« 氷菓第13話感想 | トップページ | 織田信奈の野望第2話感想 »

2012年7月16日 (月)

トータル・イクリプス第3話感想

#3「錚々たるユーコン」

いきなり作風変えてきましたねw
人類破滅SFが、3年経ったら「トップガン」になっていた件。
(ノ∀`)

人類の存亡がかかっているのに、アラスカくんだりまで来て、お国エゴむき出しでパワーゲームとは…。
('A`|||)
イタリア、スウェーデン、ネパール、日本、そしてアメリカにトルコか。
ネパール人のタリアちゃんが、ムードメーカー?独りでわーわー騒いでおります。
「咲」で謂えば、「まぜろよ池田」か「タコス優希」の立ち位置ですね。

ともあれ、平和が一番。
しばらくは、「愛と青春の旅だち」的な、この氛気が続くのでしょうね。

ユーコン基地は、戦術機開発の拠点となるようです。
BETAとの報復戦は、かなり先になるのかな?じれったいなあ。
もう、AGEシステムでもエグザデータベースでもロストテクノロジーでもいいから、チートな戦術機を一刻も速く完成させて、にっくきBETAを一匹残らず殲滅してほしい!
がんばれ篁唯依!喰われていった女子たちの仇をとってやれ!
何だったら、エヴァ初号機とか開発して、逆にBETAを喰っちゃってもいいんだぞ!?
majikitiキター!w

次回「朧月の群れ」

|

« 氷菓第13話感想 | トップページ | 織田信奈の野望第2話感想 »

コメント

むしろこれがトータルイクリプスの本編なんですがね、トータルイクリプスは新型戦術機開発計画を主にした外伝なので。(1,2話はオリジナルで過去編みたいな感じ)

BETAへの大規模な反撃作戦とかは本編である「マブラヴ オルタネイティヴ」で描かれてます。

投稿: | 2012年7月16日 (月) 16時02分

そうですね、外伝というのは、風の噂で聞きました。これ(萌えツッコミ)は私の芸風ですので、そこはご寛恕いただけると有難いですね。これからも、愛情を以て視聴していきます。

投稿: SIGERU | 2012年7月16日 (月) 17時30分

チート戦術機はないけど、チート衛士なら「オルタ」にでますねぇ。
本作の主人公たちはソレに比べたら「一般兵」という感じがしますね。
つまりそういう視点で見ると一層楽しめるんじゃないかなと思います。
そしてタリサは私たち(?)の嫁です!異論は認める!w

投稿: ぴろしき | 2012年7月16日 (月) 21時44分

ぴろしきさん、ようこそ!
「チート衛士」ですか!それは頼もしいですね。
ユウヤたちも、ぜひ切磋琢磨して、BETAを斃せるほど成長してほしいと思います。

投稿: SIGERU | 2012年7月17日 (火) 16時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/55207854

この記事へのトラックバック一覧です: トータル・イクリプス第3話感想:

» トータル・イクリプス   ~  第3話 錚々たるユーコン [動画共有アニメニュース]
トータル・イクリプス 第1話  ~  第3話 錚々たるユーコン 1973年、地球に襲来した異星起源種「BETA」によって引き起こされた戦争は、人類を滅亡の淵へと追いやった。圧倒的な物量で迫るBETAに対し、人...... [続きを読む]

受信: 2012年7月16日 (月) 14時25分

» 「トータル・イクリプス」第3話 [日々“是”精進! ver.F]
トップガンと呼ばれて… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201207160002/ トータル・イクリプス 第1巻 初回限定盤(仮) [Blu-ray]エイベックス・マーケティン... [続きを読む]

受信: 2012年7月16日 (月) 14時59分

» トータルイクリプス第3話レビュー 戦闘シーンと新キャラ紹介回だったね [どっかの大学生の読書&ロッテ日記]
なんか監督変わったみたいだけど どうも監督に仕事が集中しすぎたからだとか… 新キャラが続々と登場しましたね。 前回までに主人公以外全滅したから仕方ないか… それとここどこだよと思ったけど どうもアラスカの基地だそうですね。 ここは国土を失った国の軍がい...... [続きを読む]

受信: 2012年7月16日 (月) 16時44分

» トータル・イクリプス テレ東(7/15)#03 [ぬる~くまったりと]
第3話 錚々たるユーコン 公式サイトから前話から3年後の2001年。ユウヤ・ブリッジスは大型輸送機でアラスカのユーコン基地へ向かっていた。彼は日米合同での新型戦術機開発を目的とするXFJ計画のテストパイロットとして米国軍から国連軍へと転属されたのだった。ユーコン基地でユウヤを迎えたのはアルゴス小隊の面々。彼らは世界各国から集められた選りすぐりの衛士達だ。ユウヤは着任早々に行われる模擬戦でその実力を試されることとなった。 うすのろめ、ようやく私に気づいたか。戦術機同士の模擬戦。 ユーコン基地に米国から... [続きを読む]

受信: 2012年7月16日 (月) 20時13分

» トータル・イクリプス テレ東(7/15)#03 [ぬる~くまったりと]
第3話 錚々たるユーコン 公式サイトから前話から3年後の2001年。ユウヤ・ブリッジスは大型輸送機でアラスカのユーコン基地へ向かっていた。彼は日米合同での新型戦術機開発を目的とするXFJ計画のテストパイロットとして米国軍から国連軍へと転属されたのだった。ユーコン基地でユウヤを迎えたのはアルゴス小隊の面々。彼らは世界各国から集められた選りすぐりの衛士達だ。ユウヤは着任早々に行われる模擬戦でその実力を試されることとなった。 うすのろめ、ようやく私に気づいたか。戦術機同士の模擬戦。 ユーコン基地に米国から... [続きを読む]

受信: 2012年7月16日 (月) 20時23分

» トータル・イクリプス 第3話 「錚々たるユーコン」 感想 [ひえんきゃく]
今回から真・OPに。 曲はともかく映像はOPらしくていいんじゃないでしょうか。 今回流れた挿入歌をOPにすればいいのに。 今回から監督が変わりましたが、何かあったんですかね。 前話から3年後の2001...... [続きを読む]

受信: 2012年7月17日 (火) 00時26分

» トータル・イクリプス 第3話「錚々たるユーコン」 [空 と 夏 の 間 ...]
京都陥落を辛くも生き残った唯依が赴任したアラスカのユーコン基地。 そこに米国軍から国連軍へと転属されたユウヤ・ブリッジス。 ようやく主人公も登場ですw 今回からが本編のスタートみたいですが、 それにあわせるように監督が交代。 副監督さんが繰り上がって監督になったようです。 現場は大変なんでしょうかね? (´・ω・`)... [続きを読む]

受信: 2012年7月17日 (火) 02時32分

» トータル・イクリプス 3話 感想 がらっと雰囲気かわったな [ぷ~ぎ~(仮)]
訪問者の検索ワードに「同人」って言葉を見かけるたびにびびっている律ちゃん博士です(`・ω・´)ゞビシッ!! あれ・・・もう7月おわりそう・・・・コミケの準備やべぇ・・・・。 (まったく!!夏アニメ視聴がは...... [続きを読む]

受信: 2012年7月20日 (金) 21時42分

« 氷菓第13話感想 | トップページ | 織田信奈の野望第2話感想 »