« 2018冬期アニメ随感 木曜の深夜(6) | トップページ | 2018冬期アニメ随感 木曜の深夜(7) »

2018年2月22日 (木)

ヴァイオレット・エヴァーガーデン第7話

奇跡と、その代償

ヴァイオレットは、劇作家ウェブスターが、苦吟しつつも生み出そうとしている物語に共感し、亡きオリビアが望んだ「湖の奇跡」を実現。ウェブスターの心を救いました。
彼女が、感情に目覚めたゆえの、喩えようもなく美しい奇跡。
しかし、彼女にとって、その代償はあまりにも大きかったのです。

劈頭いきなり、運命劇「赤い悪魔」の台詞が放たれました。
「ああ、私はこの罪を背負って生きるしかない。この先、一生」
この台詞こそは、ヴァイオレットを待ち受ける運命を暗示する、重要な伏線でした。京アニの心憎い演出です。

エリカさまが崇拝する劇作家、オスカー・ウェブスター。華麗な文藻を駆使する人気作家です。
しかし、現実の彼は、愛する妻と娘を失い、酒に溺れて執筆もままならないダメ作家でした。
俺は飲まなきゃ書けないんだ。
ウェブスター氏の言い分、分ります。私だって、飲まなきゃとてもブログ記事なんて(以下略

ここで刮目すべきは、京アニの映像演出。
まず、「低きもの」を徹底的に描写してみせる。酒瓶が転がる荒れ果てた家の描写、ヴァイオレットが繰り返し失敗する卵割り、塊と化した失敗作のカルボナーラ。
これら映像描写によって、視聴者に低回イメージを植えつけ、ある種のストレスを与えておいて。
一転、パラソル片手に湖上を飛翔するヴァイオレットの、美しい映像による奇跡を演出し、物語を一気にカタルシスの高みに導く。ドラマトゥルギーの要諦です。
「より高く跳ぶためには、より低く屈まねばならない」。そんな至言を自家薬篭中のものにしてみせた、あざやかな手際。
まさに、京アニ演出の独壇場ですね。

「ご覧になりましたか。三歩は歩いていたと思います」
ここは笑うところかな?(笑)
そう、湖上を歩くなんて、ニンジャかイエス・キリストでもなければ、とうてい不可能。常人では思いつきもしない、いわば愚行です。
しかし、いっけん愚かともいえる行動が、奇跡以上の奇跡を生む。
ヴァイオレットの行動が、ウェブスターとオリビアとの痛恨事だった「いつか、きっと」を叶えてくれた。
それは同時に、ヴァイオレットが豊かな感情を獲得した証しでもありました。

でも、感情は諸刃の剣。獲得した感情が、今度は彼女を苛み始めます。
戦闘人形だったころ、戦場で奪ってきた数々の命の幻像が脳裡に去来し、彼女を苦しめるのです。
いつかきっと、を実現した美しい奇跡が、いつの間にか諸刃の剣と化して、
「私は誰かの、いつかきっと、を奪ったのではないですか」という苦悩へと流れ込んでいきます。

そして、ヴァイオレットを打ちのめした、決定的な一言。
浮かばれるわね。亡くなったギルベルトも
視聴者も怖れていた一言が、ついに放たれました。
それも、通りすがりのエヴァーガーデン夫人の口から
まさに、リアリズムのお手本のようなシークエンスです。

もっとも決定的な言葉が、もっとも平凡な人から語られる
写実主義文学の開祖であるフローベールの世界的名作「ボヴァリー夫人」に、「悪の華」の詩人ボードレールが寄せた、有名な書評の一節です。
重要人物が重要な台詞を語っても、それは当たり前過ぎて、読者の心に響かない。
現実においてはむしろ、平凡な人物の何気ない言葉が、運命の歯車を変えてしまうことがある。そこに現実感が生まれる。
この手法こそがリアリズムの極意だと、批評の達人でもあるボードレールは云うのです。
(余談ですが、カトレアさんのフルネームって、カトレア・ボードレールなんですね)

