« ソードアート・オンライン第5話感想 | トップページ | 機動戦士ガンダムAGE第43話感想 »

2012年8月 5日 (日)

ココロコネクト第5話感想

#5「ある告白。そして死は……」

青木が唯ちゃんに告白するが、保留されてしまう。
稲葉のふりをした伊織ちゃんが、太一のキモチを試そうとする。
やっと、太一と伊織ちゃんがイイ感じになりかけたところで、フウセンカズラに人格を憑依され、伊織ちゃんが橋からダイブ。
フウセンカズラは、伊織は死ぬので、誰か身代りになれる者はいるか?と迫る。
太一が名乗りを上げるが、稲葉に説得される。順に伊織と入れ替わり、伊織ちゃんに事実を伝える。
伊織ちゃんが、想い出のためにと、稲葉の体を借りたまま、太一とファーストキス。
しかし、全てはフウセンカズラの思惑どおりで、伊織ちゃんはあっさり蘇生する。
律儀な?フウセンカズラは、お詫びにと、菓子折りを太一に言づける。

激昂する一同を軽く受け流し、フウセンカズラ、あくまで平然。
ひろし「実際の話、皆さん、すこしイイことがあったんじゃないですか?」
おまえが言うなw

結果だけ見れば、ふつうにイイお話になってるんですが、視聴者にとっては、奇妙な軋みとか違和感が拭いきれません。
愛の告白にせよ死の覚悟にせよ、人は、自ら能動的にそれを選択したと思うからこそ、結果について納得できるし、受容もできます。
ところが、この物語の構造では、彼氏彼女たちは、すべてを「受動的」に択ばせられている。
まるで、人の意思など無であり、全ては蓋然性が決めているという「決定論」を突きつけられているようで、モヤモヤ感が沈緬してしまうのですね。
じっさい、フウセンカズラが、みんなの背中を押した結果とも謂えるのが、稲葉じゃないけど癪のきわみです。

とはいえ、いい台詞が、随所に点綴されていました。この、詞の使い方は好みです。
青木「逢った瞬間、唯を好きになると思って、事実好きになって、ずっと好きなままだ」
太一「俺のために、自己犠牲野郎をやってるんだ!」
稲葉「やっぱり、おまえはおかしいよ。おかしいが、やさしい狂い方だ」
伊織「死にたくないなあ。もっと生きていたいなあ。これからだってのになあ」

ことに、伊織ちゃんの台詞は、大好きな「クロノクルセイド」の涙の最終話を想起させます。あのロゼッタさんの台詞を…。

次回「気づいたときにはまた始まっていたという話」

|

« ソードアート・オンライン第5話感想 | トップページ | 機動戦士ガンダムAGE第43話感想 »

コメント

SIGERUさん、こんばんば!

>ところが、この物語の構造では、彼氏彼女たちは、すべてを「受動的」に択ばせられている。

スゴク納得しました。
毎回毎回いい話で上手くまとまってはいるのですが、どうもしっくりこない自分がいましてね。
確かに能動的に動いてこそ、結果を受け入れる覚悟が出来るものですよね。
と言いつつ、視聴を楽しみにしている作品です。

投稿: ひろし | 2012年8月 6日 (月) 19時56分

ひろしさん、ようこそ!お久しぶりです!
ココロコネクトは、私もたのしみにしている作品です。
なので、「能動的「受動的」は、批判ではなく、分析なんですよね。
そこに共感してもらえて、幸いです。
(ひろし=野原ひろし=藤原啓治、だというのは伝わってますよね?今さら気づいて、ちょっとドキドキでした)

投稿: SIGERU | 2012年8月 6日 (月) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/55356496

この記事へのトラックバック一覧です: ココロコネクト第5話感想:

» 「ココロコネクト」第5話 [日々“是”精進! ver.F]
キスしようぜ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201208050000/ ココロコネクト ヒトランダム (ファミ通文庫)庵田 定夏 白身魚 エンターブレイン 2010-01-3... [続きを読む]

受信: 2012年8月 5日 (日) 15時57分

» 丸山桂里奈乳首スケ画像・温泉動画を発見! なでしこジャパン女子サッカーロンドンオリンピック [なでしこジャパン丸山桂里奈の温泉動画を発見! ロンドンオリンピック女子サッカー]
なでしこジャパン丸山桂里奈に巻き起こった乳首スケ画像騒動!ついに温泉動画を発見! ロンドンオリンピック女子サッカーにも注目(笑 [続きを読む]

