わたしは全てを守る!」
本気だったんだ…。ハンニバル隊長も、あっけに取られていました。

シャーロットを説得すると力むセシリーに、ルークが正論を吐きます。
「生きる理由も与えずに死ぬなと言ったところで、何の説得力もないぞ」
こちらは、ふつうに説得力あります。賢いです。でも、バカの壁を越えたセシリーには、迫力で一歩を譲るんですよね…。

「あーあ、これで胸のやらしい女を憎めなくなっちゃった」
「最後の最後でソレ?」(笑)
「私たちも、負けないような立派な胸になってみせます♪」
感動の別れのシーンが台無しwww
シャーロットたちに魔剣を与え、そそのかしたのはシーグフリード。
怪しい怪しいとは思ってたけど、ついにその名が出ましたね。
#2で登場した帝国騎士です。CV置鮎さんだし、やっぱりって感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (12)

2009年11月16日 (月)

聖剣の刀鍛冶第7話感想

#7「家族-Family-」

キャンベル家の最高権力者、メイドのフィオが言いました。
働かざる者、死ね
セシリー、死ぬんだ…。('A`|||)

シャーロットは、ともかく家事はできます。生活力のあるお姫さまです。
なんにもできないのは、主人公のセシリーさんでした。ルークん家にメシをたかりに行ってたのも、これが理由だったんですね。
キャンベル家のパラサイト。昔なら、ただのごくつぶしです。
剣士として役立たずどころか、まさに、無能
つげ義春『無能の人』を思い出しました。河原で石を拾ってきて売るしか能がなくなった父親と、その息子の会話が哀しい名作。
以下、パロディです。

「セシリー、虫けらってどんな虫?」
「役に立たない虫のことだよ。何でそんなことを聞くんだ?」
「フィオが言ってたんだ。セシリーは虫けらだって」
「…そうだ。わたしのような人間のことを、虫けらっていうんだ

(´Д⊂)

まんまパロディになるのが悲しい。てゆーか、パロディにすらなってない…。

宿より貴族の館の方がマシじゃろう、とセシリー家に押しかけたシャーロット・シスターズを待ち受けていたのは。
真の恐怖でした!Σ(゚Д゚;
「キャンベル家の家事をすべて任されている独裁者使用人だ!」
怒って挑みかかったドリスたちを瞬殺。フィオ最強伝説の始まりです。
働かざる者氏ねのアンガス家の家訓にしたがって、全員がメイドに。あるじのセシリーまで、とばっちりを。
しかし、セシリーってば何もできないコ。掃除をさせても、失敗続きで仕事を増やすばかりです。
メイド姿で街にお使いに出されたところ、ルークたちに遭遇してしまいました。
「見るなー!」
ルークを猛烈な一撃で屠った!剣技はダメでも、腕力と体力は一流のセシリー。やっぱり体術使いとして生きるべきですね。
シャーロットシスターズの入浴サービス付きが嬉しい。さすがは貴族の邸宅、ムダに豪華な大浴場です。
お胸ネタが、セシリーからペネロペに飛び火しました。
マングローブって、『サムライチャンプルー』とか、作風がとんがってる印象があったのですが、萌えアニメとしても結構こなれてきました。物語も動いてきたし、後半が楽しみです。
セシリー母に甘えるシャーロット。まさに、軒を貸して母屋を取られたセシリー。
お姫さまも居座る気満々のようです。後は、帝国からの返事次第だったのですが。

帝国からの返書は、冷酷なものでした。即刻引き渡せ、厳罰に処する。
茫然とするシャーロットたち。
セシリーは、市長やハンニバルは、どうするのか?

フィオに聞けばいいと思うよwww

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2009年11月10日 (火)

聖剣の刀鍛冶第6話感想

#6「皇女 -Princess-」

女の子がいっぱい、魔剣がいっぱいww
そして声優さんもいっぱいwww

シャーロット・フィーロビッシャーちゃんは、タカビーなツンキャラ。
お付きのコたちも個性が描き分けられ、よりどりみどりです。一気にハーレム度が上昇しました。
クレイモアとか魔剣殺しとか、魔剣も各属性が出揃いましたね。
この魔剣さんたちも、アリアやエヴァドニみたく、綺麗な妖精さんに変身できるのかな?
もーっとめくるめくハーレムwww
聖剣のブラックスミスのテーマって、何だったっけ…。

