« 2018春期アニメ(4月~)について | トップページ | 2018冬期アニメ随感 木曜の深夜(12) »

2018年3月29日 (木)

ヴァイオレット・エヴァーガーデン第12話

生きろ

「もう、誰も殺したくないのです。
少佐の命令は、生きろ、であって、殺せではありません!」
ヴァイオレットは、ディートフリートの差し出す武器を拒否し、彼が浴びせる峻烈な挑発にも、毅然と抗いました。
彼女の意志の力は、よく伝わってきたのですが…。

今回、列車を舞台にした戦闘アクションが、延々と繰り広げられました。これまでの文脈とは背馳した流れに、違和感を覚えたブロガーさんも少なくないようです。前回感想でも触れた「揺り戻し」が、さらに増幅した感があります。
これは何だろう。「見せ場が不足」という意見でもあって、忖度した結果なのだろうか。瑰麗な映像効果を演出したくて「プリンセス・プリンシパル」辺りを意識したのかな?
確かに、驀進する列車という限定空間における濃密な戦闘シーンは、アクション演出の華ですからね。

もちろん、制作側が込めたであろう意図も、推察はできます。
不殺を標榜しても、結局は戦場に戻らざるを得なくなる。それが戦士の宿命。某るろうにではないけれど、戦場と日常の物語においては、当然に近い帰結です。そこを押えておきたかったのかも。
さらに、「手紙が人を救う」という光の部分を描き続けてきた物語においては、影の部分をも描いておく必然があったのかもしれません。インテンスの残党たちのように、その狂信ゆえ、言葉が届かない相手もいる。それが現実なのだから。

めざましい映像効果を演出したい。物語の影の部分も描いておきたい。そんな欲張りな要請から生じた第12話だった可能性はあります。

しかしながら、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」という、すぐれて内面的な物語における「戦い」は本来、精神的なものだったはず。つまり、ディートフリートとヴァイオレットの精神的闘争こそが、今回のメインとなるべきであり、もっと稠密に、きちんと描かれるべきでした。
そう、ヴァイオレットにとっての真の「敵」は、メルクロフ准将やイシドルといった連中などではなく、ディートフリートなのだから。

終盤に至って俄かに存在感を増してきたディートフリート。ヴァイオレットの魂の成長を頑なに認めようとしないディートフリート。
一方で彼は、ヴァイオレットを最初に見出した人間であり、ギルベルトに彼女を譲り渡した男。彼ら兄弟の深刻な関係性から云えば、ディートフリートはいわば「否定者としてのギルベルト」と云えるのではないでしょうか。
ゆえに、彼こそは、彼女が新たな生を生きていくために、必ず超克するべき相手。彼との和解は「世界との和解」にも等しい重みをもつ。それほどの存在なのです。
ところが、物理的な戦闘描写に注力し過ぎて、肝心なディートフリートとヴァイオレットとの「精神の闘い」が粗雑に扱われた感があります。「まだ命令がほしいのか」「死んでしまえ!」など、乱暴で単調な言葉に終始し、二人の心の襞を十全に表現できなかった憾みがありました。

ともあれ、公開和平調印式の実現により平和を齎す、というミッションが提示され、大団円への道すじは視えました。
遺された尺では、あらゆる妨害や軋轢を乗り越えて、カトレアの代筆による調印式を成功に導く。その一点に向けて物語を収斂させていくしかありません。
あとは、これまで紡いできた「手紙」というテーマを、どう象嵌させるのか。脚本の腕の見せ所と云えるでしょう。

次回、いよいよ完結です。
ヴァイオレットの心の旅路は、どのような帰結を迎えるのだろう?
手紙、すなわち言葉を通じて獲得した人間性の復権が、どのように高らかに謳われるのか?
ギルベルト少佐への想い、「愛してる」の昇華は、どのように為されるのか?
そして、ディートフリートを通じた「世界との和解」は可能なのか?

すばらしいカタルシスを期待したいと思います。

|

« 2018春期アニメ(4月~)について | トップページ | 2018冬期アニメ随感 木曜の深夜(12) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/66551941

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァイオレット・エヴァーガーデン第12話:

» ヴァイオレット・エヴァーガーデン TokyoMX(3/28)#12 [ぬるーくまったりと 3rd]
第12話大陸全土での和平調停が行われる。陸軍特部隊は解散したのでとブーゲンビリア海軍大佐が特使の護衛を任される。大陸横断鉄道で調停式に出席するが狙われやすい。ヴァイオレットはライデンではなく、ディスタリーへ飛行機で向かう。カトレアは公開和平書簡の代筆で特使に同行する。船で移動して鉄道に乗船する。ブーゲンビリア大佐も同船、ヴァイオレットを嘲笑する。彼女の手紙が何人もの人を救ったと抗...... [続きを読む]

受信: 2018年3月29日 (木) 20時20分

» ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第12話 [ぷち丸くんの日常日記]
南北の戦争は終わったはずなのに、まだ和平反対派が蠢いています。 ギルベルト(CV:浪川大輔)の兄・ディートフリート(CV:木内秀信)のところに、ガルダリクの和平取り交わしの特使とドールが乗車する列車の護衛任務がやって来ます。 ディートフリートは、上官に嫌味を言っていましたw 特使と一緒に乗車するドールは、カトレア(CV:遠藤綾)で、ベネディクト(CV:内山昴輝)も同行してい...... [続きを読む]

受信: 2018年3月29日 (木) 21時06分

» ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第12話 [いま、お茶いれますね]
第12話 大陸横断鉄道が完成し、南北をつなぐ交通網が完成。鉄橋ってどう見てもフラグよね。 南北の和平調停が結ばれて戦争が終結する。 [続きを読む]

受信: 2018年3月29日 (木) 21時34分

» ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第12話 沈黙感想 [アニメガネ]
ある日偶然遭遇したテロリストを以下略。 [続きを読む]

受信: 2018年3月29日 (木) 21時47分

» ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第12話 「」 [夢幻の灰色帝国]
和平反対派が和平の妨害工作をしようとしている 特使の護衛にギルベルト少佐の兄貴のディートフリートが任命されます [続きを読む]

受信: 2018年3月29日 (木) 22時53分

» ヴァイオレット・エヴァーガーデン【第12話】感想 [だいたいこんな感じで -アニメ感想日記-]
☆第12話  和平調印のため、文書作成の依頼でカトレアとベネディクトが現地に出張します。いまだ和平反対派が抵抗を続けるため、カトレアたちの乗る列車は軍の護衛がつきます。そして、反対派制圧の指揮はギルベルトの兄、ディートフリートがとることになるのですが…。 …... [続きを読む]

受信: 2018年3月30日 (金) 01時16分

» ヴァイオレット・エヴァーガーデン #12 [ゆる本 blog]
るろうに剣心みたいな事、言い出した。「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の第12話。 海軍所属なのになぜか調停式への陸上護送任務で厄介ごとを回された ディートフリート。 その危険な旅にはカトレアとベネディクトも。 エイデンの手紙を届けた後、空路での帰途についていたヴァイオレット。 線路脇の建物が軒並み爆破されている異常事態とその手前で足止めを 食らっている汽車の中にカトレ...... [続きを読む]

受信: 2018年3月30日 (金) 02時13分

» ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第12話 感想 [キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記]
最後の戦い [続きを読む]

受信: 2018年3月30日 (金) 23時03分

» ヴァイオレットエヴァーガーデン第12話 好戦派の和平特使襲撃 [アニメとマンガの感想と考察]
ヴァイオレットエヴァーガーデン第12話は、 好戦派の工作にカトレアが巻き添えとなる回だった。 やっぱ、きな臭い展開になるんだねえ。 もの悲しい話やしんみりした話では終わらない様子。 アバンはギルバートの兄が和平調印式の護衛を依頼されてた。 和平派は反対派の妨害を懸念してた。 理由は太佐の隊が現役だったから。 でも何か含みがある感じだった。 ここで全体の地図が出てたけど、島国の話だったんだね。 王女の婚約回でも出てたっけ……。 地図的な物を見た気がするけど、島とわかる全体図だったかな……。 と思って、... [続きを読む]

受信: 2018年3月31日 (土) 15時42分

» ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第12話 [Old Dancer's BLOG]
 ヴァイオレット・エヴァーガーデンの第12話を鑑賞しました。年度末進行とぶつかっちゃったので、完成までにこんなにかかっちゃいました。すみません。  そうやって時間を空けたせいもあるのでしょうが…こうして「普通の書き出し」で始まるレビューはいつ以来でしょうか。ここんとこ、終わった後ずっと号泣してて、その後もしばらく放心状態、ってのが続きましたからねぇ。  今回は…少なくとも見終わっ...... [続きを読む]

受信: 2018年4月 3日 (火) 19時10分

» ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第12話 『』 ライバックさえ居れば...。 [こいさんの放送中アニメの感想]
これは暴走特急。和平交渉に特別列車で向かう特使が居ると。ここに反対派が襲撃をかけてくる。彼らにとって計算外だったのは非番のコックもといドールが乗っていたから。スティーブン・セガール主演「暴走特急」を髣髴とさせる出だしです。特使にはドールが帯同しているんですが、こちらヴァイオレットじゃなくてカトレア。あとベネディクトも一緒に居ますね。 乗り合わせが期待されたヴァイオレットは未だ帰還途中で機上の人でした。まあ図ったようにこの列車の駅に来ちゃうんですが。そしてテロの予兆を... [続きを読む]

受信: 2018年4月 6日 (金) 19時11分

« 2018春期アニメ(4月~)について | トップページ | 2018冬期アニメ随感 木曜の深夜(12) »