« クジラの子らは砂上に歌う第10話 | トップページ | このはな綺譚第11話 »

2017年12月13日 (水)

食戟のソーマ餐ノ皿第11話

「まったく、料理人って人種は、どいつもこいつも自分勝手で困るぜ」

おまえがいうなw

ソーマにだけは云われたくない台詞!
彼に自覚はあるのか?ブーメランとはこのことだ!(笑)

いくら尺が足りないとはいえ、遠月十傑の1席と、いきなりの食戟一騎打ち。
しかも審査員すらいません。見守るのは、こっそり立ち聞きしているえりなと秘書子と田所ちゃんのみ。
これで成立するんだから、熱血少年漫画っていいよね!(ほめてますw

テーマは鹿肉。しかもフレンチで。
相手の土俵で勝負し、勝ちを獲りに行くのも、少年漫画の王道です。いいと思います。
鹿肉って、ジビエですよね?フレンチでも特殊な分野です。四宮センパイから学んだ技術が何処まで通用するのか、全くの未知数。
ともあれ、乾坤一擲の賭けは為されました。

セントラルの目標は、町の大衆料理店を潰すこと。淘汰は、日本の美食を前へ進めるのに必要な工程なのだ、と。
そして、司瑛士も云います。仕方ないことだね。
ソーマの闘志に火がついた!
「俺はセントラルには入りません。この勝負、勝たせてもらいます」
勝たせてもらいます!いい響きだなあ。
高倉の健さんの「死んでもらいます」とタメ張りますよ。ソーマの決め台詞ですね。
次回の熱い戦いが娯しみです。

最後に、えろい感想を。
Bパート冒頭、えりなと秘書子のお着替えシーンがありましたよね。
下方からあおる二人の股間に、思わず注目しました。つまり、その形状の違いに。
秘書子ちゃんは、いわゆるドテ高。布の上からでも、ふっくら感がうかがえます。
えりな様は、下付き。深窓の令嬢にふさわしく、控えめな感じです。
みんな違ってみんないいの世界なのですが、殿方からはどちらが好まれるかというと…。
あとはググってみてくださいねw

そこの貴方!助平とか下ネタ大王とか云うなかれ。
作画スタッフがちゃんと描き分けているのですから、きちんと観察し、玩味せねばなりません。それが真の作画通(さくがつう)というものですw

|

« クジラの子らは砂上に歌う第10話 | トップページ | このはな綺譚第11話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/66154861

この記事へのトラックバック一覧です: 食戟のソーマ餐ノ皿第11話:

» 食戟のソーマ 餐ノ皿 TokyoMX(12/12)#11 [ぬるーくまったりと 3rd]
第11話 食卓の白騎士黒木場リョウの勝利で中枢美食機関に一矢報いた。薊が直接勝利を祝う。アリスはえりなが求めた手紙をせっせと書き続けた。しかし全てが廃棄されたことを忘れはしない。アリスは薊が嫌いだった。一色に誘われてC会場に到着したえりな。アリスがえりなを叱咤激励する、いつまでも極星寮に閉じ籠もっているんじゃない。叔父様に自分を主張しなきゃダメよ。創真たち...... [続きを読む]

受信: 2017年12月13日 (水) 22時06分

« クジラの子らは砂上に歌う第10話 | トップページ | このはな綺譚第11話 »