« マギ第11話感想 | トップページ | 中二病でも恋がしたい!第12話(最終話)感想 »

2012年12月20日 (木)

ヨルムンガンドPERFECT ORDER第11話感想

#11「ウォーモンガー」

「ヨナの『世界が好き』は、お世辞と希望でしょう?皆がちょっとずつ優しくなれば、世界が輝き出す。でも、そんな日は来ない」
「あなたは、本当の私と似た者同士。新しい世界を、私と生きていこう!」
歌舞伎では、女方(おんながた)が切々と心情を訴える台詞を「くどき」と謂います。
これは、ココの、ヨナに対する「口説き」ですね。
本当の私と同じ」か。まさに、殺し文句だ…。

ココがたびたび口にする、70万人の犠牲。
恒久平和の前提条件である、制空権と制海権を支配するために必要な最小限度の犠牲、という意味ですね。
実は、これは詭弁に属します。この論理を用いたがるのは、独裁者の特徴です。
「第一次大戦では6600万人、第二次大戦では8000万人、第三次大戦では、さて、どれだけ死ぬでしょうか?」
戦火を、山火事に喩える例があります。どちらも、いったん始まったら、止める手段がない。全てを焼き尽くすまで収まらないからです。
70万人の犠牲を是認するなら、80万人でもいいのではないか。場合によっては(相手が抵抗するのなら)、100万人でも、200万人でも。その犠牲が、恒久平和のために必要ならば。
そういうことなのです。
目的のために手段を択ばないのなら、どんな理屈をつけようとも、それはもはや「戦争それ自体」。「犠牲の幾何級数的拡大が不可避」という意味で、戦争と何ら渝りません。
ですから、普段から「平和」を標榜する人間がこれを唱えたなら、顕かな偽善でしょう。
しかし、ココは武器商人。戦争を起こす側の人間。
しかも、彼女は「世界が大嫌い」。
「世界が嫌いな私が、世界を破壊するより修繕するみちを選んだ。感謝しなさい」
悪党も、多様化の時代。
悪党が、世界平和を齎そうとする。この逆説が意味する、深さ、重さ。
ここに至って、武器商人という設定が生きてくるのですね。

ヨナを喪ったココが、泰然としているのは、訣別だと思っていないからでしょう。
彼は、明確に反論したのでなく、結論が出せずに逃げた。
いずれ必ず戻ってくる、という確信まではないのでしょうけれど。

ココを離れ、キャスパーの傘下に加わったヨナの旅は、結論を見出すための旅となったはず。
次回はもう最終話。
一期はコンティニューでしたが、原作が完結しているので、二期の最終話は、真の最終回になるでしょう。
原作未読なので、刮目して待ちたいと思います。
人類の歴史において、若き野心家の行きつく先は、夭折か変節というパターンが多いのですが…。
ヨナの見出した結論とは?
長い旅路の果てには、何が待っていたのか?

次回(最終話)「恥の世紀」

|

« マギ第11話感想 | トップページ | 中二病でも恋がしたい!第12話(最終話)感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/56356250

この記事へのトラックバック一覧です: ヨルムンガンドPERFECT ORDER第11話感想:

» ヨルムンガンド 第2期   ~ 第11話 (23話)ウォーモンガー [動画共有アニメニュース]
ヨルムンガンド 第2期  第1話 ~  第11話 (23話)ウォーモンガー 両親を戦争で失い、武器に関する一切を憎む主人公の元少年兵ヨナは、神の悪戯か、若き女性ウェポンディーラー、ココ・ヘクマティアルと、その部下である「ヒトクセもフタクセもあるが優秀な」私兵8人と世界各地を旅する事になる。 アフィリエイト FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ... [続きを読む]

受信: 2012年12月20日 (木) 12時06分

» 「ヨルムンガンド PERFECT ORDER」第23話 [日々“是”精進! ver.F]
ヨナ、ココのもとを去る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201212190000/ ヨルムンガンド PERFECT ORDER オリジナルサウンドトラック岩崎琢 サントラ ジェ... [続きを読む]

