« Re:CREATORS第18話 | トップページ | 異世界食堂第8話 »

2017年8月21日 (月)

プリンセス・プリンシパル第7話

Anjeyankii

アンジェちゃん、なりきるために元ヤンを自己設定
渾身の演技ですが、ただのやんちゃさんにしか見えない!カワイイ!

空想より科学へ
工場を改革するプリンセスは空想的社会主義者だった?
それは後述ということで。

御法度の神経ガスを使う暗殺者「毒ガスジャック」の手がかりを求め、プリンセスほかチーム白鳩が女工に扮して洗濯工場に潜入。
手がかりを探して暗殺者を追うのが縦の筋で、旧態依然とした工場の体制を改革し、いたいけな少女女工たちに希望と救いをもたらす顛末を横筋とする、心あたたまるお話でした。
スパイ活動の暗黒面を強調した酷薄なストーリイが続いていただけに、一服の清涼剤になりました。

実はですね、「洗濯工場で労働する少女たち」って設定が提示されたとき、これはもうレミゼラブルで不幸きわまるお話が展開するものと思い込んでしまったのです。日本にも「女工哀史」がありましたが、本場英国のそれは、日本の比ではないほど悲惨だったと仄聞します。

Binkorogaru

だから、神経ガスのつまった壜がマリラの足元に転がったとき、これはてっきりガスが洩れて工場に充満して少女たちが皆殺しに…って結末を一瞬覚悟したのですが。
全然そんなことはありませんでしたw

「魔法少女まどか★マギカ」や「Fate」などの不幸アニメを視聴しつけていると、心のどこかでさらなる「不幸」を待ち受けている自分に気づきます。
「プリンセス・プリンシパル」にもそんな匂いがしたので、すっかりその気になっていたのです。
もっと不幸を!もっと刺戟を!
どうしてこうなった?私の心は汚れてしまったのか?
汚れっちまった悲しみに、涙が滂沱と流れている私です。
まあでも、次回のプリプリは、お釣りがくるほどヒサンなお話に逆戻りする可能性も否定できませんがw

さて、「空想より科学へ」ですが、マルクス主義の創始者カール・マルクスの相棒、エンゲルスの著書です。
プリンセスが洗濯工場を経営し、漸進的に改革していく発想そのものは、19世紀前半にフーリエやオーウェンらによって提唱された「空想的社会主義」を想起させます。
管理され調和のとれた生産体制、不平等や従属関係が存在しないこと。
ただ、彼らは具体的政策の提案に乏しかった。そこをエンゲルスによって批判されたわけですが、プリンセスの改革には具体性があるので、エンゲルス先生も納得してくれるかな?
とはいえ、有能な作業リーダーかもしれないけれど、一介の女工であるマリラに経営者を任せてしまう辺りはまだまだ「空想的」な感じがします。まあ、元の経営者がそもそも無能だったからいいか。そこはご愛嬌ということで。

Prikaitori
「わたし、工場を買い取ります」

Priyamemasu
社長をやめます

Jokouodoroku
えーーー!!?」

プリンセスったら

でも、この笑顔には誰も勝てませんね。

Makeruna
Tisemakenai

マリラがちせに向けたエール。
負けるな!」もよかったなあ。

心が洗われるステキ話数でした。
たまにはいいですね(まだ云うかw

|

« Re:CREATORS第18話 | トップページ | 異世界食堂第8話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/65692983

この記事へのトラックバック一覧です: プリンセス・プリンシパル第7話:

» プリンセス・プリンシパル 7話ツイート感想 [Wisp-Blog]
 鉢巻に嘘つき同士の繋がりを乗せて。 [続きを読む]

受信: 2017年8月21日 (月) 20時06分

» プリンセス・プリンシパル 第7話「case16 Loudly Laundry」感想 この世界に住む人々の辛さと強さ、そして大らかさを感じる良いエピソードでした。 [二次元美少女の笑顔を守りたい duple]
細かい設定のアンジェのぶっ飛ばすぞ!に笑った。 そしてアイロンの達人マリラとちせの交流に爽やかで優しい気持ちが湧いてきました。 一晩でアイロン工場のメンテナンスをやり切ったベアトちゃんの頑張りも良かったし、今日もやられ役のフランキーが登場したり、毒ガスジャックを後ろからモップで叩き伏せようとするプリンセス等々、楽しくてちょっぴりハラハラするシーンもいっぱいな回でしたね。 ...... [続きを読む]

受信: 2017年8月21日 (月) 20時11分

» プリンセス・プリンシパル 第7話「case16 Loudly Laundry」 [いま、お茶いれますね]
第7話 「case16 Loudly Laundry」 アンジェ、キャラ設定細かすぎw [続きを読む]

受信: 2017年8月22日 (火) 07時26分

» プリンセス・プリンシパル TokyoMX(8/20)#07 [ぬる~くまったりと]
第7話 case16 Loudly Laundry ロンドンで毒ガスジャックと名付けられた暗殺者が出現した。共和国寄りの要人ばかりを狙っている。神経ガスを利用するが、ジュネーブ条約で使用禁止のはず。それ以前に製造されたガスが軍の倉庫に眠っている。そこには兵舎を通らないと到達できない。 男は洗濯しない、軍服の洗濯は全てが外部委託。軍服に染み付いた毒ガスを検査薬で調べれば良い。洗濯工場に潜入する5人、今回はプリンセスも面白がって参加。隠れて検査したいのでアンジェは不良娘の設定で役作りする。直ぐに休憩をと... [続きを読む]

受信: 2017年8月23日 (水) 01時44分

» プリンセス・プリンシパル #7 case16 Loudly Laundry 再建感想 [アニメガネ]
今一度境遇を洗濯致し候。 [続きを読む]

受信: 2017年9月 2日 (土) 07時14分

« Re:CREATORS第18話 | トップページ | 異世界食堂第8話 »