« このはな綺譚第3話 | トップページ | キノの旅第3話 »

2017年10月21日 (土)

少女終末旅行第3話

地図を失う」というちいさくておおきな絶望

3話目にして、二人の少女以外で初めて登場した人間、カナザワ。
地図を作製しながら、終わった世界を彷徨っている、もっさりした雰囲気のメガネさんです。

三人で協力し合い、昇降機で上層階に昇って、そのまま去ったカナザワ。
まさに一期一会。ただひとときの邂逅です。
カナザワの登場には、どういう意味が、役割があったのでしょうか。
私には、彼が「二人の身代わりとして絶望を体現した」存在と思えました。

「地図をなくしたら死んでしまう」とまで云っていたカナザワ。
その彼が、彫心鏤骨の思いで作成した地図を、すべて失くしてしまった。
絶望する彼に、ユーリは、さりげにフルーツ味のバーを差し出します。
「うまい…」
どれほど絶望しても、食べ物はおいしい。人の生って、そういうものなのかも。
二人の少女の前途に、ひとつの示唆を与えてくれた。そんな気がします。

上層階には、無数の街灯がともる都市風景が拡がっていました。彼方には、ひときわ明るい場所が。
二人の少女は、引かれるように進んでいきます。
まるで、明かりを目指して盲目的に飛んでいく虫のように。

カナザワは北へ去っていきました。
お礼だといって、写真機を二人に遺して。
「記録する」ことに執着するチト。写真機は、彼女にとって重要なアイテムになりそうです。

カナザワを当てたのは石田彰。しぶい演技が光っていました。

|

« このはな綺譚第3話 | トップページ | キノの旅第3話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/65941840

この記事へのトラックバック一覧です: 少女終末旅行第3話:

» 【少女終末旅行】 第3話『遭遇/都市/街灯』 キャプ感想  [空 と 夏 の 間 ...]
少女終末旅行 第3話『遭遇/都市/街灯』 感想(画像付) ずっと2人ぼっちの話なのかと思ってたら、ゲストキャラが登場! この世界も生きてる人間いるんですねw 地図作りに生き甲斐を持つカナザワさんと上層に向かう塔へ…。 この世界はずいぶん昔の人類が作ったものなのか。 ますます深まる謎! ますます天然鬼畜ぶりを発揮するユーリちゃんw もう本や地図を燃やすのは止めてあげろ...... [続きを読む]

受信: 2017年10月21日 (土) 12時19分

» 少女終末旅行 BS11(10/20)#03 [ぬる~くまったりと]
第3話 遭遇 都市 街灯 食料を探す旅の行き着く先は何処だろうかと考えるチト。 おかしくなったと頭を殴るユーリ。 上層に行くために塔を目指す二人しかし亀裂を越える橋が見当たらない。 火の着いた煙草の吸殻を発見する、誰かが居る? 突然爆発が生じる、砂煙の中を男が接近してくる。 カナザワと名乗った男は地図を作っていた。 ビルを倒壊させて橋を作ったカナザワは頼みがある。 地図を作るためにバイクに乗っていたが壊れてしまった。 この階層は大方走り尽くした。 地図を作ることが生きがい。 登りやすい様に爆破したつ... [続きを読む]

受信: 2017年10月21日 (土) 14時11分

« このはな綺譚第3話 | トップページ | キノの旅第3話 »