« 未来日記第5話感想 | トップページ | ベン・トー第5話感想 »

2011年11月 7日 (月)

境界線上のホライゾン第6話感想

#6「告白場の代弁者」

革命か反抗か」といえば、有名なカミュ・サルトル論争。
服従か反抗か。それが、トーリの、ひいては極東の選択。

これまでどおり、聖譜をなぞっていくのが保守なのか。
聖連に反抗して、聖譜を書き換えていくのが革新なのか。
どちらが、たった一つの冴えたやり方なのだろう?
必ずしも分明ではないのですが、トーリたち若い世代の選択肢は、もう見えているような気がします。
若者は、常に不利な勝負に賭ける。乾坤一擲を狙う。それでこその若さ。若さの価値。

鈴のエピソードは泣けましたね。
もう、自分の脚で歩いていける。あたしの事はもういい。ホライゾンと一緒にいるトーリが好きだった。だから、ホライゾンを救ってあげて。
彼女の言葉は、トーリの背中を、そっと押してくれました。

蜻蛉切の返還儀式は究極の踏絵。試金石。
受け取る(服従)
奪取する(反抗)
二代は見抜いていたのですが、宗茂に妨害されてしまいます。
ロマサガ1の、ガラハドのアイスソードイベントを想起しました。
初プレイのとき「殺してでもうばいとる」を選択したら、えらいめに遇った記憶がwww

ラノベ原作のアニメ作品では、本当の意味での大人が不在な場合が多い。あるいは、居たとしても、揶揄されるべき道化となり果てている。(「とらドラ」ほか)
しかし、ホライゾンは截然とちがう。忠次にせよ元信にせよインノケンティウスにせよ、あまりの勁さゆえに、若者たちへの巨大な桎梏となるほど、大人たちが盤石です。
こうした「大人たち」が仕掛ける権謀術数うずまく世界において、トーリたち若者は、如何に生き抜くべきか?
「鋼の錬金術師」の世界観に通底するものがあります。軽妙さと重厚さがないまぜになった、可能性に充ちた物語世界です。

次回「武蔵の騎士」

|

« 未来日記第5話感想 | トップページ | ベン・トー第5話感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 境界線上のホライゾン第6話感想:

» 境界線上のホライゾン 第6話 「告白場の代弁手」 感想 [アニメとゲームと情報局!]
「境界線上のホライゾン」  第6話 「告白場の代弁手」 の感想記事です。   先週は、男気に泣かされ、   今週は、乙女の涙に泣かされ・・・ [続きを読む]

受信: 2011年11月 7日 (月) 19時55分

» 境界線上のホライゾン 第6話 「告白場の代弁手」 感想 [アニメとゲームと情報局!]
「境界線上のホライゾン」  第6話 「告白場の代弁手」 の感想記事です。   先週は、男気に泣かされ、   今週は、乙女の涙に泣かされ・・・ [続きを読む]

受信: 2011年11月 7日 (月) 19時57分

» 境界線上のホライゾン 第6話「告白場の代弁者」 感想 [日刊アニログ]
安心しろよ。葵・トーリはここにいるぜ! ホライゾンを連れ去られ様々な権限を聖連に奪われかけ大ピンチの極東と武蔵。 打つ手を次々に封じられ八方塞がりの状況に陥ったトーリ達。 そんな中で鈴の思いを聞き届けたトーリが遂に立ち上がることに! 服従か反抗か、決断を迫られた彼らが進むべき道はいずれのものになるでしょうか。... [続きを読む]

受信: 2011年11月 7日 (月) 20時03分

» 境界線上のホライゾン 第6話 [ぷち丸くんの日常日記]
松平・元信の策略により、地脈炉の暴走で三河の地は消滅し、元信の娘であり 三河君主の継承権を持つホライゾン・アリアダストは、その責任を負うため聖連に よって自害させられることが決定した。 P-01sがホライゾンであることを知り、三年梅組のメンバーは彼女を助けに行くか... [続きを読む]

受信: 2011年11月 7日 (月) 20時18分

» 境界線上のホライゾン第6話『告白場の代弁手』の感想レビュー [gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)]
鈴の想いが浅間の声によって紡がれるのを聞いたトーリの決断や如何に?回でした。 序盤の名台詞、『―安心しろよ。葵・トーリはここにいるぜ!』キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!というわけでテンションやべぇw そしてロリベルさん、可愛いよ、ロリベルさん! 三河消失の責と、大罪武...... [続きを読む]

