« 機動戦士ガンダムAGE第32話感想 | トップページ | アクエリオンEVOL第21話感想 »

2012年5月21日 (月)

氷菓第5話感想

#5「歴史ある古典部の真実」

氷菓=アイスクリーム=I scream=叫ぶ
なるほど。
「表意」と「表音」を組み合わせたような「解」でした。

推理のデータは、前回で全て提示されていたわけだ。推理ってほどじゃなかったにしても。
ダジャレの連想から、匿された意味を類推したわけですね。
ダジャレと謂えば。
♪アイ、スクリイム ユウ、スクリイム♪
って歌があったな。榊原郁恵「夏のお嬢さん」だったかw

「勁くならなければ、叫ぶこともできない」
関谷叔父さんは、幼いえるちゃんにそう語り、えるちゃんは泣いてしまったのです。
叫ぶことも出来ず、生きたまま死んでしまう恐怖…。
いたいけな子どもにナマのルサンチマンとかぶつけるなよ叔父さんw大人げないなw

叔父さんは名目上のリーダーに過ぎませんでした。
学生たちが、校庭で行ったファイヤーが校舎に類焼する事件が発生し、その詰め腹を切らされた。
一人の若者の運命を狂わせたと謂える事件でしたが、それも、「時という審判者」の下では、古典と化すのですね。
このうえは、インドの山奥で修業し、レインボーマンみたく凱旋してくれることを祈るばかりですw

青春の蹉跌」。それは、辛い記憶というよりもむしろ、ノスタルジアを喚起するのでしょうか。
若さゆえの暴走(たとえば学生運動)を回顧するとき、人は何故か、懐かしい表情を泛べます。

当局に圧殺された無力感や挫折感を慙愧するよりも、自己憐憫の感傷に彩られた、涙色に滲む映像を慈しむように。
無為な青春時を送ったあげく「いい青春だったな!」と皮肉まじりに叫ぶ、フローベール「感情教育」の主人公のように。
「私はもちろん失敗だった。が、一本の木の枯れることはきわめて区々たる問題にすぎない。大きい地面が存在する限りは」
芥川龍之介が、自殺直前に遺した詞のように。
さらにまた、ドラマ「高校教師」で使用されてヒットした、森田童子「ぼくたちの失敗」のように。(この歌も、学生運動の翳を引きずっています)
♪ダメになったぼくを見て きみもびっくりしただろう
あの子はまだ元気かい むかしの話だネ♪

奉太郎の内面のアンビヴァレンツが、初めて吐露されました。
省力的な生き方を変えるつもりはない。
だが、隣の芝生は青く見える。おまえらの無駄な動きも、薔薇色に見えた。
おれは落ち着かなくなった。だからせめて、推理で参加したかった。

そのとおりなんでしょう。
しかし、諸子が指摘するように、えるちゃんへの関心も、否定できない重要なファクターだったと思います。

作画は…頑張ってました
(ノ∀`)

次回は「大罪を犯す」です。穏やかじゃないですね。
愈々、より大きな事件への蠕動が始まるのかな?

追記
ツイッターで見かけた「チタンダエル」に吹いたw
なるほど、言われてみれば、えるちゃんってシトっぽい
そのうち「推理はいいね」「好意に値するよ」とか言い出しそう。

次回「大罪を犯す」

|

« 機動戦士ガンダムAGE第32話感想 | トップページ | アクエリオンEVOL第21話感想 »

コメント

はじめまして。感想ブログを時々楽しく読ませていただいてます。コメントは今回が初めてです。

氷菓=I screamは、何となく考えてました(知り合いが)。それで、自分の英和辞書を引いてみたら、「scream」には「声高に抗議する」という意味が上から4番目にありました。なので、私は「氷菓→私は抗議する」だと思ってましたが、普通に「叫ぶ」でした。

投稿: | 2012年5月23日 (水) 15時37分

初めまして!
>私は「氷菓→私は抗議する」だと思ってましたが
「氷菓」的には「叫ぶ」が正解でしたが、「抗議する」も、関谷叔父さんが語りたかったニュアンスとしては、充分アリだと思います。
あれこれ推理して娯しむのも、このタイプの作品の、贅沢な愉悦だと思います。

投稿: SIGERU | 2012年5月23日 (水) 18時16分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 氷菓第5話感想:

» 氷菓 第5話 「歴史ある古典部の真実」 [つれづれ]
 氷菓という言葉の意味。 [続きを読む]

