« ブレンド・S 第12話(最終話) | トップページ | 2018冬期アニメ随感 »

2017年12月27日 (水)

クジラの子らは砂上に歌う第12話(最終話)

「俺たちは泥クジラとともに生きる、泥クジラの子だ。
ここに生まれてよかった。みんなと一緒にいられてよかった」
旅は――続く

続編が在るのかどうか分りませんが、ともあれ、物語は終劇を迎えました。
これだけの構えの作品を一クールで収めるのは、やはり至難の業だったようです。

野心的なハイ・ファンタジーという触れ込みもあり、放映前から視聴者の期待度を大いに高めたクジ砂。
確かに、質の高いアニメ作品だったと思います。「食戟のソーマ」との掛け持ちだったことを考慮すると、J.C.STAFFの奮闘ぶりは称賛に値します。特に、柔らかいタッチの作画と背景美術とがすばらしかった。
ただ残念なのは、これだけの作画的膂力と豊かな道具立てが投入されたにもかかわらず、物語総体としては、フラットな印象が最後まで拭いきれなかったことです。
惜しいなあ…。
「魔法使いの嫁」もそうですが、質が高いだけに、隔靴掻痒感が募ってしまうのです。

例えば、最終話におけるマソオの死。
シルシの中では年長格の、とはいえまだまだ若々しかった彼が、枯れ木のように朽ち果てて死んでいく。
シルシたちにとっては、死が避け得ない運命である冷厳な事実を思い知らされたことで、戦死よりも遥かに衝撃的な光景だったに違いありません。
確かに、彼らの「哀悼」の念は伝わってきました。
伝わったのですが、単なる感傷的な悲哀に終わっています。
マソオの死という衝撃を活かすには、それをきちんと咀嚼し超克する過程が、すなわち「シルシたちが自らの生をどう生きるべきか」という緊要なテーマに繋げて、ドラマとしての熱量を高め、昂揚させていく「作劇の力学」が必要だったと思うのです。
ただ、現下の設定では、シルシたちは、自らの運命を変革するすべを持ちません。彼らを受け容れてくれる「約束の地」を探して彷徨うのみです。
この設定に工夫を加えない限り、視聴者の感情移入を呼び込むドラマトゥルギーの成立は難しいかもしれません。

物語をスタティック(静的)にしたもう一つの原因は、主人公で語り手のチャクロ。
「物語を記述する、語り部の主人公」という設定は確かに斬新でしたが、その利点を生かせないままに終わってしまった印象です。
このような大河物語においては、主人公をめぐるビルドゥングスロマン(成長物語)の要素が不可欠。チャクロには、それがなかった。
どう見ても、オウニやシュアンの方がキャラが立っていましたからね。
チャクロのサイミアは、誰かを護るためなら最高度の力を発揮する設定が示唆されているので、せめて、その辺りを強調すれば主人公らしくなったかもw

「あなたに、新しいコミュニティのリーダーになってほしい」
スオウからオウミへ渡された、泥クジラのリーダーの座。
やっぱり真の主人公はオウミか
思わず微笑してしまったのはナイショです。初手からそうすればよかったのにw

ともあれ、物語は終りを告げました。
チャクロやリコス、オウミたちの旅の続きを、いつかどこかで観てみたいと思います。
スタッフの皆さん、お疲れさま!

|

« ブレンド・S 第12話(最終話) | トップページ | 2018冬期アニメ随感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/66206241

この記事へのトラックバック一覧です: クジラの子らは砂上に歌う第12話(最終話):

» クジラの子らは砂上に歌う【第12話 ここに生まれて良かった】最終回 感想 [だいたいこんな感じで -アニメ感想日記-]
☆第12話 ここに生まれて良かった 最終回  絵の美しさが印象に残った作品でした。「クジラの子らは砂上に歌う」とうとう最終回でした。シルシたちがなぜ短命なのか、感情を食べることができないファレナのヌースがエネルギー源としていたのが一体何なのか、チャクロたち…... [続きを読む]

受信: 2017年12月27日 (水) 19時50分

» クジラの子らは砂上に歌う第12話「ここに生まれて良かった」泥クジラの戦いはこれからだEND [アニメとマンガの感想と考察]
クジラの子らは砂上に歌う第12話「ここに生まれて良かった」は、新世界への旅立ちENDだった。 今回は1~2分のたくさんのエピソードが詰め込まれていた。 アバンは第11話ラストの続きで、オウニが怒って双子をサイミヤで脅していた。 別にサイミヤを使えなくなった訳ではなかった。 オウニが見せた紋章は気味悪がられていた。 今までよりドス黒くなった感じだった。 オウニは「誰かにくっついてねえと動けない奴はお祈りして舟遊びしてろ」と吐き捨てた。 双子はオウニを自分らのリーダーに据えたかったんですかね。 だったら... [続きを読む]

受信: 2017年12月27日 (水) 22時35分

» ふたつの船の旅立ち [マイ・シークレット・ガーデン FC2]
Gremzキーワード: 砂漠化! 結局今日もだらだら++; 『クジラの子らは砂上に歌う』 最終節 ここに生まれてよかった オウニに凄まれて、ふたごはそれ以上何も言えませんでした。 マソオは消耗し眠る時間が増え、別れの時が近づいていました。 心配して見舞いに来る皆に話をするマソオ。 残された者がこれから少しでも生きやすくと願う言葉。 優しいから皆が慕うんですね。...... [続きを読む]

受信: 2017年12月27日 (水) 22時58分

» クジラの子らは砂上に歌う 第12話(終) 『ここに生まれてよかった』 果たしてこれで良かったのか。 [こいさんの放送中アニメの感想]
何が私翼の舵だ、鳥になったつもりか。オウニに否定されるシコン、シコクの兄弟。こいつら戦争中隠れていたからあまり説得力無いんですよね。オウニほど戦っていないし、オウニより弱い。だから双子はなんとしてもオウニを味方につけなきゃならなかった。オウニを旗頭に出来なかった時点でこいつらの運動は失敗です。 誰かにくっついてねえと動けない奴はお祈りして舟遊びしてろ。このオウニのセリフは双子に言ったのか、聴衆に言ったのか。多分前者だと思うけれど。 マソウが死にそう。どうも寿命が近い様です。クチバは叱咤... [続きを読む]

受信: 2017年12月27日 (水) 23時42分

» クジラの子らは砂上に歌う TokyoMX(12/24)#12終 [ぬるーくまったりと 3rd]
最終回 最終節 ここに生まれてよかったシコン、シコクの造反をオウニが受けて立つ。オウニのサイミアが異なるとの勢いで引いてしまう。誰かに従うしかない者はお祈りでもしてろ。マソオが臨終、誰も血で汚れていない。汚れは俺があの世に持っていく。アポ無しでアザリ長官に会うオルカ。途中で襲撃されるがリョダリが道化として同行していた。アザリ長官が試したのだろう。ヌースの肉、サルクスを...... [続きを読む]

受信: 2017年12月28日 (木) 03時20分

» 「仲間」を求めて――「クジラの子らは砂上に歌う」12話感想 [Wisp-Blog]
 露骨に疲労しとる(;´Д`) 仕事納めまであと2日…… [続きを読む]

受信: 2017年12月29日 (金) 08時36分

« ブレンド・S 第12話(最終話) | トップページ | 2018冬期アニメ随感 »