« エロマンガ先生第10話 | トップページ | 武装少女マキャヴェリズム第11話 »

2017年6月12日 (月)

アリスと蔵六第10話

Amosya

うーん、もしゃもしゃする…」(視聴者w)

フィクションの世界では、どんな登場人物を出そうが自由です。
サイコな極悪人だろうが天使のような善人だろうが、老獪きわまる策士だろうがイノセントな少女だろうが。
そう、ここ暫くの紗名ちゃんみたいに、
「おまえ、悪いやつだ!」
「もしゃもしゃするーーー!」
しか云わない、幼稚きわまる分からず屋さんでも。

ただし。
作者自身が紗名ちゃんと同じ目線になってはいけない。
低回する目線でお話を進めてしまい、視聴者をイライラさせてはいけない。
作者は、あくまでも作品の「神」。すべてを客観的に俯瞰できる視点を見失わないこと。
それは、人物への感情移入とは別次元の話です。
ここ何話かの「アリスと蔵六」にはその弊害が垣間見えて、視聴者を(私もですが)もしゃもしゃさせていたのは想像に難くありません。
これが小説なら、読者のペースで読めるので、弊害は緩和されるのかもしれない。
でも、週放送のテレビアニメでは、視聴者はただ待たされるだけなので、焦燥が募ります。

作者(演出)が陥りやすい、誤解されやすいポイントなので、あえて贅言してみました。
これからはお話がまた活き活きと動き出しそうなので、期待します。

ワンダーランド崩壊

Akaerenai

「あのな、たぶんだけど、あたしたち、帰れないかもしれない…」
やばいっすね紗名ちゃん。
オトナたちが慌てまくっていました。この世界は、彼女が独力で造った世界ではないのかな?
だとすれば、復旧のきっかけがあるはずですね。
はーちゃん共々、彼女たちが本当の意味で「救われる」方途はあるのでしょうか。
鶴首して待ちたいと思います。

|

« エロマンガ先生第10話 | トップページ | 武装少女マキャヴェリズム第11話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/65403985

この記事へのトラックバック一覧です: アリスと蔵六第10話:

» アリスと蔵六 #10 [桜詩〜SAKURAUTA〜]
【小さな女王】 アリスと蔵六 Blu-ray Box 1 (特装限定版)アーティスト:アリスと蔵六バンダイビジュアル(2017-07-28)販売元:Amazon.co.jp 絶賛モシャモシャ中?  [続きを読む]

受信: 2017年6月14日 (水) 08時13分

« エロマンガ先生第10話 | トップページ | 武装少女マキャヴェリズム第11話 »