« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月30日 (火)

【特別企画】ムラマサ先生と色欲の夜(笑)

Eromuramasa


「マサムネくん、そもそも君はずるい!」
「な、何がですかムラマサ先輩」
「確かに私は、あの有名な妖刀村正からペンネームを取っている。君は、あの名刀正宗からペンネームを取っているのだろう。だが実は、正宗は鎌倉時代、村正は室町時代。正宗の方が日本刀として由緒があるんだ。ずるいじゃないか、後輩のくせに!」
「さすがのウンチクですね。でも先輩は押しも押されもしない1千万部作家。僕はといえば、ようやくラノベ天下一武闘会で勝てたばかりの新進作家。格の差は歴然ですよ」
「それはそうだが…そうかな…えっへん、私のことはゆめゆめ尊敬を怠らないようにするのだぞ後輩君♪」

「して大先輩、今日はどうしたんですか」
「今日は、君にどうしても訊きたいことがあってやってきた」
「何でしょうか」
「どうして私が好んで和装しているのか分るか」
「それは、着物姿は綺麗でおしとやかな先輩に似合うからじゃないですか」
「それもある。しかし、もっと重要な、もっと根源的な理由があるんだ」
「?」
「君も知っているはずだ。伝統的に、着物の場合、ブラやパンティをつけないことを」
「…あ」
「もう分っただろう!このキモノの下に私は何もつけていないんだ!乙女の熱き柔肌そのままなんだ!なのに、どうして君はおさわりをしないんだ!私に女としての魅力が欠けているからか、そうなのか!?」
「い、いや、でも肌襦袢と腰巻くらいは」
「そんなもどかしいモノはつけない!何だったらキモノも脱ぐか?脱いだらすごいぞ私は!」
「む、ムチャクチャですよ!何とかしてよドラえもん、じゃなくて紗霧!」

いつもなら、ここでエロマンガ先生の乱入があるはずなのですが、用意周到なムラマサは、紗霧を既に無力化していたのです。実は病んでるムラマサでした。
「邪魔者はいない。君のことは、この1千万部作家のムラマサが責任を取って一生養ってやる。だから君も、責任を取って私を奪ってくれ。私を君のモノにしてくれ♪」

二人の、色欲に溺れる夜々がどれほど永く続いたかは知るよしもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月29日 (月)

アリスと蔵六第8話

Alihatudou

AlihakaiAlihakai02


相互破壊

アリスの夢は、能力を相殺し合う特質のあることが判明しました。
埒があかないのに逆上し、ぽかぽか殴りつける紗名ちゃんがカワイイw

「悪い魔女」羽鳥ちゃんが登場です。
彼女の魔法(アリスの夢)は、操作系の超強力なヤツ
両親に仲良くしてほしい願望が間違った方向に働いて、両親は意思のない操り人形に。
学校どころか、ついには街全体を操作してしまうことも可能なチート魔法少女に育ってしまいました。
魔法を解く方法が分らず、家にも帰れなくなった羽鳥ちゃんと親友の歩ちゃんは「さまよえるオランダ人」のように、永遠に世界を彷徨う呪われた運命。
そこへ現れたのが、魔法に支配されない女の子、紗名ちゃんです。とまどう羽鳥ちゃん。

Alihatori

羽鳥ちゃんを登場させたからには、今後の流れに向けて、何か脚本の企みがあるはずですよね。
そこに期待します。物語をもっともっとふくらませてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017年5月28日 (日)

エロマンガ先生第8話

Erodatou_2

打倒電撃文庫
w

山田先生の夢が壮大過ぎて吹いたw
おにいさまとかわっちとかに本気で勝てるつもりでいるのでしょうか。覇道への道は険しいと思いますよ?

