« 機動戦士ガンダムAGE第43話感想 | トップページ | トータル・イクリプス第6話感想 »

2012年8月 5日 (日)

境界線上のホライゾンⅡ第5話感想

#5「猟場の人道主義者」

開演だ、諸君

シェイクスピアの創造した演劇空間なので、もはや何でもアリだ!もともとそうだったけど
(ノ∀`)
そして、相対戦が始まる…。
英国が一人でも勝利すれば、トーリとの相対戦の権利を得るという、危険なお祭りなんですね。

先鋒のハットンは、スカルマン。骸骨さん。
アタマすげ替え可能って、某アンパンマンみたいです。

ドレイクは、人狼。
ハードウルフなだけに、言動全てがハードボイルド調です。奥さんも喰っちゃってるという、青髭公の面影もあります。
しかし、成分無調整のミルクを好む辺りは、ハードボイルド小説か西部劇のパロディですね。
この相対が、いちばん注力されていたかな。
ジャンヌ・ダルクとネイトとの関連まで語られていましたね。
しかし、英国側の策謀を、おさおさ見逃すトレス・エスパニアではありません。
あくまでも、武蔵との相対権の保持を主張します。
敗衄(はいじく)しそうになったナルゼですが、立花・誾が割って入り、ナルゼを救った!

ニコラス・ベーコン。完璧金髪ショタくんです。
股間つるつるの、守護精霊さんだったんですね。
しかし、観客の一人をぶん殴ることにより、術式が解除。ベーコンくんは退場です。

ホーキンスは水泳選手。
マルゴット・ナイトが押されますが、虚空からの一撃で、水泳野郎を圧殺。

そして、肝心のトーリは、泰然自若。
ホライゾンとのデートを、「真剣に」行っております。
トーリの真意を測りかねて、「大罪武装で世界征服の可能性」まで質していますが…。

そのころ、点蔵は、メアリに導かれて…。
「点蔵さまに、お見せしたいものがあります」
事件の核心
相対戦に匿れて進行しているこちらも気になります!

次回「広場の男女」

|

« 機動戦士ガンダムAGE第43話感想 | トップページ | トータル・イクリプス第6話感想 »

コメント

ドレイクが成分無調整のミルクを飲んでるのは、血の代用とのことです。あの方マジ人喰いですので。

食人の免許書もあって「糧食許可証:人肉、該当物(同意/販売物)」とか細かく書かれていたりする。うわー超合理的ー……。

投稿: | 2012年8月 6日 (月) 00時52分

>血の代用とのことです
ジャッジです!
なるほど、慥か、そういう台詞がありましたね。

投稿: SIGERU | 2012年8月 6日 (月) 19時50分

>ドレイクは、人狼。
半狼ですよ~
人狼と半狼は格が全然違う種族で半狼は下位種族で人狼は上位種族で基本的な性能も人狼と半狼では全然敵わない上に精神的にも人狼の方が上位者なので逆らえない。

投稿: | 2012年8月 6日 (月) 21時55分

かつての土佐藩の、上士と下士のような階級格差があるんですね。狼も大変だ。

投稿: SIGERU | 2012年8月 7日 (火) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/55360611

この記事へのトラックバック一覧です: 境界線上のホライゾンⅡ第5話感想:

» 境界線上のホライゾンII 第5話 「猟場び人道主義者」 感想 [ひえんきゃく]
英国と武蔵の面々との戦い。 見ごたえはありましたが、ちょっと駆け足っぽかったのが残念かな。 戦闘シーン自体は、よく動いていてよかったんですけどね。  境界線上のホライゾン 公式サイト -Side SunRise- ソラノウタ(2012/08/08)奥井雅美商品詳細を見る... [続きを読む]

受信: 2012年8月 6日 (月) 01時11分

» 境界線上のホライゾンII #05 [ぐ~たらにっき]
『猟場の人道主義者』 [続きを読む]

受信: 2012年8月 6日 (月) 07時17分

» 境界線上のホライゾンⅡ 5話 「猟場の人道主義者」 感想 [うつけ者アイムソーリー]
さすが英国、変態紳士ばかりですな。 [続きを読む]