ペネロペの魔剣殺しの魔剣に、打つ手なしと思われたのですが。
セシリーが、ペネロペのボディに一発いいのを入れた
剣士としてはヘタレでも、体術は一流?ゲームのロマサガ好きとしては、ぜひ、体術使いに特化してほしいですね。
難易度最高クラスの明王九印も、簡単に閃きそうです。
(ノ∀`)

その魔剣軍団も、ルークのカタナには敵いませんでしたとさ。カタナ最強。
シャーロットは、帝国皇帝の庶子。
父皇帝に認めてもらうために、魔剣集めやルークの招聘に躍起になっているらしい。
市長は、彼女たちの処遇を帝国に照会するようです。
それまでは市内に留め置かれるようですが、恐らく、父皇帝に見捨てられるのでしょうね。
行き場を失ったシャーロットと、セシリーたちが組んでヴァルバニルに立ち向かう展開かな?

最後は、恒例の大食い大会。
メニューの端から持ってまいれ!
お約束の台詞ですが、お料理美味しそう。いいなあ。
アリアは同席してますが、シャーロットの魔剣エヴァドニは食べさせてもらえないんでしょうか?
もしかしてダイエット中?
(´∀`*)

シャーロット(福原香織)帝国の皇女さま
ドリス(沢城みゆき)ボーイッシュ
マーゴット(茅原実里)セシリーに似てる
ペネロペ(高橋美佳子)おかっぱ髪が可愛いww
エヴァドニ(雪野五月)シャーロットの魔剣

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2009年11月 3日 (火)

聖剣の刀鍛冶第5話感想

#5「絆 -Together-」

グリーンゲイブルズの朝は早い。
今日も、水汲みや食糧調達に忙しい、働き者のリサ。村のおばさんたちにも評判がいいようです。
アンナおばさんは、マリラそっくりだし。新しい働き手が来るって言ってたけど、アン・シャーリーのことかな?

…スミマセン、名劇『赤毛のアン』の大ファンなもんで、つい。
(ノ∀`)

このアニメ、もう『金髪のリサ』でいいんじゃないでしょうか?
もともと、聖剣のブラックスミスだから主人公ルークだし、セシリーがヒロインの意味ないし。

「そろそろ昼メシにするか」
「はい!」
ってセシリー当然のようにいるしΣ(゚Д゚;
アリアまで…。
「さっさと任務に戻ったらどうだ、騎士どの」
今日も今日は非番だ!」
非番だらけの自衛騎士どのです。こんな人に給料払っていいのでしょうか市長?
「刀、刀というが、ちゃんと勉強してるのか?」
言葉につまるセシリー。やっぱり勉強してないようです。それどころか、ちゃっかりルークに聞こうとします。
刀のことを俺に聞くのか?と正しく指摘され、悪魔契約に話をそらせてごまかそうとするセシリー。卑怯さが見え隠れしてますね。
せっかく勉強しようと思ってたのに、ルークが余計なこと言うからやる気なくした
これ位は言いかねません。お嬢さまは劣等生。
('A`|||)
リサに、ちゃんと給料あげてるのか?と抗議するセシリーですが、メシをたかってる時点で説得力ゼロです。
刀のお代も払う気がなさそうだし。相変わらず、ツッコミ所満載のお嬢さまですね。

リサとルークの交情を描いたお休み回。
悪魔契約の原理が分っただけでも、進展でしょうか。
玉鋼を媒体にする祈祷契約と違って、悪魔契約は、人間の血肉が媒体。
鍵になるのは『しごん(死言?)』。
それは、誰の心臓にも刻まれているというのですが。

あと、リサを『拾った』というルーク発言が気になりました。
どうしてルークはリサを大事にしないのか?という問いに、「ありえません」ってリサ自身が答えてたし。
二人の過去に何かあった予感。

Bパートは、リサちゃんとアリアさんの大食い対決。
肉食いまくってますよ?すごいなこの二人。やっぱり妖精さんだからか?
そして、リサちゃんのファッションショー。今までの服より露出が多くなりました。
橋の上で、ルークが渡したものは。
遠目にはカップ入りティラミスに見えたのですがΣ('∀`;)どうやらアクセサリーのようです。
頭にちょこんと乗せて、嬉しそうに駆けていくリサが可愛い♪

