« ロボティクス・ノーツ第8話感想 | トップページ | ソードアート・オンライン第22話感想 »

2012年12月 1日 (土)

K第9話感想

#9「Knell」

いきなり、1945年の、ナチス・ドイツ第三帝国(ライヒ)の崩壊へ、お話が飛翔しました。
アドルフ・K・ヴァイスマンの名は、伊達ではなかったのですねw

ドレスデン石盤とライヒの謎というと、JOJOの石仮面を想わせる設定です。
伊佐奈社とヴァイスマン。「分割された一つの人格」って設定らしい。
王の統べる今の世界と、第三帝国の謎は、まだ有機的に繋がっていませんが、そういう趣向の伝奇物語になるのかな?
ナチス第三帝国は、未だに色褪せない魅惑的なガジェットですしね。

Knellの意味は、「弔鐘」や「前兆」。なかなか象徴的です。
「K」は、過去作品へのさまざまなリスペクトが感じられるので、その辺が、「カレイドスコープ(万華鏡)」なのかもしれませんね。

次回「Kaleidoscope」

|

« ロボティクス・ノーツ第8話感想 | トップページ | ソードアート・オンライン第22話感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/56230786

この記事へのトラックバック一覧です: K第9話感想:

» K TBS(11/30)#09 [ぬる~くまったりと]
第9話 Knell 1945年1月 ドイツ・ドレスデンにて石版とリンクすると脳が活性化して異常な行動を 開始する実験結果を同盟国の日本軍、國常路大覚中尉に 見せるアドルフKヴァイスマン。姉のクローディアも立会う。 戦争で街が破壊されている。空に白い大剣が浮かんでいた。そこに走り寄る國常路中尉、姉のクロ―ディアを抱きしめるアドルフ。姉のクローディアが亡くなっていた。 1945年4月 ドイツ・ベルリンにて戦争も何もかも終わると話すアドルフ。逃げるのかヴァイスマンと國常路中尉。石版が運ばれていく、ヴァイス... [続きを読む]

受信: 2012年12月 1日 (土) 21時23分

» K #9 [桜詩〜SAKURAUTA〜]
【Knell】 K vol.5 [Blu-ray]出演:浪川大輔キングレコード(2013-02-06)販売元:Amazon.co.jp あれ?観る番組を間違えた?  [続きを読む]

受信: 2012年12月 2日 (日) 01時23分

» K 第9話 あらすじ感想「Knell」 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
すべての始まり------------。うわぁ。正直な1見した時の感想は、「意味分からん」突然過去話になったと思えば、誰がどう繋がってるんだか状態で・・・。理解出来たのかどうかも私的に... [続きを読む]

受信: 2012年12月 2日 (日) 08時17分

» TVアニメ「K」第9話『Knell』の感想レビュー [gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)]
おお、自分好みな年上おねーさん出てきた!と思ったら、アバンで死亡しちゃったでござる(´・ω・`)ショボーンだったのは俺だけではないはず!な、姉弟死亡回でした。 いや、アドルフは遺体が厳重に管理されていましたし、なんらかの理由をつけて生き返ってきそうな気もします...... [続きを読む]

受信: 2012年12月 2日 (日) 11時06分

» K 第9話「Knell」 [WONDER TIME]
「成程な、そういうやり口か」 白銀の王の死に疑問を感じる宗像、そして周防が動き出す! ヴァイスマンの過去が明らかに――…    冒頭はヴァイスマンを中心とした王権者に関する過去話でしたが… いつ...... [続きを読む]

受信: 2012年12月 2日 (日) 19時29分

» K #09 Knell レビュー [ゴマーズ GOMARZ]
1945 Januar Dresden (1945 1月 ドレスデン) その地下では巨大な石版を前に研究・実験が行われていた。 研究の中心人物はアドルフ・K・ヴァイスマン、日本から 視察に来ている軍人の男に実験を見せていた。 日本軍人の声、中村悠一がやってるし。 鎌本より喋ってるぞ…兼役の方が台詞多いってどういう…w あ!國常路中尉って言ってるけど、ってことは黄金の王の 若かりし時か…! 昔のヴァイスマンは、多分今のヴァイスマンとは違う感じで 人々の幸せの為に研究をしているような純粋な青年だっ... [続きを読む]

受信: 2012年12月 4日 (火) 13時56分

« ロボティクス・ノーツ第8話感想 | トップページ | ソードアート・オンライン第22話感想 »