« 2012年冬アニメ(追記) | トップページ | ペルソナ4第12話感想 »

2011年12月24日 (土)

輪るピングドラム第24話(最終話)感想

#24「愛してる」

「冠ちゃん、これがピングドラムだよ?」
それは運命の果実。
唯一無二の、愛の言葉。
運命の果実を一緒に食べよう!」
そして、運命の乗り換えが行われた…。

「愛も罰も分け合おう」
冠葉が選択したのは、分け合うことによる「一緒に生きよう」でした。
しかしそれは、状況によっては「一緒に死のう」と表裏一体。
それでも、彼は選んだ。乾坤一擲に賭けた。
「一緒に生きよう」と。

この考えの対極に位置するのが、「がきデカ」で知られる山上たつひこ初期の問題作「光る風」の思想です。
鬼才、山上が提示した、尖鋭かつ鮮烈なパラドックスが、今でも脳裡に灼きついています。
核の放射能で荒廃した近未来の日本。人々は、僅かな食糧に縋りつき、生きようと足掻く。
一人の男が、おにぎりを隠し持っていた。主人公をはじめとする仲間たちが、皆で分けるべきだと迫るが、男は峻拒する。そして叫ぶ。
「このおにぎりを全員で分けたら、たった一粒ずつだ。誰も満腹になれない。だが、俺が食べたら、少なくとも俺は満腹になる!ちがうか?」

最大多数の最大幸福は、原資が豊かなときにのみ適用できる。
それでは、原資が僅かなときは、どうするのか?全員で平等に飢えて死ぬのか
これが「光る風」の提起した「生のパラドックス」でした。

ピンドラの最終回に当たって、私が怖れていたことが、二つありました。

一つは、ウテナの二番煎じになること。つまり、永遠に終わらないアドレッセンスを提示したまま、畢ること。
小林秀雄が、ボードレール「悪の華」に囚われていた体験を語っています。
「私は『悪の華』という完璧な球体に閉じ込められていた。天井から、作者の声が聴こえる。『船長、出発だ』。しかし、何も起こらない。やがて再び、作者の声が響く。『船長、出発だ』。それでも、球体が砕けることはなく、私はやはり虜囚だった」

いま一つは、「相対論の地獄」に堕ちること。
「君たちは呪いから出られることはない。幸せにはなれない」
サネトシは語り続けます。これからも、「そこ」に留まったまま、同じ呪いを語り続けるのでしょう。
われわれ視聴者からは判然としないのです。幾原監督が、高倉兄妹及び多蕗たちと、サネトシと、一体どちらの思想を採ろうというのか
北欧の名匠ベルイマンの処女作「道化師の夜」を、ある批評家が酷評して曰く。
「われわれは、ベルイマン氏の反吐を観させられる理由などない」
そう、幾原監督の「反吐」となってしまうことが、いちばん怖かった。不確定性の地獄だけを見せられることが。

混沌とした世界観を描き切る最善の方法は、表現を明晰にすること
尠くとも、作者の脳内では整理がされていること。
その意味で、ピンドラの表現手法が十全だったかというと、些少の疑問が残ります。
後付けのように語られた「箱の中」の寓話は、あるいは不要だったかもしれません。子どもブロイラーの挿話で充分だったと思います。
そして、桃果亡きあと、「生かされてしまった」多蕗とゆりの挿話も、「屋上屋を架す」憾みがありました。

混沌の果てに、幾原監督が、冠葉、すなわち未来の子供たちに託した結論は。
そうだとしても、運命の果実を頒ち合う!」
…ですよね、カントク?(ノ∀`)

陽毬を救った冠葉は、光の塵となって、消えていきました。
「手に入れたよ、本当の光を…」
そして、晶馬は苹果に訣別を告げます。
「これは僕たちの罰だから(君が来る必要はない)。ありがとう、愛してる」