ラノベ天下一武闘会の打ち上げを和泉先生宅で。
打ち上げ回が大好物な私にはご褒美です。
マサムネの手づくり料理、すっごくレベル高いし。

Eroryouri
この料理に合わせるなら住吉の大吟醸しかないよなあって全員未成年かw

Erosidou

スイーツ大好きな獅童先生颯爽登場。
何かBLっぽい雰囲気っすね。
マサムネに思し召しがあるのでは?って思ってしまった私は腐男子かもしれませんw

Eromuramasa

振られたはずのムラマサ先生も相変わらずポジティブだし、山田エルフ先生の嬌態は健在だし、もしかして獅童先生も乱入してくるかもだし(笑)紗霧ちゃんの苦労は絶えないようです。
妹はつらいよw

そろそろ、めぐみんが見たいかもー。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2017年5月25日 (木)

サクラクエスト第8話

Sakuraimomusi


Sakuranoodle


Sakurasand

まちおこし
どころかまちこわしとはこれ如何に
w

発想がすごいっすね。C級グルメというよりZ級グルメというべきかw
こういう小ネタを表現するウィットと作画技術は、さすがのP.A.WORKSですね。食事シーンも、実に美味しそうに描破できています。
SakurasoumenSakurarest

好きになってきたサクラクエストですが、それだけに註文もしたいところです。

放映開始当時、他ブログさまで散見された否定意見。
「何だかイライラする」「もう観ない」
そこまで云われるほどの愚作ではないと思うのですが、では何故、観る人によって、もどかしさを与えてしまうのか。
それは、由乃と仲間たちの行動に決定的にリアリティが不足しており、視聴者が感情移入しづらく共感を得にくいからです。
いや、彼女たちの突拍子もない発想や行動はいいのですよ。先行作品「花咲くいろは」もそうでした。しかも傑作だった。
サクラクエストで問題なのは、「いろは」と同工異曲であり、しかも「いろは」ほど視聴者を強引に捲き込み首肯させるだけの勢いがない。ひたすら静的で、出来の落ちる小津安二郎映画を観ているような気分です。

たとえば、和菓子屋のおばあちゃん辺りに、もっと由乃たちを批判し、鞭打ち、叱咤激励するような役割を持たせられないでしょうか。いろはに於ける、緒花のおばあちゃんのように。
何だったら悪役にして、海原雄山みたいに高笑いさせるくらいのあざとい演出があってもいいと思います。
社会人として鍛えられていない由乃たちが思いつきで行動し、強大な「現実」の壁にぶち当たる。壁を越えるために必死に知恵の限りをつくし、現実と切り結び、ひとつひとつを克服していく。
そこにこそ、物語としてのリアリティが生まれるのです。既に社会人として必死で生きている人もいるはずの視聴者たちを納得させられるのです。
現況のままでは、「由乃と愉快な仲間たちのふわふわドリームクエスト顛末記」でしかありません。
ヒロインが仕事を通じて成長していく姿を描く「お仕事アニメ」というジャンルを選んでしまったからには、エンタメとしての「エロマンガ先生」や「武装少女マキャヴェリズム」とは、そもそも求められるものが違うのです。

辛口になりましたが、サクラクエストは気に入っています。今後に、とっても期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

武装少女マキャヴェリズム第8話

「ホントのことを話しておいたからー。お風呂場で納村ちゃんに襲われて膜を破られたってー」

何この意訳w
「こまく」から「こ」を取っただけでとんでもないことに。
さとりちゃんは小悪魔です。




納村の冤罪を知って、輪ちゃんが90度謝罪。礼儀を知っているいいコです。
「許してくれとは云わないが、かなうことなら何でもす」
Marin01Marin02

輪ちゃんの涙目に吹いたw
そりゃ、不道のあんなモノを見せつけられちゃあねえ。大切な純潔を奪われちゃったって感じですな。

「お詫びにわたくしの体、好きになさってよくってよ
Mamaryhadaka

メアリちゃんも乱乳いや乱入w

痴話喧嘩をよそに、そっと立ち去るキョーボー。
孤閨をかこつ彼女は、シーツにくるまって忍び泣きしていたのです。
ちょっと同情しちゃったのはナイショだw
Makyobo

あ、ちがった!これって蕨ちゃんだった!
Mawarabi






眠目さとりちゃんとの対決が終り、無事に外出許可証もゲット。今回は息抜き回でしたね。
作画も息抜きということでw

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017年5月21日 (日)