フィン(升望)キャンベル家の偉そうな使用人

次回「皇女 -Princess-」

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2009年10月27日 (火)

聖剣の刀鍛冶第4話感想

#4「誓約-Promise-」

ついに、不殺のセシリーが、悪・即・斬!に開眼しました。
(ノ∀`)
魔剣アリアとの関係は、友人から戦友へと進化。
ルークには、大事な人を守れなかった辛い過去があるようです。
魔剣が100本あってやっと対抗できるほど強大な、ルークの仇とは?
リサは、アリアと同じ存在。アリアが風の精霊だとすれば、祈祷鍛冶の相方であるリサは火の精霊?

悪魔契約の結果、異形の者に成り果てた元剣士のジャックに、セシリーは叫びます。
私は光の側に立って戦う!
勇ましいのですが、思いっきり死亡フラグ?いやヒロインだからそれはないか。
(´Д⊂)

基本、ストレートな剣と魔法のファンタジーなのですが、萌え要素にも目配りが利いています。
セシリーのお尻を強調するアングルとか、しょっちゅうネタにされる、ふかふかのお胸とか。
でもねえ。なんか違和感あるんですよね。
セシリーとアリアがお顔を真っ赤にして見つめ合うシーンは、『咲』でおなじみの百合場面なんですが、咲と違って、しっくりこないんですよ。
スポンサーサイドの要望で、仕方なく入れた感が強いのです。
一方、戦闘シーンは生き生きしてます。スタッフの込めた熱と力が、ひしひしと伝わってきます。やはり、こちらが本領なのでしょう。

これからも、悩みながら成長するセシリーの物語が続くのでしょうが、根がマジメなお嬢さんなので、いったんキレると怖い気がします。
彼女の直情径行は、危うさと背中合わせ。
悩みが深い苦悩に変わるときこそ、黒衣の男が付け込んでくる瞬間です。うみものがたりやセーラームーンのように。
悪魔契約者になって、DTBのターニャみたく、合理的思考で殺戮を始めたらどうしようww
ルークにゴキブリ飛ばすとか。見たくない見たくないww

次回「絆 -Together-」

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2009年10月24日 (土)

聖剣の刀鍛冶第3話感想

#3「魔剣-Sword-」

ブラックスミスの感想記事遅れたww
作画とか質は高いし萌え要素もあるんですが、展開をもっと速くしてほしいかも。

殺せないセシリーさん。
これはもう仕方ないですね。るろうに剣心じゃないけど、不殺を貫いて、ルークに逆刃刀を打ってもらうしかないかとwww

アリアさんは、風の魔剣。しかも、アラフォーかアラフィフの年増剣です。
戦場で、街で、無数の人殺しを見てきた彼女は、人を殺せない騎士のセシリーに興味を抱いた模様。

しかし、よく食べますね魔剣さんは。串焼きお代わりに団子、鶏肉の卵とじ。
リサも、肉食べまくりです。ちっちゃくてほそっこいのによく入りますね。
何だか大食い対決みたいです。和みます。

祈祷鍛冶には玉鋼が必要なはず。
魔剣アリアの出自を気にするルーク。魔法剣鍛錬には、いろんな方法があるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