物語は終章へ。

高倉家で独居している陽毬を訪れる苹果。
カレーパーティです。秘訣は、ルウに苹果をすり潰すことなんですねww
「忘れないよ、絶対に」
しかし、そう断言した陽毬の記憶は消え去っていました。
ぬいぐるみに託された一通の手紙。
『大好きだよ。お兄ちゃんより』
お兄ちゃん?誰?
Σ(゚Д゚;
高倉兄弟は陽毬を救い、そして忘れられた。
しかし、「忘れつくしたことさえ忘れてしまったとき」少女の瞳から、ひとすじの涙が流れます。喩えようもなく、美しい涙が。
そこへ、照応するかのように、幼い姿の高倉兄弟が通りかかり、通り過ぎていきます。
「僕たち、どこへいく?」
「どこへ行きたい?」
「そうだな、じゃあ…」
宮澤賢治「銀河鉄道の夜」を既読なら分る場面ですね。ジョバンニとカンパネルラです。

死と再生。輪廻転生。永遠の旅人。
そう、ピンドラ全編を通底するのは、やはり「銀河鉄道の夜」のモティーフでした。
「ここから去る」
桃果がサネトシのもとを去っていく。「列車はもう行っちゃったよ?」と言い遺して。
幼い兄弟が歩き去っていく。新しい生へ向けて。

それでも、彼らはいつか還ってくる。ここへ。家へ。
だって、そこは「はじまりの場所」なのだから。
そして再び、永遠の出発を繰り返す。それが人間の生存の本質

「忘れないよ、絶対に」
「愛してる」
監督が発した愛の言葉は、視聴者に届いたのか?
われわれは孤独ではないのか?愛されているのか?

「おしまいじゃないよ」
「あたしは、運命ってことばが好き。一人なんかじゃない」

さようなら。そして、有難う

|

« 2012年冬アニメ(追記) | トップページ | ペルソナ4第12話感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 輪るピングドラム第24話(最終話)感想:

» 輪るピングドラム 24 「愛してる」 [藍麦のああなんだかなぁ]
輪るピングドラム 24th STATION 「愛してる」 です。 『輪るピングド [続きを読む]

受信: 2011年12月24日 (土) 10時49分

» 輪るピングドラム 第24話 「愛してる」 [SERA@らくblog]
僕達の愛も、僕達の罰もみんな分け合うんだ――。 ピングドラムを巡る運命の輪の物語も終幕に…。 呪われた子供たちは やはり何者にもなれないのか? ▼ 輪るピングドラム 第24話 「愛してる」 見終わった段階では 正直 完全に理解したとは言いがたいです(^^; 分らないけれど それでいいんだという感想(笑) 幾原監督らしい、監督の作家性のでた作品でした♪... [続きを読む]

受信: 2011年12月24日 (土) 10時49分

» 輪るピングドラム 第24話 「愛してる」 感想 [あくあぐらす~Aqua Glass~]
謎と不思議と目いっぱいの愛と。 堂々の完結でした。 [続きを読む]

受信: 2011年12月24日 (土) 11時11分

» 輪るピングドラム 第24話 「愛してる」 [nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ!]
結局、何を伝えたかったんだろう・・・ なんか演出と音楽でイクニさんの「思い」をごまかされた感が強いです。 生きると言うことは、罰。 愛とは無償のものではない。 犠牲の ... [続きを読む]

受信: 2011年12月24日 (土) 11時20分

» 輪るピングドラム 第24話(最終話)「愛してる」感想 [サラリーマン オタク日記      ]
イマージーン!ご想像にお任せします。 これは見る人ごとのピングドラム解釈が生まれそうですね。 最終話までこうして見終わった訳ですが  暗喩が多用されていて 毎回色々想像出来て凄く楽しかったです。 この作品ではいくつかのキーワードが出てきましたが それに対する…... [続きを読む]

受信: 2011年12月24日 (土) 11時20分

» 輪るピングドラム第24話(最終回)『愛してる』の感想レビュー [gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)]
予想の斜め上というか、想像すらしていなかった凄いラストでした。 運命の乗り換えがそこまでの変化を暗示していたとは…なんという鳥肌生存戦略…!! 正直、Aパートが終わった段階では、めちゃくちゃ盛り上がってるけどどう解釈すればいいのかよく判らないなぁ…と思って...... [続きを読む]

