« ジョジョの奇妙な冒険第11話感想 | トップページ | ソードアート・オンライン第24話感想 »

2012年12月15日 (土)

中二病でも恋がしたい!第11話感想

#11「片翼の堕天使(フォーリン・エンジェル)」

師走ともなると、さすがに仕事が押せ押せになってきました。
「とな怪」「ヨルムン」「K」は、最終話のみの記事になりそうですが、「中二病」については、書いておきたいと思います。

着地点が視えてきましたね。
登場人物たちの台詞が、最終話の方向性を示唆しています。
森夏「あのさ、意地はってるようにしか見えないんだよね。勇太も六花も」
凸森「そんなの、分ってるデス!でも、どうして言えないんですか?俺が不可視境界線に連れて行ってやる、って!」
あるいは、「中二病を卒業した」はずの六花が、部屋を整理しようと試みて、「捨てられる物と捨てられない物がわからない」と呟く場面。
そう、現実とは、「あれか、これか」ではない。不寛容だけが、現実の全てではない。
もっと可塑性のある、もっと融合的なもの。みんなが、自由に呼吸できる場所。
あれも、これも」で、なぜ不可ないのか?
それが「世界」の本当の姿ではないのか?

やはり、六花の傷ついた魂を癒してくれるのは、勇太しかいないようです。
現実と夢想。彼我の世界のはざまに立つ彼こそが、不自然に抑圧された彼女の魂を救えるのです。

ブログを巡回すると「どうしてこうなった…」という悲痛な叫びを散見します。なぜ、ラブコメの儘でいられなかったのかという嘆きが、巷間に溢れています。
この作品の方向性として、一度は、「中二病」をとことん貶める作劇になることは、充分予想されました。
作劇(ドラマトゥルギー)とは、「肯定と否定とのせめぎ合いから生じる葛藤」に尽きます。つまり、この展開は、スタッフの想定内だったのです。
ただ、京アニの表現技術が凄すぎて、視聴者によっては回復不能なインパクトを与えてしまったのは、想定外と謂えるかもしれませんね。京アニ畏るべしw

作画は、まさに、「象徴の森」でした。
「こちら側とあちら側」の境界線上に立ち竦む登場人物たちを描いて、巧みな仕上がりです。
象徴や暗喩が罩められていない場面を探す方が困難なほど、「意味」がぎゅっと詰まっています。
故意に、明度を落した画面。全ての情景が、登場人物たちの心情に噎ぶかのように、沈痛かつ寂寥感に充ちている。
「氷菓」の、最終話の作画を想起させるような、抒情世界。
京アニの、工芸的な技術の粋を、あらためて、見せつけられた思いです。

「象徴と暗喩」の例を一つだけ挙げれば、「抱擁」を描いた場面の対比です。
勇太と六花を抱きしめて去る十花。
凸森を、愛しげに抱きしめる森夏。
二つの抱擁は、いっけん似ているようで、決定的に非なるもの
ユング心理学ふうに読み解くと、こうなります。

十花の抱擁は、支配的な母性。懐柔し、説諭する力。
森夏の抱擁は、受容的な母性。癒し、支える力。

勇太と六花を「説得」し、そのまま旅立ってしまう十花は、現実を代弁する「強者」に見えますが、彼女が必ずしも義しい(ただしい)わけじゃない。説諭では、人は救えない。
その象徴として、実に巧みな表現だったと感じました。

次回は、いよいよ最終話。
びっくり箱をぶち撒けたようなハチャメチャな結末も大好きですが、京アニの輓近の仕事ぶりから推量するに、どうやら、しっとりとした大団円を迎えそうな予感。
それもまた善哉(よきかな)。

|

« ジョジョの奇妙な冒険第11話感想 | トップページ | ソードアート・オンライン第24話感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/56325649

この記事へのトラックバック一覧です: 中二病でも恋がしたい!第11話感想:

» アニメ 中二病でも恋がしたい!第11話「片翼の堕天使(フォーリン・エンジェル)」 感想 [くまっこの部屋]
「なぜ邪王真眼は最強だと言ってあげられないのデス」あんな六花は六花じゃない。凸守 [続きを読む]

受信: 2012年12月15日 (土) 20時35分

» 中二病でも恋がしたい! Episode 11「片翼の堕天使(フォーリン・エンジェル)」 [ボヘミアンな京都住まい]
アバンで十花が旅立つ前に勇太に礼を言ったシーンとかまではよかったんですけど、進むにつれてBパートとか無駄に誰得シリアスになっていったように見えたのは気のせいでしょうか?エンドカードが妙に意味深でしたし・・・次が最終回のようで、それを見てみないと正直何とも言えないのでしょうけど、極端から極端に振れるだけで中身というか中心軸いうかスッポ抜けて空虚になってしまってるような・・・???(所詮花田脚本やしといえばそれまでですが・苦笑)しとらす的にはストーリー展開がどうにも釈然としない回でした。 .... [続きを読む]