エロマンガ先生第7話

にいさんは一生女の子とデートしちゃダメ!」

妹からの生涯童貞宣言w
「どうして一生なんだよ」
「だって…」(もじもじ)
生涯同棲宣言だったかw

一千万部ラノベ作家のムラマサ先生が、女子の制服姿でマサムネの気を引きに来ました。
「降伏勧告に来た。キミ、私のモノになりなさい」
後であれこれ弁解してたけど、やっぱりマサムネのことが好きだったのですね。

「私はキミのバトル小説が大好きなんだ!私のために小説を書きなさい!印税をすべてあげよう!キミが私のモノになってくれるなら、キミたち兄妹は私が一生守ってやる!」
ムラマサ先生マジミザリーwほとんどヤバい領域に踏み込んでいますね。
「ミザリー」は本来、スティーヴン・キングの小説中の架空主人公なのですが、ミザリーという作品を愛するあまり作家の脚をぶった切って幽閉し、自分の好みの結末に書き直させようとする歪み切ったサイコ愛読者の代名詞になっています。

「あげない!絶対あげない!最初からあたしのだもん!」
紗霧ちゃんの捨て身の反撃
いやもう修羅場以外の何物でもありませんな。さすがのムラマサ先生も退却です。
「つまらなかったら殺す」
捨て台詞怖すぎ。ますますミザリーだ。

「キミの作品も、キミ自身も、愛している!返事をきかせてくれないか」
「オレ…好きなひとがいるんだ」
ムラマサ先生、まさかの撃沈です。幻想的なシークエンスだったけど、妄想場面なのかな。
先生の作品が本になっていたから、後日談なのかもしれません。

そしていよいよ、ラノベ天下一武闘会の結果発表が。
「私の可愛くない後輩」は規定枚数超過により失格。「世界で一番可愛い妹」が優勝です。
マサムネは気づいていないようですが、ムラマサ先生の粋なはからいで、和泉兄妹が勝利しました!

Muramasa

エロ可愛いとはこのことだ!ムラマサ先生の女子力最強です。
この媚態で迫れば、マサムネも悩殺されたかもしれませんね。
「こ、このヒロイン何か私に似てるんですけど!」
諦めない山田エルフ先生も健在だし、超モテ期のマサムネの未来が心配です。つか口惜しいw

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2017年5月18日 (木)

武装少女マキャヴェリズム第7話

Ma01tuba

えろい!
エロ杉君だぜマキャヴェリズム!

M04M05


いやー眼福眼福。全篇これ、お風呂場での納村不動と眠目さとりちゃんとの、瑰麗きわまる全裸対決でした。画像キャプチャにも、思わず力が入りましたよ。
さとりちゃんの繰り出す全裸剣法のド迫力に、手に汗握りましたというかいろいろニギりましたw

M02M02hudou

M03korosu_2

人にあらざるさとりちゃんにも、心の傷があったんですね。
両親にすらバケモノ扱いされてしまった、辛すぎる過去。心を閉ざしてしまったのも、無理からぬところです。
そんな彼女も、不道があえて曝した股間のアレに、動揺を隠し切れません。
「どうした?ナニを切り落とそうって気持ちがノリすぎだ。かかってこいよ、人間のふりをしたバケモノ」
「殺すよ!?」
アレ最強伝説いまこそ!(笑)

M05dere

結果はアレの完全勝利。さとりちゃんもすっかりデレてしまったので、不道の明晰な頭脳による戦略勝ちってわけなんでしょうけれど。
単なる露出狂という疑惑も拭い切れませんw

| | コメント (0) | トラックバック (3)

サクラクエスト第7話

サクラクエストは、画像がなくても語れる作品です。
えろいとかカワイイとか刹那的なあざとさではなく、作品全体から匂い立つ馥郁とした香気、その陶酔感で勝負する。
それこそが、品格それ自体なんですね。

……………………………………
べ、べつに、録画予約忘れたせいじゃないんだからね!
やせがまんじゃないもん!ホントだもん!!

