« 機動戦士ガンダムAGE第41話感想 | トップページ | 境界線上のホライゾンⅡ第3話感想 »

2012年7月22日 (日)

ココロコネクト第3話感想

#3「ジョバーとローブロー」

「奇妙な味」という短篇ジャンルがあります。
この作品も、本来なら、学園青春お悩み路線ということで纏るはずでした。
ところが、各人の精神的外傷が露出するきっかけに、「人格チェンジ」を使っているせいか、何とも、奇妙な印象が遺ります。
まさに「奇妙な味アニメ」ですね。

空手少女の桐山唯ちゃんは、何と、男性恐怖症だった!
中学生のとき、男性に襲われかけて、逃げた体験がある。それが、心の傷となっていた。
この話をしているとき、太一と唯ちゃんが入れ替わった。

そして、唯(実は太一)からの、とつぜんの荒療治。
太一(実は唯ちゃん)の股間を蹴り上げた
Σ('∀`;)
思わず、蹲るほどの激痛。声も出ない太一(唯ちゃん)です。ある意味倒錯的な場面です。
女子には分らない痛みを、いま唯ちゃんが実感しています。
分っただろう?ココを狙えば、男なんか一撃さ。
すごい説得方法もあったもんだw

メガネ藤島さんが、中の人(伊藤静)の力も相俟って、異様な存在感があります。
今回も、太一と唯ちゃんの「あわや」の場面に、通りすがりました。
犬の散歩コースとか言ってましたが、もはや狙っているとしか思えない。
この人こそ、「ココロコネクト」のキーマンかもしれません。
藤島さんとの人格チェンジが始まったら、もはやカオス。
おそらく、凌辱ゲームの開始でしょう。

|

« 機動戦士ガンダムAGE第41話感想 | トップページ | 境界線上のホライゾンⅡ第3話感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/55255402

この記事へのトラックバック一覧です: ココロコネクト第3話感想:

» ココロコネクト #3 「ショバーとローブロー」 [北十字星]
ココロコネクト (3) (ファミ通クリアコミックス)(2012/07/14)CUTEG商品詳細を見る  八重樫太一を自己犠牲野郎と言う稲葉姫子。 鋭い指摘ですが、ここまで無見込むと人間関係が おかししくな...... [続きを読む]

受信: 2012年7月22日 (日) 18時32分

» ココロコネクト TokyoMX(7/21)#03 [ぬる~くまったりと]
第3話 ジョバーとローブロー 公式サイトから次第に人格入れ替わりに慣れてきた太一たちだが、 それと同時にお互いの内面に気付き始める。 ある日の放課後、これまで何度か唯と入れ替わった青木の指摘により、 彼女のあるトラウマが露呈されてしまう。 隠し続けてきた内心を知られた唯は激しく動揺し、部室を飛び出していく。 唯の気持ちを察することができなかったと落胆する青木。 一方、太一は唯をどうにかして救えないかと考える。 伊織は俺の女だと宣言した太一の中の姫子。避難される覚えはないよ。藤島の魔の手から伊織を守る... [続きを読む]

受信: 2012年7月22日 (日) 18時37分

» ココロコネクト   ~  第3話 ジョバーとローブロー [動画共有アニメニュース]
ココロコネクト 第1話 ~ 第3話 ジョバーとローブロー 私立山星高校文化研究部内で次々と起こる実際ではあり得ない不思議な現象、<ふうせんかずら>による謎の企み、それにより主人公八重樫太一をはじめ永瀬伊織、稲葉姫子、桐山唯、青木義文の友情が成長していく。 アフィリエイト FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ ... [続きを読む]

受信: 2012年7月22日 (日) 18時42分

» じょしらく TBS(7/13)#02 [ぬる~くまったりと]
第二席  楽屋の富  魔梨威の高座、お客は10人。 宝くじに当たったら何を買う? 貯金すると答える人間にだけはなりたくない。 そんな人間は生まれ変わったら何になると  尋ねたら人間と答えるわ。 私は借金を返す。 私母を探す。 大好きなヨーグレットで家を建てる。  期待に応えるのは辛いわね。 宝くじに当たっても誰も言わない。 この中に当たった人が居る。  疑心暗鬼になる。 金持ち喧嘩せずと言うわよ。 喧嘩する時は上品にするんじゃないの? 当たったら言うことが変わるんじゃないの? 尊敬するのが両親と言っ... [続きを読む]

