« つり球第9話感想 | トップページ | 夏色キセキ第10話感想 »

2012年6月 9日 (土)

坂道のアポロン第9話感想

#9「ラヴ・ミー・オア・リーヴ・ミー」

千太郎と淳にいの果し合いは、ドラムとペットの、烈しいセッション!

「よい音楽とよい酒、そして家族と友人がいれば、あとは何も要らない」
そう謂った人は誰だったっけ?
私かw
でも、似たような箴言を吐いた有名人は何人もいるはずです。

かけ合いは、クラシックでもロックでもあり得ますが、ジャズのインプロビゼーションに於いて、最高度に魅力が発揮されます。ジャズの華というべきですね。
こういう、男同士の熱い場面に接すると、女性陣がおじゃまに視えてしまうのは何故だろうか?
(ノ∀`)

松岡くんが、クリスマスパーティでシャウトしていたのは、ザ・スパイダース「バン・バン・バン」。かまやつひろしの作詞作曲。堺マチャアキがアイドルやってた頃のグループ・サウンズ音楽です。

淳にいは、自分を「転向者」として慙愧しています。
長崎県佐世保の、原子力空母反対デモの光景が映されていました。
東京の知人から、出版業を立ち上げるから手伝ってほしいとの誘いが。
渠は、マスコミという手段を通じて、政治の闇を追いかける決意を固めます。
淳のように、学生運動家あがりで、出版や、あるいは塾教師に流れた人も多かったようです。

百合香さんは、「情念の女」なんですね。
いかにも60年代らしい女性像です。現在では、こういう女性は絶滅危惧種かもしれません。
♪花嫁は 夜汽車にのって♪なんてフォークソングを想い出しました。

次回「イン・ア・センチメンタル・ムード」

|

« つり球第9話感想 | トップページ | 夏色キセキ第10話感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 坂道のアポロン第9話感想:

» 坂道のアポロン 第9話 あらすじ感想「ラ... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
選んだ未来-----------!!今回もある意味神回だったかもしれない。いい余韻だったなぁ(^^)今度丸尾たちの主催でクリスマスパーティがあるという。律子たちは教会でのクリスマス会... [続きを読む]

受信: 2012年6月 9日 (土) 08時22分

» 坂道のアポロン 第9話 『ラブ・ミー・オア・リーブ・ミー』 [こいさんの放送中アニメの感想]
ボ、ボ、ボンの時代が来たのか!?告白したり、やや強引にチューぶちかましたものの玉砕してしまった薫。以後は律子の良き恋の相談役に徹してきたつもりだった。千太郎は一緒じゃないの?もうすぐ千太郎の誕生日だね。薫さんのバカーーーー!そんな話ばかり振っていたら律っちゃんがキレた。 律子の心の天秤が薫に傾いてるんですね。千太郎が好きだったのにと思うかもしれませんが、むしろアチラは兄弟愛。ようやく恋人として意識できたのが薫だったと思うべきか。ただ両者の想い始めにはズレがあったのでややこしい事になってると。 まあ引... [続きを読む]

受信: 2012年6月 9日 (土) 08時55分

» 『坂道のアポロン』#9「ラヴ・ミー・オア・リーヴ・ミー」 [ジャスタウェイの日記☆]
「今度はちゃんと言いたかとです。 もう何も言わんで終わりを待つのはやめようと思って」 りっちゃんの気持ちの変化に気付かずに、距離を置き続ける薫。 りっちゃんたちが日曜日に教会のミサに参加すると聞いて、 同じ日に行われる、星児たちのクリスマスパーティに参加することに。 二人のすれ違いはいつまで続くのか…。。。... [続きを読む]

受信: 2012年6月 9日 (土) 09時24分

» 坂道のアポロン フジ(6/07)#09 [ぬる~くまったりと]
第9話 ラブ・ミー・オア・リーヴ・ミー 公式サイトから薫が九州に来て2回目のクリスマス。律子の気持ちを勘違いしたままの薫は、星児が主宰するパーティに出向くものの、寂しさを感じずにはいられない。一 方、薫のために手袋を編む律子もまた、もどかしい想いに悩んでいた。自分からフッておいて、告白できるはずもない。逡巡する彼女の背中を押したのは、千太郎の言葉だった。 かつての学生運動のリーダー有田からの 手紙を読む淳一。 クリスマスパーティを開くオリンポス。律子も薫も誘われる。日曜日は教会のミサがあるので行けな... [続きを読む]

受信: 2012年6月 9日 (土) 10時32分

« つり球第9話感想 | トップページ | 夏色キセキ第10話感想 »