受信: 2012年8月 5日 (日) 17時31分

» ココロコネクト   ~  第5話 ある告白、そして死は…… [動画共有アニメニュース]
ココロコネクト 第1話 ~  第5話 ある告白、そして死は…… 私立山星高校文化研究部内で次々と起こる実際ではあり得ない不思議な現象、<ふうせんかずら>による謎の企み、それにより主人公八重樫太一をはじめ永瀬伊織、稲葉姫子、桐山唯、青木義文の友情が成長していく。 アフィリエイト FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ ... [続きを読む]

受信: 2012年8月 5日 (日) 18時04分

» ココロコネクト TokyoMX(8/04)#05 [ぬる~くまったりと]
第五話 ある告白、そして死は・・・公式サイトから昼休み、唯に対し自分の思いを改めて真正面から伝えた青木。 2人の様子を太一、伊織、姫子は陰から見守っていた。 そして放課後、文研部の部室にやってきた太一は、伊織と入れ替わったという姫子から 「太一は伊織のことをどう思ってるんだ」と聞かれる。 突然の問いで言葉に詰まりながらも、本心を正直に答える太一。 ;彼にとって何気ない返事だったのだが、やがてそれがきっかけで思いがけない大事態へ…。 唯に告白する青木。まだ駄目。太一の事はどう思ってるんだ?好きよ、友達... [続きを読む]

受信: 2012年8月 5日 (日) 20時12分

» ココロコネクト 第5話「ある告白、そして死は……」 [明善的な見方]
「ココロコネクト」 OP パラダイム『死にたくないなぁ~・・・』 原作:庵田定夏 キャラクター原案:白身魚 総監督:大沼心 監督:川面真也 アニメーション制作:SILVER LINK. [続きを読む]

受信: 2012年8月 5日 (日) 21時20分

» ココロコネクト ヒトランダム #5 「ある告白、そして死は……」 [北十字星]
ココロコネクト キズランダム (ファミ通文庫)(2010/05/29)庵田 定夏商品詳細を見る  桐山唯に告白し、再び撃沈する青木義文。 まあ、こそこそ付け回すようストーカーのような 犯罪者になるより...... [続きを読む]

受信: 2012年8月 5日 (日) 21時48分

» ココロコネクト #05 「ある告白、そして死は……」 [ゆる本 blog]
「ココロコネクト」の第5話。 いきなり義文から唯への告白タイム。 今は誰とも付き合えないと断られるが、以前の蔑みから比べればぜんぜん脈あり。 部室で姫子の入った唯に「伊織のことをどう思ってい...... [続きを読む]

受信: 2012年8月 6日 (月) 01時15分

» [アニメ]ココロコネクト 第5話「ある告白、そして死は……」 [所詮、すべては戯言なんだよ]
本当、ひどいな。現実って非道いな。太一は自分のことを信じてくれている、それはわかっている。太一は自分のことを自分らしさをわかってくれている。それもわかっている。 [続きを読む]

受信: 2012年8月 7日 (火) 19時08分

» ココロコネクト 第5話「ある告白、そして死は……」 [明日へと続く記憶]
「……太一が好きだって……言ってくれたのになぁ……」 みゆきち本領発揮。 すっかり美人系お姉さんキャラが板についてきましたが、ぷちこ役でデビューしている方ですから、元々可愛い系の声は出せるんです...... [続きを読む]

受信: 2012年8月 8日 (水) 00時08分

» ココロコネクト 第5話 [空 と 夏 の 間 ...]
青木が唯に改めて告白w まだ今はムリだけど、友達として好きって唯の答え。 それでも脈ありと青木は喜ぶのでした。 太一へのフラグが出来たと焦った青木 ましな答えが貰えてよかったですね(´▽`*)... [続きを読む]

受信: 2012年8月 8日 (水) 02時53分

» ココロコネクト 第5話「ある告白、そして死は・・・・・。」 [ボヘミアンな京都住まい]
太一の不用意な言葉で伊織の心が傷つき、追いかけて謝って話し合って、ケリがついたと思ったところに<ふうせんかずら>の突然の登場と伊織の体を使っての身投げ・・・伊織はなんとか一命はとりとめたものの、実のところはは<ふうせんかずら>の壮大な釣りでした、という原作未読組にとっては超展開の、見ている側もすっかり振り回されるストーリー展開でした。 友人の死という現実を目前にした他の4人の言動の描写がよくできていたとは思いますけど、鬱エンドが回避されたとはいえ(というか川に飛び込む前にケータイを太一に渡した時点で... [続きを読む]

受信: 2012年8月11日 (土) 23時59分

« ソードアート・オンライン第5話感想 | トップページ | 機動戦士ガンダムAGE第43話感想 »