« 食戟のソーマ餐ノ皿第3話 | トップページ | 少女終末旅行第3話 »

2017年10月19日 (木)

このはな綺譚第3話

ステキ蓮ちゃん回でした!
ボーイッシュな棗への秘めた思慕。実は棗の方も蓮に満更ではなかったという百合百合エピソードを絡めた、味のよいお話でしたね。

腹黒枠と云われていた蓮ちゃんが、嫉妬したり逆上したり、とっても可愛らしい一面を見せてくれました。誰だ腹黒なんて云ったのは(笑)
彼女のイメージカラーはピンク。楚々とした風情で、たおやかな物腰がとっても可愛くて。でも実は性格歪んでるという「ねじけカワイイ」さんなのではないか?
新参の柚ちゃんに対する態度が微妙だったので、京都女にありがちな「早く帰ってほしいわあ」と腹の中では思ってるくせに「ぶぶづけ召し上がります?」って訊いてくるような、あの陰にこもった腹黒ちゃんなのかと曲解していました。
本当の彼女は、外見どおり可愛らしくてすなおな女の子だったのですね。

奔放な棗に振り回されて、蓮ちゃんも結構大変です。八方美人タイプなので、いろいろ溜まるストレスもあるでしょう。その鬱屈を、新参者の柚ちゃんをプチいぢめることで解消したり、いけない子になりかけていました。
それでも耐えられないときは、井戸に向かって日頃の憤懣をぶちまけます。童話「王様の耳はロバの耳」ですね。時代感が出ていて、この辺りの機微も巧いです。

Aパート。
「このはな」は、お仕事アニメとしての要諦も、しっかり押えています。
女の子が接客業に携わるとき、避けて通れない鬼門。すなわちセクハラ。
酔客にお尻を触られた蓮ちゃんが、お約束のお客様ぶっ飛ばしをかまして、場は騒然。
すかさず棗が男前を見せ、もののけ女将が毅然とした態度でお客をたしなめる。見事な連携です。
そして、しゅんとした座をフォローするために柚ちゃんが踊りパフォーマンスを披露し、棗が加わって、上手く場をまとめる。これぞ接客の極意ですね。

Bパート。
「さみしかった」がキーワードでした。
棗にベタベタ付きまとうお客の葵ちゃんに嫉妬する蓮ちゃん。
遠回しのたとえ話で、柚に悩みを打ち明けます。
天然のくせに妙にカンの良い柚ちゃんは、阿吽の呼吸で蓮の本心を察知し、謎かけのような示唆を与えます。
「さみしいのではないのでしょうか」
柚の言葉は、蓮ちゃんの心に響いたようです。この辺りの頓智問答めいた洞察も、「このはな」に深みのある味わいを添えています。

仲居(蓮ちゃん)は見た!女の子同士が全裸で抱き合っている衝撃のシーンを!
「あたしのだからさわっちゃだめー!!」
絶賛パニック中の蓮ちゃんが、思いっきり葵ちゃんを突き飛ばした!
でも実は、褌姿も凛々しいショタくんでしたとさ。
将来は力士になりたい葵くんは、同じく細身なのにパワー溢れる棗アニキの強さに惚れ込んだのですね。
アニキはアネキだったけどさw

今度は、可愛くて気さくな蓮ちゃんに熱いまなざしを向ける葵くん。このコ気が多いな。
多情なショタくんに、棗はビシッと言い含めます。
「だめだよ。蓮はだめ。だめなものはだーめ♪」
百合、いただきました!大変おいしゅうございました!

|

« 食戟のソーマ餐ノ皿第3話 | トップページ | 少女終末旅行第3話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/65935208

この記事へのトラックバック一覧です: このはな綺譚第3話:

» アニメまとめてプチ感想(このはな綺譚・ガールズ劇場2期・URAHARA・問題児) [のらりんすけっち]
このはな綺譚 第3話 なちゅめと蓮ちゃんお当番回! 蓮ちゃん百合じぇらしい可愛い♪ 性別間違えちゃいましたネタが面白い。 蓮ちゃんはお客の葵くんを女の子と間違え。 葵くんはなちゅめを男の子と間違え^^; とっても女の子な蓮ちゃんに葵くん恋心。 すかさず釘を刺すなちゅめが^^; 棗×蓮も筋金入りの百合ップルなり~! アイドルマスターシンデレラガールズ劇場2期 第16話 ...... [続きを読む]

受信: 2017年10月19日 (木) 17時16分

» このはな綺譚 第3話 「恋待ち焦がれ」 感想 [キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記]
女将を呼べ! [続きを読む]

受信: 2017年10月20日 (金) 22時51分

« 食戟のソーマ餐ノ皿第3話 | トップページ | 少女終末旅行第3話 »