« Another第9話感想 | トップページ | ブラック★ロックシューター第6話感想 »

2012年3月 9日 (金)

ギルティクラウン第20話感想

#20「追想」

桜満クロスと茎道修一郎。
かつて叡智を競い合った男たちの、友情と憎しみの物語が追想されました。

眼をひいたのは、視点の変換です。

茎道



春夏

話者を変化させることによって、事件を複眼の視点から観想する。
それは、物語に厚みを付加する効果を生みます。

真名の究極の狙いは、四度目の黙示録。世界を粛清し、変革すること。
そして涯は、茎道が真名と交わって産ませた、実験体の少年たちの生き残り。
涯は、研究所を脱走して、真名や集が暮らす大島に漂着したのですね。
運命から逃れようとして、さらに巨大な運命に逢着した、海から来たトリトン。
海のトリトンか…。
♪水平線の彼方には アアア~♪
失礼しましたww

進化と淘汰の謎を解いたクロス。しかも、貧弱な設備で。
一方、力を得るために、ダアトと手を組んだ茎道。
ルサンチマンの塊と化した彼は、逆上して詰め寄るが。
クロス「ボクがキミの何を妬むというんだい?」
嫉妬と劣等感による殺人が勃発しました。そして、茎道は暴走を開始したのです。

アポカリプスウイルスの申し子だった真名が望んだのは、新世界のイブとアダム。
集は、産まれる前から選ばれた子どもだったのです。
そうか。ちゃんと理由があったのか。
真名はただのヘンタイなブラコンってわけじゃなかったんですね
(ノ∀`)

「おまえが怖かったんだ、おれが情けなかったんだ…。友だちでいてくれよ!」
「僕たちは友だちだ」
颯太とも友情を回復し、気力充盈の集は、いよいよ涯の元へ向かいます。

自らの死を覚悟し、みんなにヴォイドを返して「裸の王様」に帰るという不退転の決意を示す集だが、綾瀬を始め、峻拒。
孤独な王様である涯に対峙するに、仲間の気持ちを糾合する集。
春夏さんは、クロスは寂しがりやだったことを語ります。
「だから、あなたに集と名づけたのよ」

出発だ、新しい情と響きとへ。(ランボー)

|

« Another第9話感想 | トップページ | ブラック★ロックシューター第6話感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/54176242

この記事へのトラックバック一覧です: ギルティクラウン第20話感想:

» 「ギルティクラウン」第20話 [日々“是”精進! ver.A]
“集”と名付けた、理由… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203090000/ ギルティクラウン(トクマ・ノベルズ) (レクイエム・スコアⅠ) ギルティクラウン製作委員会【原作】 ゆうきりん 徳間書店 2012-01-... [続きを読む]

受信: 2012年3月 9日 (金) 07時28分

» ギルティクラウン  ~  第20話 追想:a diary [動画共有アニメニュース]
ギルティクラウン  ~  第20話 追想:a diary 時は、2039年。ここでは、10年前に突如発生したアポカリプスウイルスの蔓延によって、ロスト・クリスマスという大事件が発生し、日本はGHQの統治下に置かれ...... [続きを読む]

受信: 2012年3月 9日 (金) 07時30分

» ギルティクラウン 20 追想:a diary [つれづれ]
 集の父親はなんだかんだでリア充? [続きを読む]

受信: 2012年3月 9日 (金) 08時07分

» ギルティクラウン第20話あらすじ感想「追... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
戦いの根源-----------!!真名の目覚め。いのりの身体を支配するその存在。もうすぐ完全にいのりの身体は真名の支配下に置かれるよう。「そうしたら、楽しいこといっぱいしましょうね... [続きを読む]

受信: 2012年3月 9日 (金) 09時00分

» ギルティクラウン 第20話 あらすじ感想「追想:a diary」 [★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★]
戦いの根源--------------------!! 真名の目覚め。 いのりの身体を支配するその存在。 もうすぐ完全にいのりの身体は真名の支配下に置かれるよう。 「そうしたら、楽しいこといっぱいしましょうね、トリトン」 あぁ。 真名だ。 続きを読む 第1...... [続きを読む]

受信: 2012年3月 9日 (金) 09時01分

» ギルティクラウン phase20「追想:a diary」 [MAGI☆の日記]
ギルティクラウンの第20話を見ました。 The Everlasting Guilty Crown 【【初回生産限定盤】 【CD Maxi】価格:1,575円(税込、送料別) phase20 追想:a diary 「どうだ?真名」 「窮屈ね。この子、...... [続きを読む]

受信: 2012年3月 9日 (金) 09時39分

» ギルティクラウン 20話「追想:a diary」 [新しい世界へ・・・]
集の名前に込められた意味。 [続きを読む]

受信: 2012年3月 9日 (金) 09時52分

» ギルティクラウン 20話 「追想:a diary」 感想 [うつけ者アイムソーリー]
集さんが悟りを啓きおったで……。 [続きを読む]

受信: 2012年3月 9日 (金) 10時22分

» ギルティクラウン 第20話「追想:a diary」 [SERA@らくblog]
4度目の黙示録へ――。  真名がいのりの体を乗っ取るのも時間の問題。 涯は世界に 最終通告をつきつける…。 12月25日、今ある世界は終了し、新たな世界が始まるだろう。  ▼ ギルティクラウン 第20話...... [続きを読む]

受信: 2012年3月 9日 (金) 11時07分

» ギルティクラウン フジ(3/08)#20 [ぬる~くまったりと]
第20話 追想:a diary 公式サイトから  2039年12月25日。今ある世界は終わり、新たな世界が始まる。 ガイから全世界に向かって宣告される淘汰の時、“四度目の黙示録”。 供奉院家の後ろ盾を受け、戦いの準備が進められる中、シュウの父、桜満クロスの日記が 届けられる。そこには、実ることなく交錯していった一つの友情と共に、始まりの物語が綴られていた。 力を手放そうとするシュウに託される命。――友と辿り着いた真意を武器に変え、シュウは運命の相手に臨む。 桜満集が最後のヴォイドゲノムを手に入れて ... [続きを読む]