はいはいはい、迂闊な馬鹿は放っておきましょうねw

間野山の映画クエストも無事に終了。いろいろあったけれど。
「そんなの、ふるさとを捨てた由乃ちゃんだから云えるんだよ!」
おばあちゃんと育んだ、しおりちゃんのステキな思い出がつまった家だったんですね。
その古びた家は、結果燃やされてしまいましたが。
忘れ去られるよりも、映画のなかに残る方が、おばあちゃんも喜ぶかもしれない。
そう思えたときに、彼女の想いは昇華されたんですね。
同じく、真希ちゃんの、女優人生への行き場のなかった想いも、猛火の家に飛び込むスタント一発勝負で完全昇華されました。
めでたしめでたしです。

ちゃんとオチもあったり。
東京の映画会社からヒキの電話がありました。勇んで電話を取る由乃ちゃんですが。
「カーチェイスとかお寺ぶっ壊したりとかできるんですか?」
間野山は、何でもアリのマッドマックス2な町として、全国に喧伝されたんですねw

由乃たちは、ビールやらジュースやら思い思いの飲み物片手に打ち上げです。
いいなあ。打ち上げの飲みって、大好きなんだよなあ。このシーンだけは録っておきたかったなあ。
……………………………………………

いいんだもん!「武装少女マキャヴェリズム」で録画リベンジするんだもん!w

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2017年5月15日 (月)

アリスと蔵六第6話

A01

早苗ちゃんのつつましやかなおっぱいが、巨乳爆乳ぞろいのアニメ界では一輪の清楚な花のよう。
癒されます

「人間になりたい!」。
一大決心をした紗名ちゃんの、樫村家での日常が始まりました。
ところが、云うは易し、行うは難し。

電燈のヒモに手が届かないけど、おふとんから起きたくなーい。
外は寒いから新聞を取りに行きたくなーい。

便利な能力に甘やかされてきた紗名ちゃんは、すぐアリスの夢の力に頼ろうとして、蔵六に叱責されてしまいます。これでは人間になれません(笑)。
彼女の願いがかなうのは、まだまだ道遠し、でしょうかw
そして、蔵六が紗名ちゃんとの養子縁組を提案!紗名ちゃんも早苗ちゃんも大喜びです。

だが、現代のアニメ視聴者は、まどマギを初めとする不幸アニメで鍛えに鍛えられているため、ささやかな幸福にも不幸の影を探してしまうのです。この養子縁組が、実はなかなか難物。
まず紗名ちゃんは未成年なので家裁の許可が必要。いろいろ調査も入るでしょう。
それより何より、手続きには紗名ちゃんの戸籍謄本が必要です。
人にあらざる紗名ちゃんに戸籍ってあるのか
…まあでも、研究所が絶大な権力で戸籍を設定してあるのでしょう。気にしない気にしないw

A02

樫村家の冷蔵庫ですが、この一升瓶って、蔵六の晩酌用なの?お酒好きの私、気になります。
でもよく見たら、みりんとか醤油みたいですね。冷暗所に保存すればいいと思うけど、樫村家では冷蔵庫にしまうのかw

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2017年5月14日 (日)

エロマンガ先生第6話

呼び捨てはよくないな後輩。私のことはムラマサ先輩とお呼びなさい!

しっとり和装の似合う暴帝女王キター!!
断髪にキモノかあ。この造形、何だか懐かしい…。
「異国迷路のクロワーゼ」の湯音ちゃんを想い出して涙ぐんだのはナイショです。

エロマンガ先生マジエロマンガwそれも凌辱調教系ということでw
やってることがヤバすぎますって。
眼隠しと両手ボンデージという絶対拘束めぐみんが、紗霧ちゃんにあーゆーことやこーゆーことをされて、あげくぱんつを奪われるという殆ど犯罪的な状況から始まり、マサムネが自らの夢を賭けてラノベ天下一武闘会(笑)でムラマサ先生と雌雄を決することになり、次回へ続く。
めっちゃカオスな流れですな。なぜにムラマサ先生がかくもマサムネに敵愾心をもやすのか、事情がよく分りません。
でもムラマサ先生可愛いし、これはこれでもらっておこうw
今回、マサムネとの初デートでデレる山田エルフ先生と、「私がえっちなイラストを描いてにいさんを養ってあげる」って健気すぎる紗霧ちゃんに惚れ直しました!
紗霧ちゃんの「それって上位互換?」はキツーイ一発だったけどねw

