« 機動戦士ガンダムAGE第47話感想 | トップページ | 氷菓第21話感想 »

2012年9月 9日 (日)

境界線上のホライゾンⅡ第10話感想

#10「劇場の咆哮者」

個人的にいちばん趨勢が気になっていた、同人作家と英国文豪さんの超絶文芸対決も、竟に華々しく決着しました。

世界は巨大な劇場だ。
言霊は世界を規定する。言葉が先に行くんだ。

こういう抽象的思想って、すごく好みです。
だから、抽象的な言語対決を瑰麗に映像化してみせた「ホライゾン」には、本当にワクワクします。

シェイクスピアは、バーナムの軍勢と全登場人物を糾合し、巨大なリア王を顕現。
己の未熟を自覚するネシンバラは、巨大な道真を召喚して対抗します。道真は、「未熟な書き手のための神」のようですw
ネシンバラは、最後の対決を前に、創作への決意を語ります。
「ボクはまた書くよ。世界の境界線を書く。饒舌に批評が語られる場所へ行く」

大魔神戦は、リア王の勝利。
しかし、マクベスの物語を書き換え、巨大マクベス(王位簒奪者)を顕現して、リア王からの王位簒奪を成就させることにより、勝負を畢らせました。
シェイクスピアは、茫然と呟きます。
「あたしは、どっち…?」
「ボクの方を好きな方でいいんじゃないかな」
(ノ∀`)
笑えばいいと思うよ?
ネシンバラまじシンジくん
ということで、シェイクスピアが含羞しつつ、微笑みを泛べます。
「だったら、マクベスと共にいたい王がいてもいいのかな
か、可愛いじゃないか英国の文豪w
大罪武装「拒絶の強欲」を差し出しますが、これって愛の表明なのかな?
ネシンバラは、大罪武装を強奪したかたちを取ります。
女王の盾符としての、シェイクスピアの立場に配慮してのことなんでしょうね。

局地戦の行方も、それぞれ終結を迎えます。

ナルゼとセシル(人外)
点蔵を翼で庇ったナルゼは、セシルの荷重に潰されそうになります。
そこに、賢姉・喜美さん颯爽登場。
賢姉には、そこらの術など効きません。いわば天上天下唯我独尊ということで、セシルの術式を無効化。

正純とハットン(骸骨)
危うく撲殺ドクロちゃんに撲殺されそうになる正純。
しかし、アリクイマウスが黒藻の獣体の協力を得て地脈間移動し、ご主人を救った!

ネイトとウオルシンガム(機械人形)
人狼は満月に咆哮する。
ということで、オルレアンの乙女由来の銀鎖で勝利。
ウオルシンガムのOSマウスが、めっちゃ小さくてカワイイw

そして、アルマダの海戦。アデーレとセグンドの智謀戦は、トレスエスパニア優位に推移します。
火船による攻撃や術式符のチャフを浴びて、武蔵側が追い込まれ…。
そこへ、全裸の介入。
「だったら、もう少し歴史を廻してみろよ!」
「ジャッジ!誰かあ、たすけてくださーい!」
(ノ∀`)
それでも歴史は廻っている。
流石は武蔵の総長、やるときゃやるんですね!全裸だけど!w

全てが畢った。そして、全てがこれから始まる

妖精女王が、メアリに賭けを提示します。
「ゲームをしよう?メアリ」
賭ける点棒は点蔵
なんちって、誰が上手いこと言えと(以下略
メアリ救出に馳せ参じる点蔵に、あのウオルターが再び立ち塞がる。リベンジは成るのか?

次回は、ニンジャと傷有り殿がお花畑でLOVEしちゃうので御座るかなあ?
合格者って響きがいいですねえ。
井上ひさしが太宰をリスペクトした「人間合格」を想い出しました。

お花畑といえば。
「キャプテン、われわれは宇宙の果てに来たんですね?」
って宇宙の果てじゃなくてお花畑やん!とキャプテンウルトラにツッコミ入れた日々は遠く…。

いや何でもありませんw
(ノ∀`)

次回「花畑の合格者」

|

« 機動戦士ガンダムAGE第47話感想 | トップページ | 氷菓第21話感想 »

コメント

いや、その、合格者てのは、そんなにロマンチックではないというか、いわゆる解釈の結果というか……(目をそらしつつ)。


天神・道真は未熟な者の為の神ではなく、立派に文芸や学問の神ですな。まああの「いたあああい(op)」眼鏡の言い方にも難アリというか。
原作の未熟者セリフでは、

「文学の祭りに呼応し、文字と同化する酔いを得るために未熟な書き手の元に顕現されたか。――――御力の一部だろうが、その姿を貸してくれて感謝する、天神・道真」

となってますな。


なお神下ろしが出来たのは場が良かった(英国が劇場化していた)からだとか。あまりハシャぐと権限超越の警告としてズドンされるらしいけどw

投稿: | 2012年9月11日 (火) 22時48分

道真とか合格者の事とか、いろいろ見えてきましたw次回が愉しみです。

投稿: SIGERU | 2012年9月13日 (木) 20時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/55619836

この記事へのトラックバック一覧です: 境界線上のホライゾンⅡ第10話感想:

» 境界線上のホライゾンII 第10話 「劇場の咆哮者」 感想 [ひえんきゃく]
BDCMの点蔵とメアリが(笑) こんなところでもイチャイチャするな! そりゃコボルドも硬貨を叩きつけたくなるわな。  境界線上のホライゾン 公式サイト TVアニメ 境界線上のホライゾン 演目披露(ザ...... [続きを読む]

受信: 2012年9月 9日 (日) 23時55分

» 境界線上のホライゾンII #10 [ぐ~たらにっき]
『劇場の咆哮者』 [続きを読む]