受信: 2011年12月24日 (土) 11時20分

» 輪るピングドラム TBS(12/23)#24終 [ぬる~くまったりと]
第24話 愛してる ここに来てから何日過ぎたのだろう。10年前の檻の中の冠葉と晶馬。生き残った方が大切な人に伝えたい言葉を 伝える約束をする。檻の中でリンゴを見つかる冠葉。冠葉が選ばれた。リンゴを半分に割って晶馬に分け与える冠葉。 地下鉄内で冠葉に対峙する晶馬。桃果ちゃん、見せてあげるよ世界が壊れる所を。僕だけが彼を助けられる、君は何をあげられるんだ。苹果が登場する。日記の呪文は陽毬の大切な言葉で、HHの 新曲のタイトル。私はこれに掛ける、運命を乗り換える。僕達兄弟も君も過去に呪われているんだ。 生... [続きを読む]

受信: 2011年12月24日 (土) 12時29分

» 「輪るピングドラム」第24話(終) [日々“是”精進! ver.A]
運命の乗り換えに、成功… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201112230003/ 輪るピングドラム 3(期間限定版) [Blu-ray] 幾原邦彦 キングレコード 2011-12-21 売り上げランキング : 81 Amazonで詳しく見... [続きを読む]

受信: 2011年12月24日 (土) 13時06分

» 輪るピングドラム 最終回 [ぷち丸くんの日常日記]
箱の中に閉じ込められている幼い冠葉と晶馬。 二人は、何日も飲まず食わずで限界に達していた。 運命の列車に乗る冠葉と組織の人間たち・・・ そこに晶馬が現れる。 冠葉は晶馬に言われて、陽毬の姿を見せる。 そこには、ベッドに横たわり、生命維持装置も死亡を知らせている... [続きを読む]

受信: 2011年12月24日 (土) 13時12分

» 【輪るピングドラム】最終話 さて、もう一度1話から観返すとするか [にわか屋]
輪るピングドラム #24 愛してる 841 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/12/24(土) 03:22:46.47 ID:pREMy6I20 何かもう分け分からないけどすごかった 953 名... [続きを読む]

受信: 2011年12月24日 (土) 15時35分

» 『輪るピングドラム』#24「愛してる」(最終回) [ジャスタウェイの日記☆]
「運命の果実を一緒に食べよう!!」 黒いウサギが世界を壊すのをとめられるのは、冠葉と晶馬しかいない。 そう桃果の声のペンギン帽に言われて、 運命の至る場所へと向かう列車に乗り込んだ晶馬。 だがそこにいた冠葉は、陽毬を救うための眞悧の作戦に否はなかった。... [続きを読む]

受信: 2011年12月24日 (土) 15時48分

» 輪るピングドラム 24話(最終回) [すとぅるるるのアニメ日和]
開始当初から頭を抱えさせられたこの作品もついに最終回。 運命の果実を分けることの意味。高倉家の運命。 全てが語られたわけではありませんが、後は視聴者に委ねられたと言う印象。 というわけで、自分なりの解釈という名の妄想を書き連ねたいと思いますw 冠葉も晶馬... [続きを読む]

受信: 2011年12月24日 (土) 15時58分

» 輪るピングドラム 24TH STATION(最終回)「愛してる」 [無限回廊幻想記譚-アニメ・映画感想-]
10年前、箱の中。飢えと乾きに苦しむ高倉晶馬は、目の前の箱の中にいる高倉冠葉と言葉を交わす。このまま眠ればもう目覚めない気がすると感じる二人。黒いテディを配置するKIGAの会の男たちと行動を共にする冠葉の下へとやってきた晶馬は、高倉陽毬を返せと詰め寄る。天蓋付きベッ... [続きを読む]

受信: 2011年12月24日 (土) 18時19分

» 輪るピングドラム 24TH STATION(最終回)「愛してる」 [無限回廊幻想記譚 別宅]
10年前、箱の中。 飢えと乾きに苦しむ高倉晶馬は、目の前の箱の中にいる高倉冠葉と [続きを読む]

