« 食戟のソーマ餐ノ皿第6話 | トップページ | 少女終末旅行第6話 »

2017年11月 9日 (木)

このはな綺譚第6話

「おまえが送った彼女、あれがお化け、悪霊」
「それ、三途の川よ」
柚ちゃん気づいてなかったのかw
でも、気づいてないからこそ、不幸な悪霊さんを最後まで看取ろうとした柚の優しさが輝くのですね。

EDのキャスト眺めてたら、いきなり「文豪さん」(天乃咲哉)が。
原作者のご降臨!だけど、どのシーンに?
いえ、ごちそうさまです」ってあの台詞か?
蓮ちゃんと棗(お化け)とのキスシーンにいきなりキツネ面で登場した、あの人?
確かに、百合百合でおなかいっぱいですからね。

第6話「此花亭怪談」は、メインの怪談譚に絡めて、百合風味濃厚なAパートと、柚と比丘尼さまのなれそめ、此花亭への奉公のきっかけを描く過去回との混淆でした。

Aパート。みんなで怪談をしていたら本物のお化けが。
百物語の趣向ですね。百話目に本物の「怪」が現界するというアレです。
友だちが欲しいのに、誰からも相手にされない孤独な少女。
自分を消して、好きになってもらえる「他の何か」になろうとして、結局、お化けになってしまった。

お化けが巻き起こす騒動が、百合百合で愉しかったなあ。
棗のお化け「蓮、ボクのこと、好き?」
蓮『この背徳感がまたいいかな』
蓮ちゃんの心の呟きが、何とも知れん色っぽかったっす。

櫻ちゃんのダブル(分身)まで登場。もはや片手にハサミが常態と化しています。ジェイソンみたいです。悪霊より怖いです
さらに桐ねえさんのダブルまで。本物はどっち?
「脱がせば分るんじゃない?自分の体にイタズラするのもまた一興」
「おまえが本物だ」
本物判定に吹いた(笑)

過去譚の、柚と比丘尼さまとの心の交流が素敵でした。

口の悪い与平さんを大キライな柚を、比丘尼さまは優しく諭します。
「言葉ではなく、その裏のまごころに気づけるとよいですね」
「はい…」

桜の樹が美しい花を咲かせるのは、生殖のため。でも、花は人々の心をなぐさめ、感動させている。
「あの花は役立たずだと思いますか?」
比丘尼さまのこの台詞は、フェリーニ監督の名画「」ですね。
自分は役立たずだと泣く主人公のジェルソミーナを、仲間のサーカス芸人がなぐさめる有名なシーン。
「ほら、道端の石ころだって何かの役に立ってる。空の星だって役に立ってる。君だって、きっと」

柚の賢察は、比丘尼さま譲りなのですね。

お化けの少女「わたしを好きになってくれる?」
柚「あなたは誰が好きなんですか?」
少女「わたしは…」

真実の愛とは、愛されることでなく愛すること。
孤独な少女も、「好きになってほしい」ではなく「あなたが好き」って発想を転換できれば、もっと幸せになれたのかもしれません。
柚の心を覗いた少女は、全てを見て、全てを知りました。みんなの優しさや、花の美しさを。
「次は、わたしも花を咲かせたいな」
少女は、微笑みながら三途の川を渡っていきました。
柚ちゃんの浄化力すごすぎ。このまま、スレイベガにもなれそうですw

次回「夏祭りの夜」

文豪さん(天乃咲哉)原作者!
少女(白城なお)
比丘尼(大原さやか)元祖あらあらまあまあ

|

« 食戟のソーマ餐ノ皿第6話 | トップページ | 少女終末旅行第6話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/66020977

この記事へのトラックバック一覧です: このはな綺譚第6話:

» 第6話「此花亭怪談」感想 [アルナのいい加減なブログ2]
柚が比丘尼に拾われた時、氷漬けになっていたのが面白くて、お化けが怖くて抱きついてきた皐を(腰、細い、柔らかい)と思っているのがいやらしかったのと、お菊が櫻?に髪を切られそうになって涙目になるのが可愛くて、珍しくツッコミを入れた棗が蓮に浮気と勘違いされるのと、桐が「自分の身体に悪戯するのもまた一興」と言うのが可笑しかったのと、最後に幽霊の女の子が柚に「また会おうね」と別れを告げるのが良かったです。... [続きを読む]

