« まおゆう魔王勇者第2話感想 | トップページ | サイコパス第13話感想 »

2013年1月14日 (月)

リトルバスターズ!第14話感想

#14「だからぼくは君に手をのばす」

きみが望むまでもなく、ぼくらは孤独なんだ!」
Σ(゚Д゚;
理樹くんが、魂に響く詞(ことば)を叫んだ!
これは、吐胸を衝かれるイイ台詞でした。
私たちは孤独ではない」「心は孤独な狩人」など、孤独文学を愛することにかけては人後に落ちない私が知る限りでも、理樹くんのはベスト級の台詞ですw

治療という名の忘却。
「西園美鳥」は、孤独だった西園さんが造り出した遊び相手、「妹」だったのですね。
鏡像が抜け出て現実化する発想は、エーヴェルス「プラーグの大学生」などの先蹤があるけれど。
リトバスのこのエピソード、直接には、萩尾望都「アロイス」辺りに着想を得たのかな?
自分にしか見えない妹の美鳥は、美魚さんにとって、たった一つの救いでした。
でも、親にも医者にも、「それは病気」だと、否定され続ける。
ついには、自ら否定してしまうことにより、美鳥が消えてしまった。
喩えようもない喪失感が、美魚さんを襲います。
「あたしが消えるべきだった」
ずっと、罪の意識で自分を苛んできた美魚さん。
この自己処罰願望は、「生まれて、すみません」の、あの作家を思わせます。
美魚さんのひそかな愛読書って、太宰治だったのかな?w

「西園さんを忘れない!」
必死で記憶を維持しようとする理樹くんに、美鳥が仕掛けた心理攻撃が巧みでした。
「美魚は、眼鏡をかけてたよ?」と云われれば、そうだった気がする。
嘘だよと云われると、そうなのかなという気がする。
まるでミステリの錯視トリックです。
もしかして、理樹くんに眼鏡っ子大好き願望があったとか?その深層心理の隙を衝かれたとか?
(ノ∀`)

理樹を鼓舞したのは、いつでも頼りになる恭介でした。
「おまえは、おまえを信じろ!」
勇気を得た理樹は、「終わる場所」から、美魚さんを救い出すことができました。
恭介は、やはり、リトバスという物語のカギを握る男です。

この結末で想い出したのは、オスカー・ワイルドの、影(魂)をテーマにした哀切な童話。
漁夫とその魂」は、若い漁夫の体から、はじき出された影の物語です。
若者は、愛する人魚との恋を成就するため、影を捨てたのです。「魂のある人間は水の眷属とは愛し合えない」という掟ゆえでした。
影は、元の体に戻ることを願いながらも、人魚との恋に夢中な若者に拒否され、果たせません。
長い放浪の末に、漁夫が死ぬそのとき、ようやく元の体に戻れたのですが、そのまま一緒に波にのまれて死んでしまうという悲話でした。

ときに本体となり、ときに影となった美魚と美鳥。
漁夫とその魂は哀しい破滅しか迎えられなかったけれど、彼女たちは、お互いの存在を確かめ合うことによって、ようやく安息を得ることができたのですね。

|

« まおゆう魔王勇者第2話感想 | トップページ | サイコパス第13話感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/56543107

この記事へのトラックバック一覧です: リトルバスターズ!第14話感想:

» リトルバスターズ! 第14話 「だからぼくは君に手をのばす」 感想 [ひえんきゃく]
美魚ルートはよかったですね。 まるで最終回のような展開でしたよ。 これ、理樹は美魚と付き合わないとダメでしょ(笑) どんなことも過ぎてしまえば急速に色あせていく。 中庭の樹の下で本を読んでいた...... [続きを読む]

受信: 2013年1月14日 (月) 23時52分

» リトルバスターズ! 第14話 「だからぼくは君に手をのばす」 [北十字星]
リトルバスターズ! 2 (初回生産限定版) [Blu-ray](2013/01/30)堀江由衣、たみやすともえ 他商品詳細を見る 直枝理樹に西園美魚ことを忘れさせようと策を打つ 西園美鳥。クラスのみんなは、騙さ...... [続きを読む]

