« ヨルムンガンド第10話感想 | トップページ | 坂道のアポロン第10話感想 »

2012年6月14日 (木)

LUPIN the Third 峰不二子という女第11話感想

#11「愚か者の祭」

「手に入れた!オレの宝石…」
オスカーが追い求めた、至高の黒い宝石。それは銭形警部だったのです。

不二子に女装して捜査陣を攪乱するオスカー警部補。
それもこれも、銭形の気を引こうとする、狂熱の愛ゆえ。
「あの花」の、女装ゆきあつくんを想起して胸熱(むねあつ)ですw
流石は岡田麿里さん。ブレがありませんな。

オスカーくん、おかしいとは思っていたが、性的倒錯、トランスヴェスタイトに加えて、自己破壊の願望まで秘めていたとは…。
ヒッチコック映画「サイコ」を思わせる設定です。
サイコな主人公、ノーマン・ベイツは異常系マザコンでしたが、少年時から孤独だったオスカーには、ファザコンの気もあったのでしょうか。
銭形に愛されるか、しからずんば死か。
フランス革命の美貌の革命家、サン=ジュストを髣髴させる純潔さですね。

雪山の山荘で、五エ門に保護されている不二子。
食事の皿を投げつけたが、オートミール鰹ダシ風味は確かにちょっとネw
前々回の自殺未遂その他の精神汚染により、退行状態に陥っている模様。
ティアラの悪夢から、洗脳の恐怖が甦り、さらに錯乱します。

オスカーが橋桁に仕掛けた爆弾は、「フーコーの振り子」を応用した、解除不能な爆弾。
しかし、銭形の詞に翻然回心したオスカーは、ルパンを押しのけ、爆弾と倶にセーヌ河にダイブ。
巴里の夜空に煌めく打ち上げ花火の演出は、アンジェイ・ワイダ監督「灰とダイヤモンド」の、暗殺場面に花火の遠景をかぶせる映像美を思わせます。
空高く果てて死ぬ。
フロイト的解釈に拠れば、この死に方は、性行為の成就によるオルガスムスの暗喩である。なんちってw
花嫁姿で、愛する銭形の幻像とふれ合う、オスカーの断末魔の幻想が妖艶でした。
HOMOだけどさw

「完璧な計画」からの、ウテナかピンドラかと謂う抽象的映像表現が、よくキレていました。

愈々、終末が視えてきましたね。
峰不二子という女の終着駅は那辺に?

|

« ヨルムンガンド第10話感想 | トップページ | 坂道のアポロン第10話感想 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LUPIN the Third 峰不二子という女第11話感想:

» 峰不二子という女 日テレ(6/13)#11 [ぬる~くまったりと]
第11話 愚か者の祭 公式サイトから厳重な警備体制の中、貴重なお宝が次々に盗まれる事件が発生。その全ては峰不二子による犯行とみられる。再び不二子を名乗る犯行予告が届き、銭形とオス カーが警備にあたる。何百もの警官を配置した完璧な警備にもかかわらず、再びお宝は盗まれてしまうのだった...。その頃、五ェ門は雪山のログハウスにい た。何故か錯乱している不二子とともに...。そして、ルパンもこの不可解な事件の真相を探るために動き出し...。 幼少の頃のオスカー、子供たちと喧嘩、 川に飛び込んだ彼を救ったのは... [続きを読む]

受信: 2012年6月14日 (木) 20時35分

» LUPIN the Third ~峰不二子という女~ 第11話「愚か者の祭」 [空 と 夏 の 間 ...]
今週こそ五右衛門回と予想したけどそんなこと無く、 まさかのオスカー回だった(´▽`*) 小さいころ銭形警部に拾われたオスカー。 この銭形がイケメン(?) 黒い宝石って 銭形が浅黒い肌だからかな? 警部に救われ やがて自分も警察になり献身をささげ。 それで済まずに やがて愛に...ヤンホモった。... [続きを読む]

受信: 2012年6月14日 (木) 21時33分

» LUPIN the Third 〜峰不二子という女〜 第11話 感想「愚か者の祭」 [一言居士!スペードのAの放埓手記]
LUPIN the Third 〜峰不二子という女〜ですが、オスカーが不二子に変装して盗みを繰り返しています。しかし、ルパンも銭形も、あれは不二子ではないと気づいています。(以下に続きます) [続きを読む]

受信: 2012年6月14日 (木) 22時05分

» 『LUPIN the Third 〜峰不二子という女〜』第十一話 [時間の無駄と言わないで]
やたらと凝った画作りだというのに、まさかのオスカー回とは・・・。 まぁ、残りの2話を観れば今回のオスカー回にもちゃんとした意図があったんだなぁと、そう思えるようにして ... [続きを読む]

受信: 2012年6月14日 (木) 23時49分

» LUPIN the Third 峰不二子という女 第11話 『愚か者の祭』 [こいさんの放送中アニメの感想]
ここへ来てオスカー回?孤児だったオスカーは銭形によって救われ、やがて警察へ。憧れは愛情となり、それが報われないことも知ってしまった。銭形はホモじゃない。結果狂ったと。 世間では不二子による犯行が続いている。しかし当の不二子は五右衛門に匿われて療養中。こんな物食えるかと食事にケチをつけていますが、どう見ても虚勢。食い物を粗末にするな!五右衛門には横っ面引っ叩いて欲しかった。そんな訳で世間を騒がせている不二子は偽物、さてその正体は。 俺の知ってる不二子と違う。ルパンよろしく予告状を出したり、無駄に警備... [続きを読む]

受信: 2012年6月15日 (金) 02時19分

» LUPIN the Third ~峰不二子という女~ 第11話 「愚か者の祭」 [青いblog]
ここに来てオスカーの話に戻るとか。 あと3話で怒涛の展開となるかと思ったんですが、こう来たか…。 あまり深いテーマは考えてはいないのかも。 トラウマの解決も、雰囲気的なことに終始して...... [続きを読む]

受信: 2012年6月15日 (金) 18時13分

« ヨルムンガンド第10話感想 | トップページ | 坂道のアポロン第10話感想 »