« ココロコネクト第13話(最終話)感想 | トップページ | トータル・イクリプス第14話感想 »

2012年9月30日 (日)

境界線上のホライゾンⅡ第13話(最終話)感想

#13「境渡りの欲深き者達」

アルマダの海戦も、愈々佳境に

「境界線上のホライゾン」の妙味は、よく注力された戦闘場面にせよ、肩の力が抜けた宴会場面にせよ、総体に「祝祭気分」が漲っていることだと思います。とにかくたのしい。
そして、ロボを描かせたら無双のサンライズの作画が、格好の場を得て、冴えまくっていました。
象徴的だったのが、ツヴァイフローレンの復活です。
よく動いて、よく巨大ロボしています。
従来のロボ物の文脈が古びて、ジャンル自体が衰退しつつある昨今、「ホライゾン」という新たな起爆剤が、伝統の巨大ロボ戦闘に、新たな意味と力を与えてくれたのかもしれません。
ヘルリッヒ!
必殺技を連続で叫ぶのが、迚も心地よかったのも久しぶりでした。

アデーレも頑張る。
考えあぐねた挙句、総長であるトーリを頼ろうとする気持ちが兆します。
「どうすればいいんでしょうか」(トーリをチラ見)
「にん♪」
「(ため息)自分で考えるしかないですよね…」
武蔵の勝利条件を満たすために、いま必殺の後方宙返り!
サン・マルティンの背後を取ることに成功しました。
須臾の隙を衝いて、ホライゾンが悲嘆の怠惰を発射!
しかし、嫌気の怠惰でフアナが迎撃!サポートも入って、押し返そうとします。
形勢不利と看てとったホライゾンは、さらに、拒絶の強欲を取り込んで感情発露、駆動させます。
この辺の形而上的メタフィジックな戦闘を理解するには、ある程度の思考訓練が必要でしょうね。
とはいえ、分らなくても楽しめるのが、「ホライゾン」の凄いところなのですが。

間隙を縫って、サン・マルティンからの砲撃!
しかし、メアリのエクスカリバー・コールブランドが打ち消した!
このイフェクトは案外地味でしたが、威力の片鱗を見せた感じ。
本多・正純が、英国の助力により歴史再現がなされ、武蔵の勝利条件を満たしたと、アルマダ海戦の終結を宣言

Bパートは、一気に祝祭気分に溢れかえります。
喜美さん、ミトさん、浅間さんによるガールズバンド。「きみとあさまで」というらしい。うまい!座布団5枚!

おや?トーリが服を佩用に及んでいますよ?
全裸じゃないトーリは、魅力が半減です。とか言ってる私のアタマがおかしくなってきているようですw
その代りというか、「裸でないと眠れない」メアリが、点蔵の眼の前で、どんどん全裸になっていきます。
同じ全裸なのに、かたやむさくるしく(笑)、かたや神々しい美をたたえているとは…。
いや眼福でした。傷有り殿ありがとう。

アルマダ海戦の敗忸により、襲名解除され、今は、ただの立花・宗茂。
「一緒じゃいやだ。いつまでも一緒でいたい」
まさに殺し文句です。金髪伊達男はひとあじ違いますね。

メアリや、立花・宗茂と誾が参入し、武蔵は、どんどん強化されています。
「私、点蔵さまのそばで、幸せに咲こうと思います」
スコットランドに咲いた名花は、枯れずに済んだのですね。

ネイトのママはビッグママ?(お胸が)
「貧乳回避」のネイトさんとは格がちがいます。でも、ママがビッグカップなら、ネイトにも望みがあるということかな。
新たなキャラが、続々と参入してきましたね。
これは、3期への伏線でしょうか?だったらいいな。

ホライゾンは、これからも感情を回収してゆく。その過程で、トーリに迷惑をかけるかもしれない。
「そのとき、あなたは泣いてくださいますか?」
「ホライゾンには泣かされてきたからなあ♪」
「…境界線上ですね

境界線上のホライゾン、2期のカーテンフォールです。
サンライズお疲れさま!その膂力は、この眼でしかと見定めました!
原作と制作との、幸福な結合。そんな出逢いのすばらしさを、あらためて満喫した思いです。
3期にも、充分に期待していますよ?

|

« ココロコネクト第13話(最終話)感想 | トップページ | トータル・イクリプス第14話感想 »

コメント

ネイトの胸は父親似らしいですw

投稿: | 2012年10月 1日 (月) 20時43分

父親似w
ネイトには、希望のかけらもないということなのでしょうか。

投稿: SIGERU | 2012年10月 3日 (水) 18時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/55786105

この記事へのトラックバック一覧です: 境界線上のホライゾンⅡ第13話(最終話)感想:

» 境界線上のホライゾンII 第13話(最終回) 「境渡りの欲深き者達」 感想 [ひえんきゃく]
いい最終回でしたね。 皆の熱演も見れて見ていて楽しかったです。 構成的に、1期と同じ感じな最終回でしたね 新キャラもたくさん出てきたですし、3期も期待していいのかな。 というか、絶対に3期もやって...... [続きを読む]

受信: 2012年10月 1日 (月) 00時04分

» 境界線上のホライゾン 2期  第1話 ~  第13話 境渡りの欲深き者達 [動画共有アニメニュース]
境界線上のホライゾン  2期 第1話  ~  第13話 境渡りの欲深き者達 人類が天上から戻った時代。唯一人類が地球上で生活可能な土地を舞台に、改めて人類が天上へ戻ることを目的として過去の歴史を再現する世界。極東と呼ばれる国の独立領土「武蔵」にある学院の生徒たちを取り巻く騒動を描く。 アフィリエイト FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ ... [続きを読む]