エロマンガ先生感想 | 地獄少女宵伽感想 | アリスと蔵六感想 | サクラクエスト感想 | ナナマルサンバツ感想 | プリンセス・プリンシパル感想 | 武装少女マキャヴェリズム感想 | 異世界食堂感想 | 賭ケグルイ感想 | 地獄少女感想 | 深夜アニメ感想 | SS | 009-1感想 | Angel Beats!感想 | ARIA感想 | DARKER THAN BLACK感想 | Dororonえん魔くん感想 | Fate/Zero感想 | HUNTER×HUNTER感想 | IS <インフィニット・ストラトス>感想 | K感想 | LUPIN the Third 峰不二子という女感想 | NHKにようこそ!感想 | NOIR(ノワール) | STEINS;GATE感想 | TARI TARI感想 | UN‐GO感想 | WORKING!!感想 | WORKING'!!感想 | あそびにいくヨ!感想 | あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。感想 | うさぎドロップ感想 | うぽって感想 | うみものがたり感想 | お兄ちゃんのことなんか感想 | かなめも感想 | かんなぎ感想 | けいおん感想 | けいおん!!感想 | この中に1人、妹がいる!感想 | これはゾンビですか?感想 | ささめきこと感想 | さんかれあ感想 | じょしらく感想 | そふてにっ感想 | そらのおとしものフォルテ感想 | そらのおとしもの感想 | それでも町は廻っている感想 | ちはやふる感想 | ちょこッとSister感想 | つり球感想 | でぼちん | とある科学の超電磁砲感想 | とある魔術の禁書目録感想 | となりの怪物くん感想 | となグラ!感想 | とらドラ!感想 | はなまる幼稚園 | ひぐらしのなく頃に感想 | まりあ†ほりっく感想 | みつどもえ増量中!感想 | もやしもんリターンズ感想 | アクエリオンEVOL感想 | アクセル・ワールド感想 | アニメ | アマガミSS感想 | アマガミSS+感想 | イクシオンサーガDT感想 | ウィッチブレイド感想 | エウレカセブンAO感想 | カオスヘッド感想 | カンピオーネ!感想 | キディ・ガーランド感想 | ギルティクラウン感想 | クイーンズブレイド感想 | グルメ・クッキング | ゲーム | ココロコネクト感想 | サイコパス感想 | ジョジョの奇妙な冒険感想 | ストライクウィッチーズ2感想 | セキレイPE感想 | ゼロの使い魔感想 | ソラノヲト感想 | ソルティレイ感想 | ソードアート・オンライン感想 | ダンタリアンの書架感想 | デュラララ感想 | トータル・イクリプス感想 | ドルアーガの塔感想 | バカとテストと召喚獣 | バカとテストと召喚獣にっ感想 | バクマン。感想 | バクマン。2感想 | パソコン・インターネット | パンプキン・シザーズ感想 | ファントム感想 | フラクタル感想 | フリージング感想 | ブラックロックシューター感想 | ブラック・ラグーン感想 | ペルソナ4感想 | マギ感想 | モーレツ宇宙海賊感想 | ヨスガノソラ感想 | ヨルムンガンド感想 | ライドバック感想 | ラストエグザイル―銀翼のファム感想 | ラーメン | リトルバスターズ!感想 | レベルE感想 | ロボティクス・ノーツ感想 | 一騎当千XX感想 | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい!感想 | 伝説の勇者の伝説感想 | 侵略!イカ娘感想 | 侵略!?イカ娘感想 | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない感想 | 偽物語感想 | 僕は友達が少ない感想 | 君に届け2ND感想 | 君に届け感想 | 咲-Saki-感想 | 咲-Saki-阿知賀編感想 | 坂道のアポロン感想 | 境界線上のホライゾンⅡ感想 | 境界線上のホライゾン感想 | 変ゼミ感想 | 夏目友人帳参感想 | 夏目友人帳肆感想 | 夏色キセキ感想 | 夢喰いメリー感想 | 大正野球娘感想 | 宇宙をかける少女感想 | 戦姫絶唱シンフォギア感想 | 探偵オペラミルキィ・ホームズ第二幕感想 | 文化・芸術 | 日常感想 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 未来日記感想 | 機動戦士ガンダムAGE感想 | 氷菓感想 | 海月姫感想 | 涼宮ハルヒ感想 | 灼眼のシャナⅢ(Final)感想 | 狼と香辛料感想 | 生徒会役員共感想 | 異国迷路のクロワーゼ感想 | 祝福のカンパネラ感想 | 神のみぞ知るセカイⅡ感想 | 神のみぞ知るセカイ感想 | 神様のメモ帳感想 | 神様ドォルズ感想 | 絶園のテンペスト感想 | 聖剣の刀鍛冶感想 | 聖痕のクェイサー感想 | 舞-乙HiME感想 | 花咲くいろは感想 | 輝きのタクト感想 | 輪るピングドラム感想 | 這いよれ!ニャル子さん感想 | 鋼の錬金術師感想 | 閃光のナイトレイド感想 | 電波女と青春男感想 | 青の祓魔師感想 | 静留×なつき | 魔法少女まどか★マギカ感想 | 黒神感想 | Aチャンネル感想 | Another感想 | B型H系感想 | CANAAN感想 | GOSICK感想 | NO.6感想 | WHITE ALBUM感想