受信: 2013年1月15日 (火) 00時02分

» 『リトルバスターズ』 第14話 観ました [「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋]
とりあえず今回のお話で美魚ちゃんのお話は終わりました。 結局、理樹くんは美魚ちゃんの問題を彼、独りで解決することになった訳ですが理樹くんが独りで問題に挑むきっかけを与えてくれたのは恭介氏でした。恭介氏の「人を信ずるな、自分だけを信じろ」と言う言葉に背中...... [続きを読む]

受信: 2013年1月15日 (火) 02時49分

» リトルバスターズ!  ~  第14話 だからぼくは君に手をのばす [動画共有アニメニュース]
リトルバスターズ! 第1話  ~  第14話 だからぼくは君に手をのばす Keyが制作した恋愛アドベンチャーゲーム、およびそれを原作としたメディアミックス作 アフィリエイト FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ... [続きを読む]

受信: 2013年1月15日 (火) 04時54分

» リトルバスターズ! 第14話「だからぼくは君に手をのばす」 [ボヘミアンな京都住まい]
美魚回もこれで終わりですかね。原作を知らない私の事前の予想とは大きく外れて、恭介の一言アドバイスはあったものの理樹が全部独力で解決を見出したといった感じでしたね。ドラマっぽくはあったけど結末だけを見ればやけにアッサリしたようにもとれましたが、それでも破綻なく前向きにハッピーエンドで無難に締め括られたストーリーを見れて良かったです。美魚が日傘を必要としなくなったのは自我を良い方向に統一できた象徴でしょうか。 結局、美魚と美鳥は二重人格をファンタジーっぽく仕立てた感じのキャラでしょうかね?(親と医師が対... [続きを読む]

受信: 2013年1月15日 (火) 05時26分

» リトルバスターズ! 第14話 「だからぼくは君に手を伸ばす」 感想 [wendyの旅路]
一人じゃない、一人じゃないんだ― [続きを読む]

受信: 2013年1月15日 (火) 15時40分

» リトルバスターズ! [川柳の一派 アニ川!! ]
「リトルバスターズ!」14話です あまりにもファンタジー過ぎてチンプンカンプンでしので ざっすじがざっくりし過ぎます、ごめんなさい>< ーざっすじー 西園さんの記憶がどんどん抜けている理樹は 記...... [続きを読む]

受信: 2013年1月15日 (火) 18時32分

» リトルバスターズ! 第14話 だからぼくは君に手をのばす [ゲーム漬け]
どんな事も過ぎてしまえば急速に色あせ、過去の記憶は伸ばした手にかき消される幻のようにあやふやとなり、理樹も美魚が木の下で本を読んでいたのがいつの事なのか、段々思い出せ ... [続きを読む]

受信: 2013年1月15日 (火) 22時20分

» リトルバスターズ TokyoMX(1/12)#14 [ぬる~くまったりと]
第14話 だからぼくは君に手をのばす 公式サイトからどんなことも過ぎてしまえば急速に色あせていく。 中庭の樹の下で本を読んでいた美魚を最後に見たのはいつだっただろうか。 彼女はどんな女の子だったのだろうか――。 理樹の記憶はあいまいになって、美魚のことを忘れてしまいそうな不安に陥っていた。 理樹は悩んだ末に恭介に助言を求め、重要なミッションを与えられる。 そして美魚の面影を探し歩き、ついに彼女が確かにこの世界にいたという、 たったひとつの手がかりを思い出すのだった。 美鳥が美魚に入れ替わって生活して... [続きを読む]

受信: 2013年1月17日 (木) 21時00分

» 人間失格 |太宰 治 [あれ欲しい]
人間失格太宰 治 刊発売日 2012-09-27「無頼派」「新戯作派」の破滅型作... [続きを読む]

受信: 2013年2月 2日 (土) 15時04分

« まおゆう魔王勇者第2話感想 | トップページ | サイコパス第13話感想 »