受信: 2012年12月15日 (土) 20時35分

» 「中二病でも恋がしたい!」第11話 [日々“是”精進! ver.F]
眼帯を外して、3週間が経過… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201212130000/ TVアニメ 中二病でも恋がしたい ボーカルミニアルバムTVサントラ ランティス 2012-12-26売り上げランキング : 174Amazonで詳しく見る by G-Tools ... [続きを読む]

受信: 2012年12月15日 (土) 20時37分

» 中二病でも恋がしたい!  ~  第11話 片翼の堕天使(フォーリン・エンジェル) [動画共有アニメニュース]
中二病でも恋がしたい! 第1話  ~  第11話 片翼の堕天使(フォーリン・エンジェル) 校1年生の富樫勇太は中学生時代、邪気眼系中二病を患っていた。しかし、そんな黒歴史を中学とともに卒業し、高校ラ...... [続きを読む]

受信: 2012年12月15日 (土) 20時49分

» 中二病でも恋がしたい!第11話『片翼の堕天使(フォーリン・エンジェル)』の感想レビュー [gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)]
まさかの早苗号泣回でした。 みんながみんな無理しまくりで、いつもとは違った意味で、見ていて痛々しいこと半端無かったですね。 なんという青春模様w 早苗にしても、六花の心が悲鳴を上げているのを見過ごせなかったからこそ、ああまで執拗に中二病復帰を促していたわ...... [続きを読む]

受信: 2012年12月15日 (土) 21時53分

» 中二病でも恋がしたい TokyoMX(12/12)#11 [ぬる~くまったりと]
Episode Ⅺ 片翼の堕天使(フォーリン・エンジェル) 公式サイトから六花は眼帯を外し、中二病から卒業することを決心した。 元中二病である森夏からのアドバイスを手がかりに、六花なりの努力が見える。 そんな姿にホッとしつつも、冴えない表情の勇太。凸守は六花を中二病へと戻そうとするがどうにもならない。 十花の出発を手伝う勇太。勇太の恥ずかしい過去を録音したヴォイスレコーダーを 手渡される。感謝している、心置きなく旅立てるのもお前のお陰だ。ありがとう。お姉ちゃん、六花を抱きしめる。六花が眼帯を辞めて3... [続きを読む]

受信: 2012年12月15日 (土) 21時58分

» 中二病でも恋がしたい! Episode XI「片翼の堕天使(フォーリン・エンジェル)」 [藍麦のああなんだかなぁ]
中二病でも恋がしたい! Episode XI「片翼の堕天使(フォーリン・エンジェ [続きを読む]

受信: 2012年12月15日 (土) 23時58分

» 中二病でも恋がしたい! Epidsode Ⅺ 片翼の堕天使(フォーリン・エンジェル) [窓から見える水平線]
中二病でも恋がしたい! 第11話。 失われた邪王真眼。 以下感想 [続きを読む]

受信: 2012年12月16日 (日) 02時20分

» アニメ感想 12/12/12(水) 中二病でも恋がしたい! #11 [ニコパクブログ7号館]
中二病でも恋がしたい!第11話『片翼の堕天使(フォーリン・エンジェル)』今回は・・・いつの間にかあれから3週間も経ってるんですね。六花はすっかり眼帯外しちゃったのか。 ... [続きを読む]

受信: 2012年12月16日 (日) 03時31分

» 中二病でも恋がしたい! 第11話 『片翼の堕天使(フォーリン・エンジェル)』 祝、中二病卒業...なのか? [こいさんの放送中アニメの感想]
眼帯を外した六花。モリサマーの話し方教室で学んで言葉遣いも直しつつある。自分からクラスメートに話しかけ、友達にもなった。これで安心と十花も旅立った。全てが丸く収まりつつある感じです。 しかし収まりがつかないのが凸守。マスターと慕う六花が突然中二病を卒業してしまい取り残された感バリバリでしょうね。彼女自身は現役の中二なので、中二病でもまあ問題はない。それだけに仲間が欠けていくのが納得行かない&寂しいのは分かります。必死に中二世界へ呼び戻そうと涙ぐましい努力を続けてる。しかし暖簾に腕押し、既に中二病と... [続きを読む]

受信: 2012年12月16日 (日) 05時40分

« ジョジョの奇妙な冒険第11話感想 | トップページ | ソードアート・オンライン第24話感想 »