受信: 2012年10月 1日 (月) 04時22分

» 境界線上のホライゾンII 第13話(終) 『境渡りの欲深き者たち』 結局「愛は勝つ」って事で良いのかな。 [こいさんの放送中アニメの感想]
カップル多いですねぇ。登場人物が多いこともありますが、主人公総取りのハーレムアニメが多い中でこのカップルの数は驚異的。トーリ&ホライゾン。フェリペ&フアナ。点蔵&メアリ。マルガ&マルゴット。立花宗茂&立花誾千代。まだまだ居ますし性別まで超えちゃってる連中も居ますがとにかく沢山です。最後はその愛による力押し戦闘という感じがしました。 これまで全裸で見てるだけだったトーリとホライゾンが最後の締めをやったのもGood。ホライゾンが感情を求めることで悲嘆の怠惰のリミッター解除。押される三征西班牙も総力を挙... [続きを読む]

受信: 2012年10月 1日 (月) 08時04分

» 境界線上のホライゾンII 第13話 最終回 感想 [荒野の出来事]
 境界線上のホライゾンII  第13話 最終回 『境渡りの欲深き者達』 感想  次のページへ [続きを読む]

受信: 2012年10月 1日 (月) 08時45分

» 境界線上のホライゾン2 TokyoMX(9/30)#13終 [ぬる~くまったりと]
第13話 境渡りの欲深き者達 正面を開けた三征西班牙艦隊。機鳳空母が出現。直進します。機鳳隊の一番機が来るよナルゼがナイトを助け箒も無事だったバイスフローレンが届いたらしい。あの空母と機鳳を落とすのよ。新たな契約でバイスフローレンとシュバルツフローレンを 呼んで完成ツバイフローレン。最新装備になっていると喜ぶナルゼ。しかも二人のフローレンが合体する、機鳳隊の攻撃を 躱して撃墜する。初期燃料だけににしても、いささか燃費が掛かり過ぎると 武蔵に小言を言われる二人。 機鳳空母を拿捕してアルマダ海戦の終了を... [続きを読む]

受信: 2012年10月 1日 (月) 12時56分

» 境界線上のホライゾンⅡ 最終話 「境渡りの欲深き者達」 感想 [うつけ者アイムソーリー]
太陽の沈まぬ国VS日の出ずる国、ついに決着。 [続きを読む]

受信: 2012年10月 1日 (月) 15時51分

» 境界線上のホライゾン?第13話(最終回)『境渡りの欲深き者達』の感想レビュー [gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)]
スタッフさんありがとう!!と声を大にして言いたくなる大団円最終回でした。 戦闘シーンまわりはもちろんのこと、原作で今後出てくる各勢力のキーパーソンが顔見せとか、なんともファン泣かせでござる…素敵♪ 今回の戦いを見た彼らが、どの様に武蔵と関わってくることにな...... [続きを読む]

受信: 2012年10月 1日 (月) 16時46分

» 幕下から壇上へ アニメ感想 境界線上のホライゾンⅡ 第13話「境渡りの欲深き者達」 [往く先は風に訊け]
皆さんが幸いであれば良いと眠る前に願うのは強欲でしょうか [続きを読む]

受信: 2012年10月 1日 (月) 20時43分

» 境界線上のホライゾンⅡ 最終話 『境渡りの欲深き者達』 [無常の流れ 新館]
境界線上のホライゾン第2期もついに最終話を迎えました。アルマダ海戦の決着はこれまでの集大成に相応しい、素晴らしい演出でしたね。 そして2期を振り返ってみると、カップルが随分多かったですね。 ... [続きを読む]

受信: 2012年10月 1日 (月) 22時37分

» 境界線上のホライゾンII 第13話「境渡りの欲深き者達」 [ボヘミアンな京都住まい]
小野監督はじめ制作スタッフと声優の皆さま、本当に本当にお疲れ様でした。そして良い最終回をありがとうございました。ラストの“武蔵”さんのアナウンス 「皆様も充分に休養を取り、次の航海へと備えて下さい。以上」 はスタッフとファン双方へのメッセージと受け取りました。準備期間がいくら空いてもかまわないので、ぜひ3期・4期・5期・・・etc.続編をよろしくお願いします! m(_ _)m (・・・というか、もう2010年代版『銀英伝』ってことでドンドン続けちゃっていいんじゃないの?www) さて、アバンからの双... [続きを読む]

受信: 2012年10月 1日 (月) 23時03分

» 境界線上のホライゾンII 第13話「境渡りの欲深き者達」 [ボヘミアンな京都住まい]
小野監督はじめ制作スタッフと声優の皆さま、原作者の川上稔さん、本当に本当にお疲れ様でした。そして良い最終回をありがとうございました。ラストの“武蔵”さんのアナウンス 「皆様も充分に休養を取り、次の航海へと備えて下さい。以上」 はスタッフとファン双方へのメッセージと受け取りました。準備期間がいくら空いてもかまわないので、ぜひ3期・4期・5期・・・etc.続編をよろしくお願いします! m(_ _)m (・・・というか、もう2010年代版『銀英伝』ってことでドンドン続けちゃっていいんじゃないの?www) ... [続きを読む]

受信: 2012年10月 1日 (月) 23時38分

» 境界線上のホライゾンII 第13話 最終回 感想 [荒野の出来事]
 境界線上のホライゾンII  第13話 最終回 『境渡りの欲深き者達』 感想  次のページへ [続きを読む]

受信: 2012年10月 2日 (火) 02時16分

« ココロコネクト第13話(最終話)感想 | トップページ | トータル・イクリプス第14話感想 »