« 食戟のソーマ餐ノ皿第11話 | トップページ | キノの旅第11話 »

2017年12月14日 (木)

このはな綺譚第11話

神様の休日は、夜を徹しての酒池肉林。いや、肉林は少なめだったかな。
おねえ神に舐められる棗も、ちょっと見たかったかも(笑)。

今回も、脇を固める声優さんが豪華でした。
戦の神は、大塚昭夫さん。重鎮っぽい使われ方だから、まだ問題はないのですが。
芸能の神Aは置鮎龍太郎さん。芸能の神Bは草尾毅さん。
おねえな演技が大爆発です。悪ノリに近いほどの熱演です。
何という置鮎さんと草尾さんの無駄遣い!
思わず慨嘆してしまったのは私だけではあるまいw
でも、お二人とも楽しそうに演じているのが印象的でした。

「このはな」を視聴し終わったあと、いつも心に残る「何か」。
それは、物語としての、骨太のメッセージです。

昔はいくさが多くて、祭りも多くて、活気があった。
弁天さまにも紛う美女に化生した女将が、往時を懐かしみます。
とはいえ、ハロウィンみたいな仮装行列だって悪くはないし、戦争など起こらないに越したことはない。
戦神が無聊をかこつ太平楽な世の中も、決して捨てたもんじゃない。
だけど、もっと日本古来の、固有のものを、みつめ直すべきなんじゃないか。大事にしてもいいんじゃないか。
Aパート「神様の休日」のエピソードには、原作者のそんな深い想いが込められている気がします。

同じことが、Bパートの、お菊ちゃんとリリィのエピソードにも云えます。

ラスト、持ち主の女の子に見出され、幸福そうに微笑むリリィちゃん。
「よかったね、リリィちゃん」と、すなおに落涙することもできるでしょう。
でも、そんな感傷だけでは終らない「何か」が、このエピソードにはあるのです。

菊「これからは、思う存分人間を呪っていいのよ」
リリィ「あなた、人間が憎いの?」
菊「あんな量産型の人形に乗り換えやがって!」
分ります!ガンダムがグフに乗り換えられたほどの口惜しさなんですよね!(違

それは冗談ですが、お菊ちゃんの狂態を笑いながらも、何処か落ち着かない気分にさせられるのは。
彼女の呪詛が、実は、われわれ自身の呪詛に他ならないからです。
お菊ちゃんは「わたしはお菊じゃない!」と繰り返し訴えて、誰にも聞き入れてもらえません。
思わず笑ってしまうのですが、考えてみれば、われわれの名前だって親が勝手につけたもの。自分で選んだものじゃありません。
なのに、一生付き合わなければならない。不条理といえば、これほどの不条理はないでしょう。
だから、お菊ちゃんを笑えないのです。

『人形は、人間に愛されなくなったら、それが寿命』
捨てられたリリィは、静かに呟きます。彼女の諦観が、われわれの心を打ちます。何故でしょうか。
人間だって同じだからです。
人が一所懸命生きようと努めるのは、畢竟、この世界に居場所が欲しいから。つまり、「世界に愛されたい」からに他なりません。
しかし、人間も結局は、リリィと同じ運命を辿ります。
だから、心が壊れてしまう。
世界なんかに最初から期待しなければ、心が壊れる辛さを味わわずに済みます。
でもそれは、とても寂しい人生になるでしょうね。

リリィちゃんが、あの子に愛された想い出だけを抱いて、ひっそり街の片隅で消えていくラストだって、作者は選べたはず。
でも、リリィちゃんにもお菊ちゃんにも、暖かな救いが齎されました。
これだけの伏線を張っての上だからこそ、感傷に堕すことのない感動が現前するのですね。
「このはな」という作品の、腕の冴えを感じる瞬間でした。

 

次回「大晦日の奇跡」

戦の神(大塚昭夫)
芸能の神A(置鮎龍太郎)
芸能の神B(草尾毅)
リリィ(前田玲奈)
少女(白城なお)
彼氏(中村太亮)

|

« 食戟のソーマ餐ノ皿第11話 | トップページ | キノの旅第11話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/66157740

この記事へのトラックバック一覧です: このはな綺譚第11話:

» このはな綺譚 第11話「神様の休日」感想 人形の寿命は、まだ終わらない。これからもきっと… [二次元美少女の笑顔を守りたい duple]
戦いの神様をお客さんに持つ櫻ちゃんと人形がまるで天使のようなエピソードでした。 オネエと呼ばれる二人の装飾の神様たちのアクが強くて笑ってしまいましたが、続いてやって来たと柚ちゃんたちが勘違いした美しい女性の神様がまさか女将がお化粧した姿だったとは途中まで気がつきませんでした。 アニメなので視聴者には声でバレてしまうんですが、彼女がオネエたちを見送るところで女将だと気づいた...... [続きを読む]

受信: 2017年12月14日 (木) 21時47分

» 事実は動かず、思いは動く――「このはな綺譚」11話感想 [Wisp-Blog]
 案の定の24時越えorz >拍手返信:と~しきさん(このはな綺譚10話感想) >見る角度によって景色は全く異なる。今まで皐サイドから見て(聞いて)いた姉の姿も、逆サイドからの話を聞くと全く印象が変わるのが上手いなぁと思いました。徹底して相対化されて相容れない姉妹だからこそお互いが磨き合う関係性が面白かったです。  本当に全然違う姉妹で、こうしてみると柊が俺っ娘なのも納得ですね...... [続きを読む]

受信: 2017年12月15日 (金) 00時57分

» 第11話「神様の休日」感想 [アルナのいい加減なブログ2]
戦の神と遊ぶ櫻が可愛くて棗が嬉しそうだったのと、芸能の神様のインパクトが凄くて、リリィと別れていじけていたお菊が蓮に振袖を作ってもらえたのが良かったです。 [続きを読む]

受信: 2017年12月15日 (金) 06時34分

» このはな綺譚 第11話 「神様の休日」 感想 [キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記]
八百万の神々かな? [続きを読む]

受信: 2017年12月15日 (金) 19時35分

» このはな綺譚 TokyoMX(12/13)#11 [ぬるーくまったりと 3rd]
第十一話 神様の休日お客様が訪れるが、櫻のお得意様で任せておけば良い。今日は櫻が拾い集めたどんぐりで遊ぶ。ヤジロベー、コマと見るものが目新しく大喜びの櫻。蓮のお得意様も訪れる。芸能の神で今回は2人、1人は地元の祭に招待されたらしい。昔は神様も忙しかったが、最近は年始のお参りだけ。かつては此花亭も大賑わいだった。櫻と遊んでくれるお得意様は戦の神。今では戦もな...... [続きを読む]

受信: 2017年12月16日 (土) 11時03分

» 【このはな綺譚】 第11話『神様の休日』 キャプ感想  [空 と 夏 の 間 ...]
このはな綺譚 第11話『神様の休日』 感想(画像付) 日本古来の神様の出番が減ると、神様も暇になって寂しそうですね。 櫻ちゃんと遊ぶことで癒されますね♪ 芸能の神は何であんなお姉みたいなんだろうw 女将のは化粧でなく変身でしょ!? お菊ちゃんの会った人形は捨てられたのでくて良かったね! 持ち主が忘れない限りは人形の命は続くのですね。 遊んでもらえなかったお菊ちゃんが...... [続きを読む]

受信: 2017年12月16日 (土) 14時17分

« 食戟のソーマ餐ノ皿第11話 | トップページ | キノの旅第11話 »