PCへの録画が何故か不調に終わり、今回画像キャプはナシです。
めぐみんの凌辱画像がアップできないなんて!
残念なり、無念なりw

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2017年5月11日 (木)

サクラクエスト第6話

Sakura01


いやこれってダメでしょw

和菓子屋の女将の鋭いご意見に、私からも一票投じますw

間野山に映画撮影クルーがやってきた!
張り切る国王(由乃)たち。老舗和菓子店に撮影許可のお願いに行った由乃たちですが、商店会会長である女将のプライドを傷つけ、逆鱗に触れてしまった模様。協力しても何の得にもならないと、にべもなく断られてしまいます。

SakuraSakura02_5

「おまんじゅう、映画の中に出てくるんだって。断ったらチュパカブラ饅頭になっちゃうかも
間野山の恥を全国にさらす気かい!待っとくれ!!」
孫娘ちゃんのナイスフォローで女将は翻意しました。ケガの功名とはこのことだ。
結局、ゾンビ映画になってしまったけどさw

Sakuraneko

しかし、道端の猫の作画が異様にすごかったですねー。P.A.WORKSの本気を見せつけられた思いです。
むう!この猫は!作監が変ったな?どんな作監だ!
って海原雄山が激賞したとかしてないとかw

| | コメント (0) | トラックバック (6)

武装少女マキャヴェリズム第6話

Kenka01_3


スクイズ再び
w

輪ちゃんとメアリちゃんのヤンデレっぷりがハンパありません。この二人は完全にオチてしまいました。
腕自慢の二人によるスクイズ戦争が勃発したら、もはや血の祭典どころではありません。凄惨眼を覆うものになるでしょう。
納村不道の真の名は伊藤誠だったんですね(笑)。

「ナカニダレモイマセンヨ?」
この名台詞を呟けるのは輪ちゃんかメアリちゃんか、それとも?

マキャヴェリ戦争を勝ち抜いて誰が最後の勝利者になるのか、いまからドキドキワクワクです!
大穴でキョーボーだったりしてw

シンプルながら画像キャプ環境を整えたので、これからボチボチやっていこうかと思っています。


Mary01

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2017年5月 7日 (日)

エロマンガ先生第5話

「キモヲタ小説を読もうと思うんです!」

ラノベ作家と友だちになりたい人が、ラノベをキモヲタ小説よばわりですか…。
めぐみんだしね、仕方ないねw

いよいよ佳境に入ってきたエロマンガ先生。すべての小ネタがえろすぎて、ほとんどカオスです。お話の流れが掴みづらくなってきました。でもいいや、ストーリーなんて何でもないや、忘却とは忘れ去ることなり、ってかw

パソコンモニターの前でスカートめくりあげて、ぱんつ見せてる山田エルフ先生えろすぎ君!
モニターの向こうのエロマンガ先生のために、ナマぱんつ見せているのです。全ては、えっちなにいさんの要求ゆえに。
「カワイイ女の子をみたら、その子のぱんつを見たくなるのはイラストレーターとしてあたりまえ」
「これで山田先生のハダカを描くときは、もっと上手く描けるはず!」

…いや、どう考えても違います。人として間違ってます。紗霧ちゃん、にいさんloveがこじれすぎて、ほとんど発狂状態か?

みんな大好きめぐみんですYO!」
振り返ればヤバイ奴がいる!この人の存在を忘れていました!でも思い出しました!発狂つながりで!
何しろ、お風呂で全裸で、
「あたしが友だち一号になりたかったのにーーー!」
って絶叫する全裸天使さんです。こんなクラス委員長ありえませんw
そして、冒頭のキモヲタ小説云々に至っては、もうね…。

いずれにしても、マサムネと紗霧ちゃんの夢の行方を注視したいと思います。
ムリムリなオチっすねw

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2017年5月 4日 (木)

