« 境界線上のホライゾンⅡ第11話感想 | トップページ | トータル・イクリプス第12話感想 »

2012年9月17日 (月)

氷菓第22話(最終話)感想

#22「遠まわりする雛」

遠まわりする二人。

謎そのものは、今回も簡明なものでした。「通行止」の標識を利用するのは、ミステリにおいて頻回に使われる手法。
描かれたのは、むしろ、二人の関係です。
前回の、里志と麻耶香の関係は?を受けて、奉太郎とえるの関係は?で収めた構成が、迚も綺麗でした。

アニメの構成は、原作順でいえば、短篇集「遠まわりする雛」の劈頭から始まり、「クドリャフカの順番」まで到達して、再び「遠まわり」に還ってくる。
いわば永劫回帰。この美しい円環には、心地よいものがあります。

「氷菓」の掉尾を飾るのは、地方のビッグイベント「生き雛祭」。
えるちゃんからの電話で、奉太郎は雛の傘持ちを頼まれます。
結婚式で謂えば、ブライダルロードを随伴する父親の役回り?ちょっと違うかw
お内裏さまは、紅をさした入須先輩です。この人、宝塚の男役でもイケますね。奉太郎とは渝らず微妙な関係ですが、賢姉の供恵さんにタイプが似ているからかな?

橋は通行止。
狂い咲きの桜の樹の下を、生き雛のえるちゃんが通るフォトジェニックな映像を撮りたいという、地元のぼんぼんの気まぐれが発端だったようですね。
桜は、古来、象徴的な花で、その蠱惑を表現化した短篇「桜の森の満開の下」や「桜の樹の下には」といった名品があります。
満開の桜の下で、人は気が狂う。小成のぼんの気まぐれも、佯狂ゆえだったのかもしれません。それは穿ち過ぎかw

えるちゃんは、東京の大学に進学し、いずれは地元に戻って、農業経営を継ぐ意思があるようです。
理系といえば、農学でしょうね。もやしもんとか銀の匙とか、ああいう感じです。
古典部の事件を通じて、経営戦略が決定的に欠けていることを自覚した。
だから、画期的な農産物の開発など、理系イノベーションによって、千反田家の経営を維持しようというのです。
卒業、即、農業経営の後継者。
ごくつぶしの異名として「旗本の三男坊」という詞がありますが、地方の名家の長女というのは大変なんだなあ。
そんな使命感が、えるちゃんの可愛いおつむを、いつも悩ませていたのですね。
経営戦略眼というなら、奉太郎が修めればいい?
何という婦唱夫随。偕老同穴w
彼の思いは詞にならなかったようですが、えるちゃんへの秘めた想いは、ひしひしと形を成してきたようです。

開始当初は、フラットな物語を、時に奇矯とも見える映像表現でリカバリーしていた印象があった「氷菓」。
しかし、「愚者のエンドロール」「クドリャフカの順番」と、謎の質と人間観察とが深化していくに随い、どんどん作品世界に引き込まれ、考察もさせていただいたのは、いい想い出です。
「氷菓」は、まちがいなく、京アニの里程標作品の一つになったと思います。
スタッフの皆さん、お疲れさま!

|

« 境界線上のホライゾンⅡ第11話感想 | トップページ | トータル・イクリプス第12話感想 »

