« ソードアート・オンライン第13話感想 | トップページ | 境界線上のホライゾンⅡ第13話(最終話)感想 »

2012年9月30日 (日)

ココロコネクト第13話(最終話)感想

#13「この五人がいれば」

伊織ちゃんは、ママを護るために。
ママは、伊織ちゃんを護るために。
全てはすれ違いだったとは…。
('A`|||)

「でもこれは、あたしの問題だから」
「あたしが、もっと上手くやっていれば」
あくまでも頑なな伊織ちゃんに、ハラハライライラさせられっ放しだった、暫定最終話。
お話を盛り上げるための手法とはいえ、独りでアパートに戻ろうとする伊織ちゃんの身の上を、本気で心配してしまいました。

結果は、なあんだです。
伊織ちゃんとママが意思疎通さえしていれば、さっさと解決できた問題だったんですね。
いなばんじゃないけど、「ちゃんと話し合えよ!」ですよ。まったくだw
DVのごくつぶし父親は、ママが強烈な突き放しで、あっという間に土俵から押し出しました。
あまつさえ、土下座までさせたらしい。ホッとしたというか拍子抜けというか。
こんなに安直な解決でいいんかい!って、緊張からのリバウンドによる憤懣すら沸騰しかけたのはナイショですw

誰しも、自分の古傷に触れられるようなシチュエーションが提示されると、平常心ではいられません。
たとえば、先生や大人たちにさんざんイヤな思いをさせられたリアル経験のある人は、アニメという虚構であれ、一見イヤな先生が登場すると、思わずいきり立ちたくなります。「TARI TARI」の教頭先生がいい例でしょう。初期、本気で怒っている視聴者を、何人か見かけました。

フィルターがかかる。補正がかかって、眼がくもる。
人が、体験に引きずられる生き物である以上、仕方のないことだと思います。

マジ書きすると、DVの深刻さや根の深さは、たぶん皆さんの想像を絶するようなものが、現実に存在します。
些少の体験や、立場上側聞する事例も、それを裏書しているという想いが沈湎しています。
だから、「こんなオチでいいんかい!」って不満が残ったのでしょう。
作品を客観的にみつめるのが信条なのですが、こんなときに、フィルター補正の存在を感じます。

初代フウセンカズラの、「お詫びに、時間を戻しましょうか?」は、危険な誘惑でした。
キズランダム、カコランダムのほかに、(仮称)トキランダムのような捲き戻しさえも可能であることを示唆。
でも、リセットすればきっと上手くいくというのは、畢竟、幻想でしかありません。
リセットしたら、今の自分を否定することになるから、という伊織ちゃんの認識が正しい。そう思います。

「あたしは、本当に太一が好きなのかな?」
Σ(゚Д゚;
いおりん、そこは大事なところだよ?
そして、物語は配信に続く。
巧くて狡い引きですね。だが愉しみだ!

初め、「けいおん絵」に眩惑されて、カルい学園ドラマを予想していました。
なかなかどうして、「ココロコネクト」が、ずっしりした内容を包摂していたのに吃驚しています。
次には、どんなランダムが来るのかな?
鶴首して待ちたいと思います。

|

« ソードアート・オンライン第13話感想 | トップページ | 境界線上のホライゾンⅡ第13話(最終話)感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/55777940

この記事へのトラックバック一覧です: ココロコネクト第13話(最終話)感想:

» ココロコネクト 第13話 最終回 感想 [荒野の出来事]
 ココロコネクト  第13話 最終回 『この五人がいれば』 感想  次のページへ [続きを読む]

受信: 2012年9月30日 (日) 03時05分

» ココロコネクト 13話(TV最終話)「この五人がいれば」感想 [気の向くままに]
ココロコネクト 13話(最終話)「この五人がいれば」 カコランも終わり! 伊織ちゃんの問題も解決してスッキリ爽快 後4話分のミチランダムはネット配信か・・・ [続きを読む]

受信: 2012年9月30日 (日) 03時11分

» [アニメ]ココロコネクト 第13話「この五人がいれば」(TV版最終回) [所詮、すべては戯言なんだよ]
助けてくれますか? 助かることができますか? [続きを読む]

受信: 2012年9月30日 (日) 03時56分

» 「ココロコネクト」第13話(終) [日々“是”精進! ver.F]
やり直さなくて、いいです… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201209300002/ ココロコネクト ヒトランダム 上 (初回限定版) [Blu-ray]キングレコード 2012-... [続きを読む]

受信: 2012年9月30日 (日) 06時38分

» ココロコネクト 13話 感想 [うつけ者アイムソーリー]
最終回かと思ったら続きあんのね、配信どうしようかな。 [続きを読む]

受信: 2012年9月30日 (日) 08時49分

» ココロコネクト #13 「この五人がいれば」 [北十字星]
ココロコネクト カコランダム (初回限定版) [Blu-ray](2013/02/27)水島大宙、豊崎愛生 他商品詳細を見る 「カコランダム」の秘密を稲葉姫子達に話してしまった 八重樫太一。フウセンカズラ2号...... [続きを読む]

受信: 2012年9月30日 (日) 12時35分

» ココロコネクト #13 「この五人がいれば」 <終> [ゆる本 blog]
あれっ、最終回マークが付いてる!?「ココロコネクト」の第13話。 フウセンカズラ二番目に説明されたこと、秘密にすることを姫子達に やむなく話すこととなった太一。 二番目の対応は早く伊織に乗り移...... [続きを読む]

