« トータル・イクリプス第2話感想 | トップページ | うぽって第2話感想 »

2012年7月10日 (火)

TARI TARI第2話感想

#2「集まったり あがいたり」

艱難辛苦を乗り越えて、合唱コンクールで朗朗と歌い切った!
これで、来夏の願いはかなったのかな?
「こなつ、これで成仏できるよ」
姿がうすれ、消える来夏。彼女は、実は幽霊だったのです。
佳い「あの花」最終回でした
wウソですw
江の島ともタイアップして、ぜひ芸術選奨新人賞(メディア部門)を狙ってほしいです。なんちって。

合唱部を立ち上げ、コンクール参加をキメたまでは順風満帆だったのですが。
当日、引率の校長は来ない。副顧問の高橋先生は不在。教頭は辛く当たる。まさに三重苦。
何とか参加できたのは、来夏と紗羽の二人と、伴奏に加わった和奏だけ。
恰も故意としか思えないようなアクシデントが続きます。校長は、間の悪いことに入院していたのですね。
ガラスの仮面」でも同じ状況がありました。
ヒロインである北島マヤの才能を妬んだ劇団員が、そそのかされて妨害工作を行っていたというもの。
マヤが即興の一人演劇を見事にこなし、さらに盛名を高める、ってオチになるのですが。
ちなみに、私の世代の方は、皆さん、このエピソードを忘れていないのですねw

心が折れかけた来夏ちゃんの、文字通り「お尻を叩く」紗羽ちゃん。
「それでいいの?次はないんだよ!?」
シャンソンの名歌手、エディット・ピアフのエピソードを想起しました。
彼女ほどの歌手でも、舞台に出るときは恐怖で脚がすくむ、というのです。
大舞台で、一歩を踏み出しかねて逡巡していた彼女は、傍らのマネジャーに頼みました。
「あたしの背中を思いっきり叩いて!そして『この馬鹿!さっさと行ってこい!』って怒鳴りつけて!」
マネジャーも大変だw相手が和田アキ子なら、後で半殺しですな

他の部員は間に合わなかったが、見事に二人で合唱をこなしました。
エヴァなら、他の部員たちのアスカ的絶叫が響くところです。
「あんたもあたしも要らないのよ!無敵の瀬戸麻沙美さまと早見沙織さまだけがいればいいのよ!」
(ノ∀`)

というのは冗談として。
校長のアクシデントが判明しなければ、ワケありの和奏を上手く参加させるための奇策かとカン違いするところでした。
「心の旋律」という譜面が、今後、深い意味を帯びてきそうですね。

おしまいに、教頭先生の言動について書きます。
#1を視聴した時点では、こう思っていました。
「来夏がどんな失敗をしたか知らないけど、1年間譜めくりさせるとか、どうなの?」
しかし、#2を視聴して、教頭先生への評価に、じゃっかんの変化が生じました。
「(自分が)楽しめても、(他人を)楽しませることはできるかしら」
この言葉には、含蓄があります。
どう受け止めるかで、「歌うことが大好き」な来夏ちゃんの将来にも影響する至言です。
純粋に趣味に留めるならともかく、高みを目指すのであれば、必ずぶち当たる壁なのですから。
教頭先生が、音楽に対して真剣である証左だと感じました。

また一方、来夏の失態は、「全員競技」である合唱コンクールにおいて、かなり取り返しのつかないものでした。尠くとも、他の生徒たちを失意に追い込んだのは間違いないところです。
顧問、つまりリーダーである教頭は、声楽部の生徒たちの心情を斟酌しなければならない立場。
個人的にどう思っていても、おいそれと赦してあげるわけにはいきません。
なぜ譜めくりの懲罰だったのかは謎ですが、部の伝統的な「反省手段」だったという可能性も。

…という擁護論を張ったはいいが、教頭が実は悪逆非道人間だったら嗤っちゃいますねw
描写の印象から、そうはならないでしょうけれど。

|

« トータル・イクリプス第2話感想 | トップページ | うぽって第2話感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TARI TARI第2話感想:

» TARI TARI TokyoMX(7/09)#02 [ぬる~くまったりと]
第2話 集まったり あがいたり 幼少の来夏は祖父と踊っていた。 街で偶然に出会った5人。お前ら今歌ってた?坂井さんこれから?皆を下の名前で呼んで良い?ウィーンだっけ?ヴィーン。うるさい、どっちでも良いよ。田中君、ウィーンを案内してあげて。坂井さん、家来ない? 紗羽の母、志保はサーフィンに出かける。ネットにアップされている来夏の失敗動画を 和奏に見せる紗羽。緊張して声が出なくて、歌ってる振りすれば良いのに、 必死で声を出して失敗した。5人が必要なので、名前だけ貸してくれない?それなら・・・3人で部員集... [続きを読む]