受信: 2012年9月10日 (月) 00時28分

» 境界線上のホライゾンII 第10話 「劇場の咆哮者」 感想 [犬哭啾啾]
シェイクスピアと相対し自身にかけられたマクベスを解き 大罪武装を回収することが目的のネシンバラ 過去に共に育った時いた三人中の1人と2人目はシェイクスピアの二重人格 うん・・・幼少期に二重人格の友達か 凄い歪みそうというか怖い((((;゜Д゜)))... [続きを読む]

受信: 2012年9月10日 (月) 06時19分

» 境界線上のホライゾン 10話 「劇場の咆哮者」 感想 [うつけ者アイムソーリー]
作家対決、さっぱり分からんが重量感あるロボ作画(手描き!)が見れたので良し。 [続きを読む]

受信: 2012年9月10日 (月) 08時46分

» 境界線上のホライゾンII 第10話「劇場の咆哮者」 [空 と 夏 の 間 ...]
アルマダ海戦と平行して戦われる、それぞれの戦い! ネシンバラはシェイクスピアにリベンジ。 シェイクスピアは二人の少女のどちらなのか? ネイトちゃんもウォルシンガムへのリベンジ。 月は出ている? ってことで今夜は一味違うネイトですw... [続きを読む]

受信: 2012年9月10日 (月) 12時25分

» 境界線上のホライゾン?第10話『劇場の咆哮者』の感想レビュー [gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)]
ラン!点蔵、ラン!回でした。 英国との相対戦が滞り無く進行&それぞれが押せ押せ勝ち気味ムードな一方で、アルマダ海戦の方は結構ピンチかも?という状態でしたが、戦っているのは1人だけじゃないんだよ、という事で、クラスメイト達の力を借りながら全員一丸となって勝...... [続きを読む]

受信: 2012年9月10日 (月) 15時34分

» 境界線上のホライゾンII 第10話 感想 [荒野の出来事]
 境界線上のホライゾンII  第10話 『劇場の咆哮者』 感想  次のページへ [続きを読む]

受信: 2012年9月10日 (月) 17時46分

» ロンドンの激戦 アニメ感想 境界線上のホライゾンⅡ 第10話「劇場の咆哮者」 [往く先は風に訊け]
月下舞う銀狼 [続きを読む]

受信: 2012年9月10日 (月) 22時18分

» 境界線上のホライゾンⅡ 10話 『劇場の咆哮者』 [無常の流れ 新館]
ホライゾンⅡ第10話、メアリ救出組の戦いは続々と決着する一方で、アルマダ海戦では苦戦しているようですね。 今回もまた見応え充分の戦いが繰り広げられました。 [続きを読む]

受信: 2012年9月10日 (月) 23時21分

» 境界線上のホライゾン2 TokyoMX(9/09)#10 [ぬる~くまったりと]
第10話 劇場の咆哮者 僕のマクベスを終えてくれ。無理だよ、今夜の出演者に入ってる。君はどっちなんだ?分からないの?君はあの時一人だったのだから、トマスNo.14シェイクスピア。もしボクが勝ったら英国に残ってボクがどっちなのか 確かめてよ。行けよ、バーナムの軍勢。シェイクスピアの全演劇団をまとめてリア王を出現させる。代演として文芸の神、軍神道真を登場させるネシンバラ。添削し合おうか。死なないでね。 点蔵を襲うセシルとダッドリー。ナルゼが貸しを作らせてあげる。荷重大人の私が荷重童貞のあなたのパシリをや... [続きを読む]

受信: 2012年9月10日 (月) 23時59分

» 境界線上のホライゾンII 第10話 感想 [荒野の出来事]
 境界線上のホライゾンII  第10話 『劇場の咆哮者』 感想  次のページへ [続きを読む]

受信: 2012年9月11日 (火) 02時13分

» 境界線上のホライゾンII 第10話 『劇場の咆哮者』 ヤンデレ分の抜けたシェイクスピアはすっかり可愛くなっちゃって...。 [こいさんの放送中アニメの感想]
賢姉ちゃん最強。この人凹むとか苦戦するとか無いんでしょうか。戦闘キャラでないにも関わらず、バトルに出張ってくると無敵にして不敗。尊大な態度が逆に頼もしい存在です、気まぐれですが。彼女ならエリザベスと直接対決しても勝てそうだけど、やらないんだろうな。 そして今回はトーリも役に立った。フェリペの術中にハマり、自動人形が無力化されて大ピンチの武蔵。やはりアデーレじゃ「足りない」からダメなのか。そこに全裸で乱入してアドバイス。端から見ると変態がアデーレに襲いかかっている様にしか見えませんが。 リア王VS菅... [続きを読む]

受信: 2012年9月11日 (火) 10時39分

» 境界線上のホライゾンII 第10話「劇場の咆哮者」 [ボヘミアンな京都住まい]
始めと終わりのようにネシンバラvsシェイクスピアを主軸にアルマダ海戦を絡めての主な展開でしたけど、美味しいところは全部“きみとあさまで”が持っていったように見えたのは気のせい?www まずはナルゼのフォローに入ってきた喜美。カッコイイBGMに加えてバン・バン・バンと3段の効果音付きにこのアングル、さすが賢姉、登場がハデです(笑)。 そして、 「いい街ね、倫敦。だからクシャマン程度で済ませてあげる」 ・・・姉ちゃんおっかねぇ〜。 次、正純の走狗の地脈間移動を見届けた浅間。 「走狗の主従確認祝いで攻撃術... [続きを読む]

受信: 2012年9月12日 (水) 22時50分

« 機動戦士ガンダムAGE第47話感想 | トップページ | 氷菓第21話感想 »