« ペルソナ4第13話感想 | トップページ | 灼眼のシャナⅢ(Final)第13話感想 »

2012年1月 7日 (土)

ラストエグザイル―銀翼のファム第11話感想

#11「Backward pawn」

過去編です。

10年前のグランレース。凶事のせいで、最後の開催となってしまった、因縁のレース。
全ては、ここから始まった…。

稚いファムとミリアは、このとき出逢っていたんですね。のちの運命的な邂逅は、決して偶然じゃなかったんだ。
幼ファムもいいけど、幼ジゼがまた可愛い♪
お菓子をもらうのも、みんなの後から。既に、奥ゆかしいというか天然さの萌芽がww

誰もが心酔する偉大な女帝ファラフナーズは、ルスキニアの主君で、まだ赤子であるサーラの母后。
歴史上、エカテリーナとかエリザベスとかマリア・テレジアとか、英邁で知られる女王の系譜がありますが、彼女もそれかな。
容貌は、むしろ卑弥呼に似ている、オリエンタルな印象です。

しかし、慈母めいて見える彼女を、「独裁者」と罵倒し、暗殺に奔るレジスタンスたちが、テロを起こした!
政治の世界ばかりは、清廉潔白はあり得ないんですね…。
にしても、ルスキニアとアラウダの動きがバケモノじみてます。まるで「ファントム」のエイジみたい。
リリアーナを庇って撃たれた女帝。逆上して殺戮にはしるルキアを冷静に抑えるアラウダ。

ルキアに援け起こされたとき、リリアーナは頬を赫らめていました。
ひそかな慕情と、女帝を死なせてしまった後ろめたさと。
彼女がルスキニアと組んだのも、故ない事情があったということで。

回想が途切れ、雪原をグラキエス目指して進むファムたち。
人々の運命が絡み合い、縺れ合う。思惑が交錯し、衝突する。
空も、決して純粋で清浄な世界ではない。
ファムたちの夢、グランレースは再生できるのか?

|

« ペルソナ4第13話感想 | トップページ | 灼眼のシャナⅢ(Final)第13話感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラストエグザイル―銀翼のファム第11話感想:

» 「ラストエグザイル 銀翼のファム」第11話 [日々“是”精進! ver.A]
10年前のこと… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201201070000/ ラストエグザイル‐銀翼のファム‐2 (角川スニーカー文庫) 岩佐 まもる 堀内 修 角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-12-28 売り... [続きを読む]

受信: 2012年1月 7日 (土) 14時16分

» ラストエグザイル―銀翼のファム―#11 [インチョーのなんとなくブログ風 〜もしくはネットの海で瓶詰地獄〜]
第11話 『Backward pawn』 ――チョイ拾い!! [続きを読む]

受信: 2012年1月 7日 (土) 14時53分

» LASTEXILE 銀翼のファム 第11話 「Backward pawn」 [北十字星]
『ラストエグザイル-銀翼のファム-』 Blu-ray No.01 【初回限定生産版:村田蓮爾設定画集(ファム/ジゼル)/プレミアムDVD/ファン感謝イベント応募券付き】(2012/01/25)豊崎愛生、悠木碧 他商品詳細を見る ...... [続きを読む]

受信: 2012年1月 7日 (土) 15時16分

» ラストエグザイル―銀翼のファム― 第11話「Backward pawn」 [妄想詩人の手記]
前アウグスタ登場。西太后みたいな人かと思ってたら、なんだかけっこう名君っぽい? [続きを読む]

受信: 2012年1月 7日 (土) 15時36分

» ラストエグザイル−銀翼のファム− 第11話「Backward Pawn」 [のらりんすけっち]
10年前はつかの間の平和が訪れていたと。 その象徴がグランレースだったわけか。 実はメインキャラ10年前にみんな会ってましたの過去編。 ロリファムたちがヤバすぎるほど可愛いですね。 特にミリア。 サ...... [続きを読む]

受信: 2012年1月 7日 (土) 16時26分

» ラストエグザイル 銀翼のファム 第11話 感想「Backward pawn」 [一言居士!スペードのAの放埓手記]
ラストエグザイル 銀翼のファムですが、ファムやミリアの子供時代のグランレースの思い出をやります。その頃のアデス連邦の女帝は大人ですが、若き日のルスキニア総統も幹部候補生としてお小姓組に入っています。トゥラン王国とも友好関係を維持しており、ミリアは既にルスキニアと会っています。(以下に続きます)... [続きを読む]