受信: 2012年9月30日 (日) 14時08分

» ココロコネクト #13 「この五人がいれば」 <終> [ゆる本 blog]
あれっ、最終回マークが付いてる!?「ココロコネクト」の第13話。 フウセンカズラ二番目に説明されたこと、秘密にすることを姫子達に やむなく話すこととなった太一。 二番目の対応は早く伊織に乗り移...... [続きを読む]

受信: 2012年9月30日 (日) 14時08分

» ココロコネクト TokyoMX(9/29)#13終 [ぬる~くまったりと]
第十三話 最終話 この五人がいれば 公式サイトから時間退行を引き起こした<二番目>からの忠告を破り、 太一は自分が知る事実をみんなに伝える。 しかしそのことよって、これまではただひとり無事だった太一にまで時間退行が起きるようになり、さらに退行する時間帯まで アトランダムにされてしまう。 家に帰ることもできなくなった5人は、家族に対してごまかす ことにも限界を感じ始める。 姫子に突っ込まれて真実を話してしまう太一。無理やり話させた私のミスだ。話した場合の事は聞いてないのか?伊織に憑依する(ふうせんかず... [続きを読む]

受信: 2012年9月30日 (日) 16時09分

» [終]ココロコネクト #13「この五人がいれば」感想 [サブカルなんて言わせない!]
一応のテレビ放映分は最終回今回の現象の発端であった事を誰にも喋らないという禁を破ってしまった太一その代償はこれまでの決められた時間外でも時間退行が起きてしまう それに太一も事情が話せないだけに家族や友人にもばらせないので八方手詰まり伊織の過去に家庭の問題で失敗してしまった事がある。それは自分のせいだと過去を思い出させるために都合のいい時間退行である身内の問題に周りの仲間に助けてと言う勇気、ベタではあるここで本家のふうせんかずらが登場で二番目と一悶着があったみたいでこの辺は駆け足のような脚本外の横槍で... [続きを読む]

受信: 2012年9月30日 (日) 17時45分

» ココロコネクト 第13話「この五人がいれば」 [空 と 夏 の 間 ...]
カコランダム編最終話。 そして...どこかに続くw  太一が稲葉ちゃんたちに、二人目のことを話してしまう。 早速、二人目から言われてた通りのペナルティが課されます。 時間退行の発生時刻が24時間ランダムに。 そして太一も対象になってしまう(ノ∀`)... [続きを読む]

受信: 2012年10月 1日 (月) 23時02分

» ココロコネクト 第13話迄(TV最終回) 感想  [かめラスカルのアニメ&趣味の戯言]
でもこれは私個人の問題で・・・ ふざけるな!永瀬がそれだけ苦しんでいるのなら、そ [続きを読む]

受信: 2012年10月 2日 (火) 07時00分

» ココロコネクト 第13話迄(TV最終回) 感想  [かめラスカルのアニメ&趣味の戯言]
でもこれは私個人の問題で・・・ ふざけるな!永瀬がそれだけ苦しんでいるのなら、そ [続きを読む]

受信: 2012年10月 2日 (火) 08時08分

» ココロコネクト13話(TV版最終回) [NEO煩悩-アニメ本店-]
カコランダム編完結です。 稲葉んもユイも伊織も、そして青木も太一も、いろいろあったけど、みんないいやつダナ。 **********ここからかなり長い駄文が続きます。(´;ω;`) お父さんが何度も変わる「複雑な家庭環境」で育ってきた伊織。その中で2番目の父親が絵に描いたようなDVおやじで、お母さんを守りたい一心でその父親が望むことを行い、機嫌をとり、母親への暴力を止めるべく自分を作ってきた。 でも、そうすることが本当に正しかったのか、お母さんにとってそれが本当に良かったのか、ずっと伊織自身が自分の... [続きを読む]

受信: 2012年10月 2日 (火) 18時06分

» ココロコネクト 第13話「この五人がいれば」 [明日へと続く記憶]
「ココロコネクト」第13話を視聴しました。 原作との比較をしながら感想を書いてます。 テレビ放送では、これが最終回となります。 だからといって特別なことはなく、作画や演出はいつも通りでした。...... [続きを読む]

受信: 2012年10月 4日 (木) 00時34分

» ココロコネクト 第13話「この五人がいれば」 [ボヘミアンな京都住まい]
サブタイトル通り、1人で抱え込まずに皆で悩みを共有して解決の方向を探るという流れ。尺の都合もあってか前2編よりも急展開だった印象でした。伊織の思わせぶりなモノローグで次の『ミチランダム』編を予告しつつTV放映分は終わりましたけど(事を荒立てないよう自我を押さえているはずの伊織が実は1番のトラブルメーカーに見えなくもないというか・苦笑)、原作の方も終わりが近いようですね。 結局今日まで原作に手を付けずじまいでしたけど、アニメ版を見るかぎりでは脚本もしっかりしていたし文研部5人を担当された声優さんの演技... [続きを読む]

受信: 2012年10月 5日 (金) 00時56分

« ソードアート・オンライン第13話感想 | トップページ | 境界線上のホライゾンⅡ第13話(最終話)感想 »