« マギ第12話感想 | トップページ | まおゆう魔王勇者第1話感想 »

2012年12月27日 (木)

ヨルムンガンドPERFECT ORDER第12話(最終話)感想

#12「恥の世紀」

少年兵にして、武器を憎む。
そんな矛盾を孕んだヨナは、ココにとって、いわば「人間たちの代表」。
その彼に託されたのは、人間たちにココが與えた、2年間の執行猶予だったのです。
猶予期間中、キャスパーに随って世界をめぐり、あらゆる紛争や戦争をまのあたりにしてきた。
「2年間考えて、答えは出たか、ヨナ?私と世界、頭がイカレてるのはどっちだ?」
ココの過激なやり方も、戦争を止められないこの世界も、どっちもイカレている。
70万人なんて、あっという間に死んだでしょ?」
ヨルムンガンド計画が発動すれば、確実に70万人が死ぬ。
かといって、放任しても、人は戦争でばたばたと死んでいく。
そんな苛烈な現実を前に、ヨナは降伏し、ココの説く「平和」を受け容れた。
「ココ=ヘクマティアルと新しい世界を旅する」みちを選んだのです。

「若き野心家の行きつく先は、夭折か変節」
前回、そう書きました。
しかし、彼女は破滅することなく、悠々と生き延びました。腹心の仲間たちと倶に。
ヨナの決心をスプリングボードにして、ヨルムンガンド計画を発揚。
計画が完遂するかどうかは、人類が恥を知るかどうかにかかっている。
つまり、自分はきっかけを造ってやったに過ぎない。恒久平和が訪れるかどうかは、人類しだい。
武器商人らしい、巧妙なやり方ですねw

「ヨルムンガンド」は、掉尾に至っても、思想を固定せず、価値観の同時並置を貫きました。
いわば、現実を加工せず、読者(視聴者)に裸のまま示してみせたのです。
ココと対立する立場のキャスパーは、意地悪く問いかけます。
「武器を失くすことができるかな?」
本然の武器商人を標榜する彼は、空を封鎖しても、海も陸もある、と嘯きます。
そして自らは、いざとなれば「棍棒でも売る」と言ってのけました。
人間から闘争本能が消滅しない限り、人間は、武器を取り上げられても戦う。拳ででも殺し合う。
ココは、キャスパーに明確な回答を與えず、ただ、ヨルムンガンド計画の実行を以て、返辞としました。
「貴方と私と、どちらかが正しい道を往く。そして正しいのは私という、絶大な自恃のあらわれなのでしょう。

このパターンの物語に接するつど想い出すのが、故・石森章太郎のSF傑作「大侵略」(1970)です。
ある老科学者が「逆爆発装置」を開発し、アメリカを初めとする核保有国に、無条件降伏を迫ります。
応じなければ、アメリカが国内に保有する核を、遠隔操作により爆発させる、というのです。
狂人の戯言と一笑に付したホワイトハウス首脳の眼の前で、じっさいに核を爆発させてみせ、アメリカを、世界中を震撼させます。
結論をいうと、老人の真意は、まったく違うところにあったのです。
CIAのエージェントとなっていた、老人の孫息子ケンが、老人を、世界征服を企図するマッドサイエンティストと誤認して射殺してしまうのですが。
老人の、最期のことば。
「やったぞ、ケン!わしは、世界中の核を無力化することに成功した!」
逆爆発装置の完成形とは、すべての核を遠隔操作で無力化することにより、世界に平和をもたらすことだったのです。
しかし、核の無力化も、老科学者の幻想に過ぎなかったのかもしれない。
結末をぷつりと切る「曖昧法」により、「ヨルムンガンド」の結末を髣髴させます。

「大侵略」は、ラストに引用された次のエピソードによっても、忘れがたい印象を遺しています。
ニューヨークのブロンクス動物園の類人猿舎には、かつて「鏡の間」という名の檻が存在しました。
そこに立つと、鉄柵越しに、自分の姿が鏡に映るのです。思わずみつめると、説明書きが眼に飛び込んできます。
世界で最も危険な動物」。
当時の園長で、動物保護の泰斗であるコンウェイ博士曰く。
「人間は、他の動物を絶滅に追いやった、唯一の動物だ」。
これも、ヨルムンガンド世界にそのまま響いてくるような、痛烈な皮肉ですね。

「ヨルムンガンド、発動!」
…さて、「新しい世界」は、訪れたのか?
いずれにせよ、人類の存亡を賭けた「乾坤一擲」は為されました。
全ての結末は、読者(視聴者)の想像力に委ねられたのです。

ココ組が無敵過ぎるとか、弾丸回避率はブララグを凌ぐとか、東映版「Kanon」以上にアゴキャラ過ぎるとか(笑)、とかくの揶揄もあったようですが。
ピカレスクロマンの佳作として、あの傑作「ブラック・ラグーン」以来の喝を癒してくれました。
スタッフの皆さん、お疲れさまでした!

|

« マギ第12話感想 | トップページ | まおゆう魔王勇者第1話感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/56406071