受信: 2011年11月 7日 (月) 20時51分

» 【境界線上のホライゾン】6話 ベルさんマジヒロイン 面白くなってきたな [にわか屋]
境界線上のホライゾン #06 告白場の代弁手 480 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/11/07(月) 02:28:18.60 ID:+clrAZha0 細かい部分は分からないが今週は面白かった...... [続きを読む]

受信: 2011年11月 7日 (月) 21時46分

» 境界線上のホライゾン 第06話 『告白場の代弁手』 [こいさんの放送中アニメの感想]
久々のパイタッチ。この路線はもうやらないんじゃないかと思ってた。といっても鈴が自分から胸を触らせたんですが。 鈴ってトーリやホライゾンとも旧知だったんですね。彼女の作文でそれまで危機感に乏しかった梅組がちょっとやる気だしました。個人的には毎回パイ揉みと戦闘シーンが欲しいところです。これから多くなっていくのかな。 銀さんがギンさんって。立花宗茂役の杉田智和は「銀魂」の銀さんこと坂田銀時役で有名。その口から「ギンさん、ギンさん」って出る度笑いがこみ上げてきます。妻が立花誾千代で「ギンさん」だから仕方な... [続きを読む]

受信: 2011年11月 7日 (月) 21時56分

» 境界線上のホライゾン 6話 [アニメ徒然草]
前髪ちゃんの作文に感動しました。 悲痛な叫びに、涙がこぼれました。 まったく、悠木ちゃんは最高だぜ。 声優って、本当にすごいなと思った。 いやー、心に響いたわ。胸の奥まで熱くなったわ。 その気...... [続きを読む]

受信: 2011年11月 7日 (月) 22時56分

» 境界線上のホライゾン 第6話 告白場の代弁者 [窓から見える水平線]
境界線上のホライゾン 第6話。 以下感想 [続きを読む]

受信: 2011年11月 7日 (月) 23時11分

» 境界線上のホライゾン 第6話 「告白場の代弁手」 感想 [ひえんきゃく]
鈴の作文、そして復活するトーリの件は良かったですね。 松平・元信の策略により、地脈炉の暴走で三河の地は消滅し、元信の娘であり 三河君主の継承権を持つホライゾン・アリアダストは、その責任を負う...... [続きを読む]

受信: 2011年11月 8日 (火) 06時19分

» 境界線上のホライゾン 第6話「告白場の代弁手」 [SERA@らくblog]
ようやく5話までかかって状況が完成w 長い道のりでしたねー。 ホライゾン処刑を前にトーリの復活はあるのか?(汗) ▼ 境界線上のホライゾン 第6話「告白場の代弁手」  すっかり虚脱状態のトーリ。 クラスではこれからの極東をどうしよう会議(?)が進行中。 ベルトーニは守銭奴にぶれませんねw... [続きを読む]

受信: 2011年11月 8日 (火) 23時24分

» 境界線上のホライゾン 第6話「告白場の代弁手」・・・ベルさんマジかわいいよ、ベルさん [ボヘミアンな京都住まい]
宗茂と誾の夫婦漫才?は尺の都合で削られるかも・・・と思ってたので、ちゃんとやってくれてよかったです。でもカーテン越しに見るとナニしてるようにしか(ry 三河消失という世紀の大事件の翌日朝となった今回、原作でいえば下巻の内容に突入したことになるんですが、過去にいろいろとあったらしい酒井学長と教皇総長の再会(関係ないけど“品川”さん美人でしたね)や、忠勝の遺品=蜻蛉切を受け取りに行った二代と宗茂の前哨戦的なやりとり(二代の思惑を潰した点では短い時間ながらも無茶した甲斐あった宗茂に軍配か?)など因縁のある... [続きを読む]

受信: 2011年11月12日 (土) 03時55分

» 境界線上のホライゾン 6話 私がして欲しいこと・したいこと [いぇひーおーる]
ベルさんとシロジロ無双第一幕。 そんな感じの第6話。 ■失われたものを取り戻しに――上手と下手 なんだか最近こんなことばっかり言ってる気がするけど、ここはスルーしつつ。 今回、基本的に上手(右...... [続きを読む]

受信: 2011年11月13日 (日) 00時49分

« 未来日記第5話感想 | トップページ | ベン・トー第5話感想 »