受信: 2012年3月 9日 (金) 13時08分

» ギルティクラウン#20「追想:adiary」感想 [おぼろ二次元日記]
新世界の礎になるのは彼の血筋。新たなるアダムとイヴ。その時、何かが狂った・・・。「追想:adiary」あらすじは公式からです。2039年12月25日。今ある世界は終わり、新たな世界が始ま... [続きを読む]

受信: 2012年3月 9日 (金) 18時01分

» ギルティクラウン 第20話 追想:a diary [ゲーム漬け]
いのりは既に真名に体を乗っ取られるのは時間の問題。 涯は、34回の物理侵入工作と4万2千回のハッキング工作があった事で、世界に最終通告を突きつけます。 今ある世界は12月25日に ... [続きを読む]

受信: 2012年3月 9日 (金) 20時19分

» ギルティクラウン 第20話「追想:a diary」 [WONDER TIME]
「あの日 俺は運命から逃れようとして  より大きな運命に絡め取られたんだ  そうだろう? 集――…」 クロスと茎道、そして涯の過去が明らかに――! 今ある世界は終わり新たな世界が始める、4度目の黙示録を...... [続きを読む]

受信: 2012年3月 9日 (金) 20時29分

» ギルティクラウン phase20 「追想:a diary」 [北十字星]
ブシロード デッキホルダーコレクション Vol.59 ギルティクラウン 『ツグミ』(2012/03/31)ブシロード商品詳細を見る  全ては、茎道修一郎の嫉妬によることが原因だった。 そして今までの事件は、白...... [続きを読む]

受信: 2012年3月 9日 (金) 21時46分

» ギルティクラウン 20 追想:a diary [つれづれ]
 集の父親はなんだかんだでリア充? [続きを読む]

受信: 2012年3月 9日 (金) 22時05分

» ギルティクラウン 第20話「追想:a diary」 [SERA@らくblog]
4度目の黙示録へ――。  真名がいのりの体を乗っ取るのも時間の問題。 涯は世界に 最終通告をつきつける…。 12月25日、今ある世界は終了し、新たな世界が始まるだろう。  ▼ ギルティクラウン 第20話...... [続きを読む]

受信: 2012年3月 9日 (金) 22時23分

» ギルティクラウン 第20話「追想:a diary」 [SERA@らくblog]
4度目の黙示録へ――。  真名がいのりの体を乗っ取るのも時間の問題。 涯は世界に 最終通告をつきつける…。 12月25日、今ある世界は終了し、新たな世界が始まるだろう。  ▼ ギルティクラウン 第20話...... [続きを読む]

受信: 2012年3月 9日 (金) 22時23分

» ノイタミナ つまみ食い感想 [冴えないティータイム]
本文はネタばれを含みます。ご注意ください。画像はクリックで拡大されます。 何でこうも、2本続けて人間不信に陥るようなアニメを放送するんだ…! まぁ、ギルクラの方は少しずつ明るい展開になってきましたが、B★RSの方は、相変わらず救いが何処にもないですね…。果たして、この作品にカタルシスというものは存在するのでしょうか。伝えようとしていることも、物語の着地地点も見えてきましたが、何が起こってるのかよく分からないw設定自体は、そこまで難しくないんですけどね‐。マリー節が炸裂してて、だいぶ飲み込みづらい... [続きを読む]

受信: 2012年3月10日 (土) 04時55分

» ギルティクラウン 第20話 「追想 -a Diary-」 感想 [アニメとゲームと情報局!]
「ギルティクラウン」  第20話 「追想 -a Diary-」 の感想記事です。   さぁ、いよいよクライマックスですネー!   今週は予想どおりの、過去の回想回。   タイトルが 「追想」 なので、まぁ、そのままですけども。 ... [続きを読む]

受信: 2012年3月11日 (日) 12時30分

» ギルティクラウン 20 追想:a diary  レビュー [ゴマーズ GOMARZ]
窮屈ね… この子偽物のくせに頑固なんだもの… でももう少しで全部私になるわ。 そうしたら楽しい事いっぱいしましょうね… トリトン 涯がいのりを真名って呼んでいるし… いのりがもう真名っぽくなってるぅううううう 儀式は進んでいたのか…!? それにしても、楽しい事いっぱいしましょうねって なんかエロいな。真名は集の方が好きなんじゃないの? 涯でいいのか?? うむむ… 集達は…とりあえず本土から巨大客船みたいなので 脱出したっぽい? なので、今、みんなは洋上の船の上… 颯太のキャンサーを引き受け... [続きを読む]

受信: 2012年3月13日 (火) 08時24分

» ギルティクラウン 20話 [アニメ徒然草]
関俊彦と井上和彦の愛憎劇! やだっ、濃ゆい、濃すぎるぅぅ~。 どんだけ科学が進歩し続けようと、 どんだけ技術が進化に近づいても、 結局人を突き動かすのは嫉妬と劣等感なのよねー。 本質が変わるわけ...... [続きを読む]

受信: 2012年3月15日 (木) 11時04分

» ギルティクラウン 第20話 「追想:a diary」 [バカとヲタクと妄想獣]
前回面白かっただけになんとも不安なギルティクラウン。 できればこのまま突っ走って欲しいが・・・? 担当はヨペチコです。 [続きを読む]

受信: 2012年3月17日 (土) 00時53分

« Another第9話感想 | トップページ | ブラック★ロックシューター第6話感想 »