コメント

『氷果』感想お疲れ様です。

映像表現は流石の「京アニ」と思える作品だったと思います。

ラストの奉太郎のセリフシーンの切り替えには思わずニヤリとしてしまいました。そんなセリフ恥ずかしくて言えませんよね。

ハッピーエンドを期待する視聴者も多いでしょうが、『好き』の一言がなかなか言えないのが十代の青春であり、こうした終わり方の方が余韻として個人的に好きですね。

桜の花びら舞う中、えるちゃんの姿に魅了された奉太郎くん。

二人の物語はこれからはじまるんでしょうね。

投稿: 黒猫と白猫 | 2012年9月19日 (水) 20時45分

黒猫と白猫さん、ようこそ!
>『氷果』感想お疲れ様です
ありがとうございます。そう言っていただけると、本当に励みになります。
>映像表現は流石の「京アニ」と思える作品だったと思います
ですね!
ミステリとしての「氷菓」にこだわりたかったキモチもあって、映像については不語(かたらず)を貫いてしまったのですが、もっと積極的に触れてもよかったかなと、今はちょっぴり慙愧してます。
アニメ完結記念に、短篇集「遠まわりする雛」を読んでみたのですが、里志と麻耶香、奉太郎とえるの恋愛の描き方に、男性作者としての、微妙な距離感が表れていると感じました。
つまり、同じ日常系といっても、女流の方がときに陥る、登場人物への「過度な感情移入」を避け、ミステリとして屹立させようと用心している感覚が。(あるいは、作者自身の恋愛観が反映されているのかもしれませんがw)
そんな、原作者の心の揺曳を巧みに補完するかのような、京アニの「画で心情を語れるレヴェル」の、流麗な作画とのコラボがすばらしかったと思います。

投稿: SIGERU | 2012年9月20日 (木) 07時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 氷菓第22話(最終話)感想:

» 氷菓 第22話(最終回) 「遠回りする雛」 感想 [空色きゃんでぃ]
傘を持ってくれませんか?+;・ο。..+(○´▽`)o☂o(´▽`○)+。ο・;+ 折木さん生き雛祭りで傘をさす人になる! 衣装かわいい(*´ 艸`*) えるちゃんのお雛様キレイ~♪ 男雛は入須先輩!かっこいい゜+。(*′∇`)。...... [続きを読む]

受信: 2012年9月17日 (月) 13時17分

» 「氷菓」第22話(終) [日々“是”精進! ver.F]
恋心… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201209170000/ 氷菓 限定版 第4巻 [Blu-ray]角川書店 2012-09-28売り上げランキング : 68Amazonで詳しく見る by G-... [続きを読む]

受信: 2012年9月17日 (月) 13時28分

» 氷菓 第22話 遠まわりする雛 [窓から見える水平線]
氷菓 最終話。 生きびな祭りの傘持ちに任命された奉太郎は・・・。 以下感想 [続きを読む]

受信: 2012年9月17日 (月) 13時29分

» 氷菓 第22話「遠まわりする雛」(最終回) [破滅の闇日記]
遠まわりする雛 (角川文庫)(2010/07/24)米澤 穂信商品詳細を見る  最終回だけあって、オッサンさんが声優さん的にも豪華でしたね。千葉さんがいい感じで。祭りの傘持ち役として、奉太郎はエルに呼ばれました...... [続きを読む]

受信: 2012年9月17日 (月) 13時52分

» 氷菓 第22話(最終回) 「遠回りする雛」 感想 [ひえんきゃく]
綺麗でいい終わり方でしたね。 これで最終回というのが惜しいです。 えるに「生き雛祭り」の「傘持ち」役を頼まれた奉太郎。 祭りの会場に行ってみると…、そこは戦場さながらの様子。 男衆の気迫に圧倒...... [続きを読む]

受信: 2012年9月17日 (月) 14時06分

» 氷菓 第二十二話「遠まわりする雛」 [藍麦のああなんだかなぁ]
氷菓 第二十二話「遠まわりする雛」です。 アニメ版『氷菓』も、今週で最終回らしい [続きを読む]

受信: 2012年9月17日 (月) 14時12分

» 氷菓 第22話「遠まわりする雛」 [MAGI☆の日記]
氷菓の第22話を見ました 第22話 遠まわりする雛 えるからの電話で生き雛祭りの傘持ちの代理に奉太郎は頼まれる。 橋で工事が行われているせいで正規のルートが使えず、男衆が話し合っていた最中に...... [続きを読む]

受信: 2012年9月17日 (月) 14時39分

» [アニメ]氷菓 第22話「遠まわりする雛」(最終回) [所詮、すべては戯言なんだよ]
終わった。終わっちゃった。でも、終わった感じがしないのは、二人の未来ともう二人の未来がなんだか明るいものに見えてきたので、その妄想で楽しめそうだからなのかも知れません ... [続きを読む]