受信: 2012年8月 6日 (月) 09時06分

» 境界線上のホライゾンII 第5話「猟場の人道主義者」 [空 と 夏 の 間 ...]
シェイクスピアの喜劇『空騒ぎ』開演!  演劇空間に捕らわれた武蔵のメンバーは英国との相対戦を強いられる。 誰か一人が負ければ、トーリが相対者とされる状況。 負けられない戦いですね!... [続きを読む]

受信: 2012年8月 6日 (月) 12時08分

» 境界線上のホライゾン2 TokyoMX(8/05)#05 [ぬる~くまったりと]
第5話 猟場の人道主義者 ・喜劇「空騒ぎ」(きげき「からさわぎ」)  トマス・シェイクスピアの劇場術式「宮内大臣一座」で用いられる脚本の一篇。 戦闘用舞台としての結界型演劇空間を生成する。 舞台を用意したよ、喜劇空騒ぎ。君らの役職者の誰かが抑え込まれると武蔵を 止めるカードにもなるし、そちらの総長と相対出来る。 結界を感じ浅間が周囲をセンスする。賢姉と状況を把握して対策を練る。結界内と結界外のメンバーを知ってフォローする。 ネイトは結界を感じて、我が王、トーリを探す。噴水の広場でデートしていたことを... [続きを読む]

受信: 2012年8月 6日 (月) 22時42分

» 境界線上のホライゾン?第5話『猟場の人道主義者』の感想レビュー [gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)]
トーリとホライゾンのデートを守るため、英国との相対戦に臨む戦担当達の運命や、如何に?回でした。 きっちりと勝ちを収めるものもいれば、完全に窮地に陥る者もありと、展開が大きく、密に動いてなんともボリューミィでしたね。 トーリを守ろうとする誰かが欠ければ、...... [続きを読む]

受信: 2012年8月 7日 (火) 12時57分

» 境界線上のホライゾンII 第5話「猟場の人道主義者」 [ボヘミアンな京都住まい]
目まぐるしく展開が変わっていく武蔵アリアダスト教導院vs英国オクスフォード教導院の第1ラウンド、その意味はアバンでシェイクスピアがネシンバラに告げた言葉、そしてBパート最後での浅間と喜美に会話にあった通り。原作で言うなら2〈下〉の第34章付近まで大雑把に進んだことになりますが、さすが浦畑さんだけあってポイントは抑えてあったとはいえ、それぞれのバトルをもう少しじっくり見たかったものであります。尺の都合だから仕方ないですけどね。 それと、順序を入れ替えてメアリが 「行きましょう、点蔵様にお見せしたいもの... [続きを読む]

受信: 2012年8月 9日 (木) 19時38分

» 境界線上のホライゾンII 第5話「猟場の人道主義者」 [ボヘミアンな京都住まい]
目まぐるしく展開が変わっていく武蔵アリアダスト教導院vs英国オクスフォード教導院の第1ラウンド、その意味はアバンでシェイクスピアがネシンバラに告げた言葉、そしてBパート最後での浅間と喜美に会話にあった通り。原作で言うなら2〈下〉の第34章付近まで大雑把に進んだことになりますが、さすが浦畑さんだけあってポイントは抑えてあったとはいえ、それぞれのバトルをもう少しじっくり見たかったものであります。尺の都合だから仕方ないですけどね。 それと、順序を入れ替えてメアリが 「行きましょう、点蔵様にお見せしたいもの... [続きを読む]

受信: 2012年8月 9日 (木) 19時45分

» 境界線上のホライゾンII 第5話 『狩場の人道主義者』 トーリが脳天気にデートしている間にマルガがボロボロに。 [こいさんの放送中アニメの感想]
敵は三征西班牙じゃないの?合同学園祭の共催者でありこれから交渉する相手にもかかわらず英国が各所で武蔵に相対を挑んできました。その意図は分かりませんが学園祭の余興とうそぶくあたり、さすが暗黒紳士の国ですね。 中でも、・ネイトVSウォルシンガム。・マルガVSドレイク。この2つがやばそうです。ウォルシンガムは特殊な自動人形?らしく関節が無い。バラバラになって攻撃回避ってお前はターンXかと。 またドレイクは聖譜建装を使用。大罪武装に神格武装と大層な武器が多いですね。こちら英国の正義に反する相手の行動を失敗... [続きを読む]

受信: 2012年8月12日 (日) 19時16分

« 機動戦士ガンダムAGE第43話感想 | トップページ | トータル・イクリプス第6話感想 »