受信: 2012年5月21日 (月) 19時16分

» 氷菓 チバテレ(5/20)#05 [ぬる~くまったりと]
第5話 歴史ある古典部の真実 公式サイトから45年前の真実。それを知る意外な人物。その人物と関谷純との間に何があったのか。えるが号泣した謎に迫って行く!! 千反田家からの帰り、奉太郎が謎を解くなんて 驚いたよ。千反田さんの為だろう?好い加減、灰色にも飽きた。隣の芝生は青く見える。バラ色が羨ましかったのかい? あれはバラ色なのか?分からん。姉から電話、まだ、かんや祭は禁句なの?関谷純は優しい英雄でしょ。教えてくれ。そんな暇はない。 まだ終わってない、不十分だ。関谷純は悔やんでいないと思っていた。バラ色... [続きを読む]

受信: 2012年5月21日 (月) 19時49分

» 「氷菓」第5話 [日々“是”精進! ver.F]
私は、叫ぶ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201205210000/ 氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray]角川書店 2012-06-29売り上げランキング : 41Amazonで詳しく見る... [続きを読む]

受信: 2012年5月21日 (月) 19時53分

» 氷菓   ~  第5話 歴史ある古典部の真実 [動画共有アニメニュース]
氷菓  第1話 ~  第5話 歴史ある古典部の真実 省エネを信条とする高校一年生、折木奉太郎は、ひょんなことから廃部寸前のクラブ「古典部」に入部することに。「古典部」で出会った好奇心旺盛なヒロイン...... [続きを読む]

受信: 2012年5月21日 (月) 20時00分

» 氷菓 第5話「歴史ある古典部の真実」の感想 [恋染紅葉、パジャマな彼女。と「くーちゃん」こと音巻まくらを全力応援中。To LOVEるダークネスと結城美柑&金色の闇が好きだあっ!!(新さくら日記)]
ロリえるたそのロリ可愛さにヤラれてしまった自分がいました。俺もえるたそに頭の中解剖されたいです~ 【簡単なあらすじ】  えるのおじ、関谷純は学生運動で文化祭を守った代わりに退学させられた英雄...... [続きを読む]

受信: 2012年5月21日 (月) 20時49分

» 氷菓 第5話 「歴史ある古典部の真実」 感想 [空色きゃんでぃ]
謎を解いたのは、彼女の笑顔のため。 薔薇色に憧れた? まぶしい彼女に恋をして、だから同じ色に染まりたいと思った(*´-ω-)? 千反田 える(佐藤聡美)に出会って、変わってく折木 奉太郎(中村悠一)。 ...... [続きを読む]

受信: 2012年5月21日 (月) 20時51分

» 『氷菓』#5「歴史ある古典部の真実」 [ジャスタウェイの日記☆]
「関谷純の高校生活は本当に薔薇色だったのか、 突き止めてやる」 私が生きているのは今なんです。 45年前の事件の謎解きに大活躍した奉太郎。 そんな奉太郎に、里志は逃げるという道もあったのに~と思わず茶々を入れるのだが、 それに対して奉太郎は胸にあったモヤモヤを吐き出す。... [続きを読む]

受信: 2012年5月21日 (月) 21時22分

» 氷菓 第五話「歴史ある古典部の真実」 [藍麦のああなんだかなぁ]
氷菓 第五話「歴史ある古典部の真実」です。 本日は、日蝕があるので、観想記事は後 [続きを読む]

受信: 2012年5月21日 (月) 21時58分

» 氷菓 第五話「歴史ある古典部の真実」 [藍麦のああなんだかなぁ]
氷菓 第五話「歴史ある古典部の真実」です。 本日は、日蝕があるので、観想記事は後 [続きを読む]

受信: 2012年5月21日 (月) 21時58分

» 氷菓 第五話「歴史ある古典部の真実」 [藍麦のああなんだかなぁ]
氷菓 第五話「歴史ある古典部の真実」です。 本日は、日蝕があるので、観想記事は後 [続きを読む]

受信: 2012年5月21日 (月) 22時03分

» 氷菓 第5話「歴史ある古典部の真実」 [空 と 夏 の 間 ...]
姉からの電話で奉太郎は 45年前の真実にまだ不完全だったと知ります。 悲劇。 カンヤ祭が禁句となった意味は...? 奉太郎は さらに過去の再構成を経て 当時の生き証人にたどりつくw 氷菓の2号目の冒頭文を書いたのは 司書の先生でした! ∑(゚ω゚;) 養子の名と年齢だけでよく思いつけましたねw 45年前の先生は 眉毛がタクアンな某キャラにちょっと似てる♪... [続きを読む]

受信: 2012年5月21日 (月) 22時04分

» 氷菓 第5話 「歴史ある古典部の真実」 感想 [ひえんきゃく]
まるで最終回のような感じでしたね。 プロセスとしては日常的ですが、内容は深いものでした。 45年前の真実。 それを知る意外な人物。 その人物と関谷純との間に何があったのか。 えるが号泣した謎に迫...... [続きを読む]

