« ロボティクス・ノーツ第6話感想 | トップページ | ソードアート・オンライン第20話感想 »

2012年11月17日 (土)

ジョジョの奇妙な冒険第7話感想

#7「うけ継ぐ者」

「こ…こんな!こんなこと!残酷すぎる!ツェペリのおっさあーん!」
(/_<。)

崇高と悲惨

この両極を、振幅の大きさを、瑰麗な台詞と様式美を以て描き切る、筆力と画力。
まさに、マンガ界における異端児にして革命児だった、荒木さんの面目躍如です。

騎士としての矜持を取り戻して浄化されたブラフォード。
対蹠的に、ディオに魂の奥底まで売渡し、醜悪な狂気に沈んだタルカス。

ツェペリ「まるで親友と息子を同時に持ったような気持ちだぞ」
身も引き締まるような、ツェペリさんの感動的な台詞の後に、ディオによって齎された、身も凍るような悲劇が現前します。
自分はどうでも、赤児だけは救いたい。それは、母親の本能です。
ディオは、そんな人間性すらも逆手に取り、踏み躙ったのです。
ゾンビと化した母親は、母性すら忘れ果て、血を啜る欲望の権化となった!
母親「あたしィィィの、赤ちゃァァァん!
('A`|||)
初読のときも、暗然とさせられた場面でした。荒木さんは怖いお人…。

亡きツェペリの遺志を継いで、ディオとの血戦に向かうジョジョたち。
チベットの山奥から、ダイアーストレイツォ、そして老師トンペティが馳せ参じた!
でも、好漢ダイアーさんの運命は…。

次回は、怪人ドゥービーとか出てくるのかな。
ただの道化でしたが、造形が「エレファントマン」だったのがおもしろかった。
ロック・フリークだった荒木さんが、当時の人気ロックバンド「ダイアー・ストレイツ」「ドゥービー・ブラザーズ」に捧げたリスペクトが感じられて、思わずニッコリしました。

次回「血戦!JOJO&DIO」

|

« ロボティクス・ノーツ第6話感想 | トップページ | ソードアート・オンライン第20話感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/56133532

この記事へのトラックバック一覧です: ジョジョの奇妙な冒険第7話感想:

» ジョジョの奇妙な冒険 第7話 『うけ継ぐ者』 ツェペリさぁーーーん!!そしてジョジョがケンシロウ化。 [こいさんの放送中アニメの感想]
具体的過ぎる予言。ツェペリが残酷な死を迎える、という話は聞きました。でもそれタルカス戦なの、ディオ戦じゃないの?という疑問が当然あった訳です。 古からの死臭ただよう密室で・・・幼子が門をひらくとき!鎖でつながれた若き獅子を未来へ解き放つため!おのが自身はその傷を燃やし!しかるのちに残酷な死を迎えるであろう。 トンペティの予言ってここまで的確だったんだ、納得。でもタルカスに一矢も報いることもなく瞬殺されたのにはビックリ。こんなにあっさり殺されちゃったんだ。記憶がおぼろげだったのですが... [続きを読む]

受信: 2012年11月17日 (土) 19時51分

» 「ジョジョの奇妙な冒険」第7話 [日々“是”精進!]
  第7話「うけ継ぐ者」「我が究極の奥義…ジョジョに捧げる!」ツェペリはトンペティから自分の死期を教えてもらっていた。「行くぞ、ジョジョ!」タルカスとバトル上と下からの... [続きを読む]

受信: 2012年11月17日 (土) 20時00分

» ジョジョの奇妙な冒険 第7話 「うけ継ぐ者」 感想 [Little Colors]
受け継がれていく意志。 [続きを読む]

受信: 2012年11月17日 (土) 20時19分

» ジョジョの奇妙な冒険 TokyoMX(11/16)#07 [ぬる~くまったりと]
第7話 うけ継ぐ者 3年間チベットでトンペティに師事したツェペリ。死の予言を確認する。 その死の予言こそ、現状だったことを思い出すツェペリ。タルカスの攻撃をかわし波紋による攻撃を繰り出す。鎖を使った攻撃で捕まってしまう。ジョジョは首輪が外せない。鎖を絞って二人を攻撃するタルカス。遂にツェペリの肉体が切り裂かれる。死の忌の際にジョジョの手に自身の手を重ねる。我が究極の奥義を授ける、受け継いでくれジョジョ。継いでくれ我が命を。私の生命エネルギーを全て捧げたぞ。 復活したジョジョ、首の骨折も完治していた。... [続きを読む]

受信: 2012年11月19日 (月) 16時58分

« ロボティクス・ノーツ第6話感想 | トップページ | ソードアート・オンライン第20話感想 »