« ブレンド・S 第4話 | トップページ | クジラの子らは砂上に歌う第4話 »

2017年10月29日 (日)

魔法使いの嫁第4話

猫の町を訪れたチセエリが見たものは、禍々しい「ケガレ」だった。
チセエリなんて変な略し方するなよというツッコミはナシの方向でお願いしますw

人語を解する猫たちが跋扈する、田舎の町。
文学で云えば、萩原朔太郎「猫町」や日影丈吉「猫の泉」を思わせる設定です。
猫を虐待し、猫に反撃された陰惨な歴史を包含する町という意味では、むしろ美内すずえのホラー傑作「金色の闇が見ている」の雰囲気でしょうか。

1話完結しなかったので、総合的なレビューは次回に廻し、あらすじを追いながらの逐次感想です。

チセまたしても受難。攫われて、湖に放り込まれます。
「遅れてごめんね」
君を護ると云っておきながら、毎度毎度、隙をつかれてチセを攫われるエリアスに、思わず苦笑。
チセが湖の底で出逢ったのは、不思議な美女でした。
彼女は、チセに囁きます。
「この人を、あたしを、殺して」

青い湖に揺曳する不吉な黒いモヤモヤは、穢れ(ケガレ)。浄化されない魂の淀み。
九つの命をもつ猫でさえも知らないほど遠い昔、猫殺戮者の男がいた。
その男とは、夫のマシュー。
病弱な妻ミナの生を贖おうとして、猫から命を錬成しようとしたのでしょう。愛ゆえの妄執ということか。
初代の猫の王は、男を喰らいつくし、欠片も残さず消滅させた。
しかし、ミナがケガレの核となり、マシューの妄執は遺った。
ケガレを鎮撫するのは、代々の猫の王の務め。それも限界に。だから、チセたちに浄化をしてもらおうというのですね。

浄化の役割を、チセに頼むエリアス。
「きみに浄化してほしい」
「なぜ、あたしに?」
「私の本性は影だから、浄化は向いていない」
それは建前で、何か意図がありそうな気がします。
恐らく、浄化する儀式を通じて、チセを変えたいと思ったのではないでしょうか。
チセに、世界を愛する気持ちを取り戻してほしい。世界は味方じゃないかもしれないけれど、決して敵ではないのだから。

横槍を入れたのは、魔術師レンフレッド。妖精エアリアルを鉄の手袋で捉えます。何かの実験に使おうというのでしょうか。このために、チセたちに「仕掛けた」ということなのかな。
レンフレッドは、チセは実験体なのかと問うた後、エリアスに冷然と告げます。
「彼女に伝えたらどうだ?スレイベガの末路を。遠からず訪れる、その死を」
そのまま次回へ。
いよいよ、スレイベガなるチセの出自が明かされるのかな?

ミナ(沼倉愛美)このはなの仲居頭さん
マシュー(上村祐翔)中島敦
レンフレッド(日野聡)もう日野ちゃまなんて気軽に云えない貫録

|

« ブレンド・S 第4話 | トップページ | クジラの子らは砂上に歌う第4話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/65976361

この記事へのトラックバック一覧です: 魔法使いの嫁第4話:

» 繰り返しを知り、新たな始まりを行え――魔法使いの嫁4話感想 [Wisp-Blog]
 試験的に記事名の書き方を変更してみることにします。僕にとって感想を書くという事は対象を貫く1本の線を見つけるということですが、それが記事名の時点で伝わるようにできないか、と考えた次第。 ... [続きを読む]

受信: 2017年10月29日 (日) 10時59分

» 魔法使いの嫁 第4話「Everything must have a beginning」感想 智世ちゃん、はじめての浄化。 [二次元美少女の笑顔を守りたい duple]
ウルタールに住む猫の王のモリィから澱みの事件の解決を頼まれるエリアス。 はじめての浄化をすることになった智世は、澱みとなった夫マシューの妻ミナから私たちを殺してと頼まれるのだったが…。 ウルタールに向かう列車の中でいつのまにか寝てしまい、エリアスの膝に頭を預けていたことに動揺する智世が可愛かったですね。 そして九つの命を持つという猫たちの王からの使いが二人の前に現れてエ...... [続きを読む]

受信: 2017年10月29日 (日) 19時53分

» 魔法使いの嫁 第4話「Everything must have a beginning.」 [いま、お茶いれますね]
第4話「Everything must have a beginning.」 猫の王国。ここは天国ですか? と思ったらかなりヤバイ事態になった。 [続きを読む]

受信: 2017年10月29日 (日) 20時58分

» 魔法使いの嫁 TokyoMX(10/28)#04 [ぬる~くまったりと]
第4話 Everything must have a beginning. 夢で女性が猫に9つの命があるなら分けて欲しいと話すシーン。 目覚めたチセは列車の中でエリアスの膝枕で眠っていた。 列車は人間用ではないらしい。 猫が依頼に来る、ウルタールで我らが王に会って欲しい。 その街は猫だらけ。 途中でバーニーがチセに飛びつく、様子見に来たらしい。 バーニーもチセが茨の魔術師、エリアスの嫁になったと知っていた。 猫の噂は一日100マイルで伝わるらしい。 猫の王は既に横に居た、モリィ。 実は頼みごとが有っ... [続きを読む]

受信: 2017年10月30日 (月) 14時00分

« ブレンド・S 第4話 | トップページ | クジラの子らは砂上に歌う第4話 »