この記事へのトラックバック一覧です: ヨルムンガンドPERFECT ORDER第12話(最終話)感想:

» ヨルムンガンド PERFRCT ORDER・第12話 [新・たこの感想文]
「恥の世紀」 ヨナがココの下を去って2年。世界はココの予想の通りに各地で争いが広がる。そんな中、今のヨナの雇い主・キャスパーはココの警備をすることに。久々にココに再会するヨナ…… うーん……なる...... [続きを読む]

受信: 2012年12月27日 (木) 20時06分

» 「ヨルムンガンド PERFECT ORDER」第24話(終) [日々“是”精進! ver.F]
“新しい世界”へ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201212260000/ ヨルムンガンドPERFECT ORDER 1 (初回限定版) [Blu-ray]ジェネオン・ユニバーサル 2012-1... [続きを読む]

受信: 2012年12月27日 (木) 20時07分

» ヨルムンガンド 第2期   ~ 第12話 (24話)恥の世紀 最終回 [動画共有アニメニュース]
ヨルムンガンド 第2期  第1話 ~  第12話 (24話)恥の世紀 最終回 両親を戦争で失い、武器に関する一切を憎む主人公の元少年兵ヨナは、神の悪戯か、若き女性ウェポンディーラー、ココ・ヘクマティアルと、その部下である「ヒトクセもフタクセもあるが優秀な」私兵8人と世界各地を旅する事になる。 アフィリエイト FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ... [続きを読む]

受信: 2012年12月27日 (木) 20時09分

» ヨルムンガンド PERFECT ORDER 24話(最終回) [すとぅるるるのアニメ日和]
最終的には世界中の人々に委ねる形になったヨルムンガンド計画。 この計画が最後に超えなければならないのが人の意思であるというのは 世界を、人を嫌うココにも少しは人間に期待してしまうところが あった...... [続きを読む]

受信: 2012年12月27日 (木) 21時36分

» ヨルムンガンド PERFECT ORDER 第24話「恥の世紀」 [いま、お茶いれますね]
第24話「恥の世紀」 ヨナがココの元を去ってから、2年の月日が流れたが、ココはヨルムンガンドを発動させていなかった。 2年の間の世界情勢は悪化。ココの予言どおりと言う感じですね。 70万人なん...... [続きを読む]

受信: 2012年12月27日 (木) 22時40分

» 『ヨルムンガンドPERFECT ORDER』#24「恥の世紀」(最終回) [ジャスタウェイの日記☆]
「僕は武器商人と旅をした。 そしてココ=ヘクマティアルと新しい世界を旅する」 ヨナがココの元を離れて2年後… 各地で戦争が起こり、第3次世界大戦も近いとキャスパーは言う。 「ほらヨナ、70万人なんてあっという間に死んだでしょう」 この状況に、まるでココの声が聞こえるようだと思わず振り返ってしまうヨナ。 これから世界はどうなってしまうのか…... [続きを読む]

受信: 2012年12月27日 (木) 22時59分

» ヨルムンガンド PERFECT ORDER 第24話(終) 『恥の世紀』 え、ここで終わり!?いや、これで良いのかも。 [こいさんの放送中アニメの感想]
まあ、これもアリかと。ヨルムンガンド計画に反対し、ココの元を出奔したヨナ。あれから2年、ココはヨルムンガンドを起動しなかった。ヨナが納得するのを待ってたのかなと思いましたが、そこまで彼女はおセンチじゃない。どうやら小型化したヨルムンガンド2号の打ち上げまで猶予したというのが本当みたい。計画の発動に際しより完璧を期すということですね。 2年に渡りキャスパーの私兵として働いたヨナは増々凄腕の兵士になっていた。でも心の中はストレスで爆発寸前になっており、再びキャスパーの元を出奔し再びココの元へ。答えは出... [続きを読む]

受信: 2012年12月30日 (日) 21時22分

» ヨルムンガンドPERFECTORDER第24話「恥の世紀」(... [SOLILOQUY]
ヨルムンガンドPERFECTORDER第24話「恥の世紀」(最終話)「この世から武器が無くなると本当に思うか?」1期からずっと楽しく見ていたヨルムンもとうとう最終回。ヨナはこれからどういう... [続きを読む]

受信: 2013年1月 5日 (土) 18時17分

» ヨルムンガンド PERFECT ORDER 第24話「恥の世紀」(最終話) [SOLILOQUY 2]
ヨルムンガンド PERFECT ORDER 第24話「恥の世紀」(最終話) 「この世から武器が無くなると本当に思うか?」 1期からずっと楽しく見ていたヨルムンもとうとう最終回。 ヨナはこれからどういう道を行く? ... [続きを読む]

受信: 2013年1月 5日 (土) 18時17分

» ヨルムンガンド PERFECT ORDER 第24話「恥の世紀」(最終話) [SOLILOQUY別館]
ヨルムンガンド PERFECT ORDER 第24話「恥の世紀」(最終話) [続きを読む]

受信: 2013年1月 5日 (土) 18時17分

« マギ第12話感想 | トップページ | まおゆう魔王勇者第1話感想 »