« 2013年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2013年4月 7日 (日)

惡の華第1話感想

●ハナガサイタヨ

とんでもないものが来ちゃったな
土曜の深夜、缶ビール片手にゆったり視聴していた私の脳を直撃したアニメ。それが「惡の華」でした。
深夜アニメという緩い括りを逸脱し、作品として屹立させようというスタッフの強烈な意志が、まさに波紋のように伝わってきたのです。
「不穏」「ノイズ(NOISE)」というキーワードが、ツイッターのTLに溢れています。
ぬるぬるした動き、醜さをも厭わない精密な美術、耳障りな効果音。すべてが、「不穏」を志向しています。
予定調和を破壊する手法「ノイズ」は、かつて、現代美術や現代音楽を席巻しました。アニメでノイズを体現した作風といえば、私などはまず「lain」を想起してしまいます。
調和の破壊によって、いっけん平穏な世界に、あえて揺らぎや亀裂を生じさせる。
輓近のアニメが、どれほど血みどろや近親相姦や酸鼻やを描いても、「快楽というコード」は不変でした。どれほど極端なものでも、そこに快楽が感じられるからこそ、視聴者の支持を得てきたのです。
ところが、「惡の華」を通底するコードは、まさに、不快であり不穏。「ハナガサイタヨ」のEDが象徴しています。
これは、瞠目すべきコペルニクス転回です。

●ぬるぬる動くよロトスコープ
にわかに脚光を浴びた、ロトスコープ。
でも実は、実写を下敷きにして画を起こすロトスコ(ライブアクションとも謂う)は、アニメ草創期の技術でした。「惡の華」の作画は、いわば「先祖返り」なのです。
「省略の美学」を標榜し、独自の進化を遂げた、日本アニメの作画技術。
それに慣れていた私は、ディズニーの「白雪姫」や「バンビ」を観て、軟体動物のようにぐにゃぐにゃ動く作画に違和感を覚え、「ぬるぬるって、こういうことか。だったら日本の方がいいや」と思ったことを覚えています。
ちなみに、「ぬるぬる動く」が、みごとな作画の美称として誤用されるようになったのは、京アニ辺りが、ロトスコ的な動きを時折見せていたためなのですね。
「アニメは錯覚の芸術」というマニフェストを信奉し、「それでいいんだ」と思い為していたところに、今回のこの衝撃。
正直、混乱しています。なぜ今ロトスコなのか?その必然性は?表現上の戦略とは?
「惡の華」が、1秒12枚のフルアニメでなく、1秒8枚のリミテッドアニメにせよ、ロトスコには、かなりの人的資源と経費とが割かれているはず。
なぜロトスコなのか。全13回という「惡の華」が、いずれその意味を闡明してくれるのを愉しみにしています。

●表現主義の果てに
このアニメが、あらかじめ「媚び」を排斥しているのは顕かです。あまりにも潔いほどに。
けれど、媚びなければ作品として屹立できるのかといえば、そんな単純な二元論ではないだろうというのも、また真実。
それでも、スタッフの作家主義を応援したいと思います。「表現の冒険」には、いつもワクワクさせられます。

「われわれは高く翔ばないかもしれないが、誰よりも遠くへ行くだろう」(アポリネール)

| | コメント (0) | トラックバック (4)

« 2013年1月 | トップページ | 2016年3月 »