« 賭ケグルイ第2話 | トップページ | プリンセス・プリンシパル第1話 »

2017年7月 9日 (日)

2017夏期アニメ随感

18if
ワンダーランド物。GONZOさんらしい味わいが懐かしい。
「電影の魔女」は、優等生を演じる眼鏡っ子ちゃんが造り出した人格でした。このテのインナースペース物にしては、実に分りやすい布置です。
逆に言えば芸に乏しいともいえるので、これからどうするのか。可能性に期待です。

RWBY
米資本?
アニメ初期の紙芝居っぽいプリミティヴさが売りなのでしょうか。一周まわって新しくなるって発想なのかな。
もちろん米アニメの本気の実力はこんなものではないので、紙芝居アニメの狙いが那辺にあるのか、今しばらく注視したいと思います。

Re:CREATORS
春期からそのまま夏期に突入、2クール目に。
ついに始動した「エリミネート・チャンバー・フェス」。何と国の肝入りです。
ただでさえ過労で死にそうなのに内閣府に徴用され、不満たらたらな民間スタッフたちに、菊地原の強烈な一喝が。
国策事業をなめてはいけません!」
クールジャパンここにありってかw
神出鬼没のアルタイルをおびき寄せ「鳥籠」に誘い込んでメテオラとのバトルにより「観客からの承認」を得て設定改変に持ち込み、大崩壊を回避する。メタフィジックきわまる設定です。
二次元主人公たちの代理戦争から、クリエイターたちの物語に変貌です。おもしろくなってきましたね!

|

« 賭ケグルイ第2話 | トップページ | プリンセス・プリンシパル第1話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/65512988

この記事へのトラックバック一覧です: 2017夏期アニメ随感:

» 絵に描いたような/Re:CREATORS 14話感想 [Wisp-Blog]
 絵に描いたようなことだからこそ。 >拍手返信:雪光さん >>ネタ的な総集編という枠組みに収まらず、本作ならではのメタフィクショナルな視点で読み解く感想に唸らされます。多重構造的に実際の神代の地の住人たる我々にまで踏み込んだ上で、作画スタッフや監督に言及している台詞と紐付けると更に味わい深さも増しますね!  単純に笑えるものであるだけ、踏み込んでみた時にどんどん構造が多層的にな...... [続きを読む]

受信: 2017年7月 9日 (日) 17時25分

» Re:CREATORS #14 ぼくらが旅に出る理由 白箱感想 [アニメガネ]
あーもうめちゃくちゃだよ。 [続きを読む]

受信: 2017年7月 9日 (日) 17時27分

» Re:CREATORS (レクリエイターズ) 第14話「ぼくらが旅に出る理由」感想 政府主導のコロッセオプロジェクトで皆からフルボッコにされそうなアルタイルちゃん頑張れ! [二次元美少女の笑顔を守りたい duple]
足並みの揃いそうもないクリエイターたちに、黒板バンバンして啖呵を切る菊地原女子にゾクゾクしてきた! しかし彼女と颯太は、アルタイルちゃんを応援する僕には最大の敵です。 アルタイルを倒すために政府主導で行われるエリミネーション・チェンバー・フェス。 その会場となる場所を訪れた弥勒寺優夜はやがて始まる戦いとコロッセオの広さにどこか興奮している様でしたが、ここで行われる戦いや発信...... [続きを読む]

受信: 2017年7月 9日 (日) 18時49分

« 賭ケグルイ第2話 | トップページ | プリンセス・プリンシパル第1話 »