受信: 2012年1月 7日 (土) 17時44分

» ラストエグザイル-銀翼のファム- 第11話 「Backward pawn」 感想 [ひえんきゃく]
今回は、回想回でしたが、いい話でしたね。 ファラフナーズは、死後持ち上げられたのではなく、実際に名君だったのですね。 警備体制が甘かったのは、それだけルスキニアとアラウダを信頼していたのかな...... [続きを読む]

受信: 2012年1月 7日 (土) 19時03分

» ラストエグザイル-銀翼のファム-#11 [桃色のラボラトリー]
#11 Backward Pawn 主要キャラ勢揃い。10年前に行われたグランレースのお話。 ルスキニア・ハーフェズには、何か裏に別の目的があるのではとも想像するのですが、 今回のお話を見るかぎり、個人的な野望と言ったものではなく、芯からファラフナーズの意志を継ぐ事を目指してい... [続きを読む]

受信: 2012年1月 7日 (土) 19時24分

» ラストエグザイル 銀翼のファム 第11話 「Backward pawn」 感想 [crystal cage]
ターニング・ポイント ラストエグザイル 銀翼のファム 第11話 感想です。 [続きを読む]

受信: 2012年1月 7日 (土) 20時15分

» ラストエグザイル―銀翼のファム― 第11話「Backward pawn」 [妹教大付属小学校S.S.(セカンドシーズン)]
10年前。対話による世界統一を目指すアデス連邦の皇帝ファラフナーズは、世界平和の象徴としてグランレースを開催。 幼い頃のファムやジゼル、ミリア、リリアーナ、そしてファラフナーズの護衛を勤めるルスキニアやアラウダも見守る中、レースを制したのはジゼルの父アタモラだった! だが、表彰式の場をテロリストたちが襲撃。ルスキニアの奮闘も空しく、ファラフナーズは凶弾に倒れてしまう…。 ... [続きを読む]

受信: 2012年1月 8日 (日) 00時58分

» ラストエグザイル―銀翼のファム― 第11話 『Backward pawn』 [こいさんの放送中アニメの感想]
今回は過去話。劇中で散々語られてきた10年前のグラン・レースの状況が明らかとなります。当時存命だったアデス連邦皇帝・ファラフナーズ。各国と交渉の末に平和を勝ち取り、空賊までも含めあらゆる勢力を取り込んだグラン・レースを開催した傑物でした。美化されている訳ではなく本当に偉人だったんですね。更に自身の手で多くの敵味方の命を奪ってきた結果に罪の意識を感じている良心的な人物です。 全ての国の人々が集結、ということで主人公ファムもこの現場に居合わせていた。それどころかアデス連邦のルスキニア(当時は... [続きを読む]

受信: 2012年1月 8日 (日) 20時17分

» ラストエグザイル―銀翼のファム― 第11話 『Backward pawn』 [こいさんの放送中アニメの感想]
今回は過去話。劇中で散々語られてきた10年前のグラン・レースの状況が明らかとなります。当時存命だったアデス連邦皇帝・ファラフナーズ。各国と交渉の末に平和を勝ち取り、空賊までも含めあらゆる勢力を取り込んだグラン・レースを開催した傑物でした。美化されている訳ではなく本当に偉人だったんですね。更に自身の手で多くの敵味方の命を奪ってきた結果に罪の意識を感じている良心的な人物です。 全ての国の人々が集結、ということで主人公ファムもこの現場に居合わせていた。それどころかアデス連邦のルスキニア(当時は... [続きを読む]

受信: 2012年1月 8日 (日) 20時19分

» ラストエグザイル-銀翼のファム- TBS(12/06)#11 [ぬる~くまったりと]
第11話 Backward pawn 10年前 グランレースが開催されるので父を応援に来た ファムとジゼル。エグザイルの生き残りのくせにとケンカが始まる。それをなだめる父のアタモラ。 アウグスタ・ファラフナーズ、アデス連邦皇帝が 世界に根回ししてグランレースを開催した。リリアーナとミリアも観戦に来ていた。ファラフナーズの護衛はルスキニアとアラウダ。ミリアはルスキニアと目が合っても怖くて何も 言えない。 ミリアは一人護衛を振り払って街を彷徨っていた。ファムが見つけるも、隠れるのに手を貸す。ファムは自身... [続きを読む]

受信: 2012年1月 9日 (月) 00時46分

« ペルソナ4第13話感想 | トップページ | 灼眼のシャナⅢ(Final)第13話感想 »