衝撃さめやらぬまま、ホッジンズに詰め寄るヴァイオレット。沈痛な面持ちで、真実を重く語り始める彼。
「瓦礫の下に認識票があった。それで、未帰還扱いになって」
「少佐はきっとご無事です」
「ヴァイオレットちゃん…」
「ご無事です!」
郵便社を飛び出し、無我夢中で疾駆するヴァイオレット。
坂道を、息を切らせながら駆け下りて行くこのシーンに、「彼女を待ち受ける運命的な坂道」という象徴を読み取ることも可能ですが、さすがに穿ち過ぎかなw
ともあれ、ここに至って、タイトルの「      」が利いてくるのですね。
少佐の、かくも長き不在と、ヴァイオレットの抉られた心の空白とを倶に表象しており、巧みです。

構成と演出の妙とをつくした、序破急でいえば「破」にあたる、重大なエピソードでした。

|

« 2018冬期アニメ随感 木曜の深夜(6) | トップページ | 2018冬期アニメ随感 木曜の深夜(7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/66421107

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァイオレット・エヴァーガーデン第7話:

» ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第7話 [ぷち丸くんの日常日記]
エリカ(CV:茅原実里)が演劇を見に行って感動していました。 ヴァイオレットは、その演劇の本を読んで内容を理解しようとしていました。 前回の公開ラブレターの件で、ヴァイオレット(CV:石川由依)にも人気が出て来て、たくさんの仕事が舞い込むことになります。 今回のヴァイオレットの仕事は、本の執筆のタイプ打ちです。 依頼人のオスカー(CV:滝知史)を訪ねて行くと、彼は驚い...... [続きを読む]

受信: 2018年2月22日 (木) 14時13分

» ヴァイオレット・エヴァーガーデン TokyoMX(2/21)#07 [ぬるーくまったりと 3rd]
第7話 「       」オスカー・ウェブスターの戯曲、赤い悪魔を観劇して感動したエリカ。ヴァイオレットは戯曲を読んでいるところで観劇は不参加。今度の代筆業は彼の依頼で新作が真っ先に読めて羨ましいエリカ。完成したら久しぶりの新作となるらしい。到着したオスカーは飲んだくれていた。仕事中は飲まないで下さいと告げると仕事は翌日から。あまりの部屋の汚さに掃除をする。原稿用紙は...... [続きを読む]

受信: 2018年2月22日 (木) 14時31分

» ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第7話 『     』 引っ張ったのはこのタイミングの為? [こいさんの放送中アニメの感想]
サブタイトルはミスではありません、こういう題みたいです。分かりきった話を何故引っ張るのか、その疑問がようやく解けましたね。 ヴァイオレットの指名も増えた。公開恋文の効果絶大ですね。後輩がドンドン売れているけれど、エリカやアイリス大丈夫か。今回は劇作家オスカー・ウェブスターの代筆。エリカが羨ましがっています。実際会ってみると飲んだくれのおっさん。体調が悪くて字がかけないってアル中だからだろ。執筆は明日からと飯買ってくる様に言われるヴァイオレット。 ドールとメイドを勘違いしていないか?そう思ったらヴァ... [続きを読む]

受信: 2018年2月22日 (木) 16時58分

» ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第7話 「 」 合作感想 [アニメガネ]
綴る! [続きを読む]

受信: 2018年2月22日 (木) 17時45分

» ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第7話「        」 [いま、お茶いれますね]
第7話「        」 ついに真実を知るときが来てしまったか。 [続きを読む]

受信: 2018年2月22日 (木) 21時26分

» ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第7話「      」 [MAGI☆の日記]
ヴァイオレット・エヴァーガーデンの第7話を見ました。 第7話 「     」 オスカー・ウェブスターの戯曲・赤い悪魔を観劇して感動したエリカはヴァイオレットが彼の代筆業を行うことになり、羨ましいと思っていた。 公開恋文以来、指名が入るようになったヴァイオレットはオスカーの家に着くのだが、飲んだくれており、あまりの部屋の汚さに掃除をしたり、原稿用紙を街に買いに行ったりと代...... [続きを読む]