サクラクエスト第5話

欄間(らんま)1/2ってかw

なるほど。
そういう意味だったのね、ユグドラシルの芽生えって。
間野山ルネサンスは間野山彫刻から。サクラダサグラダファミリアとかヴィヴァルディガウディとか、分る人にだけ分るという、相変わらず玄人好みのネタ満載です。

視聴はしていても感想記事を迷っていた最右翼、いや最サヨクでもいいんだけど(笑)
それがこの「サクラクエスト」です。連休でヒマなので書いてみました。
P.A.WORKSのお仕事だけあって丁寧さは不変。でも、「花咲くいろは」辺りと比べても元気とか牽引力がイマイチなんですよね。CANAANをやってたころのギラギラした感じが褪せた、というか。
本社が富山に移転して落ち着いちゃった…わけじゃないんだろうけど、何だか心配です。
良作には間違いないので、もっとリキ入れてがんばってくだはれ(富山弁乙w)

| | コメント (0) | トラックバック (6)

武装少女マキャヴェリズム第5話

「お宝映像のような…」
廻し姿の輪ちゃんとメアリちゃんのおいど(尻)が、どアップで全校放送。なるほど眼福だw

蕨ちゃんのレッドッペッパータワーシフト。要するに屋上までの一本階段のことなのだが、わざわざイミフの言い換えをする蕨ちゃんの言語感覚がよく分らんw
階段をショートカットして、いち早く屋上に到達。熊のキョーボーと拳を交えようという納村不道は、なぜか余裕綽々です。
「IT社会の現代じゃ、クマの弱点くらい誰でも知ってるぜ」
つまり前脚で攻撃してくるときにがら空きになるボディを叩こうというつもりらしいのですが。
うそぶく不道の顔面に、キョーボーの閃光のようなジャブが炸裂!この巨大ヒグマは、何とアウトボクサータイプだったのです。
IT社会役に立たねえw

口ばっかりと思った蕨ちゃんが意想外に強かったのですが、納村不道の助言もあって、秘剣「一の太刀」で勝利をおさめた鬼瓦輪ちゃんでした。
しかし、敗残の蕨ちゃんに廻しを捲く醜行を手伝えという彼に、花恥かしいお年頃の女子二人はビックリ。
鬼「三人で…」
亀「一緒にですって…」
鬼「本気で云っていたのか!」
亀「あたくしたちにあきたらず、他の方にまでそんなことをしようだなんて!」
メアリちゃんの真情を親切翻訳すると。
「こんな辱めを受けさせるのはわたくしだけにして!浮気は許しませんことよ!」

かくして劣情まるだしの不道は鬼姫と亀姫に追っかけまわされましたとさ。
そんな醜態さらしてると、あそこのキョーボーに笑われちゃいますよー?ってアスカ母みたいですなw

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2017年5月 3日 (水)

アリスと蔵六第5話

「術式3の1」「590番、術式1の8!」
「ちがう種類のトランプ!?」

チート過ぎるじゃんか一条さんw

アリスと蔵六。今期でいちばん「豫感」を感じさせてくれるアニメです。
初手の感想は「何かまどマギみたいだなー」。つまり蒼樹うめさんを髣髴させる画風ということだったのですが。
原作の今井哲也さんは、かつてまどマギのアンソロジー本にも寄稿していたんですね。
星雲賞の候補にもなったとのことで、SFマインド豊かな作家さんのようです。先行作品のエルフェンリートやまどマギとは、ちがう地平を切り拓いてくれそうな豫感。
蔵六=大塚明夫さんの存在感もバツグンです。
「おまえさん、外に何があるか見たくて出てきたんだろう?だったらそうしろ!云ったことは曲げるな!俺はな、曲がったことが大嫌いなんだ」
分厚い年輪を感じさせてくれる台詞回し。声優界の重鎮、大塚さんは健在です。
制作は、待ってましたのJ.C.STAFF。今回もやってくれそうですね。

「わたしは人間になりたい!人間とゆーか、もっとちゃんとしたものになりたい!」
紗名の、ささやかな望みはかなうのでしょうか?
まずは第一部完。次回は第2部放送直前特番。
これからも愉しみに視聴を続けたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »