« 2018冬期アニメ随感 木曜の深夜(7) | トップページ | 2018冬期アニメ随感 木曜の深夜(8) »

2018年3月 2日 (金)

ヴァイオレット・エヴァーガーデン第8話

墓地へ行く道

「少佐の『愛してる』を知りたいのです」。
ヴァイオレットが育ててきた想いは、ギルベルト・ブーゲンビリアの銘が刻まれた墓石、という冷厳な事物によって、無慈悲に断ち切られました。
われわれ視聴者もまた、彼女が感情を獲得していく道程を倶に歩んできたのですが、その道はついに、「墓地へ行く道」でしかなかったのか。
そんな無常観が纏綿し、ヴァイオレットのみならず、われわれをも途方に暮れさせるのです。

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の物語においては、「倒叙形式」が採用されています。
まず、現在が描かれる。回想場面を点綴しつつ物語を進めていき、突然のカットバックによって過去へと引き戻してみせ、視聴者に「ヴァイオレットの想いの追体験」をさせる。見事な語りです。
彼女の努力も、畢竟、ギルベルトの墓へ行き着く道を歩んでいたに過ぎなかったのか?
語りの形式の工夫が、より痛烈な、生々しい効果を生むことに成功していると云えます。

過去回想エピソードである今回は、戦場の映像描写が過半を占めています。
美しい街や田園の映像描写だけでなく、重苦しく暗い戦場の描写においても、京アニの卓越した技術は力を発揮することが、あらためて確認できました。
描き出した事物を通じて豊かな感情移入をさせるのも、映像の力。一方で、感情移入を拒否する描写によって、視聴者に重い感動を与えるのもまた、映像の力です。

アパテイア。無感動。
アタラキシア。心の平静。
古代ギリシアの哲人たちが思い描いた、心の理想郷の二典型です。

こんなに苦しい想いをするのなら、感情なんか覚えるんじゃなかった。
少佐の墓に直面したヴァイオレットの、心の慟哭がきこえてくるようです。
もしかすると、ただ無感情に、少佐の命ずるままに行動していたときの方が、心は平和だったのかもしれません。
唯一の庇護者である少佐の命令を聞き、少佐のためだけに生きる。それこそが、至福の時だったのかも。
感情を獲得してしまったことが、彼女にとって「悲劇の誕生」にならなければいいのですが…。

戦場においては、無感情こそが最大の武器。
敵への憐憫など欠片もなく、自分が生き残ることさえも考えず、ただ眼の前の敵を淡々と殲滅していく。
「生きるのに執着する奴あ怯えが出る、眼が曇る。そんなものがハナからなけりゃな、地の果てまでも闘えるんだ」(広江礼威「ブラック・ラグーン」より)
人情派の少佐でさえも、ヴァイオレットの行く末を気にかけつつ、結局は戦闘人形としての彼女に頼らなければ、隊を維持することすらできない。
傷つき斃れていく小隊にあって、ヴァイオレットの班だけがほぼ無傷だった、というさりげない描写が、戦場における冷酷な論理を端的に示しており、戦争の無残さを巧みに演出しています。

余談ですが、「アタラキシア」で検索したら、オタ女のためのカフェ「アタラキシア・カフェ」がトップに。
オタ女以外、一般人および男子は禁制という、大阪の隠れ家カフェらしい。なるほど、そんなのもあるのかw

Aパートの掉尾で、ヴァイオレットの想いが断ち切られたように、Bパートでは、少佐が凶弾に斃れた瞬間で、映像は断ち切られています。
墓はあるけれど実は、という意外性の物語は枚挙にいとまがないので、ヴァイオレットをめぐる物語の趨勢は、未だ予断を許さないところです。

|

« 2018冬期アニメ随感 木曜の深夜(7) | トップページ | 2018冬期アニメ随感 木曜の深夜(8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/66451245

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァイオレット・エヴァーガーデン第8話:

» ヴァイオレット・エヴァーガーデン【第8話】感想 [だいたいこんな感じで -アニメ感想日記-]
☆第8話  少佐を思うヴァイオレットの気持ちが溢れた回でした。ヴァイオレットとギルベルトが出会った頃から今までの話です。毎回とても美しくて、暖かくて、そして悲しい話です。観ると何とも言えない気持ちになります…。 ここからネタバレありの感想です。 ... [続きを読む]

受信: 2018年3月 2日 (金) 12時33分

» ヴァイオレット・エヴァーガーデン TokyoMX(2/28)#08 [ぬるーくまったりと 3rd]
第8話 少佐の死をホッジンズに確かめたヴァイオレット。その足で少佐の兄、ディートフリート海軍大佐に面会して確認する。知らなかったのか。その足でかつて少佐と暮らした屋敷を訪れる。そこで少佐の墓に案内される。兄が北東戦域で拾ったヴァイオレットをギルベルトに委ねた。海軍から陸軍への移動は手続き済み。武器として扱え、名前はない。屋敷に連れ帰り、風呂と着替えを依頼する。まるで野...... [続きを読む]