受信: 2018年2月22日 (木) 21時29分

» 拡張される共感――「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」7話感想 [Wisp-Blog]
 かつての自分と対話して。 拍手返信:と〜しきさん(兵は詭道なり――「十 ~忍法魔界転生~」12巻感想) >剣法勝負だけではない「化かし合い」、知恵伊豆のしらじらしい言い回しなんて原作読んでいる時以上に印象強かったのですが、又右衛門とのバトルにも通じていたんですねー。天草四郎や但馬守よりも後に持ってきたのも「化かし合い」を描きたかったからなんだろうな、と思わされたのでした。  ...... [続きを読む]

受信: 2018年2月22日 (木) 22時00分

» ヴァイオレット・エヴァーガーデン【第7話     】感想 [だいたいこんな感じで -アニメ感想日記-]
☆第7話 「    」  公開恋文の件以来、自動手記人形としてのヴァイオレットの人気が高まり、代筆依頼がたくさん来るように。人気の劇作家オスカーの代筆のために、自宅を訪ねるのですが、作家の生活は荒れていて…。 今回も印象に残る美しい絵と、悲しいけれど優し…... [続きを読む]

受信: 2018年2月22日 (木) 22時51分

» ヴァイオレット・エヴァーガーデン #07 「        」 [ゆる本 blog]
クッキング・ヴァイオレットちゃん。 「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の第7話。 今度の依頼主は演劇作家オスカー。 しかし出張すると当人は酒に溺れていたので、まず酒を止めさせるところから 仕事は始まり、簡単に掃除、そして言われたとおりの材料を買って調理まで。 しかし料理の経験の無いヴァイオレットは卵を割ることも上手く出来ない。 出来上がったのはカルボナーラのようだが、パス...... [続きを読む]

受信: 2018年2月23日 (金) 01時14分

» ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第7話 「        」  感想 [キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記]
ヴァイオレッドの戦果。 [続きを読む]

受信: 2018年2月23日 (金) 10時52分

» 第7話「        」 [Old Dancer's BLOG]
 ヴァイオレット・エヴァーガーデンの第7話を鑑賞しました。                                                                                                                                                                     ...... [続きを読む]

受信: 2018年2月23日 (金) 20時52分

» 燃え上る天使 [マイ・シークレット・ガーデン FC2]
ざっくりと~ 『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』 第7話 「        」 ああ 私はこの罪を背負って生きるしかない この先 一生 ヴァイオレットがこの台詞を言った時、 エリカとアイリスがじっとヴァイオレットを見ているようでしたが、 ヴァイオレットはどんな表情をしたいたのでしょう・・ 劇作家オスカー・ウェブスターの代筆の仕事に赴いたヴァイオレット。 ...... [続きを読む]

受信: 2018年3月 2日 (金) 00時55分

» ヴァイオレットエヴァーガーデン第7話劇作家と娘の傘 [アニメとマンガの感想と考察]
ヴァイオレットエヴァーガーデン第7話は 娘を失った舞台劇作家の傷心を癒すエピソードだった。 アバンはエリカが「赤い悪魔」という舞台劇を見てた。 オスカーという作家の代筆をヴァイオレットがやる事になり、 赤い悪魔がオスカーの脚本による舞台だった。 公開恋文の件でヴァイオレットは有名になり、指名が増えたと。 でもあれは自筆の方が話題になったんだよね。 その前の美文の方も評価されてたのかな。 オスカーはやさぐれた中年でアルコール依存症だった。 ヴァイオレットを一目見て、娘オリビアと似てると。 ヴァイオレッ... [続きを読む]

受信: 2018年3月17日 (土) 15時09分

« 2018冬期アニメ随感 木曜の深夜(6) | トップページ | 2018冬期アニメ随感 木曜の深夜(7) »