« TARI TARI第1話感想 | トップページ | うぽって第1話感想 »

2012年7月 3日 (火)

トータル・イクリプス第1話感想

#1「帝都燃ゆ(前編)」

帝都は燃えているか
って、燃えっぱなしですねw
火星の、異星起源種、BETA勁し。人類の生存そのものが危殆に瀕しています。

ハードな世界観による、本格ロボ物。
基本、「絶望」が通奏低音になりそうな予感がしますね。
人型歩行兵器を観ると、ついついボトムズを想い出します。
あの作品もリアルで、画面が暗かったなあ…(遠い眼)。

1990年代のセーラー服とか、和む描写なども点綴して。
訓練風景は「トップをねらえ」や、キューブリック監督「フルメタル・ジャケット」の教官を想起させる部分もあります。
取り合えず、視聴者を誘い込むのが先決。
これからあと、視聴者の心を折っていくわけですね?分りますw
まずは壮大な物語の序章ということで。
リアルハードと萌えとのトータル・バランスをどう保っていくかがキモかな。
それとも、萌えなんてないのか…。

次回「帝都燃ゆ(後編)」

|

« TARI TARI第1話感想 | トップページ | うぽって第1話感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/55112435

この記事へのトラックバック一覧です: トータル・イクリプス第1話感想:

» トータル・イクリプス テレ東(7/01)#01新 [ぬる~くまったりと]
第1話 帝都燃ゆ 前篇 公式サイトから 1958年、火星地表にて初めて認識された異星起源種「BETA」。その発見は決して人類にとって未知の生物という夢や希望ではなく、その後、長きに渡る絶望への道のりであった。 1998年。衛士養成学校に通っている篁 唯依はクラスメートと共に衛士(戦術機のパイロット)になるため厳しくも楽しい日々を過ごしていた。訓練の中でお互いの絆を深めていく唯依達。しかしそんな日常は長くは続かなかった。海を越えてBETAの脅威はついに日本にまで及んできたのだ。唯依達は教練も半ば、実戦... [続きを読む]

受信: 2012年7月 3日 (火) 19時40分

» トータル・イクリプス 第1話 「"帝都燃ゆ"(前編)」 感想 [ひえんきゃく]
京都防衛線、防衛線と言うより一方的な蹂躙になってますね。 1958年、火星地表にて初めて認識された異星起源種「BETA」。 その発見は決して人類にとって未知の生物という夢や希望ではなく、 その後、長き...... [続きを読む]

受信: 2012年7月 3日 (火) 22時54分

» トータル・イクリプス 第1話 帝都燃ゆ(前編) [ゲーム漬け]
1967年、以前より火星で確認されていた地球外生命と人類は初めて接触を果たす事に。 人類に敵対的な地球外起源生命・BETAは、ファーストコンタクトを試みた宇宙飛行士を殺害。 人類 ... [続きを読む]

受信: 2012年7月 3日 (火) 23時21分

» 新作アニメ トータル・イクリプス #01 帝都燃ゆ(前編) レビュー [ゴマーズ GOMARZ]
1967年に以前より火星で確認されていた地球外生命と人類は 初めて接触を果たす…地球外生命は人類に敵対的で 異星起源種「BETA」と呼ばれ人類はBETAとの長期に渡る戦いに突入。 人類は持てる技術の全てを投入して反撃、しかし、第一次月面戦争を 経て、ついに1973年にBETAは地球に襲来してしまった。   そこから、地球上でBETAとの戦いが始まったわけね… そして、1998年…ついに日本にもBETAが上陸。 ひぇえ。 なんか真面目な戦争ものじゃないですか! なんという沈痛な面もちのナレーショ... [続きを読む]

受信: 2012年7月 8日 (日) 13時33分

« TARI TARI第1話感想 | トップページ | うぽって第1話感想 »