受信: 2012年9月17日 (月) 16時24分

» 氷菓 第22話(最終話)「遠まわりする雛」の簡単な感想 [恋染紅葉、パジャマな彼女。と「くーちゃん」こと音巻まくらを全力応援中のブログ。To LOVEるダークネスと結城美柑&金色の闇が好きだあっ!!(新さくら日記)]
狂い咲きの桜の下で、お雛様姿のえるたそがとても映えて綺麗でしたね。 っていうか、今回で最終回なんて早すぎる、せめてちゅー位してほしかったです… これまでの簡単なあらすじ  それはある春休み…と...... [続きを読む]

受信: 2012年9月17日 (月) 17時04分

» 2012年02クール 新作アニメ 氷果 第22話 雑感 [妖精帝國 臣民コンソーシアム]
[氷果] ブログ村キーワード 氷菓 第22話 「遠まわりする雛」 #kotenbu2012 #ep22 京都アニメーションの渾身の作品。原作は、米澤 穂信氏。青春ミステリーということでどんな内容なのか楽しみ。 ...... [続きを読む]

受信: 2012年9月17日 (月) 17時27分

» 2012年02クール 新作アニメ 氷果 第22話 雑感 [妖精帝國 臣民コンソーシアム]
[氷果] ブログ村キーワード 氷菓 第22話 「遠まわりする雛」 #kotenbu2012 #ep22 京都アニメーションの渾身の作品。原作は、米澤 穂信氏。青春ミステリーということでどんな内容なのか楽しみ。 ...... [続きを読む]

受信: 2012年9月17日 (月) 17時35分

» 氷菓 第22話 「遠まわりする雛」 [つれづれ]
 エフェクトが凄く効いていて…… [続きを読む]

受信: 2012年9月17日 (月) 18時39分

» 氷菓 第22話 「遠回りする雛」 感想 [wendyの旅路]
遠回りして見えてくるもの― [続きを読む]

受信: 2012年9月17日 (月) 20時57分

» 『氷菓』#22「遠回りする雛」(最終回) [ジャスタウェイの日記☆]
「俺の省エネ主義が致命的に脅かされている」 省エネは恋愛沙汰を扱えない? 突然、えるに「傘を持ってくれませんか?」と電話で頼まれた奉太郎。 何を頼まれているか分からず、順を追って説明してもらうと、 えるが参加する「生き雛祭り」という祭りで、「傘持ち」の代役をしてくれとのこと。 省エネがモットーなはずの奉太郎は、なぜかすぐさまOKし、 祭りに参加することに。... [続きを読む]

受信: 2012年9月17日 (月) 21時24分

» 氷菓 第二十二話 「遠まわりする雛」 感想 [起源風景]
ド田舎だな。 声優豪華だな・・・最終回だからって金使いまくったな。 これが、チタダエル雛形態か!? [続きを読む]

受信: 2012年9月17日 (月) 22時12分

» 氷菓 チバテレ(9/16)#22終 [ぬる~くまったりと]
第22話 遠回りする雛 公式サイトからえるに「生き雛祭り」の「傘持ち」役を頼まれた奉太郎。祭りの会場に行ってみると…、そこは戦場さながらの様子。男衆の気迫に圧倒される奉太郎。 4月1日11時5分、千反田から電話で明後日、傘を持ってくれませんか?雛祭りが開催される、今は4月だが旧暦合わせ。生き雛祭りで毎年雛は千反田の役、雛に傘を掛ける役。係りの人が勤められなくなって衣装に奉太郎がピッタリ。 社務所は大騒ぎで居場所のない奉太郎。長久橋の工事を知らない。奉太郎の工事中の説明で確認する。担当者は業者に電話し... [続きを読む]

受信: 2012年9月17日 (月) 23時18分

» 氷菓 #22 「遠まわりする雛」 <終> [ゆる本 blog]
彼女が十二単に着替えたら? 「氷菓」の最終話。 春休み中、えるから突然「傘持ち」を頼まれる奉太郎。 行列の経路の問題でドタバタが起きたりするがえるが手配して無事収まる。 そして入須先輩の男雛...... [続きを読む]

