« 2017秋期アニメ随感(2) | トップページ | 食戟のソーマ餐ノ皿第2話 »

2017年10月 9日 (月)

2017秋期アニメ随感(3)

クジラの子らは砂上に歌う

ハイ・ファンタジーは大好きなので、こちらも期待の作品です。
ただ気になるのは、宮崎リスペクトの雰囲気が濃厚なこと。
もっと云えば「未来少年コナン」への傾倒っぷりが、随所で感じられるのです。

泥の世界。「泥クジラ」という限定空間で生活する少数の人々。
短命なシルシ(印)と、サイミア能力は使えないが長命な無印(むいん)とが共存している。
主人公にして語り手のチャクロは、サイミアの力は弱いけれど、書くことに淫しており、全てを年代記的に書き残そうとしている。
外の世界との接触を怖れる長老たち。逆に、外の世界に憧憬する反逆児オウニ。
そこへ、外の世界から謎の美少女が出現。
彼女、リコスは、アパトイア(感情のない兵士)だという。

アパトイアはギリシア語のアパテイア(無感動)由来。
ストア学派は、パトスに支配されないこの状態を理想としていますが、ここでは字義通り「感情がない」の意味に使っていますね。
この物語のキモは「世界の秘密」の解明なのですが、「兵士」というキーワードにより、半ば予測がついてしまいます。
もしそうなら、ますます「未来少年コナン」の設定や世界観と近似になります。

あらゆる意味で質が高いので、後は独創性の演出ですね。愉しみに視聴したいと思います。

アニメガタリズ

冒頭、幼ヒロインが食い入るように観ているアニメが、過去作品へのリスペクトというかむしろ全方位ディスってるので笑ってしまいました。愛が過ぎるとこうなるという見本です。
正直、お話も作画も稚いのですが、アニメ好きのマニア心を擽るところがあって、そこが好ましい。肩肘張らずに愉しく視聴したいと思います。

「氷菓」のえるちゃんと誰かを足して割ったような主人公キャラと、何処かプリミティブな味わいのある作画がめずらしいと思ったら、制作ワオワールド。
この会社、メインのお仕事は教育エンタメ?公式見たら、制作に賭ける思いが「ちゃんと」って時点でさらに微笑してしまった。確かに、アニメ制作において「ちゃんと」こなすって困難案件だよね。
監督とキャラデザの人って夫婦なのかな?
(twitterから転載。追記あり)

血界戦線&BEYOND
脳内を「虚数の海」(ふつうにからっぽっていいなさいw)にして視聴するべき痛快アクション。
安定の作画だしテンポはいいし、好きだなこういうの。視聴継続!

|

« 2017秋期アニメ随感(2) | トップページ | 食戟のソーマ餐ノ皿第2話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/65894005

この記事へのトラックバック一覧です: 2017秋期アニメ随感(3):

» クジラの子らは砂上に歌う 第1話「私たちの大事な世界の全てだった」感想 [二次元美少女の笑顔を守りたい duple]
砂の海を漂流する泥クジラの上で生活する人々。 印と呼ばれる特殊な能力を持った者たちと、それを持たぬ人々がそこで暮らすようになった理由は、まだ語られていない。 漂流島で放心していた少女と、なんでも記録せずにはいられない過書の病持ちと言われるチャクロ少年の出会いが、この世界の真実を知るきっかけになりそうなのを感じる初回。 チャクロ少年が語り手として進む物語と、童話のような感...... [続きを読む]

受信: 2017年10月 9日 (月) 12時07分

» アニメガタリズ 1話ツイート感想 [Wisp-Blog]
 眼鏡っ娘がたわわでよろしい。出番増はよ。 [続きを読む]

受信: 2017年10月 9日 (月) 15時52分

» クジラの子らは砂上に歌う TokyoMX(10/08)#01新 [ぬる~くまったりと]
第一節 私たちの大事な世界の全てだった 泥クジラで暮らす人々。 チャクロ(14才)たち印にサイミアを教えてくれた教官のベニヒ(29才)が亡くなった。 今日は弔いの日、遺体は砂の海に流す。 チャクロは記録係、感情を文字にしてはいけない。 印とは情念動、サイミアを使える人の呼称で島の9割が使えるが  短命で30才前後で亡くなることが多い。 無印はサイミアを持たない者で長命で島の指導者となる。 チャクロも印だがサイミアの制御は下手。 半年ぶりに流れ島を発見、偵察隊が組織される。 砂の上を移動するにはサイミ... [続きを読む]

受信: 2017年10月10日 (火) 16時19分

« 2017秋期アニメ随感(2) | トップページ | 食戟のソーマ餐ノ皿第2話 »