受信: 2012年7月10日 (火) 18時44分

» TARI TARI 1-2話 感想 [EVERY LITTLE THING]
眩いばかりの青春ストーリーが展開されるんだろうなあ。テンポも良くて面白いです。それに音楽を題材に取り上げているだけあって、「才能と努力」とか「音楽を愛することと音楽から愛されること」みたいな味付...... [続きを読む]

受信: 2012年7月10日 (火) 18時55分

» TARI TARI 第2話「集ったりあがいたり」 [空 と 夏 の 間 ...]
来夏ちゃんが踊るアバンからスタート(´▽`*) 小さい時から音楽が好きだったのですね~♪ 成長した今でも歌うの大好きw 広場で歌っていたのを見られちゃいましたね。 スルーしても誤魔化せないと(^^;... [続きを読む]

受信: 2012年7月10日 (火) 19時35分

» 創部早々ピンチの連続! アニメ感想 TARI TARI 第2話「集ったりあがいたり」 [往く先は風に訊け]
好きだから楽しみたい、だけじゃだめ? [続きを読む]

受信: 2012年7月10日 (火) 19時50分

» 「TARI TARI」第2話 [日々“是”精進! ver.F]
発表会当日… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201207090003/ TARI TARI 1 [Blu-ray]ポニーキャニオン 2012-09-05売り上げランキング : 265Amazonで詳しく... [続きを読む]

受信: 2012年7月10日 (火) 20時15分

» TARI TARI 第2話「集まったり あがいたり」感想! [くろくろDictionary]
TARI TARI 第2話「集まったり あがいたり」 来夏が歌っていたところにみんな集まったところから。 来夏、和奏、紗羽の三人は一緒に紗羽の実家へ! お母さん若っw アロハ~~^^ 来夏が失敗をやら...... [続きを読む]

受信: 2012年7月10日 (火) 20時19分

» [アニメ]TARI TARI 第2話「集ったりあがいたり」 [所詮、すべては戯言なんだよ]
本気で音楽と向き合って、自分の最大限の「音楽への愛」を表現した宮本来夏の生き様に他の皆は何を感じ、何を学ぶのだろう? [続きを読む]

受信: 2012年7月10日 (火) 22時05分

» TARI TARI 第2話 「集まったりあがったり」 [北十字星]
TARI TARI 1 [DVD](2012/09/05)高垣彩陽、瀬戸麻沙美 他商品詳細を見る  沖田紗羽のお母さん、サーフィンとは若いですね。 そして沖田家は寺で馬を飼っているとは、珍しいですね。 沖田家がちょ...... [続きを読む]

受信: 2012年7月10日 (火) 22時28分

» TARI TARI 第2話「集ったり あがいたり」 [ボヘミアンな京都住まい]
これぞオリジナルアニメの醍醐味!という気分を早くも2話にして味わらせてもらえるとは思いませんでした。部結成から発表会までもっと長いスパンをかけるのかと思いきや、予想よりも話がサクサク進みましたけど、良い意味で私の予想を大幅に覆す展開でしたね。鉢合わせた5人の会話が全然噛み合ってなかったのとか病院内でのやりとりなど所々コミカルテイストを混ぜながら山あり谷ありで二転三転、いくつもの要素が絡みあって進んでいって、Bパート最後は和奏のピアノに来夏と紗羽の二重唱で締めてEDにそのまま入るという、爽やかで清々し... [続きを読む]

受信: 2012年7月11日 (水) 00時42分

» TARI TARI 第2話「飛び出したり 誘ったり」 [のらりんすけっち]
二転三転、意外な展開の連続。 黒幕が教頭で、カギを握るのが和奏ちゃんかな。 メインキャラで合唱部結成かと思いきや…なんてカオスな会話^^; 人間模様は予想以上に複雑な事情が隠されていそうですね。 ...... [続きを読む]

受信: 2012年7月11日 (水) 21時45分

» 2012年03クール 新作アニメ TARI TARI 第02話 雑感 [妖精帝國 臣民コンソーシアム]
[TARI TARI] ブログ村キーワード TARI TARI 第02話 「集まったりあがいたり」#taritari2012 #ep02 『TARI TARI』P.A.WORKSによるオリジナルアニメーション作品。監督は橋本昌和、『レイトン教授と永...... [続きを読む]

受信: 2012年7月12日 (木) 23時14分

« トータル・イクリプス第2話感想 | トップページ | うぽって第2話感想 »