« はじめてのギャル第7話 | トップページ | ナナマルサンバツ第8話 »

2017年8月26日 (土)

地獄少女宵伽第7話

Ai001
Ai002
Ai003

今夜から、回顧録セレクションが始まりました!
初期あいちゃんを堪能できた!やっぱりいいなあ…。

第一弾は「汚れたマウンド」。
まだ第一期の3話め。アニメ「地獄少女」としての作品パターンを確立しようと模索している時期の作品です。
前回も書いたけど、甲子園が終わって昂奮さめやらぬこの時期に、高校球児ネタを上手くアテてきましたねw

物語は、典型的な勧善懲悪。布置としては分りやすいです。いや待て、勧善は全くなかったw
プロ球団からも引く手あまたの超高校級ピッチャー、花笠。
傲慢きわまる俺様キャラですが、そんな彼の力を借りてでも甲子園に出場したい、岩下や室井たち。
特に室井は、花笠にバットで腹をどつかれても、じっと我慢の朴訥なイガグリ頭くんです。
ところが、その行為が直接の原因で、室井が急死!
すべての罪を押しつけられた岩下は、窮地に立たされます。
ところが、花笠は平然たるもの。室井の死のお蔭で大会出場停止になり、むしろ肩を温存できてラッキーだったとまで嘯く。
激昂した岩下が地獄人形の赤い糸を引いた!

画面は急展開し、地獄の里の抒情的な映像に。
「あい、長襦袢を置いておくよ」
「ありがとう、おばあちゃん」
あいちゃんのしっとりした禊シーンから、一転、輪入道の火車による華麗なる出撃!

Siokigaikotu
Siokikudakeru

Jigokunagasi00
Jigokunagasi
Jigounagasiaityan

じっくり魅せる仕置きの場面!
シメは、三途の川の舟の上で、地獄流しの仕上げ。

ありがとう!これでこその地獄少女です!

Geki01
Gekioden

そして、新機軸は、わたなべひろしによる「劇メーション」。
今回は、おでんネタでした。もっくんの袖をひたすウインナおでんがとってもシュール。
地獄少女には昇格できなかったきくりですが、三藁たちとのコントが活き活きしています。
本編が陰鬱なだけに、この幕間劇って何だかホッとします。いいアントレですね。

次回はあの問題作「昼下がりの窓」。愉しみです。

【余談】
花笠って、名前がいいよね。私世代は「巨人の星」の「花形満」をすぐ思い出してしまいます。
思えば、花形満も破天荒なヤツでした。
いくら父親が花形モータースの社長とはいえ、中学生の身でスポーツカーを乗り回して球場に颯爽と乗りつけるとかありえませんw
わざとピッチャー返しを狙って打球をぶつける「ノックアウト打法」に至っては、危険球どころじゃありません。あきらかに傷害行為です。
出場停止、下手すれば球界永久追放ものですよ?
それが、最後まで星飛雄馬のライバルとして君臨し、あまつさえ、永遠のマドンナ、明子ねえちゃんと結婚までしちゃうんだもんなあ。
花形に比べれば、花笠なんてまだカワイイものだって気がしてきました。

永遠のリア充キング花形満と、地獄に流された凡人の花笠に乾杯です。

|

« はじめてのギャル第7話 | トップページ | ナナマルサンバツ第8話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/65709612

この記事へのトラックバック一覧です: 地獄少女宵伽第7話:

» 地獄少女 宵伽 第7話 回顧録1 [ぷち丸くんの日常日記]
スナック骨では、きくり(CV:さかいかな)が骨女(CV:本田貴子)が作ったおでんの中身をみんなウインナーに変えてしまって・・・ 一目連(CV:松風雅也)がきくりと揉めている最中に洋服を汚してしまって・・・ それを見ていた輪入道(CV:菅生隆之)は、あの時言ってやれば良かったと後悔しているような言葉を言っていましたが・・・ 高校野球のヒーロー選手として脚光を浴びる花笠守(CV...... [続きを読む]

受信: 2017年8月26日 (土) 15時23分

« はじめてのギャル第7話 | トップページ | ナナマルサンバツ第8話 »