受信: 2012年5月21日 (月) 22時24分

» 氷菓 第5話「歴史ある古典部の真実」 [MAGI☆の日記]
氷菓の第5話を見ました 第5話 歴史ある古典部の真実 「奉太郎の推理通りなら僕達のカンヤ祭は少なくとも一人の高校生活を代償の上に成り立ってることになるね。でも驚いたよ」 「何が?」 「奉太郎が...... [続きを読む]

受信: 2012年5月21日 (月) 22時37分

» アニメ感想 氷菓 第5話「歴史ある古典部の真実」 [往く先は風に訊け]
I scream [続きを読む]

受信: 2012年5月22日 (火) 02時26分

» [アニメ]氷菓 第5話「歴史ある古典部の真実」 [所詮、すべては戯言なんだよ]
真実は喜劇か悲劇か惨劇か。さらに隠された謎を解くことで揺れ動く心の変化の兆し。それはえるにも、奉太郎にも、関谷純の言葉は届いているだろうか? [続きを読む]

受信: 2012年5月22日 (火) 06時36分

» 氷菓 第5話 歴史ある古典部の真実 [窓から見える水平線]
氷菓 第5話。 45年前の出来事、「氷菓」の意味が明らかに。 以下感想 [続きを読む]

受信: 2012年5月22日 (火) 08時24分

» 氷菓〜5話感想〜 [ブラり写真日記〜鉄道・旅・アニメのブログ。]
「歴史ある古典部の真実」 姉から奉太郎に電話が。 奉太郎が氷菓のことを聞こうとするが時間がないと教えてくれず… この電話により、えるの叔父の謎は実はまだ未完成だったと知る。 そして、奉太郎は補足をしたいと皆に告げる。 古典部は再び、真相を探ることになった。 郡山養子、それは図書の司書である糸魚川先生だった。 45年前の運動、文化祭のことを先生に尋ねる。 文化祭の日程をめぐって先生と生徒の間で激しい争いがあった。 反対運..... [続きを読む]

受信: 2012年5月22日 (火) 12時21分

» 氷菓 第5話 「歴史ある古典部の真実」 感想 [wendyの旅路]
あなたの「叫び」、届きましたよ― [続きを読む]

受信: 2012年5月22日 (火) 17時10分

» 氷菓 第5話 「歴史ある古典部の真実」 [北十字星]
 折木供恵の話からすると、関谷純のことは「禁句」。 そして、事件は悲劇だと言う。 益々、謎が深まるばかりです。 そして、明らかになった事実。 好奇心の猛獣。基、好奇心の亡者の千反田えるが...... [続きを読む]

受信: 2012年5月22日 (火) 23時07分

» 氷菓 第5話「歴史ある古典部の真実」 [明善的な見方]
ED「まどろみの約束」『私が生きているのは今なんです!』 製作:京都アニメーション 監督:武本康弘 原作・構成協力:米澤穂信 折木奉太郎:中村悠一 千反田える:佐藤聡美 福部里志:阪口大助 伊原摩耶花: 茅野愛衣 ... [続きを読む]

受信: 2012年5月22日 (火) 23時18分

» 氷菓 第5話「歴史ある古典部の真実」 [ボヘミアンな京都住まい]
今回はOP曲もED曲も無し、詰めに詰めて進めた回でしたね。Aパートで奉太郎が“補足”という言葉を使ってましたけど、このエピソードをアニメに落としこむにあたっても原作の文章に言葉を補い、映像で置換表現できそうな部分は言葉から置き換えたりして、とても充実した濃い内容に仕上がっていたのではないでしょうか。なんかブラックコーヒーみたいな苦味や酸味があって、しかもオチが少し肩透かしを喰らうようなモヤモヤ感の残るものなんですけど、アニメは作画と声優さんの演技が原作の行間を補って余りある素晴らしい出来だったと思い... [続きを読む]

受信: 2012年5月23日 (水) 21時47分

» 2012年02クール 新作アニメ 氷果 第05話 雑感 [妖精帝國 臣民コンソーシアム]
[氷果] ブログ村キーワード 氷菓 第05話 「歴史ある古典部の真実」 #kotenbu2012 #ep05 京都アニメーションの渾身の作品。原作は、米澤 穂信氏。青春ミステリーということでどんな内容なのか楽し...... [続きを読む]

受信: 2012年5月24日 (木) 09時33分

« 機動戦士ガンダムAGE第32話感想 | トップページ | アクエリオンEVOL第21話感想 »