« サクラクエスト第12話 | トップページ | エロマンガ先生第12話(最終話) »

2017年6月24日 (土)

孤独のグルメSeason6

「文京区茗荷谷の冷やしタンタン麺と回鍋肉」

Before
Kodokuhiyasi


After
Kodokumazemaze



小石川にこんな中華屋があるとは知らなかった。「豊栄」、いいお店だ。

Kodokugoro

五郎'Sセレクション。きわめてフォトジェニック。中華でこの映像美は珍しいかも。
「まるで中華庭園をドローン撮影しているような風景だ」
中華庭園か。ゴローちゃん相変わらず詩人だねえ。

Kodokugekikara
Kodokumuseru

最後に登場して激辛料理を註文して噎せまくるおっさんが笑えた。原作者久住氏の若き日の姿とか?(笑)

|

« サクラクエスト第12話 | トップページ | エロマンガ先生第12話(最終話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/65451150

この記事へのトラックバック一覧です: 孤独のグルメSeason6:

» 孤独のグルメ Season6 (第11話・2017/6/23) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
テレビ東京系・ドラマ24『孤独のグルメ Season6~』(公式) 第11話『東京都文京区茗荷谷の冷やしタンタン麺と回鍋肉』の感想。 なお、原作:久住昌之、作画:谷口ジロー「孤独のグルメ」(週刊SPA!)は未読。また、前Season1~5は鑑賞済み。 東京・茗荷谷の出版社を訪れた五郎(松重豊)は、いきなりカフェに連れていかれ、得意客から頼まれて渋々了承し...... [続きを読む]

受信: 2017年6月24日 (土) 19時22分

« サクラクエスト第12話 | トップページ | エロマンガ先生第12話(最終話) »