« 異世界食堂第1話 | トップページ | サクラクエスト第14話 »

2017年7月 5日 (水)

ナナマルサンバツ第1話

ダス・ゲマイネがしぶすぎw

これも、高度な知能戦の系譜を継ぐ作品でしたね。「賭ケグルイ」と異なるのは、作品世界がいかにも健全で、心穏やかに愉しく観られるところです。
文学にはいささか一家言ある私なので、このクイズも、文体からして太宰治作品なのはすぐ分ったのですが、さすがに「ダス・ゲマイネ」は出なかった。難問すぎますよひねり過ぎですよ畜生(負け惜しみw

ヒロインとなるべき深見真理ちゃんの声が何とも棒っぽくて、気になって思わず調べたら、あにはからんや、中の人は川島海荷ちゃん。サクラクエストの黒沢ともよちゃんと同じく、やはり子役出身で大河ドラマへの抜擢もあった女優さんだったんですね。うーん…。

このテの物語は、非力な主人公がゼロから出発して成長していくビルドゥングスロマンになるか、初手から異才を発揮して宿命のライバルと熱いバトルを繰り広げていくか、二者択一なのですが、コレは後者ですね。
ならば醍醐味は、次々と立ちはだかる強力な好敵手たちとの鍔迫り合いが生む昂奮にあると云わねばなりません。
そして、このパターンに欠かせないのは、蠱惑的なライバル兼美少女たち、もしくは美少年たちw
主人公が冴えないショタ系メガネ君である以上、眩めく男色へのご招待も充分アリかもしれません。

しまった筆がすべった。もちろん、まずは蠱惑的な美少女たちを愛でたいところです。
お願いしますスタッフ!

|

« 異世界食堂第1話 | トップページ | サクラクエスト第14話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナナマルサンバツ第1話:

» 【7○3×】ナナマル サンバツ 第1話「キミもクイズ王にならないか?」感想 許された…。縞パンだった事は記憶から消さなければならないのだ! [二次元美少女の笑顔を守りたい duple]
そして少年は、早押しクイズの醍醐味を知る。 久しぶりの日テレ火曜深夜枠のアニメ作品なのでレビューする事にしました。 それはさておき、クイズ研究会の部長こと笹島学人をはじめとする登場人物たちのノリが良く、炎の転校生っぽい勢いを持つ学人のクイズ王になりたいかー!と云うシーンに早くもワクワクしてしまいましたが、ヒロインの深見 真理はともかく、主人公の越山 識が図書室ぼっちメシを...... [続きを読む]

受信: 2017年7月 5日 (水) 23時24分

» ナナマル サンバツ 第1問 キミもクイズ王にならないか? [悠遊自適]
漫画原作。クイズもの。早押しに特化するようだが、今後その辺をどう魅せてくれるか気になる所。気になる所と言えば、ヒロインの声が独特。少なくともクラスで役員決めしてる時のシーンではそんくらいだった。「ん?変わった口調だな?」、と。 とんでもなかった。独特ではなく、キャラ(デザ)と声質が壮絶合ってなかった。それだけでも相当痛いのにそれだけでなく、絵面とヒロインの声が兎に角合ってないと...... [続きを読む]

受信: 2017年7月 6日 (木) 18時16分

» ナナマルサンバツ 日テレ(7/03)#01新 [ぬる~くまったりと]
第1問 君もクイズ王にならないか? 高校の新入生勧誘でクイズ研究会を発見する越山。100問クイズのチラシを貰う。先ずはクラスの委員を決める。図書委員に手を挙げるが前の男子が邪魔して見つけられない。別の男子が立候補して決定する。女子は深見真理が立候補。実は母親が司書なので図書館で本を読みながら待っていた。中学では3年間図書委員だった。 ランチは一人、図書室で食べていると深見真理が余所見をして ぶつかって転ぶ。縞パンを見てしまうが、不可抗力。彼女も100問クイズを解いていた、問題文に/が書き込まれていた... [続きを読む]

受信: 2017年7月 7日 (金) 07時45分

« 異世界食堂第1話 | トップページ | サクラクエスト第14話 »