« クジラの子らは砂上に歌う第3話 | トップページ | このはな綺譚第4話 »

2017年10月25日 (水)

食戟のソーマ餐ノ皿第4話

創真の最終兵器は、麻婆麺に巨大な肉団子(カレースパイス風味)をアレンジしたものでした!
「台湾鍋料理、獅子頭鍋(シーズートウ)!」

ああ、あれね!うんうん知ってた知ってた!(大嘘

これが獅子頭鍋の現物です。なるほど肉団子たっぷりです。

1shizitou_2


やってくれました!月饗祭4日目にして、高慢な久我先輩を撃破です。堂々の売り上げ1位を獲得だ!
友情・努力・勝利ってか。ホントこれって少年ジャンプのノリだよなー。ジャンプ連載原作だけどさw

フージャオピンなる変化球に逃げて赤字のみ回避かと思われた今回。
でも創真なら、ガチンコ麻婆豆腐勝負でやってくれると信じてた!(これはホント。詳細は第2話記事にて

勢いがあったし、いろいろな工夫もありました。
行列のできるお店にありがちな、お客さん軽視の接客の粗雑さ。何よりも、人気にあぐらをかき、ふんぞり返ったような店主の傲慢。
それら全てに「否」を突きつけた爽快さが心地よかった。「食戟のソーマ」はこうでなくっちゃ。
料理の味はもちろん、田所ちゃんの丁寧接客や、客をくつろがせるベンチ席の確保、夜を美しく照らす提灯などヴィジュアルも充実させて、ただの屋台を、客に優しいエンタメ空間として成立させた、ソーマの完全勝利でしたね。

創真って、始業式では遠月の生徒全員敵に回しかねない傍若無人っぷりだったのに、今やいい仲間に恵まれてます。主人公補正ありまくりです。
定食屋「ゆきひら」からのファンである富田さんや、ソーマにぞっこんのニクミ、同じくソーマにぞっこんのタクミ・アルディーニ(笑)は当然としても。
昨日の敵は今日の友。あの美作昴までも、快く参戦してきました。まさに、「チームゆきひら」の爆誕です。

大いなる一矢を報いた創真ですが、まだ月饗祭は日曜日を遺しています。勝負はこれからです。
遠月十傑主席のあの彼も、不気味な姿をあらわしたし。
次回「翳りゆく食卓」。サブタイが気になりすぎるう!

|

« クジラの子らは砂上に歌う第3話 | トップページ | このはな綺譚第4話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/65962763

この記事へのトラックバック一覧です: 食戟のソーマ餐ノ皿第4話:

» 食戟のソーマ 餐ノ皿 BS11(10/24)#04 [ぬる~くまったりと]
第4話 若き獅子たちの群れ 初日は赤字だったが2日目、3日目は黒字に転じた創真。 しかし初日の赤字は取り戻せていない。 久我飯店は相変わらず長蛇の列。 久我は早く諦めて店仕舞いしろと挑発する。 榊涼子と吉野悠姫が休憩時間に訪れる。 創真はまだ諦めていないと田所恵が説明する。 3日目の夜にも創真は新メニューの研究と機材の手配を考えていた。 地元商店街の富田さんにテーブルと椅子を運んできてもらう。 倉庫に眠っていた屋外用の簡素な物を空きスペースに配置する。 お礼にと新メニューを食べてもらう。 マーボー麺... [続きを読む]

受信: 2017年10月25日 (水) 20時43分

» アニメまとめてプチ感想(ソーマ3期・お酒は夫婦・ガールズ劇場2期) [のらりんすけっち]
食戟のソーマ 餐ノ皿 第4話 慢心しまくり久我先輩についに天誅が^^; 月饗祭は5日間、期間をフルに使った創真の作戦。 4日かけて屋台を人気トップに押し上げました! 創真も恵ちゃんもこれまで学んだことをしっかり活かしてるのが良いね(^^) 久我先輩、十傑にあぐらかいてはいかんよ。 しかしお客が増えるとどうしても二人では厳しく。 美作きたー!これは心強い助っ人。 まさに昨日...... [続きを読む]

受信: 2017年10月26日 (木) 20時07分

« クジラの子らは砂上に歌う第3話 | トップページ | このはな綺譚第4話 »