受信: 2012年7月22日 (日) 18時53分

» 機動戦士ガンダムAGE 第41話 華麗なフラム [レベル999のgoo部屋]
『華麗なフラム』 内容 連邦軍によるルナベース奪還作戦が開始された。 ヴェイガンの世界を見てきたキオは、自分なりの戦いを新ガンダムで開始する。 「わかりあえるハズなんだ」と。 命を奪わないという難しい戦いを続けるキオ。 一進一退の攻防が続けられるなか、キ...... [続きを読む]

受信: 2012年7月22日 (日) 20時53分

» ココロコネクト TokyoMX(7/21)#03 [ぬる~くまったりと]
第3話 ジョバーとローブロー 公式サイトから次第に人格入れ替わりに慣れてきた太一たちだが、 それと同時にお互いの内面に気付き始める。 ある日の放課後、これまで何度か唯と入れ替わった青木の指摘により、 彼女のあるトラウマが露呈されてしまう。 隠し続けてきた内心を知られた唯は激しく動揺し、部室を飛び出していく。 唯の気持ちを察することができなかったと落胆する青木。 一方、太一は唯をどうにかして救えないかと考える。 伊織は俺の女だと宣言した太一の中の姫子。避難される覚えはないよ。藤島の魔の手から伊織を守る... [続きを読む]

受信: 2012年7月22日 (日) 21時42分

» ココロコネクト 第3話「ジョバーとローブロー」 [空 と 夏 の 間 ...]
伊織は俺の女だ!  なんて人格入れ替わった時に、稲葉さんが言った理由は? 伊織を守るために一番簡単だし、 太一が自己犠牲野朗だからだそうです(´▽`*) 伊織は脆いと心配してる稲葉ですが、 ...... [続きを読む]

受信: 2012年7月22日 (日) 21時44分

» [アニメ]ココロコネクト 第3話「ジョバーとローブロー」 [所詮、すべては戯言なんだよ]
心の隙間に眠る傷跡だと思っていた傷痕は癒してくれる存在が居続けることで少しずつ治っていくのだろう。そして、完治した時の喜びを将来に託し、少女は今を歩き始める。 [続きを読む]

受信: 2012年7月22日 (日) 22時20分

» ココロコネクト #03 「ジョバーとローブロー」 [ゆる本 blog]
入れ替わりによって起きること出来ること。「ココロコネクト」の第3話。 麻衣子に「伊織は自分の女だ」と宣言した太一(の姿の姫子)。 姫子は今の状況をかなり危機的に考えており、中でも一番危なっかし...... [続きを読む]

受信: 2012年7月23日 (月) 00時45分

» ココロコネクト #3 ジョバーとローブロー [窓から見える水平線]
ココロコネクト 第3話。 自己犠牲野郎、八重樫太一。 以下感想 [続きを読む]

受信: 2012年7月23日 (月) 01時31分

» ココロコネクト 3話 [すとぅるるるのアニメ日和]
普通、「楽しい事故」として取り入れられることの多い「人格の入れ替わり」。 それも真剣に問題視する必要がある人物が集まると面白いですね。 伊織に関しては、母親に対して遠慮しがちな姿と部活での明...... [続きを読む]

受信: 2012年7月24日 (火) 03時48分

» ココロコネクト 第3話「ジョバーとローブロー」 [ボヘミアンな京都住まい]
人格が入れ替わったのをいいことにって余計なイタズラはするもんじゃなかったですね(笑)。 頻繁に、かつランダムに、人格が入れ替わることで自身の心が疲弊していくだけでなく、他者の心の奥深くに潜むトラウマや悩みに少しずつ気づいていく文研部の5人。ドロドロした演出で大きなインパクトを残そうとするならいくらでもできるのに(もっとも実際にそうしてしまえば安っぽくなるだけでしょうけど)、中心を射つつもダークな側面をオブラートに包みソフトでマイルドな見せ方をしているのが、太一×姫子と太一×唯のやりとりのシーンで印象... [続きを読む]

受信: 2012年7月24日 (火) 23時21分

» ココロコネクト 第3話「ジョバーとローブロー」 [明日へと続く記憶]
「ココロコネクト」第3話を視聴しました。 ヒトランダム編も半ばに差し掛かってきましたね。 以下、原作の重大なネタバレは避けつつ、ただし比較しながらの感想となります。 この無難さ加減が安心感...... [続きを読む]

受信: 2012年7月25日 (水) 00時35分

« 機動戦士ガンダムAGE第41話感想 | トップページ | 境界線上のホライゾンⅡ第3話感想 »