受信: 2018年3月 2日 (金) 12時34分

» ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第8話 『』 ヴァイオレットマジ野獣...狼にでも育てられたのか? [こいさんの放送中アニメの感想]
最初ロボットかと思っていたヴァイオレット。実は両腕義手の人間と知ってちょっと拍子抜け。感情希薄だけれど人の子なんじゃないか。そう思っていたら少佐と出会った頃のヴァイオレットは野獣そのもの。言葉を喋らず、攻撃的で警戒心バリバリ。この話もっと早くやっても良かった気がします。ただ一点。野生児にしては美しすぎるのが凄い違和感ありますが。あと凶暴なのはともかく武器を含めた戦闘能力が異常なのは不思議ですが。 ディートフリート大佐に面会したいのです!門番を一瞬で倒すヴァイオレット。ちょうど兄貴がやっ... [続きを読む]

受信: 2018年3月 2日 (金) 12時40分

» ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第8話 [ぷち丸くんの日常日記]
エヴァーガーデン夫人から、ギルベルト(CV:浪川大輔)のことを聞いたヴァイオレット(CV:石川由依)は、ホッジンズ(CV:子安武人)の元を訪ねて、ギルベルトが亡くなったことを聞かされます・・・ ヴァイオレットはそのまま軍本部へ行き、ギルベルトの兄に、彼が未帰還なのは本当なのか尋ねるのでした。 ギルベルト兄は、ヴァイオレットが、ギルベルトのことを知らなかったことに驚いていました。 ...... [続きを読む]

受信: 2018年3月 2日 (金) 13時44分

» ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第8話 記憶感想 [アニメガネ]
希望的観測。 [続きを読む]

受信: 2018年3月 2日 (金) 18時07分

» ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第8話 [Old Dancer's BLOG]
 ヴァイオレット・エヴァーガーデンの第8話を鑑賞しました。  …で……まさかの、「サブタイトル無し」。  私、EDに突入してすぐに「サブタイトルがまだだっ!」て思って、これはED流れ終わった後の強烈なダメ押しインパクトが来るに違いないっ!て思って、すんげぇ身構えてたんですが、あっさりとCMに行っちゃって「あれ?」って。CM終わったらいつも通りそのまま提供読みに入っちゃって...... [続きを読む]

受信: 2018年3月 2日 (金) 18時45分

» ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第8話 [いま、お茶いれますね]
第8話 ヴァイオレット鬼強い!そして戦う姿は美しく切なかった・・・ [続きを読む]

受信: 2018年3月 2日 (金) 19時29分

» ヴァイオレット・エヴァーガーデン #8 [日々の記録]
ヴァイオレットと少佐の過去が、明らかになるお話でした。 ヴァイオレットの後見人となってくれた奥様から、少佐が亡くなっていることを知ってヴァイオレットは激しく動揺しました。ホッジンズ中佐にそれを確認しても、ヴァイオレットはそれを認められません。 そしてヴァイオレットは、少佐のお兄さんのところを訪れました。強引にお兄さんと会ったヴァイオレットは、そこでも少佐が亡くなった事実を確認する...... [続きを読む]

受信: 2018年3月 2日 (金) 20時42分

» ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第8話 感想 [キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記]
少佐を探してさまよう美少女。 [続きを読む]

受信: 2018年3月 2日 (金) 22時21分

» 存在を知る――「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」8話感想 [Wisp-Blog]
 今回は副題はなし、ということになるのかしらん。 [続きを読む]

受信: 2018年3月 3日 (土) 07時16分

» ヴァイオレット・エヴァーガーデン #08 [ゆる本 blog]
クラウディアもあれから捜しにいったのかな? 「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の第8話。 ギルベルト少佐が未帰還兵となっていると聞いて生存確認の旅に出るヴァイオレット。 一方、クラウディアはカトレアさんに怒られてタジタジ。 まぁ、タイミングはクラウディアのせいじゃないと思うけどね。 ヴァイオレットと少佐の出会いから。 最初は拾われたノラ猫のようなヴァイオレット、新しい環境...... [続きを読む]

受信: 2018年3月 3日 (土) 23時03分

» ヴァイオレットエヴァーガーデン第8話ギルベルトの墓と戦争の記憶 [アニメとマンガの感想と考察]
ヴァイオレットエヴァーガーデン第8話は、ヴァイオレットの回想回だった。 アバンは第2話のヴァイオレットを引き取ったシーンの続きだった。 ここでもギルベルトの兄は「武器」と言ってた。 これは言葉が通じないせいだったと思う。 今までの回想では、言葉を知らなかったとは想像つかなかった。 OP後はヴァイオレットがディートフリート太佐に会ってた。 ヴァイオレットが門兵に止められてCQCをやってたw ヴァイオレットは太佐に「少佐はご無事です」と叫んでいた。 太佐はただの武器が悲しいはずがないだろと不満げだった。... [続きを読む]

受信: 2018年3月17日 (土) 16時34分

« 2018冬期アニメ随感 木曜の深夜(7) | トップページ | 2018冬期アニメ随感 木曜の深夜(8) »