受信: 2012年9月18日 (火) 02時34分

» 氷菓 最終話 「遠まわりする雛」 感想 [うつけ者アイムソーリー]
もう面倒臭がる素振りすら見せねぇなコノヤロウ(笑) [続きを読む]

受信: 2012年9月18日 (火) 08時48分

» 氷菓〜22話感想〜 [ブラり写真日記〜鉄道・旅・アニメのブログ。]
「遠まわりする雛」 えるから雛祭りの傘持ちを頼まれた奉太郎。 奉太郎は引き受け、えるの元へと向かう。 行ってみると、みんな大忙しの状況。 礼儀正しくご挨拶。 生まれて初めてしっかりしていると言われたw 通る予定だった橋が工事で通れないことを奉太郎から知り、 雛祭り行列のルートを変更することになった。 奉太郎はえるに呼び出され、部屋へと向かう。 自分と父が何とかすると奉太郎にスタッフへ..... [続きを読む]

受信: 2012年9月18日 (火) 13時51分

» 『氷菓』 第22話(最終回) 観ました [「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋]
早いもので、氷菓も最終回です。 実はこの最終回はとっても楽しみにしていた話なのです。それもこれも、我慢しきれずにネタバレも構わずに読んでしまった原作小説の短編集「遠回りする雛」のせいなのですが、予想にたがわず、生き雛姿のえるちゃんと男雛姿の入須先輩の姿...... [続きを読む]

受信: 2012年9月18日 (火) 16時59分

» 氷菓 第22話 【遠まわりする雛】 感想 [キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記]
4月1日にエルたんからの電話の誘い 「傘を持って欲しい」 旧暦で4月3日がひな祭りのようです。 旧暦を使う行事ってあまり聞かないですが、結構メジャーなのでしょうかね? 氷菓 限定版 第4巻 [Blu-ray](2012/09/28)中村悠一、佐藤聡美 他商品詳細を見る ... [続きを読む]

受信: 2012年9月18日 (火) 18時52分

» 氷菓 第22話 「遠回りする雛」 [北十字星]
氷菓 限定版 第4巻 [Blu-ray](2012/09/28)中村悠一、佐藤聡美 他商品詳細を見る  雛の姿になり化粧をした千反田える。 入須冬実も化けたが、えるも昔の貴族のようですね。 祭りの様子が幻想...... [続きを読む]

受信: 2012年9月19日 (水) 00時11分

» 氷菓 最終回「遠まわりする雛」 [明善的な見方]
氷菓 限定版 第4巻 [Blu-ray]『もう春です』 製作:京都アニメーション 監督:武本康弘 原作・構成協力:米澤穂信 折木奉太郎:中村悠一 千反田える:佐藤聡美 福部里志:阪口大助 伊原摩耶花: 茅野愛衣 ... [続きを読む]

受信: 2012年9月19日 (水) 00時29分

» 氷菓 第22話「遠まわりする雛」 [ボヘミアンな京都住まい]
こちらの期待以上の、良い最終回でした。制作に関わった全ての方々は本当にお疲れさまでした。今回、まずは十二単に桜という組合せの絵で雅な雰囲気が表現できていたのは、さすが京都の会社といったところでしょうか。 原作になかったアニメオリジナルでの追加も少しありました(削られた部分もありますが枝葉的なもので本筋への影響はなかったと思います)。奉太郎と摩耶花、奉太郎と入須、どちらも事件の後の奉太郎へのフォロー的な意味合いの会話内容だったと思うのですが、特に入須との会話は(まさかここでゆかなさんの声がまた聴けると... [続きを読む]

受信: 2012年9月19日 (水) 23時22分

» 氷菓 -HYOUKA- 第22話 最終回 感想 [荒野の出来事]
 氷菓 -HYOUKA-  第22話 最終回 『遠まわりする雛』 感想  次のページへ [続きを読む]

受信: 2012年9月20日 (木) 14時29分

« 境界線上のホライゾンⅡ第11話感想 | トップページ | トータル・イクリプス第12話感想 »