受信: 2011年12月24日 (土) 18時19分

» 輪るピングドラム 第24話(終) 『愛してる』 [こいさんの放送中アニメの感想]
訳分からないのが、カッコイイ。と勘違いしたアニメは「新世紀エヴァンゲリオン」以降1990年代後半から2000年代前半に一杯あった気がします。謎を作って視聴者の気を引き続ける。そして広げた風呂敷畳めない。 あれにもこれにもそれにも意味があるに違いない。視聴者は何度もアニメを見なおしたり、個人の考察や謎本に食らいつく。 疑問を与えれば与えるほど喜ぶ。実は意味なんて無いのに勘違い。正直この手法は使い尽くされています。そうとしか言い様のないラストでしたね。 皆で勘違い。ピングドラムを手に入れるのだ=荻野目... [続きを読む]

受信: 2011年12月24日 (土) 18時43分

» 輪るピングドラム 24話(最終回) [アニメ徒然草]
ありがとう、ございました! というわけで、 「輪るピングドラム」24話(最終回) ぶっ生き返すの巻。 大逆転。それもまた、運命。 さすがに全員生存ルートまでは辿り着けなかったけど、 転生でき...... [続きを読む]

受信: 2011年12月24日 (土) 21時45分

» 輪るピングドラム 第24話(最終回)「愛してる」感想 [コツコツ一直線]
 輪るピングドラム、いよいよ最終回。すべてが終わった後、高倉3兄妹はどうなってしまうのでしょうかhellip;?タイトルが何故「輪るピングドラム」なのかも明らかにされていきます。正直1回観ただけでは何がどうなっているのかはっきり分からないところもあるので...... [続きを読む]

受信: 2011年12月24日 (土) 22時05分

» 輪るピングドラム 第24話 愛してる [ゲーム漬け]
晶馬と冠葉が出会った時、死を目前にした2人ですが、生き残る者を選ぶ事になる運命の果実は冠葉にだけあった。 ですが、冠葉は運命の果実を2つに割って、晶馬と分け合った。 高倉 ... [続きを読む]

受信: 2011年12月24日 (土) 22時12分

» アニメ 輪るピングドラム 第24話「愛してる」(最終回) 感想 [くまっこの部屋]
映像、音楽、ちりばめられたメタ表現、意味を求めてはいけないのかも知れません。考え [続きを読む]

受信: 2011年12月24日 (土) 22時32分

» 輪るピングドラム #24 [桜詩〜SAKURAUTA〜]
【愛してる】 輪るピングドラム 4(期間限定版) [Blu-ray]出演:木村昴キングレコード(2012-01-25)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る これが僕達の始まり、運命だったんだ!  [続きを読む]

受信: 2011年12月24日 (土) 23時13分

» 輪るピングドラム 第24話(最終回)「愛してる」 [妄想詩人の手記]
とうとう迎えた最終回。冠葉と昌馬の選択は!? 陽毬の命は!? 運命の乗り換えは成功できるのか!? [続きを読む]

受信: 2011年12月24日 (土) 23時28分

» 輪るピングドラム 24TH STATION 愛してる レビュー 最終話 [ゴマーズ GOMARZ]
冠葉と晶馬の回想 箱の中 10年前 *僕たちは出会った。でも、もう時間は残されてなかった。  飢えと乾きが僕たちに襲いかかる… 晶馬の箱の目の前のもう一つの箱の中には冠葉。二人は箱から 出る事もできず、何日も過ぎ飢えと乾きで死にそうになっていた。 今度眠ったらもう目覚めないような気がする… 冠葉はそう晶馬に言う。そのくらい追い詰められていた。 ・ ・ 運命の列車でついに冠葉と対峙する晶馬 陽毬の心電図はすでにフラットラインだが冠葉はこの計画を 成功させれば陽毬は助かる、これが生存戦略なんだ... [続きを読む]

受信: 2011年12月30日 (金) 04時37分

« 2012年冬アニメ(追記) | トップページ | ペルソナ4第12話感想 »