受信: 2017年11月 9日 (木) 06時39分

» このはな綺譚 TokyoMX(11/08)#06 [ぬる~くまったりと]
第6話 此花亭怪談 雪の中で凍った狐を発見した八百比丘尼。 連れ帰って育て柚と命名する。 柚は奉公に出されると思って頑張りすぎて失敗する。 桜は綺麗で人の心を癒やす。 でも桜は人間のために咲いているのではない、自身の生存に必死なだけ。 クチの悪い人も真意を知らずに悪口を言うものではない。 柚も大きく成長した、旅人が此花亭に泊まったことを話す。 そこには柚と同じ年くらいの中居も多いらしい。 柚も此花亭には興味がある、女将をよく知る八百比丘尼が勉強だと  奉公に出すのだった。 夜の怪談話、お菊と皐は不参... [続きを読む]

受信: 2017年11月 9日 (木) 06時54分

» このはな綺譚 第6話「此花亭怪談」感想 比丘尼様はお母さん。柚ちゃんを見守り送り出す彼女の愛情の深さが心に沁みる。 [二次元美少女の笑顔を守りたい duple]
拾われたと言うより比丘尼様に命を助けもらった、幼い柚ちゃんが子ぎつね可愛い。 1日のお仕事が終わり、桐さんも交えて怪談話に興じる柚ちゃんたち。 しかし夜更かししていたのを女将に怒られた後に、此花亭中の灯りが一斉に消えてしまい、みんなの居た部屋に現れた気配の正体を灯りを灯しに回りながら探ることになりましたね。 そして二人づつのペアに別れた彼女たちの前に仲間の姿に化けて幽霊...... [続きを読む]

受信: 2017年11月 9日 (木) 07時07分

» 【このはな綺譚】 第6話『此花亭怪談』 キャプ感想  [空 と 夏 の 間 ...]
このはな綺譚 第6話『此花亭怪談』 感想(画像付) ロリ柚ちゃんが可愛すぎでした♪ 拾われた頃は、本当に野生のキツネって感じだったんですねw 八百比丘尼さまをしだいに慕っていく様子がカワイイです! 怪談話が現実になって、一人増えていたのが話に出て来た悪霊。 怖い話なのに、柚ちゃんの優しさにかかると悪霊すら浄化されちゃいますw 柚ちゃんは悪霊と分かってなかったのは本人に...... [続きを読む]

受信: 2017年11月 9日 (木) 14時37分

» 第6話「此花亭怪談」感想 [アルナのいい加減なブログ2]
柚が比丘尼に拾われた時、氷漬けになっていたのが面白くて、お化けが怖くて抱きついてきた皐を(腰、細い、柔らかい)と思っているのがいやらしかったのと、お菊が櫻?に髪を切られそうになって涙目になるのが可愛くて、珍しくツッコミを入れた棗が蓮に浮気と勘違いされるのと、桐が「自分の身体に悪戯するのもまた一興」と言うのが可笑しかったのと、最後に幽霊の女の子が柚に「また会おうね」と別れを告げるのが良かったです。... [続きを読む]

受信: 2017年11月10日 (金) 06時34分

» アニメまとめてプチ感想(このはな綺譚・URAHARA・アニメガタリズ) [のらりんすけっち]
このはな綺譚 第6話 設定が設定なだけに、見えないお友だちもやってくる此花亭。 分け隔てなく真心で接する柚ちゃんですが。 ”悪い”方のユーレイを見抜けるようになったほうがいいですね。 危うく三途の川を渡るところでした^^; おばけ苦手な皐ちゃん可愛かった(^^) ホラーテイスト回の一服の清涼剤が柚ちゃんのこれまで。 雪の中に豪快に埋まってたのねヽ(;´ω`)ノ 見つけて保...... [続きを読む]

受信: 2017年11月10日 (金) 13時57分

» このはな綺譚 第六話 此花亭怪談 思慮感想 [アニメガネ]
真夏の夜の… [続きを読む]

受信: 2017年11月10日 (金) 19時04分

» このはな綺譚 第6話 「此花亭怪談」 感想 [キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記]
れずれずじゃのー [続きを読む]

受信: 2017年11月10日 (金) 20時48分

« 食戟のソーマ餐ノ皿第6話 | トップページ | 少女終末旅行第6話 »