受信: 2012年12月20日 (木) 13時13分

» ヨルムンガンド Perfect order TokyoMX(12/18)#23 [ぬる~くまったりと]
第23話 ウォーモンガー そんなの絶対だめだ、ココ。私が死んでもヨルムンガンドは止まらないよ。君の言葉、世界が好き、お世辞と希望でしょ。70万人の犠牲のことなら必要最低限度だ。皆が一人一人少し優しくなれば凄く世界は輝きだすかも?残念だが、それはない。私が戦場を歩いて感じ取った空気、10年以内に水を奪い合う 戦争が始まる。 第1次戦で4千万人、第2次世界大戦では6千6百万人、 第3次世界大戦では何人になるんだろうか? 私は世界が嫌いだ、ヨナ。ヨナの銃を奪うココ。何処に行ったって戦争、戦争。道端に死体が... [続きを読む]

受信: 2012年12月20日 (木) 15時21分

» ヨルムンガンド PERFECT ORDER 第23話「ウォーモンガー」 [いま、お茶いれますね]
第23話「ウォーモンガー」 「言っておくがヨナ…私が死んでもヨルムンガンドは止まらない」 ヨナの反抗くらいでは揺るがないココの計画。 ヨナに全てを明かしたという事はココに何があってもヨルムン...... [続きを読む]

受信: 2012年12月20日 (木) 17時42分

» ヨルムンガンドPERFECTORDER 第11話(23話) 「ウ... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
「そんなの絶対に駄目だ、ココ-----!!」まさかのヨナの反逆。ココに向けられた銃口。だが、ココは自分が死んでもヨルムンガンドは実行されるというのだ。これは既に決定事項。70... [続きを読む]

受信: 2012年12月20日 (木) 21時50分

» 『ヨルムンガンドPERFECT ORDER』#23「ウォーモンガー」 [ジャスタウェイの日記☆]
「武器のない世界なら私は好きになれるかもしれない。 私につき従え、ヨナ」 ココが密かに進めていたヨルムンガンド計画とは、 量子コンピューターによって空から物流を制御し、強制的世界平和を作るというものだった。 だが戦争をなくせるものの、計画には70万もの犠牲者が出ると聞き、 ヨナはココに銃を向けて計画を反対する。 けれどココはあくまでも冷静に、自分を殺しても計画は止まらないという…... [続きを読む]

受信: 2012年12月20日 (木) 22時57分

» ヨルムンガンド PERFECT ORDER 第23話「ウォーモンガー」  [空 と 夏 の 間 ...]
ココちゃんが強圧的な世界平和を企んだのは近づく世界大戦回避のため。 水を巡った戦争...  望まずとも武器商人となり、戦場を巡ったココちゃんは武器と戦いの憎んだ。 戦いの終らない世界を変えようと思うようになった。... [続きを読む]

受信: 2012年12月20日 (木) 23時44分

» ひだまりスケッチ×ハニカム・第12話 [新・たこの感想文]
「12月31日~1月1日 ゆく年くる年」 朝、目が覚めたゆの。今日は特別な一日。そう大晦日…… ここ数年、12月31日といったら、コミケ最終日、という意味で特別な日になっている気がする今日この...... [続きを読む]

受信: 2012年12月21日 (金) 12時13分

» ヨルムンガンド PERFECT ORDER 第23話 『ウォーモンガー』 諸君、私は戦争が嫌いだ。 [こいさんの放送中アニメの感想]
まるで某少佐と逆。軍人が嫌いだ、戦場の民間人が嫌いだ、武器商人である自分が嫌いだ。ココの心の中にこんな負の感情が渦巻いていたとは驚きです。なんか世界を滅ぼしてしまいそうな感じがしますが何故か針が逆に振れてしまう。私が世界を救ってやる、と実行したのがヨルムンガンド計画という訳です。 武器商人である自分が嫌いなココは、凄腕の少年山岳兵でありながら武器を憎むヨナにシンパシーを感じていた。彼だけは違う。だから力を貸して欲しいと共感と恋愛感情が綯い交ぜになった気持ちをぶつけるのですが、ヨナは... [続きを読む]

受信: 2012年12月21日 (金) 13時01分

« マギ第11話感想 | トップページ | 中二病でも恋がしたい!第12話(最終話)感想 »